ドリームの作品情報・感想・評価

ドリーム2016年製作の映画)

Hidden Figures

上映日:2017年09月29日

製作国:

上映時間:127分

4.2

あらすじ

1960年代初頭、旧ソ連との熾烈な宇宙開発競争での劣勢を覆すため、「宇宙飛行士ジョン・グレンを宇宙空間に送り出し無事に帰還させる」という合衆国の威信をかけた一大事業に尽力し、NASAの頭脳として最も重要な役割を担った3人の女性、キャサリン・ジョンソン(タラジ・P・ヘンソン)、ドロシー・ヴォ―ン(オクタヴィア・スペンサー)、メアリー・ジャクソン(ジャネール・モネイ)。大きな功績を残しながらも近年ま…

1960年代初頭、旧ソ連との熾烈な宇宙開発競争での劣勢を覆すため、「宇宙飛行士ジョン・グレンを宇宙空間に送り出し無事に帰還させる」という合衆国の威信をかけた一大事業に尽力し、NASAの頭脳として最も重要な役割を担った3人の女性、キャサリン・ジョンソン(タラジ・P・ヘンソン)、ドロシー・ヴォ―ン(オクタヴィア・スペンサー)、メアリー・ジャクソン(ジャネール・モネイ)。大きな功績を残しながらも近年までほとんど語られなかった驚くべきこの3人の先駆者たちの物語は、性別や人種、世代を超え、すべての世代を大きな夢へと導いた感動の実話です。

「ドリーム」に投稿された感想・評価

今年観た映画の中で1番素晴らしかった!
自分が映画に明るくないこともあるのか、ここ5年で観た映画で一番泣けた。
涙が搾り取られた。

中盤からもう涙がこらえきれなくて、隣の席の人に迷惑をかけてると思いましたが、隣の席の女性もすすり泣きしてるのが聞こえました。
とにかくラストまで泣きっぱなしで、途中涙が引いたと思ったら、また泣けてくる。
時にくやしく、時に感動だったり
時に賞賛だったり、様々な種類の涙が搾り取られました。
最高でした。

こんな所でも泣けてくるなんてワンシーンを切り取ると、はじめに主人公の女性が配属された部署に入った時の周囲の反応と、最後出ていく時の周囲の雰囲気。
出ていく理由は彼女にとっては哀しい出来事では有るんですが、逆に環境の変化として捉えると、前進してる様に描かれていて、色んな涙腺が複合的に刺激されます。
とにかく映画の見せ方として本当に上手!!!
ハイクオリティ!!

別にメッセージ性とか説教としての、伝記として事実としてとか云々じゃなくて、エンターテインメントとして本当に面白かったです。
配役のキャラクターのバランス、距離感、見せ方、どれをとっても素晴らしい!!
衣装も可愛いー!!!

もうクオリティとかどうでもいいんで、ドラマ化してずっと3人を見せてくれってエンディングで叫びました。(叫んでない。)

声を大にして知り合いにオススメしまくりたい映画でした。


不満なんて無かったけど、重箱をつつくのであれば、数字ではない部分での宇宙計画の努力の影程度を多少見せてくれても良いかなー。なんて思いますけど、それは是非ドラマでお願いします!!
S

Sの感想・評価

3.4
1960年代初頭、【宇宙飛行士を宇宙に送り出し無事に帰還させる】という一大事業に尽力、NASAで“影の立役者”として活躍した3人の黒人女性の実話を描いた作品。


『黒人だから...』『女だから...』と、仕事でもプライベートでも隅に追いやられながらも、強くたくましく生きる3人の女性が、いかにして偉業達成を成し遂げ、そして認められたのかを、時間軸という点で若干の“過剰な脚色”があることにより、実にシンプルで分かりやすく見られる作品となっている。

正直盛り上がりは少なくて、アクの強い主要キャラクターとスタイリッシュな編集という割には退屈な作品という印象だったけど、人種差別の描写については目を見張る点はチラホラ。

