アイム・ノット・シリアルキラーの作品情報・感想・評価 - 39ページ目

アイム・ノット・シリアルキラー2016年製作の映画)

I Am Not a Serial Killer

上映日:2017年06月10日

製作国:

上映時間:86分

3.1

あらすじ

アメリカ中西部の町、葬儀屋の16歳の息子・ジョン。その影響からか、死体や殺人に異常な関心を示す彼は、ソシオパス<社会病質者>と診断される。ある日、町で 謎の連続殺人事件が発生。ジョンが目にした死体は、無惨に切り裂かれ、内臓の一部が持ち去られていた。猟奇殺人鬼が近くに潜んでいることを実感した彼は、その存 在に強く惹かれていくあまり、自ら周囲の調査を始め偶然にも殺人現場を目撃してし…

アメリカ中西部の町、葬儀屋の16歳の息子・ジョン。その影響からか、死体や殺人に異常な関心を示す彼は、ソシオパス<社会病質者>と診断される。ある日、町で 謎の連続殺人事件が発生。ジョンが目にした死体は、無惨に切り裂かれ、内臓の一部が持ち去られていた。猟奇殺人鬼が近くに潜んでいることを実感した彼は、その存 在に強く惹かれていくあまり、自ら周囲の調査を始め偶然にも殺人現場を目撃してしまう。なんと、隣人の老人がシリアルキラーだったのだ!!自身の奥底に眠る衝動 的な行動を必死に抑えながら、自分の手でこのシリアルキラーを阻止しなければならないと覚悟を決める。凍てつく雪に覆われた町で、追いつ追われつの予測不能な死 闘が始まる。

「アイム・ノット・シリアルキラー」に投稿された感想・評価


完全に予想を超えた、衝撃のラスト。



※『愛』とは残酷なり
まぁまぁ。鬱屈とした青年が殺人現場を目撃しまくる。ラストにはびっくらこいた笑 ただのサスペンスかと思ってたもんで。
友人との決別を友人のドアを開ける手だけで表現したり、なるべくセリフを避けようとする努力は認めたいがへたっぴ。
予想してた展開とは違う次元の話だった。雰囲気凄い好きだし、割とゾクゾクして良いけど。

あのピンクの流し込んでるやつは何やってるのかわからないので教えて欲しい。
魚醤

魚醤の感想・評価

3.8
ひきこもりの青春映画といったかんじ。
アトランティスのこころのような

母親の死体処理の仕事を手伝い、殺人鬼マニアで、かなりのギーク。自分はいつか殺人をするんじゃないかと周りにも自分でも思ってたら、、、

ホラー的なカタルシスは最後の最後だけで、静かな田舎町でだれもしらない隣のジジイの秘密を知ってしまってイキイキとしているこの青年俳優の生々しい表情がすばらしかった。
3io

3ioの感想・評価

3.3
Attention:
Don't watch this when you're eating.

My feelings went
Beginning: Excited
Because I had no idea who the serial killer is. No information.

Middle: Suspicious
Because I made a different scenario in my mind that it was actually not happening. He's a sociopath so he made a scenario in his mind and it wasn't happening at all. Or the serial killer was him.

Ending: Disappointed
Don't finish like that. Totally went a wrong far away from what I thought and that wasn't nice for me because you must check it out yourself.
However horror movies lovers may like the ending.
mmmm

mmmmの感想・評価

3.6
愛するってそーゆーことかも?!?……
ちょっと人魚姫の話しをを思い出した。
老年期に入っても若者を全力で振り回すクリストファー・ロイドの愛と非道を温かく見守るハートフルホラー!
sobayu

sobayuの感想・評価

4.0
面白かった。全体的な撮影トーンからして、そういう話なの?!ってよい意味で裏切られた。ソシオパスなシャーロックがリアルに存在したらこういう高校生だったのではという気もちょっとしたな。友情をうまく伝えられないところとか。

あの年頃の男の子がちゃんと家族と素直に対話してるんだから良い子だな~と思うし、思春期の黒歴史でお馴染み「本当に怒るとボクは笑顔になるんだ...」は万国共通なんだな~と思いました。微笑ましい。

監督がどんな方か存じ上げませんが、ジョンみたいな少年時代を過ごし、そんな過去の自分の夢をこの映画を通じて昇華した...とかじゃなかろうか。そんな映画だった。
三日月

三日月の感想・評価

3.0
シネマカリテ

思ってたのとちょっと違う感じ。
クリストファー・ロイドは良かった。
ShinMakita

ShinMakitaの感想・評価

1.4
※ネタバレなあらすじ

アメリカ中西部の町クレイトン。葬儀屋を営む母と暮らす高校生ジョン・グリーヴァーは、連続殺人鬼に異常な興味を抱いている。夜尿・放火・動物虐待というマクドナルド3兆候のケもあり、母と学校はジョンにカウンセリングを受けさせている。ジョンも自らソシオパスであることを認識し、殺人衝動を抑える日々だった。そんな孤独な彼に優しく接してくれるのは、向かいに住む老夫婦のビル・クロウリーとケイ。ジョンも二人にだけは心を開いていた。ハロウィンの時期になり、ビルの体調がいまいちすぐれなくなった頃、クレイトンで猟奇殺人が連続して発生する。犯人は鋭利な刃物で被害者を切り裂き、毎回内蔵を1つ持ち去っていた。平和な町に、突如自分の「同類」が現れたことで興奮するジョン。犯罪現場をうろつき、犯人の手がかりを得ようと考えたジョンは、見慣れない青いダウンの青年を発見する。彼に同類の匂いを嗅ぎとったジョンが跡を尾けると、青年はビルを釣りに連れ出そうとしているではないか。ビルじいさんが次の標的か…興味本意で殺害現場を見てやろうと考えたジョンだったが、彼が目撃したのは想像を超えた光景だった。ひと気のない釣り場にやってきた青年に、なんとビルじいさんが襲いかかり腹を引き裂いたのである。世間を震撼させているシリアルキラーは、あの優しい笑顔のビルじいさんだったのだ!


という「アイム・ノット・シリアルキラー」を観た。

少年vs老人の血なまぐさい心理戦(?)といえば「ゴールデンボーイ」なんかが思い浮かびます。しかし、サイコホラーを期待していくとちょっと肩透かし。設定の目新しさだけは評価。