ドリームの作品情報・感想・評価

ドリーム2016年製作の映画)

Hidden Figures

上映日:2017年09月29日

製作国:

上映時間:127分

4.2

あらすじ

1960年代初頭、旧ソ連との熾烈な宇宙開発競争での劣勢を覆すため、「宇宙飛行士ジョン・グレンを宇宙空間に送り出し無事に帰還させる」という合衆国の威信をかけた一大事業に尽力し、NASAの頭脳として最も重要な役割を担った3人の女性、キャサリン・ジョンソン(タラジ・P・ヘンソン)、ドロシー・ヴォ―ン(オクタヴィア・スペンサー)、メアリー・ジャクソン(ジャネール・モネイ)。大きな功績を残しながらも近年ま…

1960年代初頭、旧ソ連との熾烈な宇宙開発競争での劣勢を覆すため、「宇宙飛行士ジョン・グレンを宇宙空間に送り出し無事に帰還させる」という合衆国の威信をかけた一大事業に尽力し、NASAの頭脳として最も重要な役割を担った3人の女性、キャサリン・ジョンソン(タラジ・P・ヘンソン)、ドロシー・ヴォ―ン(オクタヴィア・スペンサー)、メアリー・ジャクソン(ジャネール・モネイ)。大きな功績を残しながらも近年までほとんど語られなかった驚くべきこの3人の先駆者たちの物語は、性別や人種、世代を超え、すべての世代を大きな夢へと導いた感動の実話です。

「ドリーム」に投稿された感想・評価

mk

mkの感想・評価

3.7
おしゃれでたくましい
rpmu90377

rpmu90377の感想・評価

4.0
アメリカの宇宙開発に貢献した3人の黒人女性の物語。根強く残るアメリカの人種差別問題を取り上げた映画は数多くあるが、問題を投げかけ同情を買うようなストーリーとはせず、この作品は、黒人女性たちが才能を武器に偏見に対抗しながら道を切り開いていく姿を描いており、共感できる部分が多い。ケヴィン・コスナー演じる本部長が、「白人専用トイレ」の表示板をぶっ壊すシーンは、人種差別への抗議を象徴的に描いており、胸のすく演出だ。
夏帆

夏帆の感想・評価

4.2
ずっと観たいと思っていてやっと観れた!
NASAで働いてアメリカ初の有人地球周回軌道の成功を支えた黒人女性たちの実話。
もう胸が熱くなりました。

その当時、アメリカでは人種差別や性差別が当たり前の世界で…
トイレに行く、バスに乗る、望む学校への進学など普通のことが普通にできない。
そんな不便な中でもめげずに目の前の困難に一つ一つ立ち向かう姿が、自分にはない強さで憧れます。
前例を作るのって、とてもハードルが高いことだから。

手いっぱいのファイルを抱えて数百メートル先の別館のトイレまで駆け込む姿は、色んな意味で印象的です。
数式を解く姿も。頭の切れる人ってセクシーだなぁ

実話ということで、エンドロールでその後の彼女たちが紹介されてたのもよかった!実話ならでは。
何もかも素晴らしい。
この映画の制作陣に只々ありがとうと伝えたい。本当にありがとうございました。
もう何も言うことはありません。
2018年43本目
お仕事映画って感じだった。面白かった!!!
yu

yuの感想・評価

4.5
人種差別や女性差別にめげずに前に進む黒人女性たちのサクセスストーリー。いくら優秀でも同じ対価を得られず、仕事の場所やトイレや規則などありとあらゆるものが分けられている。当時のアメリカでは当たり前のそんな差別的な扱いをされている不自由な彼女たちが自らの手で道を切り開いていく姿がすごくカッコよかったし、差別社会の中でそれに関係なく才能を認める上司の存在も大きい。小さな要素(変えてくれた人がいるから今はこう言えるのかもしれない)にこだわって大切なものを逃したりなくしたりしてしまうのはもったいない。トイレ看板破壊シーンが最高にクール!!
登場人物たちの60年代のカラフルなファッションが素敵でワンピースやスーツの色合いは勿論、レトロな柄やデザインも可愛くて見ていて楽しい🌟
ストーリー構成、演出、演者、衣装、音楽など全てのバランスが良かった。
 ハリウッドの王道。昔からよくあるやつ!わかっているけどやっぱり乗せられちゃう!って感じの映画だが、とにかく王道感がものすごい。
 某Wikipedia情報だが、とにかく「面白く」するために、「かなり」史実を捻じ曲げているらしい。1958年の時点で、NASAではいわゆるカラード用のトイレは、撤去されていたこととか、実際のドロシーは1949年の時点で昇進していたとか・・・。
 
 人物の対立関係を明確にする。物語上重要な解決すべき問題を主人公にあたえる。そして、それを可視化させアクションで繋げる。というハリウッド映画の王道をとことん追求。その結果、そこには「映画」という虚構の王国が出来上がる。そこでは、それこそ「人種」も「イデオロギー」も関係ない。

 ほぼ、主人公と言っていいタラジ・P・ヘンソンがなんとも魅力的だ。
ケビン・コスナーは、眼鏡を外すシーンが見たかった。キルステイン・ダンストは逆にこの役をよくやったなあと思う。その他、脇役に至るまでみんな魅力的な映画でした。
>|