n

ドリームのnのレビュー・感想・評価

ドリーム(2016年製作の映画)
4.0
トイレをぎりぎりまで我慢しなければならないこと、ハイヒールを履いて走らなければならないこと、飲みたいときすぐにコーヒーを飲めないこと。キャサリンやドロシーやメアリーが黒人として、女性として日々直面する差別や抑圧や制約とそこから受けるストレスを、身体的な感覚を通して追体験させるような場面が多く、鑑賞中とても苦しかった。観ているだけで足が痛くなりそう。

しかし、いろんな人が言っているけど、何がドリームかってマハーシャラ・アリですよね。