ドリームの作品情報・感想・評価

ドリーム2016年製作の映画)

Hidden Figures

上映日:2017年09月29日

製作国:

上映時間:127分

4.2

あらすじ

1960年代初頭、旧ソ連との熾烈な宇宙開発競争での劣勢を覆すため、「宇宙飛行士ジョン・グレンを宇宙空間に送り出し無事に帰還させる」という合衆国の威信をかけた一大事業に尽力し、NASAの頭脳として最も重要な役割を担った3人の女性、キャサリン・ジョンソン(タラジ・P・ヘンソン)、ドロシー・ヴォ―ン(オクタヴィア・スペンサー)、メアリー・ジャクソン(ジャネール・モネイ)。大きな功績を残しながらも近年ま…

1960年代初頭、旧ソ連との熾烈な宇宙開発競争での劣勢を覆すため、「宇宙飛行士ジョン・グレンを宇宙空間に送り出し無事に帰還させる」という合衆国の威信をかけた一大事業に尽力し、NASAの頭脳として最も重要な役割を担った3人の女性、キャサリン・ジョンソン(タラジ・P・ヘンソン)、ドロシー・ヴォ―ン(オクタヴィア・スペンサー)、メアリー・ジャクソン(ジャネール・モネイ)。大きな功績を残しながらも近年までほとんど語られなかった驚くべきこの3人の先駆者たちの物語は、性別や人種、世代を超え、すべての世代を大きな夢へと導いた感動の実話です。

「ドリーム」に投稿された感想・評価

今年観た映画の中で1番素晴らしかった!
涙が搾り取られた。

中盤からもう涙がこらえきれなくて、隣の席の人に迷惑をかけてると思いましたが、隣の席の女性もすすり泣きしてるのが聞こえました。
とにかくラストまで泣きっぱなしで、途中涙が引いたと思ったら、また泣けてくる。
時にくやしく、時に感動だったり
時に賞賛だったり、様々な種類の涙が搾り取られました。
最高でした。

こんな所でも泣けてくるなんてワンシーンを切り取ると、はじめに主人公の女性が配属された部署に入った時の周囲の反応と、最後出ていく時の周囲の雰囲気。
出ていく理由は彼女にとっては哀しい出来事では有るんですが、逆に環境の変化として捉えると、前進してる様に描かれていて、色んな涙腺が複合的に刺激されます。
とにかく映画の見せ方として本当に上手!!!
ハイクオリティ!!

別にメッセージ性とか説教としての、伝記として事実としてとか云々じゃなくて、エンターテインメントとして本当に面白かったです。
配役のキャラクターのバランス、距離感、見せ方、どれをとっても素晴らしい!!
衣装も可愛いー!!!

もうクオリティとかどうでもいいんで、ドラマ化してずっと3人を見せてくれってエンディングで叫びました。(叫んでない。)

声を大にして知り合いにオススメしまくりたい映画でした。


不満なんて無かったけど、重箱をつつくのであれば、数字ではない部分での宇宙計画の努力の影程度を多少見せてくれても良いかなー。なんて思いますけど、それは是非ドラマでお願いします!!
マジ感動。
ケビン、最高。
こじ

こじの感想・評価

4.0
キャサリンの

自分の能力が認められ

どんどん出世していくところが痛快!

また

キャサリン役の女優が

僕がよく見てた

海外ドラマに出てた女優だったので

その女優がドラマから

映画の主演になったのも

この映画と重なり

なおよかった!
yukar

yukarの感想・評価

4.5
上司になってほしいキャラNo.1が本作の部長でしょう
差別的な意識よりも会社の利益を優先する部長に皆が救われたし、特にトイレのシーンは絶賛
ラストの共著の名前についてもカタルシスがある
当時の差別社会を知れる教養的な映画でもあることから中学生にオススメしたい
音楽をファレルが監修していたことを知らなかったんだけど、当時の音楽を心地よく再現していてサントラも要チェックや

ただ、黒人女性をフィーチャーしたいがあまり、さすがに超人に描きすぎているのと
今なんのための計算をやっているのかよく分からないシーンがあったのがマイナスかな
やっぱりヒーロー大国なだけあって、かっこよく見せるのはうまいなぁやっぱりガッツの国だなと改めて思います。
ELE

ELEの感想・評価

4.3
三人とも頭がキレて、何てかっこいいの!最高!!
最後は感動感動感動の涙でした(/_;)/

キャサリンのトイレの下りでは悲しさと悔しさで涙しましたが、ハリソンがすごく良い上司で良かった(ケビン・コスナー当たり役!)。

実話に基づいた話と言うのも感慨深いです。
スカッと前向きになれる映画です!
うめ

うめの感想・評価

3.9
人種差別や性差別もある時代のNASAで頑張る黒人女性の真実の物語。観ると知らず知らずに元気をもらってたなぁ。
nao

naoの感想・評価

3.8
記録
Dilettante

Dilettanteの感想・評価

4.0
これは、かっこよかった。
NASAで働く3人の女性がそれぞれ女性差別、人種差別に直面しながら、それぞれの職場で活躍していくお話。
特に宇宙特別研究本部の計算係に抜擢されたキャサリンは白人しかいないオフィスで人種差別を受けながらも、天才的な数学の能力で実力を発揮していく。
その過程がすごくよかった。
その上司はもちろん白人なんだけど、トイレのエピソードはよかった!
かっこいいよ、部長!! あなたについていきます!
最後のオチのコーヒーも最高。いい映画。こういう映画を沢山観たい。
ethangucci

ethangucciの感想・評価

4.2
主人公がご健在な事にも驚いた
感動する
日本語タイトルは?
>|