アイム・ノット・シリアルキラーの作品情報・感想・評価 - 41ページ目

アイム・ノット・シリアルキラー2016年製作の映画)

I Am Not a Serial Killer

上映日:2017年06月10日

製作国:

上映時間:86分

3.1

あらすじ

アメリカ中西部の町、葬儀屋の16歳の息子・ジョン。その影響からか、死体や殺人に異常な関心を示す彼は、ソシオパス<社会病質者>と診断される。ある日、町で 謎の連続殺人事件が発生。ジョンが目にした死体は、無惨に切り裂かれ、内臓の一部が持ち去られていた。猟奇殺人鬼が近くに潜んでいることを実感した彼は、その存 在に強く惹かれていくあまり、自ら周囲の調査を始め偶然にも殺人現場を目撃してし…

アメリカ中西部の町、葬儀屋の16歳の息子・ジョン。その影響からか、死体や殺人に異常な関心を示す彼は、ソシオパス<社会病質者>と診断される。ある日、町で 謎の連続殺人事件が発生。ジョンが目にした死体は、無惨に切り裂かれ、内臓の一部が持ち去られていた。猟奇殺人鬼が近くに潜んでいることを実感した彼は、その存 在に強く惹かれていくあまり、自ら周囲の調査を始め偶然にも殺人現場を目撃してしまう。なんと、隣人の老人がシリアルキラーだったのだ!!自身の奥底に眠る衝動 的な行動を必死に抑えながら、自分の手でこのシリアルキラーを阻止しなければならないと覚悟を決める。凍てつく雪に覆われた町で、追いつ追われつの予測不能な死 闘が始まる。

「アイム・ノット・シリアルキラー」に投稿された感想・評価

ネタバレにならないうちに見たほうがいいと思うw
私はとりあえず色々ビックリしたし、え?みたいな進行のとこもあったけど、全体的に言うとなかなか好きなバランスの映画です

オオカミに生まれるか羊に生まれるかは自分で選べないので、持って生まれたスペックを今後どう運用するか、方向性を決定するのが思春期あたりの期間ですよね

生まれたままの素質をそのまま大成させた"成れの果て"を想像したとき、バッドエンドを連想させるような人もいるけれど、
ちょっとだけ方向を変えてやればフォレストガンプが出来たりもするんですから。

アバグネイルjr.だって、詐欺師の才能バリバリ使って現在はセキュリティコンサルタントですから。
ソシオパスに生まれたからってバッドエンドにさえならなければ、なんてことないわよね~
逆に、小さい頃は神童と呼ばれたのに今はニート!とかもざらにおるわよ、人は素質じゃないのよね。

でも私は"普通"の人なので、普通に、ソシオパスに出会うのは怖い。
他人ってそもそもわからないから怖いんだよ。
いつも一緒にいる自分の存在が一番怖い人なんて、どれだけ生きるの怖いんだろう。ハッとしました。

まぁただ、他人が魅力を感じないものに魅せられる気持ち、それはとてもよくわかるなぁ。たまたまそれが内臓なだけだもんね。

私も食べるの好きなので、太ったおばさんを見て「未来の私かもしれない」って思ったりするけど、頑張って節制して、バッドエンドを避けて生きていこうと思います。
反面教師。反面教師。
アリサ

アリサの感想・評価

1.5
近年稀に見るサイテーなオチ
1.5はマックスレコーズくんぶん
ez

ezの感想・評価

3.0
映像や音楽はかっこいいのに、まさかの展開にもう笑うしかなかった。
儚げで危うさを秘めた美青年はやっぱり最高。
indie

indieの感想・評価

2.5
ダラダラし過ぎな青春映画

愛情が必要なのだ何者にもと訴えかけてくるピンクの液体はラブ注入なのかな?
一番ダメなオチw
序盤のリアリティーなんだったの?

音楽と映像が良いだけに…
m

mの感想・評価

2.0
ラスト、それまでの全部なにってくらい冷めたけど少し笑った。

主人公の友達のデブがよかった。安心感。
yosino

yosinoの感想・評価

-
主人公を演じるマックス・レコーズ君がケイレブ君的な雰囲気をまとった佇まいでとてもよかったよ。クリストファー・ロイドじいちゃん怖かった。フィルム撮りの画もよかったな
自分の思い描いていた作品とは違ったと言うか、最後で覆された。

人と関わりを持つのが苦手なソシオパスの少年と普段は妻と静かに暮らしているシリアルキラーの老人の駆け引きをメインにしたサスペンス・スリラーだと思って観ていた。

確かに殺人を犯した直後の老人の行動に変わった行動はあったが、その理由があのような形で表せられるとは思いもしなかった。

原作ではこの続きも有るとの事らしいので、また映画化されたら観てみたい。

それにしても、クリストファー・ロイドはドクのイメージがまるっきり無いなあ。
kumiko

kumikoの感想・評価

3.3
隣人の老人が連続怪奇殺人犯と知ってしまった主人公ジョン。

ストーリー展開も緊張感を掻き立てる音楽も良かっただけに、ラストが残念でならない…
何故にいつから老人はああなっていたのかなどの伏線がもっと欲しかったし、心理戦をもう少し足して別のラストなら なお好みなのに残念…

このレビューはネタバレを含みます

自らの衝動に悩むソシオパス美少年と近所のシリアルキラーおじいちゃんの戦い…というだけでも面白いのに、まさかのモンスター展開です(笑)。そう来たか。
このモンスターがまたカッコイイのです。愛を貫く為に人間の姿をとって妻の側にいる…泣けるわ( ; ; )
短い時間では収まりきらない、気になるところが多すぎて…モンスターと妻の出会いとか、ジョンとお隣のブルックのその後とかね。