ドリームの作品情報・感想・評価

ドリーム2016年製作の映画)

Hidden Figures

上映日:2017年09月29日

製作国:

上映時間:127分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「ドリーム」に投稿された感想・評価

motio

motioの感想・評価

4.0
60年代にNASAで働く黒人女性3人が、自らの地位向上のために奮闘する話。
実話を基にしたストーリー。
人種差別や男女格差の問題をテーマにした映画なのだけれど、全体的に陰鬱としていないので明るく観られる。
800メートルも離れた有色人種用トイレに駆け込む姿なんかコミカルで、思わず応援せずにはいられなかった。
彼女達がその能力をもって、さまざまな障害を突破していく過程は痛快で、公正さが認められていく気持ちよさを感じることができる。
あえていうならばうまく行き過ぎで、どうも史実との相違点も多いようで、脚色強めな感じが観ていても伝わってきてしまう。
シリアスなトーンではないのであまり気にならないといえばそうなのだけれど、伝記映画として観たときには少し評価が下がってしまうのかもしれません。
ゆ

ゆの感想・評価

4.5
リケジョカッコいい✨
黒人差別があった時代の話。重くなりすぎるのかと思ったが、全く重くなりすぎていない。ただ、あのNASAでさえ黒人の差別があったのかと思った。それでも自分の夢を叶えるため、宇宙に人を飛ばすのを支えるために、立ち向かっていく女性の姿がとても勇気ある行動でかっこよかった。その人がやりたいできる可能性をのばすことがとても困難な中、人種なんて関係ないと実力で勝負していく姿が爽快でかっこよかった!!
Hidden figures
昔映画「ライトスタッフ」の鑑賞経験が今になって生きました。マーキュリー計画の成功を支えた裏方たちの物語。それも黒人女性たち。公民権運動の時代、NASAに働く3人の女性のそれぞれの先駆者ぶりに快哉。時々昔の実写も入るところが良いです。
ケビンコスナー😄
私的には久々に登場。懐かし。👏
ー感想ー
“Hidden figures”この原題すごくいいですね。
①隠された数字(数式)
②明るみに出ていない偉大な人物達

この2つの意味がかけられています。
作品中に出てくる3人の偉業は、NASAに貢献しただけでなく、女性差別、黒人差別の解決の道を大きく切り開いたわけです。
とんでもない勇気、とんでもない行動力、まさに偉人ですね。

周りがガヤガヤ言おうと自分の道を切り開いていくしかありませんね。

P.S.『ライトスタッフ』を観ると二倍楽しめるのでそちらも是非見てください。


ー考察ー
「先入観」
先入観は誰しもがもっています。先入観を持つこと自体悪いこととは思いませんし、人間なら当然のことです。
ですが、自分が持つ先入観に疑う余地があるかないかが重要だと思います。
強い先入観は偏見となり、差別へとつながります。
常に疑い続ける姿勢、考え続けること。そうすることで物事を客観視できそうですね。
Marie

Marieの感想・評価

3.9
NASAでそれぞれ活躍した3人の黒人女性が描かれた、実話がベースの映画。
主人公の天才数学者キャサリンのストーリーが物語の主であるが、私は黒人女性で初めて管理職についた女性・ドロシーに注目して観てしまった。

ドロシーはチームの人の把握がちゃんと出来る。宇宙特別研究本部にキャサリンを推薦したのは彼女だった。そしてそのチョイスが間違っていなかったから、この映画がある。
状況の把握もちゃんと出来る。自分たち黒人女性の担っている仕事の状況と職場の現状の把握を怠らない。しかも主観的でなく客観的に冷静な目で見る事が出来る。これが出来ないと、一所懸命やっている仕事が、実はそれほど意味がないことだったなんてことになりかねないし、この映画のように、自分たちの仕事がコンピュータに取って代わられることを、予見することもできない。
そしてドロシーは、その状況を踏まえ将来のために備えることが出来る。しかも自分だけの保身でなく、チーム全体のことを考えられる。
管理職とはこういうものだ!という見本を見せられた気がした。

なかなか難しいことだ。こんな管理職が居てくれればと思うが、うまくいかない理由を、全て管理職のせいにするわけにもいかない。
ドロシーの3つの能力は、何も管理職だけに必要な能力ではない。大人になるということは、この能力が身のつくということなのかもしれない。頑張ろうと素直に思えた。
Nichika

Nichikaの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

映画はその時の時代を映す鏡のようだ。
人種差別を受けたことがないものには、うける側の気持ちがわからない。というか差別されることに対する気持ちはどんなものかという発想を持てなかったんだろうな。彼女は初めて積もった不満をハリソンにぶちまけた。そこから次第に人種差別に対する考え方が取り壊されていったように感じた。内に秘めておくことは誰にでもできるけどそこから行動出来る者にしか見えない世界がある。それを3人に教えてもらえなような気がする。自分の可能性を自分で閉ざしてしまいたくない。前例がないと拒絶されてきた事柄をなんなくやりこなして行く姿が爽快でかっこよかった。今まで白人の学校に黒人が言った事例がない。宇宙に行ったアメリカ人もいなかった。だが前例を作り名を残した。規則で出来ないことがある場合は前例を作ってしまえばいいのだ。何という発想だろう。どんな事もみんな家庭を持っているけど、そんなことを理由に挑戦しないだなんて考えはなかった。忙しくてやりたいことができないと訴える方に是非とも鑑賞していただきたいものである。
理系ママ最強説!
すばらしい!最高!
差別を恥じた。
頑張る仲間と支えてくれる家族がいたらなんでもできるね。
才能は人それぞれ。感動しました。
kunico

kunicoの感想・評価

4.0
純粋にこういった物語に勇気付けられる
事実としては面白い。が全体的にストーリーが安っぽく再現ドラマ見たい。
あきら

あきらの感想・評価

4.3
爽快!!!
これは実話が元になってるんですよね?
胸がすく、こういう映画っていいねぇ〜!!!

この作品が爽快なのってさ、形として差別や偏見と闘っての勝利の物語なんだけども、その手段としてあるのが自分たちの能力と努力だってとこなのよな。
声高にがなるだけじゃなく、暴力でもなく、知性による正当な勝利。これはすごいことよ。

才能ある人がその能力を存分に振るうとこを見るのは大好きなんですが、そうできるためにはいろんな軋轢があって、いろんな邪魔も入る。
天才は生半可なことでは生まれないんだよなぁ…
ってのは、大人になるほどに思います。

そもそもNASAに入れるだけでも超優秀なんですよ。主軸の女性たちだけじゃなく、ここに登場する誰もが超優秀。
言うてもNASAって自由の国の誇る超進歩的機関なわけじゃないですか。なのにそこでもやっぱりこういう前時代的偏見はあるんだよな…しかも至極自然なこととして。
優遇されてる側には偏見をもってるつもりはない、けどたしかにあるのよ。今もって!
優秀される側に罪があるわけではないけど、そろそろそういう価値観は変わってもいい頃なんだろうと、しみじみ思います。

けどこれ、ソ連に負けてなかったらこの時代はもっと長く続いてたかもしれないのか……
「自由の国」ってなんだろうね?

実際はもっともっと、はるかに大変で苦難の道だったのだろうと思うが、不遇でも能力ある人たちがいて、彼女たちを支える土壌には愛があって、結果としてこういう風に語り継がれる物語になった。
それはやっぱり、とてもとても爽快でした。
>|