アイム・ノット・シリアルキラーの作品情報・感想・評価 - 39ページ目

アイム・ノット・シリアルキラー2016年製作の映画)

I Am Not a Serial Killer

上映日:2017年06月10日

製作国:

上映時間:86分

3.1

あらすじ

アメリカ中西部の町、葬儀屋の16歳の息子・ジョン。その影響からか、死体や殺人に異常な関心を示す彼は、ソシオパス<社会病質者>と診断される。ある日、町で 謎の連続殺人事件が発生。ジョンが目にした死体は、無惨に切り裂かれ、内臓の一部が持ち去られていた。猟奇殺人鬼が近くに潜んでいることを実感した彼は、その存 在に強く惹かれていくあまり、自ら周囲の調査を始め偶然にも殺人現場を目撃してし…

アメリカ中西部の町、葬儀屋の16歳の息子・ジョン。その影響からか、死体や殺人に異常な関心を示す彼は、ソシオパス<社会病質者>と診断される。ある日、町で 謎の連続殺人事件が発生。ジョンが目にした死体は、無惨に切り裂かれ、内臓の一部が持ち去られていた。猟奇殺人鬼が近くに潜んでいることを実感した彼は、その存 在に強く惹かれていくあまり、自ら周囲の調査を始め偶然にも殺人現場を目撃してしまう。なんと、隣人の老人がシリアルキラーだったのだ!!自身の奥底に眠る衝動 的な行動を必死に抑えながら、自分の手でこのシリアルキラーを阻止しなければならないと覚悟を決める。凍てつく雪に覆われた町で、追いつ追われつの予測不能な死 闘が始まる。

「アイム・ノット・シリアルキラー」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

最後10分で、サスペンスからパニック映画に早変わり〜〜

途中からなんかおかしいなぁと思ってたんですがね、、、
なんちゅークライマックス。
正直途中ちょっと眠かったんだけど完全に目が覚めたわ…

あのバックトゥザフューチャーのドクが……て思ったけど、よく考えたらドクも結構な近所のやばいジジイでしたね。
クリストファー・ロイドってずっとジジイなんじゃない?て謎が解けた。
2017新宿シネマカリテ
これとても好き。予想外の方向に進んで、妙にさわやかでちょっと感動すら覚える着地点
土田

土田の感想・評価

3.9
じじいと少年どちらもグッジョブ
話の絶妙なオリジン感もたまらないですね!
アイム・ノット・シリアルキラー

アメリカ中西部の田舎町
葬儀屋を経営する家庭で育った16歳の高校生 ジョン(マックス・レコーズ)は、日常的に死体と接する生活環境の影響か カウンセラーに社会病質者(ソシオパス)と診断され不安を抱えていた。
殺人鬼や死体に興味を示す自分をコントロールすべくルールを課して生活していたある日、町で立て続けに起きていた連続猟奇殺人事件の犯人を目撃してしまう。
その正体が近所に住む老人 クローリー(クリストファー・ロイド)であることを知ったジョンは、死体の臓器を持ち去る犯行の真意を探るべく行動を開始する。
それぞれに「死」と向き合う二人の姿を通し、種の生存・社会で生き抜く難しさを描いた作品だ。

ソシオパス シリアルキラー 検死 死体 殺人衝動
平凡で平穏な日常を送る者にとっては無縁な要素のオンパレード
序盤、彼らに寄り添うための術を見つけることができず 中々入り込むことができずにいた。

が、途中で語られる絶滅危惧種のカモの話によってようやくトリガーとなるモノを見つけられた。
殺人やら何やらで難しく考えていたけれど、要は如何にして生きていくのか
心に「死」を宿したある意味希少種である彼らに、どんな生き方が残されているのか
描いていたのはそこだったのだと思う。

社会で生きていく上で
いや、もっと砕いて話そう
他者と関わっていく上で、あなたもぼくも何かしらの仮面を付けている

楽しくもないのに笑顔を作る
これっぽっちも響いちゃいないのに関心したフリをする
相手の顔色を伺って思ってもいないことを口にする
本心を殺すことによって、円滑に事が運んだ経験はないだろうか
そうでもしないとやっていけないことの方が多いのではないだろうか。

