アイム・ノット・シリアルキラーの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

アイム・ノット・シリアルキラー2016年製作の映画)

I Am Not a Serial Killer

上映日:2017年06月10日

製作国:

上映時間:86分

3.1

あらすじ

アメリカ中西部の町、葬儀屋の16歳の息子・ジョン。その影響からか、死体や殺人に異常な関心を示す彼は、ソシオパス<社会病質者>と診断される。ある日、町で 謎の連続殺人事件が発生。ジョンが目にした死体は、無惨に切り裂かれ、内臓の一部が持ち去られていた。猟奇殺人鬼が近くに潜んでいることを実感した彼は、その存 在に強く惹かれていくあまり、自ら周囲の調査を始め偶然にも殺人現場を目撃してし…

アメリカ中西部の町、葬儀屋の16歳の息子・ジョン。その影響からか、死体や殺人に異常な関心を示す彼は、ソシオパス<社会病質者>と診断される。ある日、町で 謎の連続殺人事件が発生。ジョンが目にした死体は、無惨に切り裂かれ、内臓の一部が持ち去られていた。猟奇殺人鬼が近くに潜んでいることを実感した彼は、その存 在に強く惹かれていくあまり、自ら周囲の調査を始め偶然にも殺人現場を目撃してしまう。なんと、隣人の老人がシリアルキラーだったのだ!!自身の奥底に眠る衝動 的な行動を必死に抑えながら、自分の手でこのシリアルキラーを阻止しなければならないと覚悟を決める。凍てつく雪に覆われた町で、追いつ追われつの予測不能な死 闘が始まる。

「アイム・ノット・シリアルキラー」に投稿された感想・評価

Haruka

Harukaの感想・評価

3.8
パッケージの「ソシオパスvsシリアルキラー」に惹かれたけど、内容は全然違った。でも予想より面白かった!

田舎の街。ソシオパスなんじゃないかとセラピストに言われた高校生が、「僕ってそうなのかなぁ」とか思う傍、連続殺人事件が起きている。
犯人の正体を知った主人公は…。
ここからが面白い。えっ、キモい!えっ、そんなのアリ?えっ、説明なし?みたいな流れなんだけど満足。
一部だけいらないなーと思った演出があったくらい。
人がたくさん死ぬしキモい内容な割に、ハートウォーミングな終わり方をする。この割合たまらない。

主人公がちょっと変、っていうのがまたこの映画を面白くしている。実際にソシオパスなのかどうかは結局語られないけれど、興味や興味への動き方が変な子だからこその面白さがある。
見終わってよく考えてみると、ソシオパスというより多分軽度の発達障害かなーって思った。
結構心理学的に考えられた映画なんじゃないかなー。下手に決めつけて「ソシオパスだから極悪非道」とか「発達障害だから天才」みたいに無駄設定しないところが良い。

俳優さんたちも良かった!綺麗な青年、不気味なじーさん。ハマってた。

超ポップなラストシーンもたまらん。
唐揚げ食いながらハイボール飲むのがブームやったけど、まぁまぁ後悔。
何か食べながら観る映画やないね。

まさかのIT的ラスト。あれは何か悪魔的な何かを表象してたのか??
ゆず

ゆずの感想・評価

3.0
想像してたのと全く違ってパッケージ的にサスペンスっぽいかと思ってたけど、最後の方はSFだった笑
それでも案外面白くて最後まで飽きずに観れた!
クリストファー・ロイドって最初見たときからずっとおじいちゃんだな。当たり前だけど。。
ソシオパスvsシリアルキラーと思いきや、SFオチみたいな話。
途中マックス・レコーズの行動が意味不明なとこ多すぎるけど、ソシオパスという設定だからまぁそんなに合理的な行動はとらないかと思うと納得もできるような。。。
あとラストシーン急にポップになる謎。
まぁでも全体を通して「嫌いじゃない」感!
ソシオパスVSシリアルキラーのサイコパスバトルでは全然なかった、、、。
展開について行けるかが試される一作。予告を見てからじゃないと今どこに向かってるのか掴みにくいかも。

レンズの汚れを画面に残してるのが印象的。なのと、めちゃマニアックですがフレアの形が三角でいいもの見れたと思いました。

グロさと美しさは紙一重。
正常と異常も紙一重。
快作と怪作も、、、紙一重なのでした。
riho

rihoの感想・評価

3.0
予想外すぎるラスト。良いのか悪いのか分からないけど、あ、そっち????ってなりすぎて、判断できないというか展開の持っていきかたにびっくりしちゃって目がさめる笑 でもそのままの流れのラストで良かったというか、そっちが観たかったな。どうしてこういうラストにしたんだろう???製作者の気持ちがよく分からないな。というか伏線あった?私が見つけられなかっただけかな?強いていうなら死体のそばにあった、、アレくらいだと思うんだけど、あれだけじゃこの伏線とは言えないような… 主人公はすごく美人に見える時とそうでもない時とあって、でもあの雪の中の冷たい空気が似合う青年だったな。後半やっぱりまだまだ若いしソシオパス感じた、気がする。エンドロールのあの色、良かったな。いじめっ子に向かった時、恐ろしかったね。総合的に悪くないけど、あのラストのせいで(?)あんまりスコア高くならないな〜
ドク博士も人間?ですから 笑
ジャケにもあるとおり、ソシオパスとシリアルキラーによる、殺るか殺られるかの攻防戦になります。
訳ありのシリアルキラーを演じたクリストファー・ロイドのキャラが
見ものですかね。


