ドリームの作品情報・感想・評価

ドリーム2016年製作の映画)

Hidden Figures

上映日:2017年09月29日

製作国:

上映時間:127分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「ドリーム」に投稿された感想・評価

NASAのマーキュリー計画を主軸に置き、側面に人種差別、性差別問題を扱った作品。
邦題でひと騒動があった。

黒人女性3人が、最初は差別を甘んじて受け入れていたが、自分に目的、目標、夢ができるとその実現のために差別と戦い、声をあげ、実行し、差別の壁を壊していくさまが胸をすく。
それを見た、または差別の非効率さを知った周りの人間が、彼女たちに手を差し伸べていくのも良かった。
ただ、差別問題の描写が強烈で、そっちのほうにばかり目が向いてしまい、主軸であるマーキュリー計画の功労については若干かすれてしまっているのが残念。

宇宙開発ものは宇宙飛行士が主役の話から、「アポロ13」では宇宙飛行士とそれを陰で支える人にスポットを当て、今作では完全に支える側を主役に置いての話に変化した。
裏方の話だからと言って物語に推進力がないかと言えばそんなことは微塵もない。

この手の作品は内容もそうだが、衣装や車、小物、音楽といったものにも力が入っていることが多いので、そこも注目に値する。
とても素晴らしい内容だった。

久しぶりにケヴィン・コスナーを見られて良かった。
相変わらずかっこいいなあ。
「コップ・カー」でケヴィン・ベーコンを見れたから、ハリウッド3大ケヴィンで残るはケヴィン・スペイシーか。
今何してるんだろうか。
と思ったらベイビー・ドライバーに出ていた。
黒人、女性という差別を受けながら、全面に夢を追い続けた、NASAの裏話。

差別に対抗しながら、頭脳で戦っていく姿は、引き込まれる。
もう少し長編でじっくり観たいと思わせてくれる。
がみ

がみの感想・評価

4.2
たたかう女性のお話。
とってもスカッとする映画。結局、できるヤツはどんな境遇の中でも光るんだなぁ。けど肌の色とか性別とかって、とりあえず神様に与えられた印に過ぎないと、自分で証明していくのは苦労しますね。強気に立ち向かった彼女たちは、すごくカッコよかったです。

苦労する環境の中にも、柔軟性ある考え方を持った人が必要なのは確か。そういう人が上司だとトイレにも行きやすくなります。ケビン・コスナー、グッジョブです。

でもニュースを見ていると、最近のアメリカにはこんなおおらかな空気はなくなったのかなと、ちょっと残念な気もします。時代は変わるんですね…。
肌の色は変えられません。だから前例になるしかないのです。判事のお力が必要です。今日処理する案件で、100年後も意義があるのは?あなたが前例になれるのは?”メアリー”

この作品沢山のいい言葉がでてきますが、一番素敵で印象に残った言葉です。
とにかく三人が前向きで素敵な女性で周りをどんどんいい方向に巻き込んでいくのが痛快でした。

60年代の街並みや、ファッション、車がカラフルで忠実に再現されてて、嬉しくなる。

しかし邦題なんとかならんかなあ。
Yopico

Yopicoの感想・評価

4.6
これは今までで見た映画で1番好きだった

これまた映画大好きフォストファミリーの家で見た映画。

賞を取るだけあって本当に感動したし、めっちゃ考えさせられた。強く生き抜く女性の姿はかっこいいし、認めてもらえなくてもいつか認めてもらえる日を信じて頑張ることは大切だなって思った。そして、自分が今いる環境にも心の底から感謝できた
kobakoba

kobakobaの感想・評価

3.7
偉業を成し遂げた人が褒め称えられるのは普通ですが、それを命懸けで支えてきた人にスポットが当たるのは嬉しい。頑張ろうと思える一本。
面白かった。モチベーション上がる映画。その上、アメリカvsソ連の宇宙開発戦争についても興味が出るしもっと知りたいと思った。宇宙開発戦争に勝つためにできた様々な技術が今日、日常生活で普通に使われているのも面白い。とにかく、日々勉強でいろんな人からいろんなことを吸収し続けなければと思った。
どんな状況でも夢を持つことは大切だと改めて思った。
とと

ととの感想・評価

3.8
面白かった
>|