アイム・ノット・シリアルキラーの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

アイム・ノット・シリアルキラー2016年製作の映画)

I Am Not a Serial Killer

上映日:2017年06月10日

製作国:

上映時間:86分

3.3

あらすじ

アメリカ中西部の町、葬儀屋の16歳の息子・ジョン。その影響からか、死体や殺人に異常な関心を示す彼は、ソシオパス<社会病質者>と診断される。ある日、町で 謎の連続殺人事件が発生。ジョンが目にした死体は、無惨に切り裂かれ、内臓の一部が持ち去られていた。猟奇殺人鬼が近くに潜んでいることを実感した彼は、その存 在に強く惹かれていくあまり、自ら周囲の調査を始め偶然にも殺人現場を目撃してし…

アメリカ中西部の町、葬儀屋の16歳の息子・ジョン。その影響からか、死体や殺人に異常な関心を示す彼は、ソシオパス<社会病質者>と診断される。ある日、町で 謎の連続殺人事件が発生。ジョンが目にした死体は、無惨に切り裂かれ、内臓の一部が持ち去られていた。猟奇殺人鬼が近くに潜んでいることを実感した彼は、その存 在に強く惹かれていくあまり、自ら周囲の調査を始め偶然にも殺人現場を目撃してしまう。なんと、隣人の老人がシリアルキラーだったのだ!!自身の奥底に眠る衝動 的な行動を必死に抑えながら、自分の手でこのシリアルキラーを阻止しなければならないと覚悟を決める。凍てつく雪に覆われた町で、追いつ追われつの予測不能な死 闘が始まる。

「アイム・ノット・シリアルキラー」に投稿された感想・評価

想像しなかったオチだったのが兎に角ビックリ。初めに抱いた違和感である老人が使った凶器がなんなのか?は当たらずとも遠からずだったみたい。みんなけっこう善人ばかりが出て来た。いじめっ子もショボい奴だったし。子供の頃から当たり前のように死体を目にしているとその倫理観とか含め本人への影響ってやっぱ有るよねって思う。とこで自分で線引きするのか引きずられるのか…。最後は意外にラブストーリーです。老夫婦2人でチャイニーズレストランで食事してる時に旦那さんが奥さんのお皿の中をつついて軽く窘められる姿がとんでもなく微笑ましくて良かったなぁ。クリストファーロイド良い役者さんだなぁと再認識する映画です
ツッコミどころが多すぎて謎だったし
まさか犯人(W)が××だったなんて〜〜
ホラーコメディだろまったく(灬ԾٮԾ灬)
って感じの内容〜〜🌃🌙*.。
内容はともかく一緒に観た人が急に驚かしてきたりする方がびっくりしたしそんなことよりお腹が空いちゃってなんか途中から臓器がお肉に見える魔法。。(だいぶ盛った)
しほち

しほちの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

想像の10倍くらい内臓が出ます。驚かす系ではないけど、ギョッとするシーンが多いので時々目を細めて鑑賞してました。笑
主人公のソシオパス?っぷりがシリアルキラーに負け気味なのでも少し頑張って欲しかった!オチ見ると異常さでこいつに勝てるわけない、って思うけど…。
オチがまさかのすぎたけど、いい話、なのかも…。
MAAI

MAAIの感想・評価

4.0
名の知れぬ田舎町の排気と寒気を目前に感じ、ソシオパス(社会病質者)的な青年(マックス・レコーズ!)の「愛」にまつわる冒険譚に涙する!必見!
クリストファー・ロイドが非常に良い!
それほどホラーホラーしてなくてグロも控えめ。
ラストのやっつけ感がなんとも頂けないが
それまでは悪くない。
ピンク色が印象的。
クリストファー・ロイドを拝みに。

そこまでホラーじゃなかったけど、そのぶん別の良さがあって、グッときた。
福原実

福原実の感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

死体や殺人鬼に異常な興味を示す主人公は周囲からも浮き、定期的にカウンセリングを受けている。主人公の住む町で連続殺人事件が起き、事件を調べるうちに殺人鬼の犯行現場を目撃してしまう。主人公は殺人鬼の動向を追うようになるのだが…という話。
予備知識なしに鑑賞。

主人公が葬儀屋の息子で、冒頭から死体防腐処理のシーンが続くなど、かなりグロい作品。ミステリーっぽい話かと思ったら犯人が早々と判明してしまい、そこからは犯人の表と裏の姿を主人公がひたすらストーカーしていく映像が続く。犯人が老人で体調もすぐれないので普段はゆっくりとした動きなのに殺害シーンだけやたらと機敏で手際よいのが不気味。
犯人と犯人の妻との絆を描くドラマ部分も秀逸で、ただグロいだけのお話にはなっていないところは評価が高い。
まあ、なんといっても度肝を抜かれるラストの衝撃が凄まじいのだが。
とはいえ、女性にはなかなかオススメしにくい作品だろうなあ。
だまん

だまんの感想・評価

3.9
クリストファー・ロイドの干からび具合が最高にマッチする役どころ。「梅雨の時期はじっとりとしたホラーが観たい!」と言う私の欲望にカチっとハマる映画でした。要望にマッチしすぎて、観終わったら、最高にスッキリした。
ソシオパスの少年がい愛おしいよ。
愛に満ちた映画。
ほとり

ほとりの感想・評価

3.0
サイコパスとソシオパス、というけども…
もっと優雅な“犯罪”を期待してた分、終わり方に物足りなさが。。
みずき

みずきの感想・評価

3.5
予告でも物語の核心的なところに触れてるとおもうのだけど、これは殺人鬼と呼べるのかな。どうなんだ(最高でしたけど)。サスペンスの皮を被った、別のジャンルの映画かなあとおもう。個人的にはニヤニヤと笑っちゃう映画だった。余談ですけど、『ファーゴ』もそういうサスペンスなのですよね。自身のどんなツボを突かれるのかはわからないけれど。