ドリームの作品情報・感想・評価

ドリーム2016年製作の映画)

Hidden Figures

上映日:2017年09月29日

製作国:

上映時間:127分

ジャンル:

4.1

あらすじ

1960年代初頭、旧ソ連との熾烈な宇宙開発競争での劣勢を覆すため、「宇宙飛行士ジョン・グレンを宇宙空間に送り出し無事に帰還させる」という合衆国の威信をかけた一大事業に尽力し、NASAの頭脳として最も重要な役割を担った3人の女性、キャサリン・ジョンソン(タラジ・P・ヘンソン)、ドロシー・ヴォ―ン(オクタヴィア・スペンサー)、メアリー・ジャクソン(ジャネール・モネイ)。大きな功績を残しながらも近年ま…

1960年代初頭、旧ソ連との熾烈な宇宙開発競争での劣勢を覆すため、「宇宙飛行士ジョン・グレンを宇宙空間に送り出し無事に帰還させる」という合衆国の威信をかけた一大事業に尽力し、NASAの頭脳として最も重要な役割を担った3人の女性、キャサリン・ジョンソン(タラジ・P・ヘンソン)、ドロシー・ヴォ―ン(オクタヴィア・スペンサー)、メアリー・ジャクソン(ジャネール・モネイ)。大きな功績を残しながらも近年までほとんど語られなかった驚くべきこの3人の先駆者たちの物語は、性別や人種、世代を超え、すべての世代を大きな夢へと導いた感動の実話です。

「ドリーム」に投稿された感想・評価

ichi

ichiの感想・評価

-
171013 15:50〜
アメリカ南部バージニア州、 NASAのラングレー研究所で働く3人の黒人女性は親友同士。それぞれのプロフェッショナルな技術を駆使して黒人差別とある時は女性差別とも戦ってゆく物語。差別と戦うと言っても暴力ではない。子どもの頃からたゆまぬ努力と何より数字が好きという天賦の才で培ってきた学問を武器に周囲を納得させるだけの知恵と説得力と絶対に諦めない強い意志で夢と言われてきたものを彼女たちは手にしてゆく。社会的な弱者であった彼女たちが社会に自分たちを認めさせてゆく様子は日本でいうと池井戸潤氏の作品のようで爽快感がある。IBMの計算機よりも最後は人間の力が有人飛行を可能にしたという落とし所もまたスカッとする。
露骨に差別意識を見せる白人の同僚が多い中、その差別にすら気づかぬハリソンのような者もいてブチギレたキャサリンが40分の退席を説明するくだりはあまりに鮮烈で差別がある差別であると知らなければ差別にならないということではないと気付かされる素晴らしいシーンだった。
ミッチェルがドロシーに「差別意識はないのよ」言った返しが「分かってるわそう思い込もうとしてるって」っていうのもかっこよかった。自分自身に自信がある人はなんと美しいのか。
仕事の話と同時進行で進む家族の物語では同じ黒人のコミュニティと外の世界の現実を見せてゆく。ことを起こすには暴力しかないという一種の諦めと女性蔑視からの脱却。たとえ夫であっても好意をよせている人物であっても自分の仕事と自分自身を軽んじる人間におもねることはない彼女たちの強さがここでは描かれる。
仕事も家庭もどちらも捨てないというのも旧来の仕事のためなら家庭は捨てるという考え方から自由になったことのひとつに数えることができる。新しい時代の風がこの一作につめこまれている。1960年代の衣装や音楽もカッコイイ。
612aki

612akiの感想・評価

4.5

人種差別を扱った映画って、どんな差別があったか、いかにそれが酷くて恐ろしかったか。そこに焦点を当てがちで、考えさせられると同時に辛くなるものも多いけど。
この映画はそんな環境の中でどう生きて、どう成し遂げるかにフォーカスしていて、もうラストは彼女達のパフォーマンスにただただ拍手したくなる!!


有色人種であり、女性であるが故の困難。だけど彼女達の表情から、歩き方から、ファッションから、言葉から、悲壮感なんて微塵も漂わず、ただただパワフルで本当に本当に美しくて美しくて美しい!


3人それぞれの強さに個性があって、過剰でない演出も、音楽も最高。

#キャサリンの耐え忍び諦めない強さ
#そんなキャサリンが気持ちを爆発させるシーンは号泣必須
#そしてただただ前例に従っていた自分の無知への後悔を行動で示すハリソン教授
#そうだよ排泄しちゃえば人間みんな一緒
#男女それぞれのベストオブ品格シーン
#メアリーの志の高さと芯の強さ
#この夫婦のエピソードはとても素敵
#ドロシーの毅然さと賢さ
#「差別してるわけじゃないのよ」「わかってるわ、、、あなたがそう思い込んでる事はね。」
#かっこよすぎるここも震える
#あと行進のシーン!
#コーヒーはいつ差し出してくれるのかドキドキ待ってたよ
.

#ドリーム #HiddenFigures #映画 #movie #ハンスジマー #セオドアメルフィ #ヴィンセントの監督なんだね #あの映画もとても素敵だった
黒人差別、女性差別という二重苦で奮闘し、NO!を突きつける姿には勇気をもらえる。もはや、滑稽に見えてしまうけど、(800m先のトイレに行かなきゃいけないとか同じコーヒーを飲まない、掃除の人と間違えるとかとか)最初に声を上げるには強い信念が必要。彼女たちはそれを信じ、実行に移した。

いつの世も理不尽はあるから、それと戦う人はかっこいい。

本部長がさらっと一番乗りの文明がルールを作るみたいなこと言ってたけど、その発言はもちろん、物語全体としてすごくアメリカ的な映画だったな。
NASAによるアメリカ初の有人宇宙飛行成功の裏に黒人女性たちの活躍があった。しかし当時は黒人女性に対しての差別や偏見が根強い時代だった。

この映画で印象に残ったのは「トイレ」の件。トイレの看板を壊すケビン・コスナー演じる上司が理解ある人で良かった。頭ではなく行動で示すところが男らしい。
007

007の感想・評価

4.1
こんな人たちがいたなんて知らなかった
ぶん

ぶんの感想・評価

3.9
膝下丈のスカートとハイヒール。高いバストとアップしたヒップが凛とした姿勢を作りコツコツと靴音を鳴らし堂々としていて気持ちいい。

差別される人は暴力的になるかどうかで二つに分かれるが、彼女たちは黒人女性差別に対して卑屈にならず自分たちの努力と才能で突き進んだ。
そして驕り高ぶることなく、この体制を認めながらも自分たちの才能をジワジワと発揮していったことが成功に繋がったのだと思う。

差別されながらも、そうせざるを得ない白人を理解していたことがすばらしい。
差別に負けず、自分を貫く女性の姿に心を打たれた!
元気をもらえました。
honoka

honokaの感想・評価

4.0
“肌の色は変えられない”

黒人差別に負けず未来の前進のために全身全霊をかけた偉大な女性たち
服装規定、非白人用トイレのみの使用、周りからの冷たい視線
そんな酷悪な差別をなくすことこそ人類の進歩につながるんだと思います
“最後に頼れるのは人間だ”
宇宙飛行士の言葉とても印象的です
裏方で支える人々本当にかっこいい
ぺたえ

ぺたえの感想・評価

3.9
シェルドンが気になって仕方なかった
>|