アイム・ノット・シリアルキラーの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

「アイム・ノット・シリアルキラー」に投稿された感想・評価

ぱん

ぱんの感想・評価

3.7
ソシオパスVSシリアルキラーって謳い文句と、シリアルキラーがクリストファー・ロイドってとこに惹かれて観た映画。
サイコパスとかソシオパスとか興味深いし好きな分野。
主人公の少年が、自分が向こう側に行かない為に自分にルールを課してるところとか、シリアルキラーを見つけても通報したりせず自分で止めようとするところがソシオパスみがある。
私がちゃんとしっかり観ていなかったからか、伏線には気づいてたけどきちんと理解できてなくて、ラストでかなり衝撃を受けた。
サスペンスだと思ってたんだけどジャンルが違った。
でもクリストファー・ロイドがめっちゃ怖くて好きだった。
ナグ

ナグの感想・評価

3.5
バックトゥーザフューチャーの爺ちゃんが、リアル爺ちゃんになってた!!

もうラストが驚愕過ぎてひっくり返った!!!
これは賛否両論!!!!
個人的には アリ!!!!
pppppppp

ppppppppの感想・評価

2.8
タイトルから想像していたお話とはだいぶ違った…
おばあちゃんがかわいい
人に勧めるような感じではないんだけど個人的にはとても好きな作品
マックスレコーズくん美しい
連続殺人事件が起こっている田舎町。家で母親が葬儀店を営んでいる影響か人の死体や歴代の殺人犯に人一倍関心があり、カウンセラーにソシオパス(社会病質者)と診断された少年ジョンとシリアルキラー(連続殺人鬼)の静かな戦い。

かすれた画面や流れる音楽、街のネオンの光など雰囲気がめちゃくちゃ好みでしたが、オチがそっちに転がったかー!(~_~;)あくまで生身の人間vs人間で決着を付けて欲しかったです。シンプルにそのまま行って欲しかった。それまで良かっただけにちょっと残念でした。海外の作品ってちょくちょくこういうオチがある気がする。普通に人間ドラマで終わって欲しいのだけれど。

☆72

このレビューはネタバレを含みます

なかなかエグい映画でした。前半はスリリングと思いきやだんだんエグさがましてきて、途中から「??」と疑問が生まれてきてラストはまさかの…
複数の賞を受賞してる作品。バックトゥーザ・フューチャーのドク役でも有名なクリストファーロイドが殺人鬼を熱演してるんですが、それだけに雰囲気が全く違うので最初ぜんぜん気がつきませんでした。
タイトルから想像して、もっと激しめに疑われたり酷い目に遭うのかと期待していたけど真犯人が面白かったので概ね良かった。マックスレコーズイケメンに育ってて満足。オチは…え?という感じだけどB級感あって好き。
これは掘り出し物~。
主人公がソシオパス(社会病質者:他者への共感が著しく低い)で、それを本人も自覚して苦しんでいるという設定が面白いです。検索性だけが特化して『他の人と違う』という事で悩む現代の人にも共感できる部分だな~と。
またお話としても、目を惹く部分が多く、『え、そっちに行くの?』という驚きも込めて楽しく観れました。また映像もイギリスというよりは北欧っぽさが感じられて、それもよかった。
全体的にコンパクトにまとめられてて、とても面白かったです。
流星

流星の感想・評価

3.8
主人公はシリアルキラーが好きな男の子。共感能力が低く人を殺さないようにルールを作ってる。
カウンセラーをつけられたり、いじめられてたり、親とうまくいってなかったり。私もシリアルキラー好きだからなんとなくわかる。社会に不満あると昔の犯罪者ってスゲーなって思うよね。憧れとかじゃないんだけどフィクションのキャラクターに近い感覚で。不適切だとは思うけどね。
すんでる町で連続殺人が起こり興味が出る。シリアルキラーがすぐそこにいるかもなんだから。
正統派のサスペンスかと思いきや驚愕のラスト❗いやー、ビックリの展開。
mokomoko

mokomokoの感想・評価

3.0
片田舎で起きた連続殺人を軸に繰り広げるヨボヨボなおじいちゃんとちょっと偏った高校生の対決・・・猟奇的と思わせて実はアッチ系!クライマックスの8~90年代を思わせるCG?特撮?が微笑ましい。