ドリームの作品情報・感想・評価

ドリーム2016年製作の映画)

Hidden Figures

上映日:2017年09月29日

製作国:

上映時間:127分

4.2

あらすじ

1960年代初頭、旧ソ連との熾烈な宇宙開発競争での劣勢を覆すため、「宇宙飛行士ジョン・グレンを宇宙空間に送り出し無事に帰還させる」という合衆国の威信をかけた一大事業に尽力し、NASAの頭脳として最も重要な役割を担った3人の女性、キャサリン・ジョンソン(タラジ・P・ヘンソン)、ドロシー・ヴォ―ン(オクタヴィア・スペンサー)、メアリー・ジャクソン(ジャネール・モネイ)。大きな功績を残しながらも近年ま…

1960年代初頭、旧ソ連との熾烈な宇宙開発競争での劣勢を覆すため、「宇宙飛行士ジョン・グレンを宇宙空間に送り出し無事に帰還させる」という合衆国の威信をかけた一大事業に尽力し、NASAの頭脳として最も重要な役割を担った3人の女性、キャサリン・ジョンソン(タラジ・P・ヘンソン)、ドロシー・ヴォ―ン(オクタヴィア・スペンサー)、メアリー・ジャクソン(ジャネール・モネイ)。大きな功績を残しながらも近年までほとんど語られなかった驚くべきこの3人の先駆者たちの物語は、性別や人種、世代を超え、すべての世代を大きな夢へと導いた感動の実話です。

「ドリーム」に投稿された感想・評価

今年観た映画の中で1番素晴らしかった!
自分が映画に明るくないこともあるのか、ここ5年で観た映画で一番泣けた。
涙が搾り取られた。

中盤からもう涙がこらえきれなくて、隣の席の人に迷惑をかけてると思いましたが、隣の席の女性もすすり泣きしてるのが聞こえました。
とにかくラストまで泣きっぱなしで、途中涙が引いたと思ったら、また泣けてくる。
時にくやしく、時に感動だったり
時に賞賛だったり、様々な種類の涙が搾り取られました。
最高でした。

こんな所でも泣けてくるなんてワンシーンを切り取ると、はじめに主人公の女性が配属された部署に入った時の周囲の反応と、最後出ていく時の周囲の雰囲気。
出ていく理由は彼女にとっては哀しい出来事では有るんですが、逆に環境の変化として捉えると、前進してる様に描かれていて、色んな涙腺が複合的に刺激されます。
とにかく映画の見せ方として本当に上手!!!
ハイクオリティ!!

別にメッセージ性とか説教としての、伝記として事実としてとか云々じゃなくて、エンターテインメントとして本当に面白かったです。
配役のキャラクターのバランス、距離感、見せ方、どれをとっても素晴らしい!!
衣装も可愛いー!!!

もうクオリティとかどうでもいいんで、ドラマ化してずっと3人を見せてくれってエンディングで叫びました。(叫んでない。)

声を大にして知り合いにオススメしまくりたい映画でした。


不満なんて無かったけど、重箱をつつくのであれば、数字ではない部分での宇宙計画の努力の影程度を多少見せてくれても良いかなー。なんて思いますけど、それは是非ドラマでお願いします!!
差別があっても強い。負けない。
KANAKO

KANAKOの感想・評価

4.1
いやー最高でした。
なんといってもヘルプ〜心がつなぐストーリー〜に出ていたオクタヴィアスペンサーね!!!!めっちゃ太ってる!!!笑
あの人の目力で言葉を訴える演技本当好き。ヘルプでは結構勝気な役柄だったのに対して今回は冷静かつ自分より若い人たちの気持ちを共感してあげる役柄で、、なんか時代によってどんどん役柄も変わっていくのだなあと色々感じてしまいます。
というか、本当この時代の服がキュート過ぎて!!!無類のワンピース好きの私は服にすごく目がいってしまいました…。
あとカロリーを気にしない料理笑
あと言葉巧みにまくし立てたり、とぼけた感じで話したりして、相手にハッと気づかせるシーンが大好きなんですけど、そういうシーンがこの映画には多くて多くてワクワクが止まりませんでした。
ヘルプが好きな人は絶対好き!
SakiMinoda

SakiMinodaの感想・評価

4.0
元気が出る出る。上司がトイレ壊すシーン、ドア閉められたと思ったら呼び入れてくれるシーン最高。
かほ

かほの感想・評価

2.5
普通。途中寝てしまった。
sari

sariの感想・評価

5.0
男女差別と人種差別。
それらを乗り越えて自らの力でのし上がって行く3人の女性の姿に勇気をもらった。
Yuto

Yutoの感想・評価

4.4

このレビューはネタバレを含みます

これは3回くらい鳥肌たつシーンがあった。有色人種がまだまだ差別されてる時代の話。ほんまにこんなやつおるん?って思うくらいひどく差別をする。黒人とは同じポットのコーヒーを飲まない、トイレが別などなど。
そんな決して良い環境とは言えない中で、NASAの計算係として大活躍。一時、IBMに置き換えられそうになり、計算係を退くが、IBMでの計算にミスが発生し、最後は彼女の手で計算を行い、成功に導く。
『グッドウィルハンティング』に通ずるところがある。

人種差別に負けない強い女性達がどんどん活躍していくサクセスストーリー。

3人がいろいろ苦労するけど、最終的にそれぞれ自分の夢を掴んで行くのが気持ちいい映画です😎

私も頑張ろってなる映画🙆
オピ

オピの感想・評価

5.0
地元の二番館で、鑑賞。貸切。
みんなもっと観て欲しいと思う映画でした。そろそろDVDも出ますし!
三人の女性それぞれが、しっかり描かれていて、それぞれのカタルシスも有る。
歴史的にもこういった、表に出て無い裏方系のドラマって、沢山あるんですよよね。ドリームは、人種問題も絡んでるんですが、あまり湿っぽく無い所も良かったです。(きっと本当はもっと苦労あったんでしょうね)
pachi

pachiの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

幻の原題であるなぜ「私たちのアポロ計画」だったのか、が、わかるラストは、過去から未来への時間軸が確かに流れていることを感じられて個人的にはとても良かった。

普通この手の話は、どうしても説教クサくなるというか、ヌメヌメするのだけれども、演出と音楽ですごい軽めになっているので、そういう意味で万人が嫌がらず観られる映画。

逆にいえば、露骨な差別シーンもないからこそ、ある種その時代の怖さが伝わってくる。言葉を使わず、人々の目線や反応だけで空気感を醸し出すのはすごかったし、それが変わっていくのも気持ちが良かった。

みんなの前で計算するってシーンであんなにアガるってのが、やはり演出のうまさが際立つ。さすが、「ヴィンセントが教えてくれたこと」のラストのプレゼンシーンで我々を熱くさせた監督だ。

最後はなんやかんや、「宇宙」と「それに期待する人々」っという構図に泣けてしまう。

絵の好み 8
セリフ展開の好み 9
音楽の好み 10
編集・特殊効果の好み 7
演技の好み 8
>|