アイム・ノット・シリアルキラーの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

アイム・ノット・シリアルキラー2016年製作の映画)

I Am Not a Serial Killer

上映日:2017年06月10日

製作国:

上映時間:86分

3.1

あらすじ

アメリカ中西部の町、葬儀屋の16歳の息子・ジョン。その影響からか、死体や殺人に異常な関心を示す彼は、ソシオパス<社会病質者>と診断される。ある日、町で 謎の連続殺人事件が発生。ジョンが目にした死体は、無惨に切り裂かれ、内臓の一部が持ち去られていた。猟奇殺人鬼が近くに潜んでいることを実感した彼は、その存 在に強く惹かれていくあまり、自ら周囲の調査を始め偶然にも殺人現場を目撃してし…

アメリカ中西部の町、葬儀屋の16歳の息子・ジョン。その影響からか、死体や殺人に異常な関心を示す彼は、ソシオパス<社会病質者>と診断される。ある日、町で 謎の連続殺人事件が発生。ジョンが目にした死体は、無惨に切り裂かれ、内臓の一部が持ち去られていた。猟奇殺人鬼が近くに潜んでいることを実感した彼は、その存 在に強く惹かれていくあまり、自ら周囲の調査を始め偶然にも殺人現場を目撃してしまう。なんと、隣人の老人がシリアルキラーだったのだ!!自身の奥底に眠る衝動 的な行動を必死に抑えながら、自分の手でこのシリアルキラーを阻止しなければならないと覚悟を決める。凍てつく雪に覆われた町で、追いつ追われつの予測不能な死 闘が始まる。

「アイム・ノット・シリアルキラー」に投稿された感想・評価

Rurimi

Rurimiの感想・評価

1.3
ずっと集中しては見れなかった、ちょっと途中ダルい。
サイコパスがテーマなのかと思ってたら衝撃のラストで急にSF展開。
えーなにそれ!っていう感じ。
記録用

記録用の感想・評価

2.7

このレビューはネタバレを含みます

わたしはソシオパスの気持ちには共感できなかった、、、フィルムで撮られた映像がすごく好き、主人公の雰囲気も選曲もいい
ただハラハラ感はなかった
予告編がすべてって感じでした
普通のクライム系映画を想像してたらトンデモ映画だった。フィルムっぽい映像は結構いい味出してる。冒頭の無意味なチャリンコ疾走シーンであ、この映画クソっぽいな〜と思ったけど案の定だった。とはいえ見るに耐えないってほどではないので、ボーッと見るにはいいんじゃないか。
いわた

いわたの感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

おっ、おーーー???
どういう反応したらいいかわからない。
人外が人に恋する話は良いよね。妻を頼むって指輪を遺して消えるのとか、涙を流して愛していると自覚するのとか、とても良いと思う。
けど!この映画でやられてもぽかーんですよ。
ジョンはただの厨二病にしか見えなかった。
えー、もう、なんなの?ソシオパス対シリアルキラーって言われたら心理戦を考えるじゃん……?
一周まわって愛着湧いてきたけど、それでも2.0。宣伝が悪い。
buccia

bucciaの感想・評価

2.3
終盤まで退屈な展開で眠くなってしまった。でも、あのラストは自分の想像の斜め上をいきすぎて呆然。あんなオチってどうなんだろう?
いつもなら就寝する時間なんだけど、ちょっとだけ観てみようと思って再生して、そのまま最後まで観てしまった。片膝立てた姿勢のままで。まるで、大好きな人と初めて電話して、ダラダラと話し過ぎ、話したいことなんてとっくに尽きているのに、心はクラウドナインにいるみたいで、せめて息遣いだけでも感じていたくて、それでもう外は明るくなりだしていて…ははは、いやーぁって気分ですよ。
だからって5.0って事は無いでしょ?って思いますよね。まあそうですね…。フラットにみれば3.0(未満?)くらいです。
物凄く出来の良い傑作映画であれば上限は4.9にします。ひどくイビツで、自分と同じくらい歪んでいてくれた映画、或いは自分の為だけに用意されたように思わせてくれる映画だけが5.0です。

