ドリームのネタバレレビュー・内容・結末

ドリーム2016年製作の映画)

Hidden Figures

上映日:2017年09月29日

製作国:

上映時間:127分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「ドリーム」に投稿されたネタバレ・内容・結末

映画はその時の時代を映す鏡のようだ。
人種差別を受けたことがないものには、うける側の気持ちがわからない。というか差別されることに対する気持ちはどんなものかという発想を持てなかったんだろうな。彼女は初めて積もった不満をハリソンにぶちまけた。そこから次第に人種差別に対する考え方が取り壊されていったように感じた。内に秘めておくことは誰にでもできるけどそこから行動出来る者にしか見えない世界がある。それを3人に教えてもらえなような気がする。自分の可能性を自分で閉ざしてしまいたくない。前例がないと拒絶されてきた事柄をなんなくやりこなして行く姿が爽快でかっこよかった。今まで白人の学校に黒人が言った事例がない。宇宙に行ったアメリカ人もいなかった。だが前例を作り名を残した。規則で出来ないことがある場合は前例を作ってしまえばいいのだ。何という発想だろう。どんな事もみんな家庭を持っているけど、そんなことを理由に挑戦しないだなんて考えはなかった。忙しくてやりたいことができないと訴える方に是非とも鑑賞していただきたいものである。
天才なだけじゃなくて努力する、肝っ玉母さん三人最強すぎる、素敵すぎる。かっこいいなぁ。

★好きだったシーンメモ★
上司がトイレ壊すシーン。最高。

宇宙飛行士がちゃんと黒人女性エリアにも挨拶しにくるシーン。かつ there are more "people" ていう正しい言い方。

講義受講のための訴えがかっこよすぎた。あそこだけ見返したい。前列になるしかない。

not because I wear skirts, but because I wear glasses. も好きだった。

IBM導入にあたり事前にプログラミングの勉強をし、かつそれを部下にもさせ、自分だけ異動せず部下を守るところも最強だった。

========

実話かーーーーーーしびれますね。
“天才とは1%のひらめきと99%の努力である”

白人男性が圧倒的有利な社会で働く3人の黒人女性たち。性差別や人種差別の壁に阻まれながらも高い知性と行動力を武器に男性社会の中で次第にその存在感を発揮していく。夢を叶えるために前例のないことに挑み続けた女性たちは歴史的偉業を成し遂げた英雄の一人だったにも関わらず、その名前と輝かしい功績は長い間隠されてきた。

アメリカ史上初の有人宇宙飛行への道のり。人種の壁を乗り越え、アメリカの新たな歴史が作られる。

マーキュリー計画と並行するように黒人女性の未来計画も着々と進行していた。メアリーは当時黒人女性がなることのできなかったエンジニアとしての道を開拓すべく裁判を起こした。その結果裁判所はメアリーの高校への入学を認め、これまで黒人が踏み入れることのできなかった白人専用の学校で受講することが可能となった。

権限を持つ白人男性たちが黒人女性たちの訴えに対して目の前に立ちはだかる人種の問題を取り払い、夢への扉を開けたことで彼女たちの活躍の幅は益々広がることになる。

誰よりも不利な状況にいながら常に先を行く彼女たちの目覚ましい活躍に職場にいる誰もが目を見張った。色分けされていた双方の間の壁はなくなり信頼で結ばれるようになっていた。男性社会で認められ信頼を勝ち取った彼女たちは、その後も数々の人類の夢の実現に全力を尽くした。

箱の中身。家族の前で手を取りプロポーズするジムとパールのネックレスをキャサリンに贈るハリソンの行動に心から感動した。100歳を過ぎたジムとキャサリンの結婚生活は今も続いていて、かつてジムの両親が作った結婚記念日の回数をすでに超えている。

エンディングでも流れた彼女たちのその後の人生には驚きを通り越して何度も鳥肌が立った。主演3人は勿論のこと、ケビン・コスナーの芝居がとても良かった。良い映画でした。
ただのNASAの話ではなく、黒人差別と女性差別を織り交ぜた作品。
タイトルの通り、色々な人の夢が詰まった作品だった。
主人公たちが差別に立ち向かい、実際に活躍して、地位が向上されていくシーンは胸が熱くなる。
ラストは、主人公たち同様ハラハラして固唾を飲んだ。
すごい面白い。
キングスマンを見た日に視聴。タイプが全く違う2つであるため、頭がごちゃごちゃした…。

NASAで初めて活躍した黒人女性のサクセスストーリー。この物語は勿論偉大な先人の伝記という面もあるが、それ以外にも伝えたいことのある映画だったのではないか、とも思う。それについて書いていきたい。

