ドリームの作品情報・感想・評価

ドリーム2016年製作の映画)

Hidden Figures

上映日:2017年09月29日

製作国:

上映時間:127分

4.2

あらすじ

1960年代初頭、旧ソ連との熾烈な宇宙開発競争での劣勢を覆すため、「宇宙飛行士ジョン・グレンを宇宙空間に送り出し無事に帰還させる」という合衆国の威信をかけた一大事業に尽力し、NASAの頭脳として最も重要な役割を担った3人の女性、キャサリン・ジョンソン(タラジ・P・ヘンソン)、ドロシー・ヴォ―ン(オクタヴィア・スペンサー)、メアリー・ジャクソン(ジャネール・モネイ)。大きな功績を残しながらも近年ま…

1960年代初頭、旧ソ連との熾烈な宇宙開発競争での劣勢を覆すため、「宇宙飛行士ジョン・グレンを宇宙空間に送り出し無事に帰還させる」という合衆国の威信をかけた一大事業に尽力し、NASAの頭脳として最も重要な役割を担った3人の女性、キャサリン・ジョンソン(タラジ・P・ヘンソン)、ドロシー・ヴォ―ン(オクタヴィア・スペンサー)、メアリー・ジャクソン(ジャネール・モネイ)。大きな功績を残しながらも近年までほとんど語られなかった驚くべきこの3人の先駆者たちの物語は、性別や人種、世代を超え、すべての世代を大きな夢へと導いた感動の実話です。

「ドリーム」に投稿された感想・評価

NASAのマーキュリー計画を主軸に置き、側面に人種差別、性差別問題を扱った作品。
邦題でひと騒動があった。

黒人女性3人が、最初は差別を甘んじて受け入れていたが、自分に目的、目標、夢ができるとその実現のために差別と戦い、声をあげ、実行し、差別の壁を壊していくさまが胸をすく。
それを見た、または差別の非効率さを知った周りの人間が、彼女たちに手を差し伸べていくのも良かった。
ただ、差別問題の描写が強烈で、そっちのほうにばかり目が向いてしまい、主軸であるマーキュリー計画の功労については若干かすれてしまっているのが残念。

宇宙開発ものは宇宙飛行士が主役の話から、「アポロ13」では宇宙飛行士とそれを陰で支える人にスポットを当て、今作では完全に支える側を主役に置いての話に変化した。
裏方の話だからと言って物語に推進力がないかと言えばそんなことは微塵もない。

この手の作品は内容もそうだが、衣装や車、小物、音楽といったものにも力が入っていることが多いので、そこも注目に値する。
とても素晴らしい内容だった。

久しぶりにケヴィン・コスナーを見られて良かった。
相変わらずかっこいいなあ。
「コップ・カー」でケヴィン・ベーコンを見れたから、ハリウッド3大ケヴィンで残るはケヴィン・スペイシーか。
今何してるんだろうか。
と思ったらベイビー・ドライバーに出ていた。
むうこ

むうこの感想・評価

3.9
前向きになれる話。
人種差別の中でも実力を発揮できるエネルギーは素晴らしい。音楽も良かった!
YamadaRie

YamadaRieの感想・評価

3.9
人種が違うと言うだけの理不尽な偏見は、差別を受けながらもへこたれず真面目に張っていく人達が、良識な人達を動かしていくんだと思った映画です。
久々にスッキリした映画で女性が強いと思いました‼宇宙に行く人達の支えた物語でもある。
CHIKAGE

CHIKAGEの感想・評価

5.0
だんだん差別や偏見が消えていくシーンもいいし、最後は鳥肌がすごかった。
映画館で見ればよかったなー
飛行士の男性は黒人にも偏見なく接するとても良い奴だ、爽やかだし、大分モテるんだろうな。
出てくる人はみんないい奴、いい映画だ。
QTaka

QTakaの感想・評価

4.0
冒頭のエンジニアのセリフに、こう始まる。
「自分はポーランドからの移民のユダヤ人で、両親はナチスに殺された。
そんな、自分でもこうしてNASAでエンジニアをしているんだ。
黒人の女性がエンジニアになれないなんてことはない。」
様々な生い立ちの人々が、新たな時代を生きようとする、
その活力がこの時代を動かしていたのだとわかる物語の始まりのシーンだった。
そんな時代の息吹とは別に、まだ従来の慣習から抜けられない現実が立ちはだかり、
そこにはマーチン・ルーサー・キングが登場する。
混沌とする時代の雰囲気を、そこに感じる。

そんな時代の中で、そこに新しい道を切り開いた人々の、生き生きとした、力強い歩みが頼もしい。
その、姿に引きずられるように周りが巻き込まれ、走り出す。
様々な困難や、問題を抱えながら、一歩ずつ歩んだその姿の一端をここに表したのだろう。

この宇宙開発という一大目標が、この時代の人々の困難な時代の中で、人々を導く光であったことが、こうしてひとつのストーリーから見ることができる。 「NASAでは、みんな同じ色だ」
というセリフが有る。
そう言えたのは、ここに一大目標が有り、そのために、その先の光をみんなが見つめたからだろう。

目標を正しく認識すれば、そのための手段は自ずと見えてくる。
そこには、人種問題など些細なことになっていく。

今、彼の国で起こっていることとはかけ離れた姿がここに見える。
目標を、みんなで持つということがいかに大切なのかをここに感じる。
確かに、今、彼の国で、国民がまっすぐ見つめる目標など建てられようはずもないように思われる。
一国のリーダーに本当に求められるものは、こういうことだったのだろう。
J・F・ケネディーの偉大さは、この宇宙開発に見ることができるのだろう。
その意味は、正にこの映画の中にある。

そして、つくづく思う。
時代を切り開いてきたのは、女性なのだと。

追記)
計算係の黒人女性たちを束ねていたリーダーと上司の白人女性の会話が有った。
「私は、あなたに偏見を抱いているわけじゃないのよ」
「分かっている。そう思っているということを」
そう、誰もが自分は間違っていないと思い込んでいる。
私は、大丈夫だと信じて疑わない。
部下の黒人女性に突きつけられたこの言葉は、白人女性に何かを気付かせた。
その瞬間、自分を、素の自分を見たのかもしれない。
殻を破り、行動に出た。
上司は黒人女性を、何度も申請し拒絶された役職に就けるよう手配した。
これは、この時代の話でも、黒人差別の話でも無い。
誰にでも当てはまる事だと思う。
自らを縛るルールや思い込みをなかなか超えられない。
(あるいは、これがこの物語全般に言えるテーマかもしれない。)
ただ、そのことに気付かせてくれるチャンスがなかなか無い。
それだけのことだ。
かな

かなの感想・評価

4.4
かっこいい…!!
強く賢い女性は美しいな。
よしき

よしきの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

冒頭の警察と主人公3人の掛け合いから引き込まれました。

ただ差別に反発するのではなくて、
才能を武器にそれを乗り越える、周りを認めさせる彼女たちの姿に勇気をもらいました。
ケビン・コスナーもいいとこ持ってくー!

音楽ハンス・ジマー!
>|