ドリームの作品情報・感想・評価

ドリーム2016年製作の映画)

Hidden Figures

上映日:2017年09月29日

製作国:

上映時間:127分

4.2

あらすじ

1960年代初頭、旧ソ連との熾烈な宇宙開発競争での劣勢を覆すため、「宇宙飛行士ジョン・グレンを宇宙空間に送り出し無事に帰還させる」という合衆国の威信をかけた一大事業に尽力し、NASAの頭脳として最も重要な役割を担った3人の女性、キャサリン・ジョンソン(タラジ・P・ヘンソン)、ドロシー・ヴォ―ン(オクタヴィア・スペンサー)、メアリー・ジャクソン(ジャネール・モネイ)。大きな功績を残しながらも近年ま…

1960年代初頭、旧ソ連との熾烈な宇宙開発競争での劣勢を覆すため、「宇宙飛行士ジョン・グレンを宇宙空間に送り出し無事に帰還させる」という合衆国の威信をかけた一大事業に尽力し、NASAの頭脳として最も重要な役割を担った3人の女性、キャサリン・ジョンソン(タラジ・P・ヘンソン)、ドロシー・ヴォ―ン(オクタヴィア・スペンサー)、メアリー・ジャクソン(ジャネール・モネイ)。大きな功績を残しながらも近年までほとんど語られなかった驚くべきこの3人の先駆者たちの物語は、性別や人種、世代を超え、すべての世代を大きな夢へと導いた感動の実話です。

「ドリーム」に投稿された感想・評価

deenity

deenityの感想・評価

4.7
初めて「地球は青かった」って言ったのはガガーリンだとかアメリカの月面着陸だとか、一般常識的な知識は一般人なら誰でもあって、それをニュースやら噂やらで聞くのはやはり表面的な話で。何が言いたいかって結局ガガーリンが凄いとかアポロ計画が凄いとか、いつも脚光を浴びるのはそういうとこばかり。だけどその裏でどれだけ活躍した人達の存在があったかってことは薄れがちだ。
決して歴史の教科書にはならない。当時の人々が亡くなれば語られもしないかもしれない。でも偉大な出来事の背景には忘れてはならない、知っておかねばならない、人々の努力があったこと。
本作のテーマが「人種差別・女性差別」であることは間違いない。だけど事実に基づいた話で、誇張したり編集されている部分があったとしても映画として世に広まり、語られ続けることが大切であり、まずその点を素晴らしいと言いたい。

時代は1960年代アメリカ。当たり前のように差別があったことを思い知らされる。冒頭で天才的な知能を持つキャサリンが教員からチョークを受け取り、実力を遺憾なく発揮するシーン。後のシーンとの対比も見事だが、素晴らしい知能を持っていることと同時に、これから先がそう簡単にはうまくいかないことを仄めかす車のシーンも面白い。白人と黒人、男性と女性の関係性を一瞬で表現するのは見事。本作はこの辺りの映画的演出が抜群に生きているのも見所だ。

また、この作品で描かれる女性はキャサリンだけじゃない。エンジニアを志すメアリーやリーダーのドロシー。この三者の活躍が感動的なのだが、それまでの不当に虐げられるシーンがあるからこそ、後半に生きてくるのも事実。
NASAで活躍するなんて凄い、と思った。警官ですらそう言っていた。それでも実際は黒人だけで部屋が分けられ、立場も違い、言葉尻にほとんどの会話でチクチク棘があるのがわかる。
メアリーは女性だからエンジニアの道が閉ざされ、そのエンジニアのための資格も白人のみの大学を出る必要がある。
ドロシーは黒人女性たちをまとめるリーダーで管理職への昇進を望むが、一向に聞く耳を持ってくれる気配はない。
キャサリンは数学の能力を買われて部署を移されるが、そこでは白人男性しかいない。

圧倒的差別。でも問題は、その差別を当たり前のことと白人は思い、黒人もそれを認めていること。意図的な差別ならまだしも、無自覚に差別を行なってしまう感覚はそこまで生きてきた環境がそうさせるのだ。
だからこの作品のテーマとするところは根深い。今の私たちが差別がいけないことくらい当然わかっている。でも無意識のうちに差別をしてしまっている事実を変えるには根本の部分から見つめ直す必要がある。
差別がなぜいけないか。人を傷つけるから?存在価値の差?いろいろある。いけないものはいけないが、これだと一概には言えない。しかし本作はスマートだ。
非合理的だから必要ない。人類の進歩を妨げるから必要ない。
アメリカはこの当時の冷戦下でソ連に一歩先を越されていた。ケビン・コスナー演じるハリソンも「熱意や能力で負けているはずがない。努力が足りないから負けたのだ。」と言った。でもそのハリソン自体がとった行動がまさに合理的で大きな価値のある行動なのだ。

