アイム・ノット・シリアルキラーの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

アイム・ノット・シリアルキラー2016年製作の映画)

I Am Not a Serial Killer

上映日:2017年06月10日

製作国:

上映時間:86分

3.3

あらすじ

アメリカ中西部の町、葬儀屋の16歳の息子・ジョン。その影響からか、死体や殺人に異常な関心を示す彼は、ソシオパス<社会病質者>と診断される。ある日、町で 謎の連続殺人事件が発生。ジョンが目にした死体は、無惨に切り裂かれ、内臓の一部が持ち去られていた。猟奇殺人鬼が近くに潜んでいることを実感した彼は、その存 在に強く惹かれていくあまり、自ら周囲の調査を始め偶然にも殺人現場を目撃してし…

アメリカ中西部の町、葬儀屋の16歳の息子・ジョン。その影響からか、死体や殺人に異常な関心を示す彼は、ソシオパス<社会病質者>と診断される。ある日、町で 謎の連続殺人事件が発生。ジョンが目にした死体は、無惨に切り裂かれ、内臓の一部が持ち去られていた。猟奇殺人鬼が近くに潜んでいることを実感した彼は、その存 在に強く惹かれていくあまり、自ら周囲の調査を始め偶然にも殺人現場を目撃してしまう。なんと、隣人の老人がシリアルキラーだったのだ!!自身の奥底に眠る衝動 的な行動を必死に抑えながら、自分の手でこのシリアルキラーを阻止しなければならないと覚悟を決める。凍てつく雪に覆われた町で、追いつ追われつの予測不能な死 闘が始まる。

「アイム・ノット・シリアルキラー」に投稿された感想・評価

Johnny54

Johnny54の感想・評価

3.0
★★★
ドク演じるシリアルキラーと、社会的不適合者が対決するスリラー…だけども、思いがけないラストを迎える。主人公が遺体処理する一家で暮らしてるのが一つのミソになってるるんだけど、先日の「ジェーン・ドゥの解剖」といい、アメリカにはある種の職業が家族経営なのにビックリだ。下手したらトンデモラストでもあるけども、よく見るとあの液体が出てくる時点で薄々は感じてはいた。が、なんだかよくわからないのも確かな不思議な映画です。
また葬儀屋・・。

悪くないけど途中から行って欲しくない方向に展開するストーリー。

すごいじーちゃん。

63本目
ip

ipの感想・評価

2.5
期待したのとはだいぶ違ったが、勝手に期待したのが悪いということだろう。

普通の人がシリアルキラーと呼ばれる異常者になったいきさつとか、あるいは無実の人間が殺人鬼にされる話とかだったら良かったのにと見ていて思った。
結末はもはやSF…なにこの映画。笑わせたいの?
反則技を駆使する老いぼれ連続殺人鬼。その爺様の首根っこ引っ掴んでゲロさせようとするソシオパス(社会病質者)な主人公。しかし気弱なもんだから殺しの現場を影でコソコソ覗き見していたりと、どうにもストレスが溜まる演出。

「カッコーの巣の上で」のクリストファー・ロイドが病院から抜け出して、こてっちゃん食べたくなったからつい殺っちまったダ!みたいな物語でしたね。風呂に浸かるドクがシワシワな身体だったけど、とりあえず元気そうで良かった(笑)だからその設定は100億年前から反則なんだってばよ…。

【2017年6月28日(水)新宿シネマカリテで鑑賞】

このレビューはネタバレを含みます

昔に見た快作ジャック・ショルダーの「匕ドゥン」をちょっぴり思い起こさせるラストに驚いた。

あの後、あの奥さんは大丈夫なのかな?
余計な心配してしまいました。
MAENOLI

MAENOLIの感想・評価

3.6
2017 69 147

マックスが大人になっててびっくりした。おもしろかったけど、最後急に違う話になった!
nG0

nG0の感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

スマホの操作が分からないドクに笑った。

展開の吹っ切れ方がアルバトロスっぽい。
心の中で「メンインブラックかよ」って突っ込んだ
てるる

てるるの感想・評価

3.5
「ジェーン・ドゥの解剖」に続く松竹エクストリームセレクション第二弾。

殺人や死に魅力された高校生ジョンはセラピストにソシオパス(社会病質者)と診断される。
そして同じ頃、平和な街で連続猟奇殺人事件が起き、ジョンはその事件を追うようになり、ついには本物の連続殺人鬼と対決することになる…。

ジョン役のマックス・レコードがイケメンなのに病的で不安定な雰囲気がピタリとハマってる。
そしてBTTFのドクことクリストファー・ロイドが静かな狂気で盛り上げる。 

宣伝文句はソシオパスVSサイコパスだけど、「ジェーン・ドゥの解剖」と同じく、そっち行っちゃったかーという作品。
個人的にはそっち方面も好きなので全く問題ないけど、期待するところを間違えて観ちゃった人はポカーンとなるかも(・o・)

そして「ジェーン・ドゥ」と同じく死体を切り刻んだり、内臓が映るシーンが結構あるので苦手な人は注意。でもそんな内臓を雑に扱ったりするのがシュールでちょっと笑えたりするw
わざとだと思うけど、映像も古いフィルムで撮影したようなざらついた感じなのも上手く雰囲気出てた。

余談だけど、一時期ハマった海外ドラマ「メンタリスト」でも出てくるウィリアム・ブレイクの「虎よ、虎よ〜」という詩が出てきた時はちょっとテンション上がった!
gesu

gesuの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

ど田舎に住むソシオパスの少年の周りで起こる連続殺人が本筋。
BTTFのドク役のクリストファーロイド演じる隣の爺さんがシリアルキラー。

いやこれ最初のやつ殺すところから動きおかしかったよ
少年とばあさんのくだりでもちらっとでたけどラストは声だして笑いそうになった
結局なんなんだあいつ

核心に触れてるようで触れてない。
結局少年はニコニコしながら検死やってるし

ただこの暑くなってくる時期だから気味の悪い感じがちょうどよかった

ジェーンドゥほどは解体はリアルじゃなかったかも。
Sios

Siosの感想・評価

3.6
田舎町で起きる連続猟奇殺人。
雪景色、黒い液、切り裂かれた遺体から消える体の部位と、興味をそそる。

葬儀屋の息子ジョンは、猟奇犯罪者大好きで変人扱いされている高校生。なるほど近寄りがたい。
素晴らしいのは、クリストファー・ロイドの異様な存在感。お婆ちゃん愛とともに。

普通とかけ離れている。
…確かに。