ドリームの作品情報・感想・評価

ドリーム2016年製作の映画)

Hidden Figures

上映日:2017年09月29日

製作国:

上映時間:127分

4.2

あらすじ

1960年代初頭、旧ソ連との熾烈な宇宙開発競争での劣勢を覆すため、「宇宙飛行士ジョン・グレンを宇宙空間に送り出し無事に帰還させる」という合衆国の威信をかけた一大事業に尽力し、NASAの頭脳として最も重要な役割を担った3人の女性、キャサリン・ジョンソン(タラジ・P・ヘンソン)、ドロシー・ヴォ―ン(オクタヴィア・スペンサー)、メアリー・ジャクソン(ジャネール・モネイ)。大きな功績を残しながらも近年ま…

1960年代初頭、旧ソ連との熾烈な宇宙開発競争での劣勢を覆すため、「宇宙飛行士ジョン・グレンを宇宙空間に送り出し無事に帰還させる」という合衆国の威信をかけた一大事業に尽力し、NASAの頭脳として最も重要な役割を担った3人の女性、キャサリン・ジョンソン(タラジ・P・ヘンソン)、ドロシー・ヴォ―ン(オクタヴィア・スペンサー)、メアリー・ジャクソン(ジャネール・モネイ)。大きな功績を残しながらも近年までほとんど語られなかった驚くべきこの3人の先駆者たちの物語は、性別や人種、世代を超え、すべての世代を大きな夢へと導いた感動の実話です。

「ドリーム」に投稿された感想・評価

実話に基づき、1960年代を舞台に有人宇宙船計画に携わった3人の黒人女性の奮闘ぶりを描いた作品。いつもの通りに予備知識を仕入れずに鑑賞しました。この映画の原題は”Hidden Figures”で直訳すれば「隠された人物たち」が示す通りに「縁の下の力持ち」存在でNASAの宇宙計画を支えた女性たちが主人公でした。今年のベスト5に入る作品だと思います。個人的には アカデミー賞を取って欲しかったなぁ。この作品で注目したのは以下の3人の俳優です。
① タラジ P ヘンソン 主人公のキャサリンを演じた女性。この女優さんは、ドラマ”Person of Interest”で ジム カヴィーゼルを援護するカーター刑事の役をしていた人ですが、とても素晴らしい演技でした。トイレを我慢して脚を震わせるところは私にも伝染して来ました。これからも活躍して欲しい女優さんです。
② ジム パーソンズ キャサリンの上司である主任エンジニア役の人ですが、この人を見て、心の中で「あっ!シェルドン クーパーが出ている」と叫びました。ご存知の方も多いと思いますが、大ヒットコメディドラマの”Big Bang Theory”のメインキャラクターの一人を演じています。理論物理学博士のシェルドンのイメージと重なり大いに楽しむことができました。この人は知的な役が良く似合いますね。
③ ケヴィン コスナー 大御所の復活ですね。研究所の責任者役です。最近作では「クリミナル 二人の記憶を持つ男」が記憶に新しいのですが、良い仕事をしていました。仕事に厳しく、部下に辛く当たることもあるのですが、キャサリンをかばって トイレの入り口にある「白人専用」の看板をハンマーで打ち砕くシーンにはスカッとしました。この俳優さんもまだまだ活躍して欲しいものです。
以上の3人に注目しながら、楽しく鑑賞させてもらいました。そして、何よりも才能と努力次第で、周りから認めてもらえるんだという力強いメッセージが伝わってきて、仕事に対して前向きに取り組めるようになったと思います。しかし、どうしてアカデミー賞を取れなかったのだろうか?何か忖度があったのかな?
追記: 私は文系頭脳なのでサッパリ分からないのですが、キャサリンが黒板に書き綴る計算式を見て、生まれて初めて数式の美しさに気づいた次第です。
MinKFJ