まず一つ、「差別の常習化、不可視化について」。主人公キャサリンの配属先ではcolored 用の女子トイレが無く、毎回違う地区のトイレに行く毎日。そんな彼に『理解ある』彼の上司は言う「幻滅させないでくれよ、期待してるんだから」…。彼が悪いという訳ではない。事実、彼は黒人でしかも女性であるキャサリンの実力そのままを評価し、期待をかけている。ただ、差別というのは常習化してしまうと、途端に目に見えなくなってしまうのだ。そのことは差別をしている人間には永遠に伝わらない、被差別の人間が声を上げなければ。「誤解しないでね、偏見がある訳じゃないのよ」そう言った女上司にドロシーは答える。「ええ知ってます」「そう思い込んでるってことは」彼らが悪い訳ではない。誰だって指摘されなくては、自分の捨てたゴミが誰に迷惑をかけてるかなんて気にしもしない。

次に逆境の時のサクセスの方法。3人それぞれ、最も大切な三つのことを教えてくれた。キャサリン(評価を受けるまで、忍耐をもって己の実力を発揮し続ける)ドロシー(必要とされたいなら、必要とされているものに変わる)メアリー(時として、大きな力にも立ち向かわなければならない)この3つを、黒人女性の戦いをもって私達の胸に刻みつけてくれた。

人生の深みにはまった時、またこの映画を見たくなるかもしれない。
愛、夢、希望が詰まった作品
前例のないことへの挑戦ってかっこいい
3人の立ち向かっていく姿に胸打たれた。

この3人のおかげで後々、差別が少なくなったと思う。
勇気ある3人だ!

1960年代は本当に人種差別が酷かったんだな。
白人専用トイレとか、給水器も白人用、非白人用とか·····
何をしたいの?って感じ。

大人になってからの陰湿な問題って辛いよね。

そんな差別が多い中3人の強い黒人女性頑張っていて心うたれた。

キャサリンの子供のしつけ方がよかった。
「大きなベッドで寝れるのはお姉ちゃんみたいにお皿洗いしたり、ゴミを出したりお姉ちゃんがやること全部できる人だけが大きなベッドで眠れるの」

キャサリンが雨に濡れてお手洗いから戻ってきた時の力強いセリフ、
「ここには私のトイレがありません。白人用トイレしか、コーヒーポットも別にされて、スカートは膝下、ネックレスは真珠のみ。そんなものを買えるようなお給料をここの黒人では1人もいません。」
ボスの心に届いてよかった。
トイレの看板を自ら壊すボス最高だった。

ドロシーもみんなを引き連れてIBMを治しちゃうなんてかっこいい!

キャサリン旦那さん亡くなってずっと辛い思いしてきたけど、支え合える人が見つかって幸せそうだった。
ジムと56回目の結婚記念日を祝ったって素晴らしいな!

宇宙飛行士のグレン無事に戻ってきてよかった

ハッピーエンドでよかった
感動!!
何回も鳥肌立った!!
キャサリン天才!!
ヘルプにもグリーンブックにも出てきたけど白人と同じトイレ使えないとかまだまだ差別がある時代、本部長がトイレの看板壊す所とか真珠のネックレス贈る所とかよかったな~
原題“HiddenFigures(隠された人物)”
1960年代初頭、アメリカの威信をかけた一大事業に尽力しNASAの頭脳として最も重要な役割を担った3人の女性を実話を元に描いた作品
人種差別、男女差別
黒人というだけで、女というだけで、虐げられる
そしてそれが当たり前であるという人々の認識
コーヒー、トイレ、食堂、服装、労働環境、…etc.
映画の中での差別でさえ見ていて心が苦しくなったのに、実際はもっともっと酷かったのだろうと思うと言葉がでません
知らないって、気付けないって、恐ろしいこと
彼女達の才能と努力に対して正当な評価がされて本当に良かったです
ラストシーンにかけて鳥肌立ちました
劇中曲も素晴らしく、とても素敵な作品でした
おすすめの映画です
邦題の意味はよくわかりません

「偏見は持ってないわ
分かってます
そう思い込んでるのは」

「NASAでは小便の色は同じだ」
主人公3人が明るく前向きで努力家で、
差別にも負けずに前へ進んでいく過程が
本当に素晴らしくて、
今の私にはぴったりの映画でした。
とにかく頑張ろうって勇気を貰える映画。

3人の姿をみて周りもどんどん変化していく様がめちゃくちゃ爽快だった!

「NASAではみんな同じ色だ。」

泣けた😭😭😭

これが実話だなんて凄いなぁ!!!

あとキルステン・ダンストが出演しててびっくりした!!
差別をテーマにする映画といえば沢山の血や涙が流れているイメージだけど、3人は女性差別・黒人差別に対し暴力的・感情的には反発しません
色んな葛藤を抑え、ただ自分の仕事に全力で挑み結果をだして、冷静に気丈に振る舞い続けます 800メートル先の黒人用トイレにハイヒールで往復し続けました
自分達の願いや仲間の為にスマートに美しく戦い続けた3人はとてつもなくかっこよかったです
差別の問題に対しどうしても感情的に色んなムーブメントが起こったりするけど3人みたいな精神も大切ですね!
テンポも良いし良いシーンが沢山やし、何より元気になれるのでどんな人にでもオススメできる映画やと思います🙏🏻✨
>|