アイム・ノット・シリアルキラーの作品情報・感想・評価

  • Filmarksトップ
  • アイム・ノット・シリアルキラーの作品情報・感想・評価

アイム・ノット・シリアルキラー2016年製作の映画)

I Am Not a Serial Killer

上映日:2017年06月10日

製作国:

上映時間:86分

3.3

あらすじ

アメリカ中西部の町、葬儀屋の16歳の息子・ジョン。その影響からか、死体や殺人に異常な関心を示す彼は、ソシオパス<社会病質者>と診断される。ある日、町で 謎の連続殺人事件が発生。ジョンが目にした死体は、無惨に切り裂かれ、内臓の一部が持ち去られていた。猟奇殺人鬼が近くに潜んでいることを実感した彼は、その存 在に強く惹かれていくあまり、自ら周囲の調査を始め偶然にも殺人現場を目撃してし…

アメリカ中西部の町、葬儀屋の16歳の息子・ジョン。その影響からか、死体や殺人に異常な関心を示す彼は、ソシオパス<社会病質者>と診断される。ある日、町で 謎の連続殺人事件が発生。ジョンが目にした死体は、無惨に切り裂かれ、内臓の一部が持ち去られていた。猟奇殺人鬼が近くに潜んでいることを実感した彼は、その存 在に強く惹かれていくあまり、自ら周囲の調査を始め偶然にも殺人現場を目撃してしまう。なんと、隣人の老人がシリアルキラーだったのだ!!自身の奥底に眠る衝動 的な行動を必死に抑えながら、自分の手でこのシリアルキラーを阻止しなければならないと覚悟を決める。凍てつく雪に覆われた町で、追いつ追われつの予測不能な死 闘が始まる。

「アイム・ノット・シリアルキラー」に投稿された感想・評価

みずき

みずきの感想・評価

3.5
予告でも物語の核心的なところに触れてるとおもうのだけど、これは殺人鬼と呼べるのかな。どうなんだ(最高でしたけど)。サスペンスの皮を被った、別のジャンルの映画かなあとおもう。個人的にはニヤニヤと笑っちゃう映画だった。余談ですけど、『ファーゴ』もそういうサスペンスなのですよね。自身のどんなツボを突かれるのかはわからないけれど。
まさかの路線方向、展開が読めない不思議ホラー。ピンク色がイカしてる。
まりん

まりんの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

殺人鬼に共通する要素を満たしてしまっているジョン。
その条件で殺人鬼になる人間とならない人間の分岐点って何なんだろう。
ジョンは葬儀屋と言う稼業の為か死体を怖がらないし、寧ろ興味深く見ているし、殺人鬼に興味津々。

でも、殺人鬼と単身戦う。興味故の独自の追跡調査の賜物とはいえ、戦えないでしょ・・普通なら。

“反社会的傾向あり”と診察されたからと言って殺人鬼になる訳ではない・・のです。きっと。

途中まではちょっと不気味なサスペンス的映画だったのですが、最後の展開は、あれは何かな?
人が殺人鬼になるのは、中に悪魔が入り込むから・・と言う宗教的な見解なのかな?

それにしても、連続殺人鬼を映画の中では良くカリスマ性を持った特別な人のように扱いますよね。
T

Tの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

観終わってわかるタイトルの破壊力。

最初から「わたしは連続殺人鬼じゃなくて(なんかバケモノなんですよ)」というネタバレタイトル。

誰もが「アイ」は主人公の少年と思わせる巧みなミスリード。

タイトルつけた人天才。タイトルに0.5点加点。
konomo

konomoの感想・評価

3.3
ギトギトの殺人事件が起こる割には温度が低くて、主人公も透き通る白さだし、雪景色多いし、北欧映画みたいなテイストだった。

主人公の家が葬儀屋で、家族でエンバーミングやっていて、土葬の文化なりの遺体処理法があるんだろうなぁ、あれは血を抜いて防腐剤を入れてたんだろうと思うのだけど、ピンク色なのはやはり血色良く見せるためなんだろうか、などと異国の葬儀について考えたり。

個人的には老人が殺人を犯す理由は、アッチ方面に行かずにいて欲しかった。

完全に予想を超えた、衝撃のラスト。



※『愛』とは残酷なり
まぁまぁ。鬱屈とした青年が殺人現場を目撃しまくる。ラストにはびっくらこいた笑 ただのサスペンスかと思ってたもんで。
友人との決別を友人のドアを開ける手だけで表現したり、なるべくセリフを避けようとする努力は認めたいがへたっぴ。
予想してた展開とは違う次元の話だった。雰囲気凄い好きだし、割とゾクゾクして良いけど。

あのピンクの流し込んでるやつは何やってるのかわからないので教えて欲しい。
魚醤

魚醤の感想・評価

3.8
ひきこもりの青春映画といったかんじ。
アトランティスのこころのような

母親の死体処理の仕事を手伝い、殺人鬼マニアで、かなりのギーク。自分はいつか殺人をするんじゃないかと周りにも自分でも思ってたら、、、

ホラー的なカタルシスは最後の最後だけで、静かな田舎町でだれもしらない隣のジジイの秘密を知ってしまってイキイキとしているこの青年俳優の生々しい表情がすばらしかった。
3io

3ioの感想・評価

3.3
Attention:
Don't watch this when you're eating.

My feelings went
Beginning: Excited
Because I had no idea who the serial killer is. No information.

Middle: Suspicious
Because I made a different scenario in my mind that it was actually not happening. He's a sociopath so he made a scenario in his mind and it wasn't happening at all. Or the serial killer was him.

Ending: Disappointed
Don't finish like that. Totally went a wrong far away from what I thought and that wasn't nice for me because you must check it out yourself.
However horror movies lovers may like the ending.