ぼくは誰彼構わず敬語で話すし、自分のことを「ぼく」と言う
20代前半あたりまではそんなことなかったのに、相手が年下であろうとタメであろうとへり下ることが多くなった
そうした方が無難だと、不用意に他人に入り込まれなくて済むと学んできたから
みじめになるだけだから飲み会には極力行かない
孤独なヤツだと思われるのもイヤだから、いつだってイヤホンをすることでカムフラージュしている
自身の心の安寧を保つため、あらゆる結界を張って生きている

あなたにもあなたならではのルールがあるはずだ
人と関わる上で 社会で生きていく上で、自分を殺している瞬間があると思う。

ジョンはまさにその術を模索している最中であった
抱えた衝動 生じた想いをコントロールするための術を探り続けていた

そして、クローリーは生きていくために殺人を繰り返していた
あなたやぼくが社会で生きていくためにあらゆる感情を殺すのと同様、彼にとってはあらゆる人を殺すことが社会で生きていくための術であった。

起きている現象だけ見ていたら理解不能だけど、起きている本質に触れることさえできれば理解するための糸口をきっと見つけられる

そこから先はもう引き込まれるだけ
彼らの生き残りを懸けた戦いの行末を見守るだけであった。

ブッ飛んだラストには正直驚いたけれど、驚きよりも哀しみの方が勝ってしまう

人と違うからと蔑まれ
人と違うからと区別され
人と違うからと駆逐される

多数決によって構築されてきた人間社会の理の中で、彼らは只生きようとしていただけ
もがいていただけ

観る前と観終えた後では、タイトル「I Am Not a Serial Killer」に抱く想いも変わっていた。

上手くトリガーさえ掴めれば、ソシオパスやシリアルキラーとしてではなく 一人の人間として彼らに寄り添うことができると思います。

ぜひ劇場でご覧ください。

青春★★★
恋 ★
エロ★
サスペンス★★★
ファンタジー★★★
総合評価:B
社会病質者(ソシオパス)と診断された少年ジョンが、偶然にも自分の住む町で起こった連続殺人事件の犯人が隣人のビルだと知ってしまい、ビルを阻止するべく追い詰めていく…

松竹エクストリームセレクション第2弾
ホラー映画かと思ったら、サスペンス映画だった
第1弾の「ジェーン・ドウの解剖」より内臓が映されるシーンは少ないが、遺体から取り出された臓器の生々しさは本物と思えるくらいのクオリティでした(´˘`*)
ゴア描写やストーリーは良いが、主人公の人間関係がやや説明不足気味…その場にいない登場人物の名前を出されると分からなかった…
とり

とりの感想・評価

4.0
サイコパスvsソシオパス!?ーーーーフィルムのザラついた質感がアメリカの田舎町という広大な閉鎖空間を舞台にしたこのサスペンスにマッチしている。その中で当然の問いかけが反復される、背徳感やルールも込みで何が人間を「人間」たらしめるのかと。本当に生きてる?本当に自分の名前分かってる?母親も結構ぶっとんでる。演技が素晴らしいし、オープニングやエンディング、変なところでユーモアも交えてポップになる。こういうことがあるから近所を知るのは大切だ?上映前の松竹さんの宣伝して下さい前説は要らなかった。会社の金でカンヌ行くとかマジ良いなってジェラシーしか沸かない。まあ、秋も期待。
TOMATOMETER93%、AUDIENCE61%
I Am Not A Serial Killer honors the book it's based on with a well-acted drama that leavens its gore and dark themes with wry humor.
EMPIRE☆☆☆☆★
GURDIAN☆☆☆☆★
Ebert☆★★★
エイリアンみたいな衝撃のオチは賛否両論あるだろうけど、それはそれ。
勝手に関連作『コクソン』『グリーンルーム』『キャリー』
Yuki

Yukiの感想・評価

2.8
どうしてこんなに評価高いの…?笑 殺人願望があることに気づいていく主人公の周りで殺人事件が。連続殺人鬼は自分なのか、それとも他の誰かなのか。
って話なんだけど、えー何その展開 ってなる 笑
あーぁ

あーぁの感想・評価

3.8
殺人鬼予備軍の少年は果たして町のヒーローになれるのか?

