ドリームの作品情報・感想・評価

ドリーム2016年製作の映画)

Hidden Figures

上映日:2017年09月29日

製作国:

上映時間:127分

ジャンル:

4.1

あらすじ

1960年代初頭、旧ソ連との熾烈な宇宙開発競争での劣勢を覆すため、「宇宙飛行士ジョン・グレンを宇宙空間に送り出し無事に帰還させる」という合衆国の威信をかけた一大事業に尽力し、NASAの頭脳として最も重要な役割を担った3人の女性、キャサリン・ジョンソン(タラジ・P・ヘンソン)、ドロシー・ヴォ―ン(オクタヴィア・スペンサー)、メアリー・ジャクソン(ジャネール・モネイ)。大きな功績を残しながらも近年ま…

1960年代初頭、旧ソ連との熾烈な宇宙開発競争での劣勢を覆すため、「宇宙飛行士ジョン・グレンを宇宙空間に送り出し無事に帰還させる」という合衆国の威信をかけた一大事業に尽力し、NASAの頭脳として最も重要な役割を担った3人の女性、キャサリン・ジョンソン(タラジ・P・ヘンソン)、ドロシー・ヴォ―ン(オクタヴィア・スペンサー)、メアリー・ジャクソン(ジャネール・モネイ)。大きな功績を残しながらも近年までほとんど語られなかった驚くべきこの3人の先駆者たちの物語は、性別や人種、世代を超え、すべての世代を大きな夢へと導いた感動の実話です。

「ドリーム」に投稿された感想・評価

実話に基づき、1960年代を舞台に有人宇宙船計画に携わった3人の黒人女性の奮闘ぶりを描いた作品。いつもの通りに予備知識を仕入れずに鑑賞しました。

この映画の原題は”Hidden Figures”で直訳すれば「隠された人物たち」が示す通りに「縁の下の力持ち」存在でNASAの宇宙計画を支えた女性たちが主人公でした。

今年のベスト5に入る作品だと思います。個人的には アカデミー賞を取って欲しかったなぁ。

この作品で注目したのは以下の3人の俳優です。

① タラジ P ヘンソン 主人公のキャサリンを演じた女性。この女優さんは、ドラマ”Person of Interest”で ジム カヴィーゼルを援護するカーター刑事の役をしていた人ですが、とても素晴らしい演技でした。トイレを我慢して脚を震わせるところは私にも伝染して来ました。これからも活躍して欲しい女優さんです。

② ジム パーソンズ キャサリンの上司である主任エンジニア役の人ですが、この人を見て、心の中で「あっ!シェルドン クーパーが出ている」と叫びました。ご存知の方も多いと思いますが、大ヒットコメディドラマの”Big Bang Theory”のメインキャラクターの一人を演じています。理論物理学博士のシェルドンのイメージと重なり大いに楽しむことができました。この人は知的な役が良く似合いますね。

③ ケヴィン コスナー 大御所の復活ですね。研究所の責任者役です。最近作では「クリミナル 二人の記憶を持つ男」が記憶に新しいのですが、良い仕事をしていました。仕事に厳しく、部下に辛く当たることもあるのですが、キャサリンをかばって トイレの入り口にある「白人専用」の看板をハンマーで打ち砕くシーンにはスカッとしました。この俳優さんもまだまだ活躍して欲しいものです。

以上の3人に注目しながら、楽しく鑑賞させてもらいました。

そして、何よりも才能と努力次第で、周りから認めてもらえるんだという力強いメッセージが伝わってきて、仕事に対して前向きに取り組めるようになったと思います。

しかし、どうしてアカデミー賞を取れなかったのだろうか?何か忖度があったのかな?

追記: 私は文系頭脳なのでサッパリ分からないのですが、キャサリンが黒板に書き綴る計算式を見て、生まれて初めて数式の美しさに気づいた次第です。
ドリーム(字幕)
配役:【★★★★★/5】
ストーリー:【★★★★★/5】
映像:【★★★★/4】
演出:【★★★★/4】
音楽:【★★★★/4】
gnz

gnzの感想・評価

4.0
映画のような話

脚色されてたとしても、このような話が概ねあったと思うだけで感慨深い。
これはよい。差別絡みで敬遠するには勿体ない。人種差別、性差別、学歴差別をはね除けてヒールを鳴らして前進するヒロインたちの爽快なこと。湿っぼいところがなく気持ちよく見られる。ジョン・グレンがかなりヒロイックに描かれている。現実にはなかった事件も加えられているので象徴として味わえた。『ライトスタッフ』で詳細を補足したり、南部ものでトイレ問題(特にオクタヴィア・スペンサーの出てる『ヘルプ』)を追求したりしてもよし。
はま

はまの感想・評価

3.8
邦題問題で色々あったあと結局劇場へは観に行かなかったんですけど、WOWOWでの放送を機に鑑賞。
アカデミー賞でも話題でしたし、当然のごとく安定の面白さでした。

NASAで働く黒人女性、とりわけその中の3人に焦点を当て、事実をもとにして書かれた小説の映画化作品。

気持ちがいいぐらいスカッとする内容で、私自身最初からそういうのを楽しみに鑑賞していたので期待を裏切らない楽しさでした。
逆に言うとトントン拍子というか予想通りというか、そういう表現も出来るけど…

聞くところによると実際の3人の話とはちょっと内容が違うようで、昇格に関することとか学位の部分で“フィクション的に盛り上がるように”書き換えられてるみたいですね…?

人種によるトイレの有無も既にこの当時のNASAでは撤廃されてたとあったので、ケヴィン・コスナーの「NASAではションベンの色は同じだ!」ってセリフに感動した後に若干の後味が悪いかも(°_°)
まぁ部分的にフィクションと考えれば…

NASAやキャサリンさんら本人から批判的なものがないということは小説の時点できちんとその辺り合意を得ているという証拠だろうし、作品としてお互いに利益しか生まないので特に問題ないですね!
と、ここまで書いといて何言ってるんでしょうね!

それにしてもスカッとするセリフがいっぱいあったなぁ〜〜!
ケヴィン・コスナーはもちろんだけど、やっぱり3人の主人公、言い方もカッコよかったぁ。
相変わらずこの当時の差別感はホント信じられないですけどね。意味不。
何もかも「白人」「非白人」で区別されて彼女達を見る白人の目にイライラしてたけどキャサリンとその上司が最高だった。3人の力は勿論、その上に立つ人たちも素晴らしい
WOWOWで鑑賞。
1960年代差別のまだ多い時代。3人の女性がNASAで自分の力と行動で道を開いていった。
これが実話ということもスゴイ!
差別に負けず、実績を持って立ち向かっていく姿には観ていて勇気ををもらったし、気持ちが良かった。
みちょ

みちょの感想・評価

4.4
人種差別、女性軽視の世の中での女性のたくましさがかっこいい。

彼女達はそれを捻じ曲げられる程の賢さと強さを持っているし、実行に移せる。
そういう女性達が時代を作ってきたのだと感じた。

個人的には本部長の「困った事に、私の心はすでに月に行っている」という言葉が研究者くさくてとても好き。
何の知見も無く、ジャケのコントラストが高めのせいでなので、新しいSF映画か?と思ったら実話だった。
Yui

Yuiの感想・評価

5.0
頑張ろうって思える映画でした!!!
>|