MinKFJの感想・評価

-
NASAのお話!大好物じゃーん
と思ったら、冷戦時代、勿論ロケットは米ソ発射🚀するんですがいやそれも本当に凄いことなんですが
差別と偏見と闘い時代を切り開いた黒人女性3人の物語(実話)でした。本当に素晴らしい。尊敬します。
計算係の署名は不要と言われ続けたのちの映えある署名ね。名を刻みましたね。

肌が黒いというだけで高い能力を持つ人材を活かせないことの不利益というか馬鹿馬鹿しさを即座に理解し、判断して実行できるケビン・コスナーみたいなTOPが世の中にはもっとたくさん必要だ。
…その前に自分に天才的な頭脳と努力、忍耐、突破する意思、そして同志が必要…
いまの自分にはハードル高いな、あぁため息。できることから、はじめたい…
こういう頭いい人の話好き。特に宇宙系。
実話ってやっぱすごい。NASAすごい。
CUT

CUTの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ドリーム 感想
思ったより明るい!
メニュー画面の時点で雰囲気明るい。

雰囲気と、あと予想と印象との良いギャップは、オデッセイと同じ。

タスクフォースの上司が「国の最高の技術者が居ることを証明しなければ」「そのためには再計算にも異論は無いな」と言って部下を抑えるの気が利いてます。

こんなに差別あったのもう現実味が無いです。

白対黒より、黒の中での女性差別の方が共感しやすいと僕は感じました。世代や時代のせいというより、今の日本に住んでる環境ですかね。

ジムからのプロポーズ、それを受けるキャサリン、母に抱き合う娘達、それ見守る母と、その引きのショット。この時の母親の心情は溢れんばかりだろう、と思います。


ドアを広くしなければ、新しい技術=未来はやって来ない。IBMのコンピューターが入らない。
つまり、これまでの固定観念を捨てて、新しい扉を開き新しい人材を招かなければ、進歩はしない。という事へのメタファー。これが演出。これが映画。これこそ芸術としての映画。と感じますね!

トイレでの会話シーン。
ミッチェルは正面わりとアップのショット。ドロシーは引き気味でちょっと離れたショット。最初は鏡越しでの会話、そこから実際に面と向かっての会話。これで距離が縮まったかと思いきや、その離れた距離感を表すカットへ。
この演出も映画の妙。


ラスト。スタッフォードがキャサリンから覚書を渡されると同時に、代わりに彼がコーヒーを渡すシーン。
さらっと描いてるけど凄くグッと来る。ちゃんと変わってる!時代も動かしたけど、現実に近しい人もちゃんと動かしてる!この感動。


これを見て、今の時代に生きる人として、何が差別されてて何を無意識に差別してるのか、ちょっと考えつつまわりを見ていきたいと思いました。
Misato

Misatoの感想・評価

4.3
何も語れない、、、
まめ

まめの感想・評価

-
面白かった!!
Bee

Beeの感想・評価

2.9
すごく素敵なお話だった!
ずっと目が離せなくて夢中になりました。

みんな頑張れ頑張れ!って応援したくなる。
ほんと黒人ってだけで腫れ物のように扱われて、差別されるってどんなに残酷か。

色だけで人を決めつけないで欲しい。
みんな同じなのに。
どうか差別がなくなりますように。
1960年代の白人と有色人種の間で分離政策が行われていた時代、NASAの有人飛行計画で知られざる活躍をした黒人女性たちの実話を元にした物語。
差別が根強く残る時代で頭脳を武器に戦うたくましい女性と周りの温かさが良い。
史実では当時はもう白人と有色人種で施設が分かれてなかったり劇中でてくる有能上司も実際はいないらしいがそこはご愛嬌
りんご

りんごの感想・評価

4.3
人種差別のある時代ながら
強く生きた3人の女性

仕事に力を入れるだけではなく、
私生活も充実している

知られざるNASAを支えた3人の女性の話
コミカルな演出もあり楽しめる
ゆん

ゆんの感想・評価

3.9
新しい事をする、新しい物を作る事はとても大変で勇気のいる事。
同じ女性として尊敬します。
>|