例えば、非白人の人でも強硬的な手段を持って行う、“人種差別撤廃しろ!”というデモに対しては懐疑的な考えを持つ人ももちろんいる。マイノリティがみな必ずしも不便を感じてる訳でもなければ、声高に『マイノリティを受け入れろ!』と叫ぶだけでは、結局ただの自己満足に過ぎなくなる。
悪い白人も良い白人も、良い黒人も悪い黒人もいる前提を踏まえて、【問題なのは白人が良い職に就いてることではなく、人種で何もかもが左右されるということ】だと理解して、それから議論していくのが必要なんじゃないだろうか...。
昨今活発化しているパフォーマンスになってしまってるデモや、アカデミー賞などでの一部映画人による片面的なスピーチ・発言に多少の違和感があったので、一層こう感じてしまう。


ちなみにこの作品の邦題が決まった時、結構大きな騒ぎになったことを覚えているだろうか。批判が大きかったために副題は撤廃されたが、当初の邦題は『ドリーム 私たちのアポロ計画』。
しかしこの作品において、“ 月面着陸の“アポロ計画”は映画に関わってこないし(正しくはマーキュリー計画。終盤で月面着陸の計画を匂わせるシーンはあるが本筋とは無関係)、【ドリーム】なんていう圧倒的無難かつ主人公目線に立ってない最低のタイトルをつけた配給会社には怒りを通り越して呆れる。
なによりこの作品では、隠れた人物たち/隠された数字というダブルで重要な意味を持つ“Hidden Figures”という原題がピッタリだったからこそ、余計に腹立たしい。
日本の配給会社には、【集客のための邦題】ではなく、【映画のための邦題】をにつけて欲しいと切に願う。


それと、主人公を演じたタラジ・P・ヘンソンが、ケヴィン・コスナー演じる上司に対し、トイレだったりコーヒーだったりを白人用と非白人用で分ける事によって不便が起きていると、涙ながらに苦しみをぶちまけるシーンは素晴らしいの一言。間違いなく名シーン、名演技。なぜタラジはアカデミー賞主演女優賞にノミネートされなかったのか、実に不思議でならない。
hiro

hiroの感想・評価

5.0
めちゃめちゃにおもしろかった!
人種差別が特に酷い時代のアメリカNASAで、活躍した黒人女性3人の実話。

学歴も実績もあるのに、肌の色だけで正当に評価してもらえない。
いつも黙って仕事をしていたキャサリンが日常に蔓延している差別に激怒したシーンは涙不可避でした。

他にも好きなシーンたくさん。
全部が良かった。
私史上一番好きな映画かもしれない。
「偏見はないわ」
「わかってます。そう思い込んでいるのは」
koma2chan

koma2chanの感想・評価

4.0
人種差別が凄い中、努力し道を開いてく黒人女性達が凄いです。
ケビン・コスナーがNASAは色は関係無い皆んな同じだ!と言う人権派!
love1109

love1109の感想・評価

3.7
怖いのは疑いを持たなくなるということだ。慣習、常識、当たり前。変わらないということが、いかに進化を妨げるものであるかということをこの映画は教えてくれる。人種差別に負けなかった黒人女性たちもスゴイが、偏見なく彼女たちと向き合った上司もアッパレ。久しぶりに超カッコいいケビン・コスナーにシビれる。グルーヴィーなサウンドトラックも最高。
しゅう

しゅうの感想・評価

4.0
黒人女性が仕事をするってこんなに大変だったのね。
日常的に差別される世の中を見て、すごく嫌な気持ちになりました。
何をするにも、コーヒー飲むにも、トイレに行くにも、差別されるなんて、うんざりします。
そんな中、それでもめげずに頑張った女性たちがいたから、今があるんでしょうね。
後半、頑張る女性達に感動しました。
堀研太

堀研太の感想・評価

3.2
差別や偏見をも自分の力で覆す
仕事も人生も頑張ろうって思えるね
>|