ドリームの作品情報・感想・評価

ドリーム2016年製作の映画)

Hidden Figures

上映日:2017年09月29日

製作国:

上映時間:127分

4.2

あらすじ

1960年代初頭、旧ソ連との熾烈な宇宙開発競争での劣勢を覆すため、「宇宙飛行士ジョン・グレンを宇宙空間に送り出し無事に帰還させる」という合衆国の威信をかけた一大事業に尽力し、NASAの頭脳として最も重要な役割を担った3人の女性、キャサリン・ジョンソン(タラジ・P・ヘンソン)、ドロシー・ヴォ―ン(オクタヴィア・スペンサー)、メアリー・ジャクソン(ジャネール・モネイ)。大きな功績を残しながらも近年ま…

1960年代初頭、旧ソ連との熾烈な宇宙開発競争での劣勢を覆すため、「宇宙飛行士ジョン・グレンを宇宙空間に送り出し無事に帰還させる」という合衆国の威信をかけた一大事業に尽力し、NASAの頭脳として最も重要な役割を担った3人の女性、キャサリン・ジョンソン(タラジ・P・ヘンソン)、ドロシー・ヴォ―ン(オクタヴィア・スペンサー)、メアリー・ジャクソン(ジャネール・モネイ)。大きな功績を残しながらも近年までほとんど語られなかった驚くべきこの3人の先駆者たちの物語は、性別や人種、世代を超え、すべての世代を大きな夢へと導いた感動の実話です。

「ドリーム」に投稿された感想・評価

ichi

ichiの感想・評価

-
171013 15:50〜
すみれ

すみれの感想・評価

4.6

黒人だから女だからって理由で差別されても立ち向かって夢を叶えるのかっこいい

誇りを持って仕事をするの素敵でした
ステキな作品でした。
上司は見ていてくれる。
上司は認めてくれる。
nam

namの感想・評価

3.8
「逆境を克服するカタルシスの詰まったサクセスストーリー」

昨年の話題作でしたがようやく鑑賞。
アメリカが月面着陸する前のマーキュリー計画の時にNASAで人知れず活躍していた実在する黒人女性たちを描いています。本作の舞台の1961年は白人と黒人でトイレやコヒーポッドまで分けられていたりと人種差別が激しく、さらには男女差別もあり女性が働くには立場が弱い状況もありました。

本作は差別を描いておりますが決して暗い内容ではなく、半沢直樹のように立場の弱いものが強者に立ち向かうカタルシスや痛快さのあるサクセスストーリーです。今作は天才数学者のキャサリン、エンジニアのドロシーとメアリーの3人の主人公のそれぞれの視点で「人種差別」「男女差別」といった逆境を乗り越える場面が描かれます。

冒頭こそは立場の弱さに同情したくもなりますが、その逆境に向かう姿は観ていて痛快で喜ばしくもあります。

それに闘うのは黒人の彼女たちだけではなく、白人の上司役のハリソン(ケビン・コスナー)も優秀な人間が差別によって思うように働けない現状を共に壊してくれます。その象徴とも言えるのが「白人専用トイレの標識」ハンマーで彼が叩き壊すシーンでとても気持ちがいいシーンでした。

差別をテーマとしてますが作風は明るく、逆境を克服する痛快さのあるサクセスストーリーでもあるので後味もよいので前向きになりたい方などにオススメです。
色々考えさせられたわ!
様々な差別に立ち向かう強さ…
ホンマ負けんと頑張ろって思った!

それと時代の映像も、ファッションもめっちゃお洒落!
100%勇気~💓
リヒ

リヒの感想・評価

4.0
人種差別が残る時代の中、女として、母として、数学者として強く生きる女性たちがとても輝いている作品でした。
彼女らを能力や強さを認め、徐々に差別をなくしていく上司たちもかっこよかったです。
masa

masaの感想・評価

4.0
頑張る人の熱意を感じる、とても良い映画だった。エリン・ブロコビッチのような。
Hiropon

Hiroponの感想・評価

3.6
1960年代にNASAで歴史的偉業を成し遂げた黒人女性3人の物語。
人種差別が本当に肌の色だけで行われていたことを痛感した。
にしても"非白人用"だなんてよく何も考えずに言えたもんだ。。
それだけで才能や自由を奪われた人がいると思うとやるせない気持ちになりました。
けどやっぱり最後は人の痛みを知っている人の方が強いってのはいつの時代も変わらない答えなんだなぁと気付く。
今の時期世界の注目を浴びている冬季オリンピック。スポーツの世界にも共通している不可能への挑戦。そんな強い意志をメゲル事無く立ち向かった黒人女性三人の夢を追う姿を描いた実話を基にした物語でした。

ソビエトと宇宙への覇権争いの最中だった時代にアメリカNASA宇宙局に自ら貢献する目標にチャレンジした黒人女性三人。当時は人種差別、男尊女卑の風習が国家組織にも根深くはこびり、彼女たちは必死になって戦うのだが・・・・・

強く夢を追う人間の姿を描いたドラマは鑑賞していてポジティブな気持ちになれて気分良いですね。

評価の高い作品に思わず納得してしまった私でした。
>|