キャサリンが感情を露わにするシーン。トイレまで800メートル走らなければいけない。服装の規定があるのに真珠のネックレスなんて買えない。非白人用コーヒーポットには手も触れない。タラジ・P・ヘンソンの演技も素晴らしいのだが、同時に、それに気づかされた同僚達の表情にもはっとさせられた。
当たり前のように差別がまかり通る社会。その中の小さな一歩かもしれない。だけどハリソンの「NASAでは小便の色は同じだ!」には震えた。
誰もが当たり前に平等に活躍する社会。人類の進歩には差別など合理的に間違っている。差別はなぜいけないか?それも一つのアンサーだ。

メアリーは「前例になること」の必要性を訴えた。ドロシーはキルスティン・ダンスト演じる上司に「偏見を持ってないつもりでいることをわかっている」と呟いた。
本作のスポットを浴びているのはキャサリンが一番主役なのかもしれないが、この二人の活躍も十分に感動的だ。
そうやっていつか当たり前に差別がなくなる日が来ればいい。差別はなぜいけないか?なんてどうでもいい。差別って何?くらいに言える時代が来るといい。彼女たちの行動は、この時代に活躍したこと以上に差別撤廃の大きな一歩のはずだ。


いやー、正直久しぶりに2回見に行っちゃいました!実はもうちょい前に見てたんですが、ちゃんと受け止めたくてレビュー書きたかったので遅くなりましたが。。でもそう思わせるくらいに素晴らしい作品でした!今年度1です!
ノンファクション。よい。勇気をもらえた
K

Kの感想・評価

3.9
1960年代のNASAを舞台に活躍した黒人女性たちを描く実話。

当時、アメリカとソ連のよる冷戦の真っ只中。どちらが先に月に人を送るか、スペースレースが国を挙げて行われていた。

1960年代といえば、1963年のかの有名なキング牧師のI have a dream演説が代表するように、アメリカ各地で公民権運動が盛んに行われていた時代。

黒人が差別まだまだ根強い時代、それに加えて女性の社会進出がまだまだ難しかった時代に、差別や偏見と戦いながら、NASAの有人宇宙飛行を実現するマーキュリー計画に大きく貢献し、その後のNASA史にも名を残した黒人女性たちが力強く描かれる。

言わずもがな、マーキュリー計画はアポロ計画の先駆けとなった歴史的に大きな意味を持つ出来事。

Hidden figures-彼女たち、そして彼女たちの導き出した高度な計算能力が陰にあった。そんな、歴史の教科書には載っていないけど歴史を動かした人たち。伝記映画の素晴らしいところ。
nozomi

nozomiの感想・評価

4.1

原題は「Hidden Figures」=「隠された者たち」という意味で、1960年代の当時は白人と有色人種の分離政策が行われていたそう。

差別が当たり前のように行われる中で、1962年にジョングレンがアメリカ人として初めて地球周回軌道を飛行した際に、彼の乗っていたマーキュリー6号の飛行を影で支えた黒人の3人の女性の物語。

幼い頃から計算が得意だった黒人のキャサリンは、同じく黒人で同僚のドロシーとメアリーと共にラングレー研究所で計算手として働いていたが、白人と黒人のトイレは分けられ、仕事ができても「黒人の女性」というだけで昇格もさせてもらえない状況にいた。

史実と違うところも多いそうだが、それでもキャサリンとメアリーとドロシーの3人は差別に負けずいつもポジティブでたくましくもあり、観ている側が応援したくなる。

差別をテーマにした映画は多いけど、そういう映画が多いのは未だに差別をする文化が根強く残っているから。

アメリカではラ・ラ・ランド以上にヒットしたそう。こういう映画がもっと沢山の人に観られて、差別が少しでも減ったらいいのにな、と思う。
R

Rの感想・評価

3.9
香港帰りに機内で。

明るく前向きになれる映画!音楽も含めて、好きだった!❤️
ちぃ

ちぃの感想・評価

4.3
最高!
してやったり感!

努力は人を強くする。もちろん才能もいるけど。
諦めないということは大事だと再度思い知らされた作品。
sakihayano

sakihayanoの感想・評価

4.0
すごく堂々としててかっこよかった
hf

hfの感想・評価

-
観終わった今、とても清々しい気持ち。すばらしく良い映画です!
これは侮っていた!

