ドリームの作品情報・感想・評価

ドリーム2016年製作の映画)

Hidden Figures

上映日:2017年09月29日

製作国:

上映時間:127分

4.2

あらすじ

1960年代初頭、旧ソ連との熾烈な宇宙開発競争での劣勢を覆すため、「宇宙飛行士ジョン・グレンを宇宙空間に送り出し無事に帰還させる」という合衆国の威信をかけた一大事業に尽力し、NASAの頭脳として最も重要な役割を担った3人の女性、キャサリン・ジョンソン(タラジ・P・ヘンソン)、ドロシー・ヴォ―ン(オクタヴィア・スペンサー)、メアリー・ジャクソン(ジャネール・モネイ)。大きな功績を残しながらも近年ま…

1960年代初頭、旧ソ連との熾烈な宇宙開発競争での劣勢を覆すため、「宇宙飛行士ジョン・グレンを宇宙空間に送り出し無事に帰還させる」という合衆国の威信をかけた一大事業に尽力し、NASAの頭脳として最も重要な役割を担った3人の女性、キャサリン・ジョンソン(タラジ・P・ヘンソン)、ドロシー・ヴォ―ン(オクタヴィア・スペンサー)、メアリー・ジャクソン(ジャネール・モネイ)。大きな功績を残しながらも近年までほとんど語られなかった驚くべきこの3人の先駆者たちの物語は、性別や人種、世代を超え、すべての世代を大きな夢へと導いた感動の実話です。

「ドリーム」に投稿された感想・評価

NASAのマーキュリー計画を主軸に置き、側面に人種差別、性差別問題を扱った作品。
邦題でひと騒動があった。

黒人女性3人が、最初は差別を甘んじて受け入れていたが、自分に目的、目標、夢ができるとその実現のために差別と戦い、声をあげ、実行し、差別の壁を壊していくさまが胸をすく。
それを見た、または差別の非効率さを知った周りの人間が、彼女たちに手を差し伸べていくのも良かった。
ただ、差別問題の描写が強烈で、そっちのほうにばかり目が向いてしまい、主軸であるマーキュリー計画の功労については若干かすれてしまっているのが残念。

宇宙開発ものは宇宙飛行士が主役の話から、「アポロ13」では宇宙飛行士とそれを陰で支える人にスポットを当て、今作では完全に支える側を主役に置いての話に変化した。
裏方の話だからと言って物語に推進力がないかと言えばそんなことは微塵もない。

この手の作品は内容もそうだが、衣装や車、小物、音楽といったものにも力が入っていることが多いので、そこも注目に値する。
とても素晴らしい内容だった。

久しぶりにケヴィン・コスナーを見られて良かった。
相変わらずかっこいいなあ。
「コップ・カー」でケヴィン・ベーコンを見れたから、ハリウッド3大ケヴィンで残るはケヴィン・スペイシーか。
今何してるんだろうか。
と思ったらベイビー・ドライバーに出ていた。
雫

雫の感想・評価

4.5
天才が大活躍する話が大好きなのでもう最高だった!
差別のひどい時代に、負けないで戦って認められていく3人が本当にかっこよかった。
仕事だけじゃなくて家族との絆の部分も描かれててよかったな。
最初本部長が難しい人だからみたいに言われてたけど、目標に対して余計なこと考えずただただまっすぐに進んでいる人で本部長もかっこよかったな。トイレの看板壊すところ大好き笑
実話が元だなんてすごいなあ。久々にこんなにテンションの上がる映画を観た!
はるか

はるかの感想・評価

4.1
これが実話だということ。改めてこの女性達に拍手したい。誰もできなかった。やれなかった。前例がないことをするというのは、努力や勇気がどれほどいるのか。かっこいい。清々しくなって、勇気を分けてもらった。

あと、人種差別はいつになっても理解できない。あほらしい。
Naoya

Naoyaの感想・評価

3.4
吹替
人種差別を受ける黒人女性たちがロケット打ち上げで活躍し、周りを変えて行くストーリー
700m先のトイレは酷い。。
最後にスカッとする映画だった!
R

Rの感想・評価

3.6
痺れた。強い女性は本当にカッコいい憧れ。hidden figuresのタイトルがいい
亮太

亮太の感想・評価

4.8
2018/20作目

記録
みほ

みほの感想・評価

4.6
熱くなった。涙が出た。実話だと思うとなお感動した。。
最っ高でした
肌の色で問答無用で差別するの、正直観てて腹立ちましたけど救いがあって良かったです

多分、悪気とかないんだろうけど、差別ってひどいですね

まぁこの映画はそうではなく、むちゃくちゃ気持ちいいサクセスストーリーです。
難しくもないです、NASAの話なんで難しそうな仕事ですけど

とにかくめちゃ良いです、観るべき
hoshiai

hoshiaiの感想・評価

3.5
キング牧師の夢が、50年経っても成就していない異常性に気付かされる。
>|