社会病質者のソシオパスな少年vs人の内臓を喰らうおじいちゃんっつうかなり異色なスリラーでしたが、まさかラストでそこに着地するとは恐れ入った!

原作はアメリカのホラー作家ダン・ウェルズの長編デビュー作『I Am Not a Serial Killer』の映画化。
シリアルキラーにになりつつあるジョン・クリーバー少年の苦悩と狂気を描いた人気シリーズでこの後を描いた話も絶賛刊行中でござい。


あらすじ⤵︎

カナダとの国境沿いにあるアメリカ最北の州ミネソタ。
ここで葬儀屋の母親の仕事を手伝いながら暮らす15歳の少年ジョンは、死体や殺人に並々ならぬ興味を持ち、特に金田一少年ばりに連続殺人には目がない。

医師からは社会病質者(ソシオパス)であると診断され、学校でも色物扱い。

そんなジョンの住む雪しかないミネソタのど田舎で猟奇殺人が勃発する。
しかも死体は内臓の一部が欠落しており、まさにジョンの好奇心を満たすにぴったりの事件だ。
そんなある日、たまたまジョンはナイフを持って町を徘徊するいかにもな男を目撃する。

もしかしてこいつが今巷を賑わす犯人ではないか?
興味に駆られ男を尾行するジョンはそこでびっくらする真実を目撃してしまう。

それは隣人のお爺ちゃんがスタイリッシュな動きで男の腹を一突きして内臓をムシャムシャ食うという目を疑う光景。

”あらやだ”と市原悦子ばりに草場の影から衝撃の瞬間を目にしたジョンは、恐怖かはたまた絶頂の好奇心からかオシッコちびらせズボンびちゃびちゃ。
しかしもうその光景から目が離せない!

シリアル・キラー爺さんvs準シリアル・キラー少年という極寒のミネソタを舞台に繰り広げられる両者の闘いはまさかまさかのトンデモナイ決着へと着地する。
かなり異色なサイコサスペンスでしたよ〜( ゚Д゚)

子供の頃から殺人趣向が強く死体損壊に深い関心を持つ多感な時期の少年が自分はサイコパスではなかろうかと自分の並々ならぬ殺人への衝動の間に揺れ動き葛藤する。

そんな少年の前に現れたモノホンの殺人鬼爺さん。
はたしてこの出会いは少年にとって何を意味するのか?

毎度のこと残虐でグログロな映画ばかりを趣味に見ているんで、もしかしたら自分もカウンセリングしたらソシオパスって診断されんじゃねーかと内心ビクビク中の私には他人事ではないジョンの葛藤。

自分の町でこんな事件起きたらジョンみたく否応なくオシッコチビらせながら飛びつくだろーなぁ←(完全に予備軍w)

ソシオパス少年のジョンを演じるんが完全に子供向け映画かと思てみたら意外にビジュアル怖くて騙された『かいじゅうたちのいるところ』で着ぐるみパジャマ姿に癒されまくったマックス・レコーズくん。
すっかりイケメソになって帰ってきましたがな。

そんなマックスくんが今度はパンダコスの覆面でシリアルキラーを追い詰める姿にキュンキュンでしたわ笑

そんでシリアルキラー爺さん役のクリストファー・ロイドですがもう流石の存在感ですな。
ドグ役の彼しか知らない私としてはもう笑っちまいましたしw

クライマックスのハッチャケつーかぶっ飛びぷりは一見の価値ありかと…笑

恐らく日本上陸も間近だとおもいますがこの調子で続編の製作にも期待ですよ♪
TTSZ

TTSZの感想・評価

3.6
連続殺人鬼や人体破壊への嗜好を持つソシオパスの少年が、向かいの爺さんが連続殺人鬼だと知って驚愕しつつ接触を試みるスリラー。

16ミリフィルムで撮影された粗く寒々しい画と、クリストファー・ロイドの怪物的好演が印象的な作品。
|<