ラスト・プリンセス 大韓帝国最後の皇女の作品情報・感想・評価・動画配信

「ラスト・プリンセス 大韓帝国最後の皇女」に投稿された感想・評価

ゴリラ

ゴリラの感想・評価

3.0
ホ・ジノ監督作7本目

といっても“『八月のクリスマス』を撮った監督の作品”として観るより“ソン・イェジン主演による皇女の伝記映画”として観るのが妥当か…
予想はしていたがホ・ジノ感はゼロ

日本における韓国映画の観客動員数1位は『私の頭の中の消しゴム』、2位『四月の雪』、その両作で主演し、昨年『愛の不時着』も大ヒットと正に“韓流ブームの顔”と言うに相応しいソン・イェジン

そんなソン・イェジンの女優としての転機は『荊棘の秘密』だと勝手に思ってる
彼女の出演作を全部観たわけではないが、それまで『ラブストーリー』や『私の頭中の消しゴム』などから清純派、ビジュアル先行型のかわいいだけの女優ってイメージだったが、『荊棘の秘密』のクレイジーママっぷりで、普通のソン・イェジンからスーパーソン・イェ人に覚醒!
それまでのイメージをブッ壊しにかかったような狂気っぷりには感動すら覚えた

そんなソン・イェジンの勢いづいた演技が本作でも発揮!
中盤までは抑えていたが後半に入って数回スーパーソン・イェ人に変身してたわ
髪色は金色になり逆立って見えたのは俺だけだろうか?
…うん、俺だけだろう…
彼女の少女時代を演じたキム・ソヒョンはかなりはまり役
確かにこの娘が成長したらソン・イェジンになりそうな顔立ち
声まで似ていた!

-----------------------ネタバレ--------------------

大韓帝国最後の皇女徳恵翁主については全く知らなかった為、すんなり全てを受け入れて楽しんだ
正に“激動の時代に翻弄された”と言うワードがピッタリくるような不憫な生涯

ただ、後々調べると中盤の一番盛り上がる展開がガッツリフィクションなのね…
冒頭で事実を元にしたフィクションだと出てるとはいえ、実際の徳恵翁主の生涯を調べると結構印象が違う
映画では“故郷を思い続け独立運動を支えた闘士”のような描き方だが、実際は母の死をきっかけに精神を病んでしまった不憫な女性といった印象

なんだか国産うなぎだと思って美味しく食べていたら、後々中国産って分かったような気分だろうか…
こんなこと言ったら『鰻の男』に怒られそうだな…

まぁ、スーパーソン・イェ人が良かったので良しとしよう!
oo2k

oo2kの感想・評価

3.6
ソン・イェジンが役柄にめちゃくちゃ合ってる。
徳恵翁主を演じたソン・イェジンの演技力の素晴らしさが作品の質を高めています。冒頭フィクションとはうたわれていますが、ベースに極悪非道の日本っていう構図に引っかかります。
若いとき強引に日本へ留学させられ、38年間祖国に帰れず、日本が戦争に負けて帰れると思ったら入国拒否されてしまう皇女のお話。
ソン・イェジョンが出演ってこともあり不時着と重ねてしまうところもあって海岸のシーン、空港でのシーンはボロ泣きでした、、、とにかく演技がうまい。
過去にこんな切ないことがあったこと、きっとまだまだこんな思いをした人が沢山いること、悔しく思った。
ビオラ

ビオラの感想・評価

3.5
ソン・イエジンの、壊れていく様子、老いていく様子は
鬼気迫るものがあり胸に迫ります。
うまい俳優さんですね。

ラストの両親との再会はレ・ミゼラブルを彷彿させ
感涙ものでした。
歴史に翻弄された王族といえばラスト・エンペラーを思い出します。
一人の女性として生きるなら、愛された夫と共に家族を築けばよかったと思いますが、プライドが許さなかったのでしょうね。
韓国に渡った李片子は、その点吹っ切れていて凛とした印象を受けます。

ともあれ、この映画はフィクションですから、これをきっかけに徳恵妃のことや両国間の歴史に関心を持ち、正しい知識を得ることは有益なことだと思います。

朝鮮側の悪者、ハン氏は徹底的に悪く描かれていて、一人で帰国する場面は虫唾が走りました。
こういう官僚はどこでもいそうですが、映画なら大抵、最後にはひどい目に合うものですが、この人は最後までひとでなしを貫いたことで、韓国人と、韓国政府をも責めることになり、映画としてはバランスが良かったと思います。

日本語の堪能なキム・ジェウクの演じた宗氏は、実物もびっくりするほどのイケメンで、ぴったりでした。
10/3実在した大韓帝国最後の皇女=徳恵姫の人生をフィクションを交えつつ描いた映画。

徳恵姫は、日韓併合により留学という名目で日本へ連行される。同じく日本在住の兄=李垠とともに王朝復興のため上海亡命を目指すも失敗。失意のまま日本での生活を続けるが、戦後も韓国への帰国は許されず、歴史からも忘れられていく。
こんな人物がいたとは知らなかったので歴史の勉強になる。どこまでがフィクションでどこがノンフィクションなのかを知りたくなった。

エンディングでは、この徳恵姫の甥の王子が、広島原爆で亡くなったことが紹介されていて、もう一つの李王朝の悲劇も知ることができた。
MN88

MN88の感想・評価

-
記録用。
>|