ドリームの作品情報・感想・評価

ドリーム2016年製作の映画)

Hidden Figures

上映日:2017年09月29日

製作国:

上映時間:127分

4.2

あらすじ

1960年代初頭、旧ソ連との熾烈な宇宙開発競争での劣勢を覆すため、「宇宙飛行士ジョン・グレンを宇宙空間に送り出し無事に帰還させる」という合衆国の威信をかけた一大事業に尽力し、NASAの頭脳として最も重要な役割を担った3人の女性、キャサリン・ジョンソン(タラジ・P・ヘンソン)、ドロシー・ヴォ―ン(オクタヴィア・スペンサー)、メアリー・ジャクソン(ジャネール・モネイ)。大きな功績を残しながらも近年ま…

1960年代初頭、旧ソ連との熾烈な宇宙開発競争での劣勢を覆すため、「宇宙飛行士ジョン・グレンを宇宙空間に送り出し無事に帰還させる」という合衆国の威信をかけた一大事業に尽力し、NASAの頭脳として最も重要な役割を担った3人の女性、キャサリン・ジョンソン(タラジ・P・ヘンソン)、ドロシー・ヴォ―ン(オクタヴィア・スペンサー)、メアリー・ジャクソン(ジャネール・モネイ)。大きな功績を残しながらも近年までほとんど語られなかった驚くべきこの3人の先駆者たちの物語は、性別や人種、世代を超え、すべての世代を大きな夢へと導いた感動の実話です。

「ドリーム」に投稿された感想・評価

mk

mkの感想・評価

3.7
おしゃれでたくましい
強く美しく誇り高く生きる彼女たちがとても眩しくてすごく格好良かった。
差別にもめげずに前を向く彼女たちのように行きたい。
たみ

たみの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

個人的メモ

原題"Hidden Figures"

・裁判「前例がないなら、前例になるしかない」スピーチ
・トイレの看板ぶっこわし「ただのトイレだ」
・婚約指輪のシーン
・「新しい仕事よ、もう計算器はいらない」廊下を歩く
・「偏見はないのよ」「わかっています、そう思い込んでいるのは」
・エンドロールの三人

音楽で気持ちが明るくなる。彼女たちが当時、そう感じたように
遥

遥の感想・評価

4.5
宇宙4部作は間違いなく

アポロ13
遠い空の向こうに
ライトスタッフ
ドリーム
ユタ

ユタの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

※(偏った考えや脱線が含まれるので考え方が合わないと思った方は読むのをやめてくださいね。)


差別をする事で、差別を煽ることで利益があるから、差別をやめない奴らもいるし、
ただたんに差別することでしか自分を誇れない悲しい人たちもいる。
そして無意識の内なる差別もある。

日本では、ときたまSNS等で時代錯誤の差別主義者をみかけたり、マスメディアのバラエティとかですら反ポリコレの言説を聞きますが、
この「ドリーム」はアメリカで「ララランド」よりヒットしてるんですよね。

東京オリンピックでやらかして、日本が世界に大恥晒さないか心配です。


この映画を見てわかるようにその国にとって、"差別をすること"は非合理的で非生産的なこと。
もっといえば、本当は人類の進歩にとって差別は邪魔な足かせでしかなくて。

それをストレートに伝えてくれて、しかも物語として面白い。


また"アクション"によって語られるうまさもあった。
トイレの看板ぶち壊すあのシーンは泣けたし、
トイレへの道のりと最後の並走の対比だったり、誰も触らなかったコーヒーポットと最後に差し出されるコーヒーの対比だったり。


強いて言えば、差別の是非って人の才能のあるなし、それがもたらす結果に関係ないわけで、
その辺もうまく織り込めてたらもっとよかった気もした。

でも、なんで差別っていけないの?っていう問いへの、1つの答えとして優秀だと思う。
Akinorider

Akinoriderの感想・評価

4.1
普通に最高な映画でした。
ケビン・コスナーが理想の上司過ぎですね。
しかし、この映画「昔はこんなこともあったな〜」とは全然観れず、むしろ今、みんな観るべきでしょ
ひつじ

ひつじの感想・評価

4.5
観終わって爽快!
久しぶりに鳥肌が。
等身大の相手をわかって、受け入れてあげるって大事なこと。
そして、同じ目標に向かっているなら、
個人の見栄とかプライドによって、能力を潰してしまうのは、その本人にとってももったいないこと。

人種差別や女性蔑視みたいなことがテーマになってはいるけど、そんな表面的なことだけじゃなく、深く考えさせられた。

老若男女どんな人が見ても、いろんな立場から共感できる部分があるだろうし、
見えない差別や偏見に気づくきっかけになると思う。

それに、できないっていうのは諦めてるだけなのかも、と感じるんじゃないか。本当にしたいこと、得たいものなら現状を嘆くんじゃなくて、メアリーみたいに突破口を見つける努力をしなきゃいけないな、
と自分に発破をかける気持ちにもなりました。
軽妙なテンポとR&B。映画自体が最高のダンス・ミュージックのようだった。
さく

さくの感想・評価

4.8
ドキドキが止まらなくって

強くて、有能で、かっこいい女性にわたしはなりたい
>|