ドリームの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

ドリーム2016年製作の映画)

Hidden Figures

上映日:2017年09月29日

製作国:

上映時間:127分

ジャンル:

4.1

あらすじ

1960年代初頭、旧ソ連との熾烈な宇宙開発競争での劣勢を覆すため、「宇宙飛行士ジョン・グレンを宇宙空間に送り出し無事に帰還させる」という合衆国の威信をかけた一大事業に尽力し、NASAの頭脳として最も重要な役割を担った3人の女性、キャサリン・ジョンソン(タラジ・P・ヘンソン)、ドロシー・ヴォ―ン(オクタヴィア・スペンサー)、メアリー・ジャクソン(ジャネール・モネイ)。大きな功績を残しながらも近年ま…

1960年代初頭、旧ソ連との熾烈な宇宙開発競争での劣勢を覆すため、「宇宙飛行士ジョン・グレンを宇宙空間に送り出し無事に帰還させる」という合衆国の威信をかけた一大事業に尽力し、NASAの頭脳として最も重要な役割を担った3人の女性、キャサリン・ジョンソン(タラジ・P・ヘンソン)、ドロシー・ヴォ―ン(オクタヴィア・スペンサー)、メアリー・ジャクソン(ジャネール・モネイ)。大きな功績を残しながらも近年までほとんど語られなかった驚くべきこの3人の先駆者たちの物語は、性別や人種、世代を超え、すべての世代を大きな夢へと導いた感動の実話です。

「ドリーム」に投稿された感想・評価

干し芋

干し芋の感想・評価

3.5
最初は計算だなんだと数字ばかりで難しく感じたが、どんどん面白くなってゆく。Pharrell Williamsの曲が、映画を盛り上げる。何より、これが実話だということが興味を引き立たせる。昔はこんな偏見があったんだと考えさせられる。


記録用!
goemon

goemonの感想・評価

4.1
有色人種差別が色濃い時代、逆境に屈することなく自分の道を切り開いた3人の黒人女性がかっこよすぎる
同じ女性として心から尊敬
前例がないから、ではなく、自分が前例になる

3人に共通していると感じたのは、
・自ら行動を起こす
・今の自分に満足せず学ぶことを続ける
・周りの人たちを大事にする

キャサリンの上司が偏見のない人で良かった
最高にかっこいい女性たちの実話を基にした物語
見ててため息をついてしまうほどカッコよかった
こういう女性がいたからこそ今の時代があるのだろうと思う
見れてよかった!
全世界の働く女性全員に見て頂きたい
痛快で、明日も頑張って働こうという力が湧いてくるような素敵な映画
何度でも見たい
Koukin

Koukinの感想・評価

4.0
夢と感動の物語
AkariIto

AkariItoの感想・評価

5.0
最高金賞!
ブラボー!

戦って勝ち抜いて
自分の道は自分で拓いて

誰だって、蔑まないで
強くあるべき
誰かに左右されるんじゃない
自分が正しくあればいい
自分で突き進むだけ

ひとはひとであるべき
yambabom

yambabomの感想・評価

4.6
観たいなーと思っていたまま放置してたのを後悔。

いやー凄い。めちゃくちゃ痛快。
裏方に焦点をあてたお仕事ムービーとしては個人的にナンバー1かもしれない。

主人公たちは60年代のアメリカを舞台にして"黒人"で"女性"というダブルの差別を受ける立場。

NASAに勤めるものとして"まともに仕事をして、当たり前の評価をされたい。"という願いが、彼女たちにとってどこまでも困難であることが辛い。
これが当時のアメリカかと思うと観てるだけで苦しくなるんだけど、でもそれが物語のパワーを加速させている。

何重もの差別にどうやって立ち向かうか、というところで主人公たちの最大にして唯一の武器が"めっちゃくちゃに仕事がデキる"という点なのが激アツい。

ちまちまとした嫌がらせを受ける彼女たちにとっての助け舟となる、ケヴィン・コスナーの役柄も最高。
白人黒人男性女性関係なく、完全に能力至上主義の上司の存在、まさに希望って感じでとても良い。

3人それぞれの戦いの中でも、計算部署のリストラを予見してプログラミング言語を勉強していたドロシーの逆転劇は知的でカッコいい。
黒人職員が押し込められていた西棟から、部下を率いて東棟に異動するシーンはガッツポーズもの。

爽快過ぎるくらい良い話で終わるんだけど、ご都合主義っぽさは感じなかったし、ただただ気持ちよかった。
心の底から、観てよかった~という感想しかない。超オススメ!
セロリ

セロリの感想・評価

3.4
珍しく好きな映画色ではなかった!キルスティン・ダンスト嫌味な女役が似合う年になりましたな〜〜本当に偉大な人は影ながら大勢を助ける人。実話としては好み!
anna

annaの感想・評価

3.5
"NASA"
人類にとっての、生涯の憧れ
「宇宙」に挑む者たちの集まり。

そんなエリートたちの中にも、
小さな社会があり、
十分すぎる頭脳や才能やリーダーシップを持ちながらも、戦い続けた黒人女性の物語。


これ、絶対、映画館で見たほうが良かった、、ほんま後悔。


小学生でありながら、
高校へ飛び級。
ずば抜けた思考力の持ち主
キャサリン。

チームのみんなのことを考え、
生きるすべ、戦い続けるための
知識をチームに与えるドロシー。

技術チームで、周りの人のひと押しで、黒人ではじめて白人の学校に通い、技術者の資格を得たメアリー。

みんなが素敵でした。
かっこよかったなあ。

黒人差別が、あのNASAにもあって、そして、あの時代に黒人の、しかも、女性が、あの場所で成し遂げていたことを思うと、本当にもうかっこいい。

黒人でもないし、差別を受けたわけでもないけど、それでもなんだろな、同じ女性として誇らしい気持ちになるのは。


キャサリンの上司素敵すぎ
あの人は気難しいかもしらんけど、誰より、偏見なしで、能力だけで見てくれるひとだと思う。

そしてパイロットの人も挨拶してくれたり、好きだったーー
misa

misaの感想・評価

4.0
ゲビンコスナーがトイレの看板を壊すシーンが印象的。
人種差別の酷さが伝わったけど前例のないものに対して突き進む女性たちが逞しかった。