アイム・ノット・シリアルキラーの作品情報・感想・評価 - 29ページ目

アイム・ノット・シリアルキラー2016年製作の映画)

I Am Not a Serial Killer

上映日:2017年06月10日

製作国:

上映時間:86分

3.1

あらすじ

アメリカ中西部の町、葬儀屋の16歳の息子・ジョン。その影響からか、死体や殺人に異常な関心を示す彼は、ソシオパス<社会病質者>と診断される。ある日、町で 謎の連続殺人事件が発生。ジョンが目にした死体は、無惨に切り裂かれ、内臓の一部が持ち去られていた。猟奇殺人鬼が近くに潜んでいることを実感した彼は、その存 在に強く惹かれていくあまり、自ら周囲の調査を始め偶然にも殺人現場を目撃してし…

アメリカ中西部の町、葬儀屋の16歳の息子・ジョン。その影響からか、死体や殺人に異常な関心を示す彼は、ソシオパス<社会病質者>と診断される。ある日、町で 謎の連続殺人事件が発生。ジョンが目にした死体は、無惨に切り裂かれ、内臓の一部が持ち去られていた。猟奇殺人鬼が近くに潜んでいることを実感した彼は、その存 在に強く惹かれていくあまり、自ら周囲の調査を始め偶然にも殺人現場を目撃してしまう。なんと、隣人の老人がシリアルキラーだったのだ!!自身の奥底に眠る衝動 的な行動を必死に抑えながら、自分の手でこのシリアルキラーを阻止しなければならないと覚悟を決める。凍てつく雪に覆われた町で、追いつ追われつの予測不能な死 闘が始まる。

「アイム・ノット・シリアルキラー」に投稿された感想・評価

Naoya

Naoyaの感想・評価

2.4
ソシオパス(社会病質者)と診断された16歳の少年と、連続殺人鬼である隣人の攻防を描いたサイコホラー作。隣人の老人でシリアルキラーをクリストファー・ロイドが演じています。序盤のアメリカホラー感ある雰囲気はよく、犯人側ではない、社会不適合者感のある少年が主人公という物語は独特。対するシリアルキラー側も、温和な雰囲気がありつつも、闇を抱く感じは良い。何より、クリストファー・ロイドがシリアルキラー役という点がとても印象的。主人公側の描写も良いが、シリアルキラー側の背景描写ももっと見たかった感はある。グロさは弱いが、程よく不気味さがある。激しいバトル系ではなく、比較的淡々とした内容ではあるが、面白みはある。結末の怒涛の展開は、粗さはあるが印象的。
殺人衝動を抑える美青年vsクリストファー・ロイド演じる老境に達したシリアルキラーの対峙というストーリーは中々。何せみんな大好きクリストファー・ロイドがおじいちゃんシリアルキラーだし、プロファイラー物特有の危うさが、不安定な主人公のおかげで通常よりもしっかりと感じられる。それだけに最後の最後は本当に好みが分かれそう。なんでそーなるの?と膝を叩いて笑った。
lemonade

lemonadeの感想・評価

2.0
ホラーとして紹介されていたりスリラーだったりどっちなんでしょう
ホラーという枠では正しいオチなのでしょうが、おすすめホラーでもない
最後の殺し方も適格すぎなのと因果応報なのに痛々しさだけしか伝わらない
何がしたかったのかどっち付かずで見所がわかりません
俳優と題材、途中まで話がよかったので惜しい
原作で続きがあるようなので日本語訳されてたら読んでみたい
mpc

mpcの感想・評価

3.9
アメリカの片田舎で繰り広げられるシュールなサイコホラー
死体ヲタのティーンvs臓器ヲタシリアルキラーの近所のおじいちゃん

閉鎖的な町並みがニューヨーク北部の街を思い出してどこか懐かしい
アメリカの田舎は必ず中華料理のビュッフェがあるんだよねえ

最後のヲチはそれまでの丁寧な描写の流れ全く無視て意外!!😹😺😹映画ヲタにとっては好みのはず!

老人役のバックトゥーザヒューチャーのドク、30年経ってもまだ現役、しかも足腰しっかりしてるのがすごい!
rt

rtの感想・評価

4.0
いい意味で期待を裏切り、斜め上の展開を邁進するジャンル分け不能な作品。ドクの見た目が変わらなさすぎる笑
horahuki

horahukiの感想・評価

3.5
思ってた内容と全く違っててビックリ!
ソシオパスvsシリアルキラーというのはその通りなんですけど、そっち方面に行っちゃうとは。確かに最初の殺人あたりから変なところはあったんですけど、そういう演出なのかと思ってましたよ。

主人公はソシオパスと診断されています。殺人や危ない行動への欲求が強くて死体や残虐事件に惹かれてしまう主人公。自分はシリアルキラーじゃないと思いたくて犯罪を犯さないように自分にルールを課している。この主人公の葛藤や精神的な危うさがすごく良かったです。これ自体は物語的に活きてくるんですけど、学校での生活ぶりや家庭状況まで細かく描くので物語が進み始めるのがすごく遅い。しかも複雑でわかりづらいし、時間使う割にそれほど物語に活かされてたようには思えなかったんですよね。このテンポの悪さがすごく残念。

