ドリームの作品情報・感想・評価

ドリーム2016年製作の映画)

Hidden Figures

上映日:2017年09月29日

製作国:

上映時間:127分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「ドリーム」に投稿された感想・評価

実話に基づき、1960年代を舞台に有人宇宙船計画に携わった3人の黒人女性の奮闘ぶりを描いた作品。いつもの通りに予備知識を仕入れずに鑑賞しました。

この映画の原題は”Hidden Figures”で直訳すれば「隠された人物たち」が示す通りに「縁の下の力持ち」存在でNASAの宇宙計画を支えた女性たちが主人公でした。

今年のベスト5に入る作品だと思います。個人的には アカデミー賞を取って欲しかったなぁ。

この作品で注目したのは以下の3人の俳優です。

① タラジ P ヘンソン 主人公のキャサリンを演じた女性。この女優さんは、ドラマ”Person of Interest”で ジム カヴィーゼルを援護するカーター刑事の役をしていた人ですが、とても素晴らしい演技でした。トイレを我慢して脚を震わせるところは私にも伝染して来ました。これからも活躍して欲しい女優さんです。

② ジム パーソンズ キャサリンの上司である主任エンジニア役の人ですが、この人を見て、心の中で「あっ!シェルドン クーパーが出ている」と叫びました。ご存知の方も多いと思いますが、大ヒットコメディドラマの”Big Bang Theory”のメインキャラクターの一人を演じています。理論物理学博士のシェルドンのイメージと重なり大いに楽しむことができました。この人は知的な役が良く似合いますね。

③ ケヴィン コスナー 大御所の復活ですね。研究所の責任者役です。最近作では「クリミナル 二人の記憶を持つ男」が記憶に新しいのですが、良い仕事をしていました。仕事に厳しく、部下に辛く当たることもあるのですが、キャサリンをかばって トイレの入り口にある「白人専用」の看板をハンマーで打ち砕くシーンにはスカッとしました。この俳優さんもまだまだ活躍して欲しいものです。

以上の3人に注目しながら、楽しく鑑賞させてもらいました。

そして、何よりも才能と努力次第で、周りから認めてもらえるんだという力強いメッセージが伝わってきて、仕事に対して前向きに取り組めるようになったと思います。

しかし、どうしてアカデミー賞を取れなかったのだろうか?何か忖度があったのかな?

追記: 私は文系頭脳なのでサッパリ分からないのですが、キャサリンが黒板に書き綴る計算式を見て、生まれて初めて数式の美しさに気づいた次第です。
nu

nuの感想・評価

4.5
これ、めっちゃ面白かった 好き
頭のいい女性はやっぱり憧れるし、逆境に立ち向かう姿は本当に心からかっこいいと思う
音楽もいいし、見てよかった
kuu

kuuの感想・評価

4.2
記録
tinkerbell

tinkerbellの感想・評価

5.0
かっこいい、、、。
人種差別、女性差別を題材にしつつ、
彼女たちの強さや、信念をしっかりと見せつけてる素晴らしい作品。
期待以上。こう言うのが観たかった。
この手の実話は、全てにおいて素晴らしい。
輝ける三名の黒人女性に脱帽です。
えいす

えいすの感想・評価

2.0
「真面目そう」と敬遠した人も多いかもしれないけど、案外「ハリウッド映画にありがちなこと」とよくネタにされる要素がバンバン出てきてアガるので、そういうのが好きな人に見てみてほしい

・組織の理不尽に毅然と立ち向かい、上層部に認められる
・作戦が成功し管制室で喜びが爆発
・旅のトラブルで仲間と小粋なジョークで文句を言い合う
・ベッドの子供たちに「愛してるわ」とキス
・音楽と共に画面奥から歩いてくる精鋭集団
など
asuka

asukaの感想・評価

4.5
これが実話だなんて、かっこよすぎる。
gushijiro

gushijiroの感想・評価

4.5
コンピュータ関連の仕事してる人は、これ見とくべき。

女性で黒人でっていうハンディを実力でひっくり返す根性と才能は、ただただ脱帽。

これ事実に基づいてるってんだから、世界は、映画は素晴らしい!
グッド👍
ヒロ

ヒロの感想・評価

4.2
主人公達の扱われ方に憤懣やるかたなしというよくありそうな始まりでも変化が生まれる中盤からは引き込まれて、この2時間まるまる良かったなーっていう鑑賞後の気分の良さ。邦題が素敵な原題を全く反映してないって事だけは勿体無い印象だった。差別問題を扱う作品は多い分期待し過ぎず観始めたけど、実在した人物達の偉業を描いているからかありきたりな印象に終わらなくてすきだった。
>|