コレもそんな作品なので、当然のように上手く説明できません。ジャケットにデカデカと煽情的なコピーが躍りますが、そのような体裁を取っているように見えるだけです。例えれば、ルノワール展のポスターに〈お尻丸出し!〉って書いてあるようなものです。というか、タイトルにnotって書いてあるのですけどね…。ご丁寧に原題から冠詞(a)を抜き取っていただいている辺りからも察っせられるように、そもそも舐められているのでしょうね、配給会社に。ゲテモノとか好きなんでしょ?って。…それでもこの作品との出会いの機会をくれた事に感謝。

一応のストーリーは概ねあらすじに書いてある通りで、でも内容なんてそもそもどうでもいいかもしれない。とにかくムードにやられてしまったのです。その感覚は例えば、〈夜の街をBMXで走る。あの映画の様に!でも、前カゴでのたくっているのは得体の知れない瀕死の小動物。そしてそもそもこれは現実の出来事なのかな?〉…思えば子供の頃はそんな夢ばかり見てたなぁ。アレ、夢だったかなぁ…。

部分的に止む無くグロテスクな描写があります。イメージ的には、動きの無い『遊星からの物体X』みたい。だから、ダミアン・ハーストとかがお好きでしたら大丈夫だと思います。映画自体の雰囲気はちょっと『ドニー・ダーコ』を連想しました。予め終わりが約束されている世界。でも『スーパーエイト』みたいな、恐怖に頭は真っ白になりそうなんだけどワクワクもしてしまう感覚もある。夜は味方なのである。ジュヴナイルの終わり、身体が点滅して、一瞬だけ無敵タイムになるのだ。

映像も、聴いたことが無い不気味な劇伴も
、全ての要素が素晴らしすぎて、全く持ってオススメ出来ません。うっかり観ちゃって「スコア1.5だよ!」って怒らないで下さい。みんな違うんですもの。でも、もし「文句無し!5.0!」って方がいたら…もう融合しちゃいませんかね?
ユキ

ユキの感想・評価

3.0
勝手に「エイリアンVSプレデター」みたいなノリなのかと思いきや、えーっ!Σ( ̄□ ̄;)なラスト。

前半惹き付けられて、ジョン君も良かったけど、このオチはないかなー。
サイコ的なの望んでたのに、期待裏切られた感じで残念( ´⊇`)
竹中直人氏が昨年のお気に入りBlu-ray 第1位にあげた作品。
でも大衆ウケはしない作品。
少々グロいところがあるので、苦手な人は注意。

葬儀屋の息子ジョンは、地元の高校に通う16歳。
彼は、母親が遺体の防腐処理をする手伝いをしている。
ある日、連続殺人事件が街で起こるが、運び込まれる遺体は内臓が切除されていた。
死体に異常なまでの関心を示すジョンは、猟奇殺人犯の捜索に取り掛かるが…

16mmフィルム🎞で撮られた作品。
キメの粗い画質が独特の雰囲気を醸し出しており、終始どんよりとした感じで描かれている。
防腐剤の朱色が気味悪く映って見えるのも、そんな効果を狙ったんだろうなぁ。

誰が連続殺人犯かは、早い段階で明かされる。
死体に取り憑かれていた主人公の少年が、生に固執して犯行をやめさせようと奔走し出す展開が面白い。

でも、気になる連続殺人犯の本当の正体は?
なんと! そういうことだったの!?
エ〜、嘘!というもの。

そして、最後に伝えられるメッセージは家族への愛。
何ともアメリカンな終わり方。

※BTTFシリーズのC・ロイドが出演しています。彼も今年80歳。まだまだ現役でなによりです。
akihiro

akihiroの感想・評価

3.5


『記録』



構成自体はよかった!
設定等も面白く割とキャッチーな題材で
見てみたいかも!と思わせる感じ!
だが
んー、良くも悪くもオチがって感じ。

裏切られた感というか
こーゆー感じか!というか、、、

このレビューはネタバレを含みます

まさかのどちらともノットシリアルキラー
そしてまさかの人間ですらないラスト
最後の最後でよく分からない裏切りをしてきた
そして主人公の男の子も最後の最後でなんか良い子みたいになってるけどK殺しかけた時点でそのままばんばん殺してしまうのかなと思いきや
て感じだった
なんとなくモヤっとしたけどまあまあ面白かった