でも、物語が動き出してからは面白かったです。クリストファーロイドの狂気の演技が素晴らしくて、とにかくハラハラドキドキ!しかも主人公があえて危ない橋を渡るもんだから尚更です。目の前にある現実の狂気に心底惹かれてるのを自覚してるけれども、何とか殺人鬼を止めたいと思う主人公の精神的な危うさもまた緊迫感に拍車をかけてます。ここら辺はソシオパスの設定が活きてましたね。そしてまさかのクライマックス。だからこのタイトルなのかと納得しました。

あのラストは完全に賛否わかれますよね。私も嫌いじゃないんですけど、愛の物語にこじつけたかっただけのようにも思えちゃうんですよね。もっと2人の心理戦でガッツリ盛り上げてくれた方が好きでしたね。
BG

BGの感想・評価

3.4
ぶはっ!まさかの展開!笑
いやあ、確かに「ん?何だ今の?」って思うシーンが序盤からあるんだよなあ。してやられた!

BTTFのドクでお馴染みクリストファー・ロイド主演のサイコスリラー的なヤツ。画作りも割とリッチでB級と侮るなかれ。なかなか楽しい作品でした!
「ジェーン・ドウの解剖」に続き、松竹エクストリームセレクションやるやんけ。第3弾も楽しみです♪

物語は、反社会性パーソナリティ障害、いわゆるソシオパスの青年が、街で起こった連続殺人、シリアルキラーの謎に迫るお話しである。
主人公が一貫してソシオパスとして探偵役を担う点が面白い!

で、この主人公ジョンはずっと自分が普通じゃないことに悩み続けてるんですよ。感情の一部が欠落してしまっているから、自分がいつかシリアルキラーになってしまうんじゃないか苦しんでいる訳です。お母さんもとっても心配。

そんな中、近所に住む女の子が彼を気にしている様子。若いね!青春だね!ティーンな彼女の淡い恋心が彼の心を優しく包み込み…
ジョン「あ、ごめん。女の子とか興味ないんで!ソシオパスですから。」ひどいっ!!w

彼の興味はただ1点。それは向かいに住む男。歩くことすらままならない老人だが、ジョンは彼の秘密を知っている。それは、街で起こっている連続殺人の犯人であることだった。

ドクがなかなかの殺人鬼ぶり。アクション的には正直パッとしないが、主人公目線で犯行を覗き見るので、見えそで見えない。チラリズムである。これがなかなかに効いているのだ!

あまり期待しすぎるのは禁物だが、思わぬ展開に何か笑っちゃう。両者の性質上、終盤までどう転ぶか分からない展開に一定の緊迫感が保たれていた。これは設定の妙ですな。グロもあまりないので、気軽に楽しめますよ。ラストのぶっ飛び展開は、もう好みかな。俺は全然嫌いじゃなかったです!
zita

zitaの感想・評価

3.1
死体や殺人に強い興味を持ち、ソシオパス(社会病質者)の診断を受けた少年と、街を襲うシリアルキラー(連続殺人者)の対決を描いた作品。テーマ的に件の名作、「ゴールデンボーイ」を想起しながら鑑賞してたけど、序盤〜徐々に核心へと迫っていく中盤の緊張感と裏腹に、とにかくオチがひどい笑。Lよろしく「何が何だかわからない…」となってしまった。しかし「ドントブリーズ」にしろこれにしろ、老人がやたら人を殺しますね最近は。

***

ラストの展開で爆笑不可避。笑

ラストカットからのエンドロールは格好良かった。

あとマックスレコーズ、イケメンすぎ。
ネタバレにならないうちに見たほうがいいと思うw
私はとりあえず色々ビックリしたし、え?みたいな進行のとこもあったけど、全体的に言うとなかなか好きなバランスの映画です

オオカミに生まれるか羊に生まれるかは自分で選べないので、持って生まれたスペックを今後どう運用するか、方向性を決定するのが思春期あたりの期間ですよね

生まれたままの素質をそのまま大成させた"成れの果て"を想像したとき、バッドエンドを連想させるような人もいるけれど、
ちょっとだけ方向を変えてやればフォレストガンプが出来たりもするんですから。

アバグネイルjr.だって、詐欺師の才能バリバリ使って現在はセキュリティコンサルタントですから。
ソシオパスに生まれたからってバッドエンドにさえならなければ、なんてことないわよね~
逆に、小さい頃は神童と呼ばれたのに今はニート!とかもざらにおるわよ、人は素質じゃないのよね。

でも私は"普通"の人なので、普通に、ソシオパスに出会うのは怖い。
他人ってそもそもわからないから怖いんだよ。
いつも一緒にいる自分の存在が一番怖い人なんて、どれだけ生きるの怖いんだろう。ハッとしました。

まぁただ、他人が魅力を感じないものに魅せられる気持ち、それはとてもよくわかるなぁ。たまたまそれが内臓なだけだもんね。

私も食べるの好きなので、太ったおばさんを見て「未来の私かもしれない」って思ったりするけど、頑張って節制して、バッドエンドを避けて生きていこうと思います。
反面教師。反面教師。