ドリームの作品情報・感想・評価

ドリーム2016年製作の映画)

Hidden Figures

上映日:2017年09月29日

製作国:

上映時間:127分

4.2

あらすじ

1960年代初頭、旧ソ連との熾烈な宇宙開発競争での劣勢を覆すため、「宇宙飛行士ジョン・グレンを宇宙空間に送り出し無事に帰還させる」という合衆国の威信をかけた一大事業に尽力し、NASAの頭脳として最も重要な役割を担った3人の女性、キャサリン・ジョンソン(タラジ・P・ヘンソン)、ドロシー・ヴォ―ン(オクタヴィア・スペンサー)、メアリー・ジャクソン(ジャネール・モネイ)。大きな功績を残しながらも近年ま…

1960年代初頭、旧ソ連との熾烈な宇宙開発競争での劣勢を覆すため、「宇宙飛行士ジョン・グレンを宇宙空間に送り出し無事に帰還させる」という合衆国の威信をかけた一大事業に尽力し、NASAの頭脳として最も重要な役割を担った3人の女性、キャサリン・ジョンソン(タラジ・P・ヘンソン)、ドロシー・ヴォ―ン(オクタヴィア・スペンサー)、メアリー・ジャクソン(ジャネール・モネイ)。大きな功績を残しながらも近年までほとんど語られなかった驚くべきこの3人の先駆者たちの物語は、性別や人種、世代を超え、すべての世代を大きな夢へと導いた感動の実話です。

「ドリーム」に投稿された感想・評価

NASAのマーキュリー計画を主軸に置き、側面に人種差別、性差別問題を扱った作品。
邦題でひと騒動があった。

黒人女性3人が、最初は差別を甘んじて受け入れていたが、自分に目的、目標、夢ができるとその実現のために差別と戦い、声をあげ、実行し、差別の壁を壊していくさまが胸をすく。
それを見た、または差別の非効率さを知った周りの人間が、彼女たちに手を差し伸べていくのも良かった。
ただ、差別問題の描写が強烈で、そっちのほうにばかり目が向いてしまい、主軸であるマーキュリー計画の功労については若干かすれてしまっているのが残念。

宇宙開発ものは宇宙飛行士が主役の話から、「アポロ13」では宇宙飛行士とそれを陰で支える人にスポットを当て、今作では完全に支える側を主役に置いての話に変化した。
裏方の話だからと言って物語に推進力がないかと言えばそんなことは微塵もない。

この手の作品は内容もそうだが、衣装や車、小物、音楽といったものにも力が入っていることが多いので、そこも注目に値する。
とても素晴らしい内容だった。

久しぶりにケヴィン・コスナーを見られて良かった。
相変わらずかっこいいなあ。
「コップ・カー」でケヴィン・ベーコンを見れたから、ハリウッド3大ケヴィンで残るはケヴィン・スペイシーか。
今何してるんだろうか。
と思ったらベイビー・ドライバーに出ていた。
vee

veeの感想・評価

4.7
邦題で一悶着あった今作。何回やらかせば気がすむのか、、配給会社しっかり!

映画はすっごく良い作品でした。不当で理不尽な社会を、彼女達は知力と行動と信念で真正面から突破していく。その生き様に心底感動した。
あと映像・衣装の色合いとかすごく綺麗で美術係や衣装係の人はすごいなあとしみじみ思った。
YukiAzuma

YukiAzumaの感想・評価

3.9
観たあとに清々しい気分になる。人種差別と宇宙開発の話。
生茶

生茶の感想・評価

-
記録
2017年93本目
観たあとの爽快感
やっぱ教会でのコール&レスポンスみてブラックはちげーなって思った。
あと主人公キャサリンがたまにとぶくすりの頃の光浦靖子に見えました
HZK

HZKの感想・評価

4.5
肌の色の違いや男女の壁…
最初はどうにももどかしい気持ちで見てました。
人や歴史が変わるためには前例が必要だし、その前例になる人の努力や我慢や諦めない心に周りが変わっていくんだなと思いました。
本部長の見る目がありすぎる…

エンドロールで自然に涙が出てきてとまりませんでした。
oldmanSEEK

oldmanSEEKの感想・評価

4.0
【ネタバレなし】
地方シネコンの宿命&配慮で、遅まきながらようやく鑑賞!
面白かった!キャサリン、ドロシー、メアリーの三者三様の闘い方に全く飽きることなく感動させられました。

ポイントでかかる曲、自分の中ではそれまで持っていた単体での各曲のイメージが、まるで映画の中のピース(時代)にはまっていく感じで、ちょっとした快感があり相乗的な効果で、演出の上手さを感じました。

彼女たちの行動から始まるNASAの改革。
公民権運動真っ只中の時代においては、"あんな感じ"でも当時の政府機関の中での彼女たちの待遇は最先端だったのでしょうか…。
それ故の原題”Hidden Figures"=”隠された人達”
…逆説的に想像すると、もし当時隠さなかったら、まぁ…面倒くさいことになってたんでしょうか。
さすがに最近までと聞くと「隠しすぎだろ!」って感じですが。

宇宙へ飛び出そうとしているのに、なんて馬鹿馬鹿しいことにこだわっていたのか?だからソ連に先を越されたんだよ!って、今だから言えますけれど、もしかしたら現在自分たちが普通だと思って持っている感覚が、ひょっとしたら現在の自らの苦しみの原因のひとつになってたりするのかな?…とか、反省させられます。

タラジ・P・ヘンソン、自分の中ではドラマ『パーソン・オブ・インタレスト』でのおなじみの頼れる仲間カーター刑事ですが、いい意味で中身は同じ(笑)

『ムーンライト』で夫婦だったマハーシャラ・アリとジャネール・モネイが赤の他人としてシレっといるのも、なんだか可笑しかった。

そんな感じで観ている間は本当に楽しめたんですが、終わって冷静になると史実であることを思い出し、それにしてはあまりにもドラマチックで出来過ぎててまるで伝記物語のような教科書に載っているいるような…、いや本当なのかもしれないけれど…などとちょっと疑心暗鬼に陥ってしまい、なんだか文法的には『下町ロケット』とか『陸王』的な(こっちはフィクションですが)ものと近いドラマツルギー的な枠組みに入れ込んだのかなぁ〜と…いう疑念は引っかかってしまってはいます…。
Ta98

Ta98の感想・評価

4.2
第二次世界大戦後のソ連と宇宙開発勝負をするアメリカNASAの黒人女性が人種差別に苦闘しながら活躍するストーリー。
アメリカの黒人女性が実力で周りの白人、黒人男性を認めさせるところは爽快感を覚えさせてくれる。また、偏見が成長や挑戦の障壁になり、人類進化の阻害要因になることを学べる作品。
>|