ドリームの作品情報・感想・評価

ドリーム2016年製作の映画)

Hidden Figures

上映日:2017年09月29日

製作国:

上映時間:127分

ジャンル:

4.1

あらすじ

1960年代初頭、旧ソ連との熾烈な宇宙開発競争での劣勢を覆すため、「宇宙飛行士ジョン・グレンを宇宙空間に送り出し無事に帰還させる」という合衆国の威信をかけた一大事業に尽力し、NASAの頭脳として最も重要な役割を担った3人の女性、キャサリン・ジョンソン(タラジ・P・ヘンソン)、ドロシー・ヴォ―ン(オクタヴィア・スペンサー)、メアリー・ジャクソン(ジャネール・モネイ)。大きな功績を残しながらも近年ま…

1960年代初頭、旧ソ連との熾烈な宇宙開発競争での劣勢を覆すため、「宇宙飛行士ジョン・グレンを宇宙空間に送り出し無事に帰還させる」という合衆国の威信をかけた一大事業に尽力し、NASAの頭脳として最も重要な役割を担った3人の女性、キャサリン・ジョンソン(タラジ・P・ヘンソン)、ドロシー・ヴォ―ン(オクタヴィア・スペンサー)、メアリー・ジャクソン(ジャネール・モネイ)。大きな功績を残しながらも近年までほとんど語られなかった驚くべきこの3人の先駆者たちの物語は、性別や人種、世代を超え、すべての世代を大きな夢へと導いた感動の実話です。

「ドリーム」に投稿された感想・評価

asuka

asukaの感想・評価

4.5
人種差別ってなぁ…。
差別とか偏見ってあかんよ。
でも自分がその中にいたら?きっと流されて同じようにしてしまうのではないか、と。

今作では女性の強さも感じることができた。
彼女たちがいたからこそ、今があると思うと胸が熱くなる。
hotamilk

hotamilkの感想・評価

3.9
同じ女性として勇気をもらった!!
最高だった
勉強のやる気が出るような出ないような、、、私も頑張ろうと思いました。
のび太

のび太の感想・評価

4.0
長く深く強くありあまる苦しみの、その中のほんの一部。
ヘルプでも思ったけどオクタヴィア好き。素晴らしい女優。

君の名前で僕を呼んで、レディ プレイヤー 1、マンマ ミーア 2、ペンタゴン ペーパーズ、ヴァレリアン、レディ バード…まだまだ期待してる作品がいっぱい☺️
A

Aの感想・評価

4.5
女性が人種差別をうけながらも立ち向かっていく爽快サクセスストーリーです。
上司がトイレの看板を壊して「NASAでは全ての人が同じ色だ」と言ったシーンと、トイレで白人女性が「私は差別をしているわけではないのよ」と言ったのに対して「知っていますよ、あなたがそう思い込んでいるのは」と黒人女性がこたえたシーンが印象的でした。
他の人たち以上に実力があったから徐々に信用され活躍の幅を広げた女性たちの生き様がかっこよくて何より分かりやすい映画でした。
Natty

Nattyの感想・評価

3.3
ずーっと観たくてやっと鑑賞でけた。。

NASAや宇宙的内容に疎い自分には、
「人種差別のあるアメリカで、どのように黒人女性達が逆境に立ち向かい出世していったか」
のサクセスストーリーでしか見れなかった。

ただ人種差別の観点からみてもとても良かったと思う。
あまり過激な差別描写をこの映画では求めていないので、その点も良かった。

マハーシャラアリのかっこ良さと
ジャネールモネイの美しさ半端ない。。
ブラボー!

宇宙開発の背景や歴史が分かる方がみたらとても面白いんだろうなぁと思った。
鑑賞前に予習しておけば良かったなと後悔した。

あと邦題「ドリーム」はあまりにぬるい。
これは絶対「Hidden Figures」!
まっさ

まっさの感想・評価

4.5
王道のサクセスストーリー(実話ベース)
主人公が黒人女性、しかも職場が超エリート主義のNASA。マイノリティーな主人公なので重たい話になるのかと思いきや、全くそんなことなく相当に見やすくて素晴らしい映画だった。
mo

moの感想・評価

4.8
彼女達の活躍を知ることができて本当に良かった。
本当に素晴らしいと思える作品に出会った。
中盤から涙がほろりという感じで泣いていた。

理不尽な社会でもそれに屈せず立ち上がる彼女達に私も元気を与えられた。
彼女達が周りに与えた影響は計り知れないだろう。
ただ彼女達は周りを変えてやろうなんて考えずに仕事を全うしていただけで、パワー的な抗いが無かったのが更に良いなと思った。

同じ女性として、本当に見てよかった。
ほかの宇宙系映画とはひと味違った映画で、これから宇宙系の作品見るときは必ずこの3人を思い出すだろう。
鼻

鼻の感想・評価

3.9
題名と絵的にドリームガールズぽさが凄いもんだから、勝手にゴージャスで派手派手な映画をイメージしてたんだけど、全然違った笑

染み付いた差別がとても悲しかったんだけど、当人たちが悲観しすぎずやるべきことをやって状況を良くしてゆく様とか厳しい状況の中でも楽しんでいる様を見ると元気が出る。映画全体がカラッとしてて見やすい。
あと天才も普通に母親してるのが凄くグッときた。
achako

achakoの感想・評価

4.8
NASAの開発現場で実際にあった話とのこと

黒人の差別と言えども、ここまで酷いとは思わなかった
人種差別は外見だけであって、人間としては皆同じ生き物なのに何故世の中からイジメや差別は無くならないのだろう

幾ら努力しても世間では認められなかったり、黒人ゆえに目標や希望を絶たれる…
そんな事があっていいのか

本人達はそれを当然と思い、黒人として生まれた事を受け入れるしかないのだろうか

しかし、登場する黒人女性達のその行動力は素晴らしいと感じた
部屋、トイレ、コーヒーさえ分けられており、それに従うしかなかったのだが、そんな差別がある事を上司に言うシーンでは思わず泣いてしまった
努力しても報われない、挙げ句の果てには怒鳴られる…こんな惨めなことはない

上司は直ぐにトイレの表示を壊してみせた
「この場所にはカラーはない」と…
ジーンとくる場面に感動した

彼女達の努力が少しづつ認められ、同じ仲間として働けるようになり、本当に良かったと思えた
実際にあった話しだとは知らなかったが、努力は報われるという事…
素晴らしいストーリーだった

女性という立場からしても男性より優位に立てることは胸を張っても良いことだと思うし、また才能ある人材を見抜く事もチームの責任者にとっては大事な仕事なんだなぁと感じた

影で支えていた彼女達の奮闘ぶりは評価され、映画化される事によってもっと世間の人に認識されるべきだ

ここにNASAの宇宙開発の成功があるのも、彼女達の努力の賜物とも言えるだろう
>|