ドリームの作品情報・感想・評価

ドリーム2016年製作の映画)

Hidden Figures

上映日:2017年09月29日

製作国:

上映時間:127分

4.2

あらすじ

1960年代初頭、旧ソ連との熾烈な宇宙開発競争での劣勢を覆すため、「宇宙飛行士ジョン・グレンを宇宙空間に送り出し無事に帰還させる」という合衆国の威信をかけた一大事業に尽力し、NASAの頭脳として最も重要な役割を担った3人の女性、キャサリン・ジョンソン(タラジ・P・ヘンソン)、ドロシー・ヴォ―ン(オクタヴィア・スペンサー)、メアリー・ジャクソン(ジャネール・モネイ)。大きな功績を残しながらも近年ま…

1960年代初頭、旧ソ連との熾烈な宇宙開発競争での劣勢を覆すため、「宇宙飛行士ジョン・グレンを宇宙空間に送り出し無事に帰還させる」という合衆国の威信をかけた一大事業に尽力し、NASAの頭脳として最も重要な役割を担った3人の女性、キャサリン・ジョンソン(タラジ・P・ヘンソン)、ドロシー・ヴォ―ン(オクタヴィア・スペンサー)、メアリー・ジャクソン(ジャネール・モネイ)。大きな功績を残しながらも近年までほとんど語られなかった驚くべきこの3人の先駆者たちの物語は、性別や人種、世代を超え、すべての世代を大きな夢へと導いた感動の実話です。

「ドリーム」に投稿された感想・評価

NASAのマーキュリー計画を主軸に置き、側面に人種差別、性差別問題を扱った作品。
邦題でひと騒動があった。

黒人女性3人が、最初は差別を甘んじて受け入れていたが、自分に目的、目標、夢ができるとその実現のために差別と戦い、声をあげ、実行し、差別の壁を壊していくさまが胸をすく。
それを見た、または差別の非効率さを知った周りの人間が、彼女たちに手を差し伸べていくのも良かった。
ただ、差別問題の描写が強烈で、そっちのほうにばかり目が向いてしまい、主軸であるマーキュリー計画の功労については若干かすれてしまっているのが残念。

宇宙開発ものは宇宙飛行士が主役の話から、「アポロ13」では宇宙飛行士とそれを陰で支える人にスポットを当て、今作では完全に支える側を主役に置いての話に変化した。
裏方の話だからと言って物語に推進力がないかと言えばそんなことは微塵もない。

この手の作品は内容もそうだが、衣装や車、小物、音楽といったものにも力が入っていることが多いので、そこも注目に値する。
とても素晴らしい内容だった。

久しぶりにケヴィン・コスナーを見られて良かった。
相変わらずかっこいいなあ。
「コップ・カー」でケヴィン・ベーコンを見れたから、ハリウッド3大ケヴィンで残るはケヴィン・スペイシーか。
今何してるんだろうか。
と思ったらベイビー・ドライバーに出ていた。
人種差別がなくなったら、天才が凡人のようにたくさんいるかもしれないと思いました。

テンポが良くて見やすい!
ChirenKina

ChirenKinaの感想・評価

3.8
プロポーズのシーンが、いままで観た映画の中でいちばんすてき。キャサリンが常にかっこよくて、きれい。きれいってこういうことをいうんだな、きっと。
maverick

maverickの感想・評価

4.5
本国アメリカではあの『ラ・ラ・ランド』越えの大ヒット。全米レビューサイトでも高評価。これだけでこの映画がどれだけ良い映画かうかがえるが、見事なまでに上質のヒューマンドラマだった。今日の宇宙開発の成功の裏には、表には出ない人々の偉業があったこと。いわばテレビ番組のプロジェクトXのようだが、メインに描かれるのはそのプロジェクト内で特に主要の働きをした黒人女性3人であり、アメリカの歴史において切り離すことの出来ない黒人問題をも描いてある。彼女ら黒人の人々がどう不等に扱われていたかの描写があるが、暗く悲しい気持ちになるような映画ではなく、そんな逆境にも負けずに自分達のアイデンティティーをしっかりと証明して見せた彼女らの強さが描かれており、観ていてとても心地良くて勇気をもらえるような素敵な作品だった。黒人問題だけでなく、白人も含めて皆が一体となって人類の希望に向かって取り組む姿に感動がある。『ラ・ラ・ランド』ももちろん素晴らしい映画だが、アメリカではこちらの方が多くの人に受け入れられたというのが国民性を反映しているなと感じる。その点で日本は作品性とずれた邦題をつけたりで何だか恥ずかしい。吹き替え問題も含めて日本の業界にはもっとしっかりしてもらいたいものだ。
moe

moeの感想・評価

4.5
これは、めっちゃよかった。
1961年のNASAが舞台の実話に基づいた物語。
ほんとにあんな人達がいたなんて、素敵すぎる。
キャサリン、ドロシー、メアリー、3人の才能と勇気に満ち溢れた黒人女性が有人宇宙飛行を目指し奮闘するストーリー。
絶対報われるべき人達だし、最後にはそれぞれ偉業を成し遂げていて、努力は裏切らないってまさにこういうことだなと。
何度でも観たいと思える映画。
サバ

サバの感想・評価

4.0
NASAで宇宙開発を支えた3人の黒人系女性スタッフ、キャサリン、ドロシー、メアリーの物語。実話だそう。

当時は、人種差別や、男尊女卑やらあった時代。
とても優秀な3人ですが黒人で女性。NASそんな逆境に負けず、努力と忍耐で、克服していく。才能溢れる3人の女性を生き生きと描いています。
3人の頑張りは、やがて周りの人も認めるものとなる。

キャサリンが雨の中、800メートルも離れたトイレ(黒人用)へハイヒールで全力疾走。日に何度も。観てて辛かった。
でも、何だかな〜と思う場面ばかりでなく、スカッとする場面もあり、やった!👍
めっちゃ応援したくなる。良い映画でした。
あお

あおの感想・評価

3.9
前例がないことも突破していく生き方ってステキね。数字で語れる人間になりたかった。
suzumaiii

suzumaiiiの感想・評価

5.0
アメリカンな差別扱う映画のお約束なパターンなんだけれど、それをとても有効的に使ってると思った。
途中トイレのシーンで涙腺が崩壊。
暗いシーンがなくストーリーが長けていて面白いからこそ、伝わる差別のバカバカしさよ。
かかる音楽でそんな不幸なことは起こらないのかな?って感じさせる効果もありがとう!って思いました。
人種差別や男尊女卑にも負けず自分の信念や夢に向かってパワフルに頑張る女性、とってもかっこよくて憧れる。。。
>|