アイム・ノット・シリアルキラーの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

アイム・ノット・シリアルキラー2016年製作の映画)

I Am Not a Serial Killer

上映日:2017年06月10日

製作国:

上映時間:86分

3.1

あらすじ

アメリカ中西部の町、葬儀屋の16歳の息子・ジョン。その影響からか、死体や殺人に異常な関心を示す彼は、ソシオパス<社会病質者>と診断される。ある日、町で 謎の連続殺人事件が発生。ジョンが目にした死体は、無惨に切り裂かれ、内臓の一部が持ち去られていた。猟奇殺人鬼が近くに潜んでいることを実感した彼は、その存 在に強く惹かれていくあまり、自ら周囲の調査を始め偶然にも殺人現場を目撃してし…

アメリカ中西部の町、葬儀屋の16歳の息子・ジョン。その影響からか、死体や殺人に異常な関心を示す彼は、ソシオパス<社会病質者>と診断される。ある日、町で 謎の連続殺人事件が発生。ジョンが目にした死体は、無惨に切り裂かれ、内臓の一部が持ち去られていた。猟奇殺人鬼が近くに潜んでいることを実感した彼は、その存 在に強く惹かれていくあまり、自ら周囲の調査を始め偶然にも殺人現場を目撃してしまう。なんと、隣人の老人がシリアルキラーだったのだ!!自身の奥底に眠る衝動 的な行動を必死に抑えながら、自分の手でこのシリアルキラーを阻止しなければならないと覚悟を決める。凍てつく雪に覆われた町で、追いつ追われつの予測不能な死 闘が始まる。

「アイム・ノット・シリアルキラー」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

もしかして自分は化物で、誰かを傷つけてしまうんじゃないか……

そんな不安、なんとなしにわかるし、少年がシリアルキラー爺に共感しつつも、対峙していく姿には感動。
自分はどうやら普通じゃないみたいで、普通の世界に溶け込むために自分にルールを課し、自分の中に湧き上がる衝動を抑えている。というナイーブな少年の描写がめちゃくちゃ良い。

クライマックスの超展開にはびっくりするけど、伏線もあったし、何だか、なるほどぉーと妙に腑に落ちた。

青春物語として凄く良くできてる。
えりみ

えりみの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

WOWOW録画
鬱屈した少年のどす黒い青春モノかと思ったら、人外のホラーってそんなアホな😑
人の臓物がいっぱい出てくるのでPG12指定
遺体の防腐処理もする田舎町の葬儀屋の家業を手伝う孝行息子は高校生。
ホラーなのに眠たいZzz
バック・トゥ・ザ・フューチャーに大した思い入れも無いのでドクが出てきても個人的には盛り上がらんかった。
そもそもホラーみいへんからな。
おー!
このパターンのオチ観たの2本目!
そのパターン持ってきましたか。そうですか。

サイコパス要素があると周りから思われてる高校生のジョン。家が葬儀屋で死体に多く触れられる環境ということもあってか、彼は異常に死体に関心がある。

そんな彼が住む町で猟奇殺人が起こる。死体から臓器がひとつ抜き取られているのだ。

そんなある日、偶然殺人場面を見てしまうジョン。犯人はご近所さんで面識もある意外な人物だったが。。。

ってお話。

フイルム撮り、なのかな。ざらついた画面が映画のトーンに合ってます。シーンによってはミスマッチ気味の音楽もかっこ良い。

サイコなジョンに好意があるっぽい女子も出てきたりして、青春要素もあります。ちょっとだけですが(笑)

さて。

最後の最後に大オチがあります。
冒頭でも書いた通り、前に体験したパターンのオチだったので、びっくりというより思わずニヤリ。

あのラスト、伏線気づかなかった。何かふりがあったのかしら。

あのピンクの液体からのエンドロールの背景がピンクってのもなかなか良かったです。

なんであれピンク色なんですかね(笑)

あ、ちなみに同じ感じのオチの映画ですが。。。

でもその作品はオチ知らないで観てほしいんですよね。。。こういう時、どうやってタイトル紹介したら良いか迷いますね(笑)

一応コメント欄タイトルに書いておきます(笑)
不思議な雰囲気の作品。
爺さんヨボヨボなのにあんなに人を簡単に殺せるわけないだろ…と思ったらそういうことだったのか。

主人公のいる環境が悪すぎる。あの環境で人の死に興味持たないなんて無理があるし、母親は何を思ってあの仕事を手伝わせていたのか…?
爺さんの正体も気になったが、母親の教育方針も同じくらい気になる作品だった。
ざらついた映像がとても雰囲気があり良かった。この寒々しい閉鎖的な町の雰囲気が「ファーゴ」に似てました。自分の思っていた予想の斜め上を行く展開に吃驚した。主演の男の子がM・カルキンに似てました。ドク博士の不気味な雰囲気が大変結構です。
モロ

モロの感想・評価

3.3
クレイトンという田舎町がいい雰囲気出してる。

ジョンが犯人探しをしていると見せかけて、それは妄想で殺しているのはジョンでしたーと期待していたら、そんなひねりはありませんでした。
オチはある意味衝撃!

防腐剤を注入する機械音がBGMと重なるところはお洒落で素敵だった!
furlamami

furlamamiの感想・評価

1.5
ソシオパスとシリアルキラーの気持ちはりかいできますが、何故防腐をしたら、あんなものがでてくるのか意味が分からなかった。
ぴな

ぴなの感想・評価

-
2017/06/20 シネマカリテ

劇場で寝落ちしてしまったのでWOWOWでリベンジ。

サイコパスかと思いきや、まさかの展開。
ラブストーリーじゃん…。
CGはちょっとちゃちかったけど、殺人を続ける理由がわかった時にタイトルがしっくりくる。
同時に、ちょっと厨二病気味だった主人公が成長する物語でもあるところがニクい。

ただ、ソシオパスvsサイコパスを期待して観ただけに、その点はちょっとがっかり…。もっとゾッとする描写が欲しかったし、ジョンと老人の背景も掘り下げて欲しかった。
青少年ホラー好きとしては殺人に魅せられて興奮する主人公の様子や変化をもっと掘り下げてほしかったな。ソシオパスという設定の主人公なのにわりとビクビクしながら行動してるのが気にくわない。殺人を悪と見なすのではなくもっと魅了されて興奮する自分と葛藤してほしかった。
でもなんだかあとからジワジワ良さがくる。確かにこれは偏愛物語だよなぁと。人を愛するためには誰かを犠牲にしなきゃいけない。
結局のところシリアルキラーとソシオパスどちらを主軸にしたかったのかが曖昧なのが勿体ない。
殺人現場清掃をする首切り殺人現場フェチの女が本物の殺人犯と出会ってしまったら…という内容の映画があるんだけど、その映画は殺人事件フェチの女が上回って終わるんだよね。そんな感じでシリアルキラーを上回ってほしかった…。
ただ本作はシリアルキラーではないんだけどね。ノットシリアルキラー。
劇場公開を見逃して、やっと視聴。

え?評価割れてる。もの凄く良いと思います。
そういうオチなのとかよと言ってる人はそういう映画を陳腐にならないように成立せせるのが今時どれだけ困難かと言いたい。

鬱系ティーンエイジ青春映画としてしっかりしてますし、こういう流れがホラー映画にあるんですけどね。「ドニー・ダーゴ」あたりから。
ま、「FOUND ファウンド」とか「ビューティフル・ダイ」が大好きなので。