アイム・ノット・シリアルキラーの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

アイム・ノット・シリアルキラー2016年製作の映画)

I Am Not a Serial Killer

上映日:2017年06月10日

製作国:

上映時間:86分

3.1

あらすじ

アメリカ中西部の町、葬儀屋の16歳の息子・ジョン。その影響からか、死体や殺人に異常な関心を示す彼は、ソシオパス<社会病質者>と診断される。ある日、町で 謎の連続殺人事件が発生。ジョンが目にした死体は、無惨に切り裂かれ、内臓の一部が持ち去られていた。猟奇殺人鬼が近くに潜んでいることを実感した彼は、その存 在に強く惹かれていくあまり、自ら周囲の調査を始め偶然にも殺人現場を目撃してし…

アメリカ中西部の町、葬儀屋の16歳の息子・ジョン。その影響からか、死体や殺人に異常な関心を示す彼は、ソシオパス<社会病質者>と診断される。ある日、町で 謎の連続殺人事件が発生。ジョンが目にした死体は、無惨に切り裂かれ、内臓の一部が持ち去られていた。猟奇殺人鬼が近くに潜んでいることを実感した彼は、その存 在に強く惹かれていくあまり、自ら周囲の調査を始め偶然にも殺人現場を目撃してしまう。なんと、隣人の老人がシリアルキラーだったのだ!!自身の奥底に眠る衝動 的な行動を必死に抑えながら、自分の手でこのシリアルキラーを阻止しなければならないと覚悟を決める。凍てつく雪に覆われた町で、追いつ追われつの予測不能な死 闘が始まる。

「アイム・ノット・シリアルキラー」に投稿された感想・評価

竹中直人氏が昨年のお気に入りBlu-ray 第1位にあげた作品。
でも大衆ウケはしない作品。
少々グロいところがあるので、苦手な人は注意。

葬儀屋の息子ジョンは、地元の高校に通う16歳。
彼は、母親が遺体の防腐処理をする手伝いをしている。
ある日、連続殺人事件が街で起こるが、運び込まれる遺体は内臓が切除されていた。
死体に異常なまでの関心を示すジョンは、猟奇殺人犯の捜索に取り掛かるが…

16mmフィルム🎞で撮られた作品。
キメの粗い画質が独特の雰囲気を醸し出しており、終始どんよりとした感じで描かれている。
防腐剤の朱色が気味悪く映って見えるのも、そんな効果を狙ったんだろうなぁ。

誰が連続殺人犯かは、早い段階で明かされる。
死体に取り憑かれていた主人公の少年が、生に固執して犯行をやめさせようと奔走し出す展開が面白い。

でも、気になる連続殺人犯の本当の正体は?
なんと! そういうことだったの!?
エ〜、嘘!というもの。

そして、最後に伝えられるメッセージは家族への愛。
何ともアメリカンな終わり方。

※BTTFシリーズのC・ロイドが出演しています。彼も今年80歳。まだまだ現役でなによりです。
akihiro

akihiroの感想・評価

3.5


『記録』



構成自体はよかった!
設定等も面白く割とキャッチーな題材で
見てみたいかも!と思わせる感じ!
だが
んー、良くも悪くもオチがって感じ。

裏切られた感というか
こーゆー感じか!というか、、、

このレビューはネタバレを含みます

まさかのどちらともノットシリアルキラー
そしてまさかの人間ですらないラスト
最後の最後でよく分からない裏切りをしてきた
そして主人公の男の子も最後の最後でなんか良い子みたいになってるけどK殺しかけた時点でそのままばんばん殺してしまうのかなと思いきや
て感じだった
なんとなくモヤっとしたけどまあまあ面白かった
MaoOnda

MaoOndaの感想・評価

2.6
割と序盤で退屈しちゃった、オチもかなり好きじゃない感じ。まあまあ高評価なのが謎におもう…
予告詐欺な感じで全く思っていたものと違った。
予想外すぎてよく分からないです(笑)
ペイン

ペインの感想・評価

4.3
「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のドクおじさんがシリアルキラー役。

まるでデヴィッド・リンチやコーエン兄弟を思わせる上質な手触りのダークスリラー。

パッケージの感じで観るのスルーしてる人多そうだが、思っているよりずっと知的で高尚な映画ですよこれ。

ラストこそ高らかにB級万歳!と謳いあげているが、それまでの展開が良い意味である種"面白すぎない"絶妙な展開で緻密に丁寧に作り上げられており、映像からもただのB級スリラーではない高級感が伝わってくる。あえて16mmフィルムで撮られたという粗めの映像も項を成してる。

「ブルーベルベット」や「ファーゴ」を思わせるショットもあり、ニヤニヤが止まらなかったです。ちゃんと作り手が映画マニアであることが伝わってくる私の大好物な作品でした。

本作は俳優の斎藤工がブログで紹介していたので観てみたがやはり流石シネフィルな彼だけあり、観る目あるな~と偉そうながら思いました。ありがとう斎藤工(笑)
完全にタイトルに惹かれてチョイス。
そしてクリストファー・ロイド!