平和な田舎街 クレイトン
ここ最近多発する連続殺人事件
ーー手口はいずれも残虐で
遺体は切り裂かれ損傷が激しい上に
内臓や身体の一部が持ち去られている、
犯人に繋がる手がかりはなく、被害者どうしの接点もなし、
現場には、石油か泥のような黒く粘着性のある謎の物質が残されている、
42年前にアリゾナで失踪した男性
遺体は未発見だが今回の事件と同様で
現場には”黒い油”が残されていた、…。

クリーヴァー葬儀店の息子で
母親、叔母とともに防腐処置の手伝いをする高校生のジョン
ーー世の中の問題、死や殺人について、
並々以上の関心を示す彼、
校長からは個別面談をされ注意されたり、同級生からは気味悪がられている。
連続殺人犯に共通する”兆候”を備えているジョンは
暴力や殺人の衝動と葛藤に苦しみつつ
ごく普通の人でいるためのルールを己に課し
ーー誰かを傷つけたいと思った時は
相手を褒める、
殺したくなるほど頭にきたら
笑顔で愛想よく振る舞う、など。
日々の生活を送るのだが
セラピストからは反社会的人間の傾向があると診断され
そのことで母親とはギクシャク中。

ジョンは今回の猟奇連続殺事件に
好奇心が刺激され、犯人に親近感をもったことから
独自の調査を始める
ーー心理プロファイリング、不必要な行動とその意味、
殺人が目的ではなく何か他に目的があるのでは?

そしてその日はやってきた…
ひょんなことから連続殺人犯の正体を知ることとなるジョン
ーー犯人の正体とは、
隣家に住む老夫婦の夫 クローリーであったのだ。
自分の身近にとんでもない殺人鬼が潜んでいたこと、
これ以上彼の凶行を見過ごすわけにはいかない、と
その阻止に奮闘するのだが…。


自分の脚を切ったり、肺をえぐり出したり、痛みの有無、
死体を隠したり、隠さなかったり
一貫していないし、矛盾だらけの犯行、
老人の本当の正体を知った時
思わず絶句してしまう、事の顚末を…。


優しさと愛、恐怖と死
”いかなる翼で求めたのか”
”いかなる手で炎をつかもうとしたのか”
”虎よ、夜の森で赤々と燃える虎よ”
”いかなる不滅の手や眼が恐ろしい均整を作ったのか”
”星々がその槍を投げ下ろし”
”涙で天を濡らした時”
”彼は己の作品を見てほほ笑んだか”
”子羊を作り汝も作ったのか”
ゆうり

ゆうりの感想・評価

3.2
怖いわー、殺しすぎ。この子もなかなかヤバイけど、もっとヤバイやつがいるって話。
Votoms

Votomsの感想・評価

3.0
予想とは違う展開だったが、それなりに楽しめた。
防腐措置ってそういう感じでするんだ…と一つ勉強にもなった。
感想川柳「誰にでも 愛と狂気の 素質ある」

レンタル店でパッケージ借りでした。φ(..)


田舎町に暮らす葬儀屋の息子で、遺体や殺人に異常な関心を抱く16歳のジョンは、反社会的な傾向があると診断される。ある日、犠牲者の体から内臓の一部を持ち去るという連続殺人事件が発生し、興味をそそられ自ら犯人捜しに乗り出した彼は、ついに猟奇殺人鬼の正体を突き止める…というお話。

これは今の科学捜査ならすぐ捕まるだろ…(;´д`)というツッコミはまあ置いといて(^^;
主人公の心の動きがちょっと「デクスター」に近い感じがして、割と楽しめました。( ̄ー ̄)ラストのアレはよく分かりませんでしたが( ̄▽ ̄;)
ソシオパスじゃなくても殺人を犯す可能性はあるし、誰でもソシオパスやサイコパスの要素を持っていると思う。( ´△`)ちなみにソシオパス(社会病質者)は後天性、サイコパス(精神病質者)は先天性と言われています。(;゜∀゜)

逆に主人公みたいに自分ルールを決めている場合は、殺人などをやらない可能性が高いと思う。普通の人はアツくなってやってしまうことがほとんどでしょうから、そういう時に冷静な面が出せるクセがあれば間違いは起きにくいのでは?(・ε・` )その行動の根源になってるのはセラピストが言うように「愛」なんだろうなと。
彼を止められれば自分も踏みとどまれると思ったのかな?

特にサイコパスはそういうものが欠けていると定義されてますが、「デクスター」でも大切にしている人はいたし、悪くありたい人間なんていないと思いたいので、悪い方が覚醒する前に何とか出来ないもんかと考えさせられた作品でした。φ(..) とか甘いこと言ってるやつはすぐ殺されるんですけどね(笑)


作中に出てきた連続殺人鬼の代表「テッド・バンディ」を初めて知りまして、どうやら映画になってるようで探してみようと思います。(。・ω・。)ゞ