ドリームの作品情報・感想・評価

ドリーム2016年製作の映画)

Hidden Figures

上映日:2017年09月29日

製作国:

上映時間:127分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「ドリーム」に投稿された感想・評価

みらい

みらいの感想・評価

4.0
【スッキリ見られるノンフィクション】
『15時17分、パリ行き』を思い出すような心が晴れるノンフィクション作品。
アポロ11号はポルノグラフィティで知り、オバマ大統領をナチュラルに観れるくらい、宇宙初飛行も肌の色問題も、平成生まれ世紀末育ちの私にとっては歴史の中の話。そういう意味でも映画を通して史実を身近に触れることが出来るのは本当に貴重なことだと改めて感じる。『DETROIT』『それでも夜はあける』とセットにして覚えておきたい作品。



恥ずかしい話だが、1960年代のアメリカの黒人や女性を取り巻く社会がこんなに酷かったと知らなかった。目まぐるしく変わっていく技術と対比して、根強く残る差別文化がとても印象に残った。


社会派なストーリーでも重過ぎず鑑賞することが出来たのは、少し短めなスパンで1シーン1シーンが作られていて3人の仕事とプライベートをテンポよく観れたのが大きい。
あとは、ちょっと重めなシーン(トイレまで片道800m歩かなきゃいけないなど)もポップに表現されていて、作品が差別問題ではなく宇宙飛行ミッションへのフォーカスが大きかったことも観やすくて良かった。



ここまで観やすさに拘るのは、名作と言われる作品は
①ストーリー展開のテンポが良い
②主テーマ(宇宙飛行)と副テーマ(差別問題)の比重が絶妙
③自分の価値観にいくらか影響を与えるメッセージがある
が満たされてるものが多いなぁと最近思ったからです。
特に③はどの映画にもある確率が高いけど、①②は邦画洋画問わずどちらも満たすものは多くない気がする。


特に宇宙飛行の話と差別問題の比重が絶妙たったことが、名作となった決め手だと感じました。
素敵な作品でした。
やまー

やまーの感想・評価

4.0
カツカツカツカツカツカツカツカツカツカツカツカツカツカツカツカツカツ

がクライマックスな映画
25

25の感想・評価

4.5
頭よくなりたい。
ERI

ERIの感想・評価

3.9
自分を低く見積もってはいけない。

めちゃくちゃいい映画だった。なんだか胸がいっぱい。優秀な女性たちの真摯に愚直に働いて発揮した成果に、ピンチの時に頼らざるを得なくなって、差別が色濃く出ていた時代に結局その優秀さを認めざるを得なかった。Good work!まさに。いい仕事の前に、肌の色や性別なんて関係なくなる爽快さ。

1961年、緑の中にスカイブルーの車が故障していた。NASAで働く3人は出勤の途中だった。旧ソ連と宇宙開発競争をしていた中で、最も尽力した女性数学者たちの、本当の話。

キャサリン、メアリー、ドロシー。歴史的な瞬間の裏に、人知れず活躍した人たちがいる。

キャサリンの上司の本部長も、彼女たちの旦那さんも素敵だったな。トイレ壊すところは号泣。
Reika

Reikaの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

天才なだけじゃなくて努力する、肝っ玉母さん三人最強すぎる、素敵すぎる。かっこいいなぁ。

★好きだったシーンメモ★
上司がトイレ壊すシーン。最高。

宇宙飛行士がちゃんと黒人女性エリアにも挨拶しにくるシーン。かつ there are more "people" ていう正しい言い方。

講義受講のための訴えがかっこよすぎた。あそこだけ見返したい。前列になるしかない。

not because I wear skirts, but because I wear glasses. も好きだった。

IBM導入にあたり事前にプログラミングの勉強をし、かつそれを部下にもさせ、自分だけ異動せず部下を守るところも最強だった。

========

実話かーーーーーーしびれますね。
とても良かったけど邦題がダサいよねー。
感動した一方、たった50年程前の話ということにゾッとした。ジェンダーの壁を今度は自分たちが後世の子どもたちのために変えていかないといけない。
につた

につたの感想・評価

4.2
カッコいい。
実力と熱量で偏見差別をぶっ壊す。
SeNRi

SeNRiの感想・評価

4.2
人種差別と性差別の両方に苦しみながらも世界を変える歴史的快挙を成し遂げた影の主役達の実話です。
観て損はありません!
Holly

Hollyの感想・評価

3.5
テーマ性、爽快感などは申し分ないけど、もう一捻り欲しい感じがずっとした

実話ベースの以上しょうがないとは思うけど。
音楽が良かった
>|