大好物のシリアルキラー、ソシオパス。
どうなっちゃうのー!!?
ってラスト...えっ...

黒いドロドロ、てっきりガソリンの類いだと思ってたけど違うんかーい!!

で、結局あの正体は何だったんですか??
ソシオパスVSシリアルキラー

そもそもこの謳い文句が間違えてますね😅

ソシオパスはまぁいいとして 相手はシリアルキラーではないですから。でも 予想を裏切る展開が待っている と思えばこれはこれでアリかも🤔

ラストは主人公の高校生男子が 人間的に成長してなんだか晴れやかな終わり方。めでたしめでたしでした😅
谷中実

谷中実の感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

主人公の言い分を一通り聞くまで絶対に殴らないイジメっ子、
感じの悪い主人公に対して常に忍耐強く優しいヒロイン、
緊急事態への適応力が異様に高すぎる母親など、首をかしげたくなる行動を取る人物が多い。

なかでも主人公は違和感が強かった。
彼が独自捜査を貫いたために連続殺人は警察に真相を知られることもなく続いた訳だが、何をもって“アイム・ノット”なのか。
犯人の犯行を追うこと自体が目的化しているフシがあり、ある意味共犯としか思えない。

実行犯の老爺が急速に液状化し、世にも惨めなクリーチャーが出現したところで爆笑しながら考えるのをやめた。

・主人公の部屋は本格的なサイコを目指した仕様のようだが、主人公自身の手による字や絵は年相応の稚拙さで、真性の迫力を感じない。

サイコ趣味は本人が偏愛しているだけでファッションに思えるが、真性でないからと言って、主人公の行動の腹立だしさは一毫も減らない。
斜め上に行くにも程がある映画

家族一同で葬儀屋で働いているジョンは田舎町で起きる連続殺人事件に興味を抱き、次第にロブといういじめっ子ができ、なおかつ周囲からソシオパスと認識される。そんななか、怪しい男性を見掛け、見張っていると近隣に住むビルという老人と川へ釣りに行くそうでジョンもついていくと、その男性はビルをナイフで殺そうとしたもののビルに返り討ちにされて殺されるのでした。そしてビルはその男性の臓器を取り出すのでした。更に別の日、理髪店でビルを見掛けたので店の外でじっと見ていたのですが、ビルは人気のない瞬間を転機に店主を殺してしまう。ジョンは警報器で警官を呼んでビルを逮捕させようと思ったが警官はいとも簡単に殺されるのだった。連続殺人犯の正体は近所に住む老夫婦の夫であるビルだったのだ。

怖い。とにかく怖い。

松竹の宣伝が大袈裟で、そもそも狂気と狂気の対決なんかひとかけらもございません。殺人者予備軍があくまでも犯人を追うという執念とモンスターホラーじみたビルの並々ならぬ恐怖は最早いい映画でした。
というかジョンはソシオパスだけどそんなに悪そうな人間ではなかったけど食事中にロブと目を合わせたりパーティーでロブに殺害予告だと思わせた発言を考えると最初はなんてやつって皆思うんじゃ・・・?と思ってなりませんよ。それでもちょっとしか描かれていないのだが
ガールフレンドっぽいブルックと一定の距離を取って上手くやってたから色々と恋愛に発展するんじゃと心中思いました。

ビルに関してはビルの表の顔とビルじゃない顔が表裏一体となっている感じではあるものの、何処か全体的にビルの表の顔の方が描かれていたのでまあジョン視点が全面に押し出している構成だったので裏の顔は敢えて見せていない演出でした。

で、ラストなんだけどこれってサスペンススリラーなの?とジャンルがわからんような衝撃。むしろ映像は16mmのアナログなのにまさかデジタル?という意外さ!挙げ句にはビルの魂が遺言を言い残して自害するから驚きというか良くも悪くもサプライズといったほうがいいんじゃないのでしょうか?

殺人犯と戦うとはいえ、流石に母親やカウンセラーに打ち明けられないという展開は納得で感情移入出来ましたが、責めてしずかちゃん的存在のブルックとはどうなった描いてくれたらなぁと思ったけどエンドロール前に防腐剤を遺体に入れる機械をお洒落に使っていたので悪くなかったです。