元々宇宙を題材にした作品は大好物なのもあり、劇場公開時から気になっていた作品なんだけど、時間に余裕がなく行けなかった。

宇宙を題材にした作品といっても今作はその宇宙に行くまでの過程を題材にした作品。
しかも史実に基づいたほぼノンフィクション。

まぁ映画化にあたり、幾らかは脚色されているだろうけどそこは論点にならないだろう。

人種差別や男女格差など取り上げてる問題がとてもとてもヘビー

島国日本では到底考えられないだろうけど
半世紀以上前とはいえ、そう遠い昔の話でもない時代にこれだけの人種差別があったという事実にまず驚く。

他の作品でも多く取り上げられてる題材とはいえなんとも人間の愚かさが露出されてる問題なだけに深く考えさせられる。

人種差別の問題だけじゃなく、今の世の中もたくさんの反省の中で色んなルール付けをし、改善していってることもある反面、ルールを設けなければ改善せず、自ら首を絞めてるのも事実。

多くの人間が住む星とはいえもっと一人一人がモラルを持って生きれば素敵なのになー


ってすげー脱線してるな!
Σ(; ゚Д゚)


今作は凄くキャストも充実して良い仕事をしている。

黒人3人組の中でも特にジャネール・モネイがセクシーで好き(*´艸`)
元々は歌手が本業らしい。

そしてなんといっても素敵な上司を演じさせたらピカイチのケビン・コスナーの魅力が久しぶりに光っていたと思う。

ほんとケビン・コスナーっぽい役だった。

そして最初は目を疑ったキルスティン・ダンスト

すっかり老けてしまいましたね。
_(┐「ε:)_

最初は嫌なおばさんだったけど、最後は打ち解けてほっこりさせてくれた。


色々扱ってる問題も重たいものだけど、最終的には全てスッキリさせてくれる作品なので、気持ちよく観終われる。


ちなみに原題は
Hidden figares

意味は隠された人物


輝かしい歴史の裏にはこういった大きな問題を乗り越えて偉業を成し遂げた人物も居たのだということを忘れてはいけない。
「NASAは何色でもない!」

久しぶりのケヴィン・コスナー。しかもとっても良い役です。

パイオニアたちのエピソードほど興味をそそられるものはないと思う。黎明期において、試行錯誤して不可能だと思われたことを着実に一歩一歩実現させていく過程が面白い。

公民権運動のさなか、人間を宇宙に送るマーキュリー計画に関わった3人の黒人女性(タラジ・P・ヘンソン、オクタヴィア・スペンサー、ジャネール・モネイ)たちの奮闘を描いた作品。

黒人と白人とでトイレが違うとか、白人でなければ管理職になれないとか、3人の前には数々の障害が立ちはだかる。

元々、頭脳明晰な彼女たちは差別や偏見は何のその、それぞれの才能を発揮して周囲の白人たちから一目置かれるようになる。

この映画を観ると、あのNASAでさえこの時代は人種差別があったんだなぁと思ってしまう。

しかし、Wikiでも指摘されているけど、実際はNASA改組時からすでに差別的な施設は撤廃されていたり、彼女たちが苦労してポジションを獲得しているが、すでにマーキュリー計画時には管理職に就いていたりと、この辺りは史実とかなり違うそうな。

観客にわかりやすいように設定を色々変えたんだろうけど、人種差別が背景にある映画ならば、そこは後世の人が誤解しないように史実にそって作って欲しかった。

そして、マーキュリー計画の責任者役を演じたケビン・コスナー。すっかりおじさんになったけど、“ゲーリー・クーパーの再来”と言われただけあって、この人の顔には品がある。

あと主人公たちのお局的な上司をキルスティン・ダンストが演じている。
「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」や「チアーズ!」「スパイダーマン」とかの印象が強いからこういう役回りを演じるような年齢になったかぁ……という感がある。

でもいかにもお局様って顔なんだよね(苦笑)。

さて、日本語タイトルは皆様ご承知の通り、マーキュリー計画が題材なのに「ドリーム 私たちのアポロ計画」をつけて大騒ぎになり、あわてて「ドリーム」に変更になったという経緯がある。

そもそもこのタイトルだって、どうせキング牧師の演説からとったものだろうし、邦題ってこんな適当に付けていいものだろうかと悲しくなってくる。

■映画DATA==========================
監督:セオドア・メルフィ
脚本:アリソン・シュローダー/セオドア・メルフィ
製作:ドナ・ジグリオッティほか
音楽:ハンス・ジマーほか
撮影:マンディ・ウォーカー
公開:2016年12月25日(米)/2017年9月29日(日)
>|