ドリームの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

ドリーム2016年製作の映画)

Hidden Figures

上映日:2017年09月29日

製作国:

上映時間:127分

ジャンル:

4.1

あらすじ

1960年代初頭、旧ソ連との熾烈な宇宙開発競争での劣勢を覆すため、「宇宙飛行士ジョン・グレンを宇宙空間に送り出し無事に帰還させる」という合衆国の威信をかけた一大事業に尽力し、NASAの頭脳として最も重要な役割を担った3人の女性、キャサリン・ジョンソン(タラジ・P・ヘンソン)、ドロシー・ヴォ―ン(オクタヴィア・スペンサー)、メアリー・ジャクソン(ジャネール・モネイ)。大きな功績を残しながらも近年ま…

1960年代初頭、旧ソ連との熾烈な宇宙開発競争での劣勢を覆すため、「宇宙飛行士ジョン・グレンを宇宙空間に送り出し無事に帰還させる」という合衆国の威信をかけた一大事業に尽力し、NASAの頭脳として最も重要な役割を担った3人の女性、キャサリン・ジョンソン(タラジ・P・ヘンソン)、ドロシー・ヴォ―ン(オクタヴィア・スペンサー)、メアリー・ジャクソン(ジャネール・モネイ)。大きな功績を残しながらも近年までほとんど語られなかった驚くべきこの3人の先駆者たちの物語は、性別や人種、世代を超え、すべての世代を大きな夢へと導いた感動の実話です。

「ドリーム」に投稿された感想・評価

NASAで働く黒人女性たちが、“数字”と“社会”に立ち向う気持ちの良い「お仕事映画」。キャラクター紹介はストーリーに組み込まれているかのようにサラりと展開していくのでテンポ、うん、リズムが良い。今や“俺たちの父親”であり“俺たちの上司”なケビン・コスナーが作品を引き締める役割で今回もカッコいい。差別問題もヘヴィになり過ぎない描き方で、皆プロとして仕事を全うし全体が良い方向に向かうという、なんとも元気がもらえるような作風にアッパレな作品どすえ。
2018.9.13.
WOWOW(吹替え
祐友子

祐友子の感想・評価

4.0
いつかの
主役3人が強い。
人種と性の差別は、黒人女性である3人が戦うにはあまりにも大きな問題だけど、彼女達は自分にできることをやっていれば環境を変えられる、自分達にはそれができるって信じてる。そんな3人の戦う姿がとてもかっこいいなと思った。

ラスト、hidden figuresって原題が浮き上がってくるシーンはセンスありあり。
RACMO

RACMOの感想・評価

3.8
邦題がなんでこんな題名なんだろう...
もっと芯を捕らえた題名にして欲しかった、いい映画なだけに残念
jk298

jk298の感想・評価

5.0
ライトスタッフで復習、コウノトリも期待
ケビンコスナーカッコイイ!
キルスティン・ダンスト何気に👍
60年代初頭にあんな差別的環境だったなんて驚きです。
どこかの映画のキャチコピーの受け売りで、5回泣けます。
りー

りーの感想・評価

3.8
人権を訴える事って勇気がいる事だけど、それをやり抜いていて、強いなあと思ったしかっこよかった!
自らの手で"歴代初"をつかみとる黒人女性たちのサクセスストーリー
決して差別のないとはいえないNASAで腐ることなく仕事に貢献し続ける主人公たちの姿勢に元気づけられた
彼女たちを支える家族の言葉も印象的
いい話。頑張って結果を出せば認められるけど、それにはやっぱり理解者がいることも大切。