スケア・キャンペーンの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

「スケア・キャンペーン」に投稿された感想・評価

mk

mkの感想・評価

2.1
残酷さは中途半端でラストも微妙。
怖さはゼロ。
意外性はあったけど早々にネタバレしすぎでは…もっと引っ張ればよかったのに。
ラストこそもっとグロいなりなんなりしてくれたほうがよっぽどB級ホラー感あるのにな、という感じ。
haru

haruの感想・評価

3.0
おもしろかったけどちょっとひどいな〜可哀想見てられんかった最後
YUTA

YUTAの感想・評価

3.7
人気恐怖ドッキリ番組
「スケア・キャンペーン」。

無料動画サイトなどで
過激な動画を観れるようになったことで
番組の視聴率は低迷。

そこで製作陣たちは
廃墟の病院で今までにないような
大掛かりなドッキリを敢行することに。
そして物語は思いもよらぬ展開に、、、

二転三転するストーリーに引き込まれた!

このレビューはネタバレを含みます

なかなか見応えありましたねえ。
カメ止めと、ナメてた相手が殺人マシンでしたモノを足して三で割って、そこにスラッシャーをかけ算してくるというなかなかの芸当。
予想の範囲こそ超えなかったですけど、80分弱のジャンル映画でこんだけ転がしてくれたら充分です。ほんとかウソかの崖っぷち感をもっと煽ればより面白くなったかもなー。

マーカスがちょっとエドガー・ライトに見えたり。劇伴が地味に良かったり。
【吹替版】
※未製作


【字幕版】
『未体験ゾーンの映画たち2017
('17 1/7〜: ヒューマントラストシネマ渋谷)('17 1/21〜: シネ・リーブル梅田)』
〇'17 1/14〜24単館公開: ヒューマントラストシネマ渋谷
〇'17 1/28〜2/2単館公開: シネ・リーブル梅田→
〇'17 1/25〜2/7 オンライン上映 青山シアター→
〇'17 4/5 DVD発売及びレンタル→
●'18 12/27 1:00〜 ムービープラス『未体験ゾーンの映画たち』の枠にて放送
配給: クロックワークス→
発売元: 同上
販売元: TCエンタテイメント
ワイド(PANAVISION/シネスコ)
DOLBY ATMOS
12/27 ムービープラスにて観賞 2.0ch
劇場:
DCP or Blu-ray

放送:
HD 1080i
5.1ch
※劇場では字幕版のみ。
怖さ・グロ描写ともに中辛🍛✨主なキャストのルックスが良いし👈🏻コレ大事((*´∀`*))💕スプラッタ系が苦手な方でも大丈Vな程度の流血量💉でヤングや初心者向けにオヌヌメ出来まつ🎬✨先が読めてしまうけれど設定とテンポが良いので見やすいッス👌🏻✨

ま。パッケージとオチがとても残念な⤵️『ホラー映画あるある』の典型例よね…
ひろ

ひろの感想・評価

2.5
B級ホラー!
途中までは面白かったけどラストはちょっとな〜
もう少しスッキリさせて欲しかった。
でもつまらなくはない。

このレビューはネタバレを含みます

星0.5

テーマは良いのに残念な点が多い。

・初っ端から殺人集団が流行ってると描いてしまっている。
これでは、ゆくゆくそいつらが主人公を襲ってくるなんて見え見えである。
しかも、若者の悪ふざけという陳腐な集団なのに彼らには金があるから逮捕が出来ないという理屈も意味が分からない。

・悪霊役の女の子がそいつらのグルだという事も早々にバラしてしまっている。
こういうのは最後まで隠しておくべきなのでは・・・?
は?と自分の目を疑いましたよ。
グルだと初めから分かってるから何の緊張感も意外性もなくなった。
劇中のプロデューサーが「テレビは意外性が大事だ」と言ってるけど、これを撮っている監督がソレを出来てない。

・主人公がドッキリだと気付いてからの展開が短い。
ドッキリだと気づき、そこから怒涛の展開によってドッキリなのか本当の事件なのかに戸惑い、慌てふためく姿が観たかったのに、あっさりと殺人集団に出くわして戦う展開に。

・結局、グロ頼り。
そして、グロシーンのオンパレード。
それならそれで観客自身がこれは本当にドッキリなのか、実はドッキリではないのかを分からないようにして楽しめれば良かったのに。
初めから殺人集団にやられて終わりだよって理解したも同然の状態で観てる子で、ちっとも娯楽性がなかった。

もう一捻りも二捻りも欲しい作品である。
少女の笑い声が反響する演出は良かったけど。
後から気づいたけど、「モーガン・ブラザーズ」の監督だったのね。
あの作品も個人的には駄作の部類でした。。。
【字幕/録画視聴】
序盤はまずまずだったのだけれど、中盤から同じような展開の繰り返しで興味が薄れてしまった。結局オチも今一つ惹かれるものがなかった。殺しの演出・美術なんかは悪くなかっただけに何か残念な映画だったな。