ドリームの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

ドリーム2016年製作の映画)

Hidden Figures

上映日:2017年09月29日

製作国:

上映時間:127分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「ドリーム」に投稿された感想・評価

む

むの感想・評価

4.2
他の人も言ってるけど、人種差別・男尊女卑という重いテーマだけどコメディタッチでクスッと笑える部分が多くて、心が重くならずにみれた。わしも社会で頑張ってやるぜって気持ちになった。
ファッションとか音楽とか、視覚的にもすごく楽しめたし踊りだしそうなテンポでそういったところも良いなと思った要因
WOWOWで鑑賞
アメリカの有人宇宙飛行成功の裏にいた、黒人女性たちの物語。
白人女性が、主人公の一人に「誤解しないで。偏見はないのよ」と言うと、それに対して「分かってる。あなたがそう思い込んでることは」と答えるシーンがとても印象的です。
差別をしている人は多分、みんなこの白人女性と同じように思ってると思うんですよね。自分も含めて。ハッとさせられるセリフでした。
黒人差別、女性差別を描いてるんですが、ハードではなくむしろ明るい音楽で楽しく描いていてワクワクします。
当初の邦題が「私たちのアポロ計画」で猛批判され結局ドリームだけになりましたが、最期まで観るとこの邦題は決して的外れじゃない。むしろ、ラストの上司のセリフ〜その後の登場人物、宇宙開発の歴史の説明を観ると、とても素敵な邦題だったと思います。
最近ネットで映画ファンがなんでもかんでも配給会社を批判しまくってるのに嫌気がさしてたんですが、今回の件で改めて、むやみにバッシングするのはアホらしいということがよく分かりました。
家から遠い映画館でしたけど、観にきてよかった(ノ`・∀・)ノ
城戸

城戸の感想・評価

4.0
音楽よかった
Ken

Kenの感想・評価

5.0
まだまだ人種差別が残る60年代のアメリカ。NASAで働く黒人女性のお話です。NASAではみんな同じ色なんです。最後はコーヒーも淹れてくれます。コメディタッチですが、随所に感動ポイントがございます。
YasT

YasTの感想・評価

4.0
音楽がノリノリで明るいのが良い。おかげで、ツラい展開でも身構えずに見られました。理性と知性は窮地を救ってくれることを、改めて見せてくれます。個人的に、立て続けに見てるからというのもありますが…「グリーン・ブック」や「ファースト・マン」と時代・背景・課題がカブりまくりで、その辺りを頭の中で転がしながら見る…という不思議な体験でした。
haruru

haruruの感想・評価

4.5
時代的にまだまだ黒人差別・男尊女卑があった時代において、暴力や感情的な要求ではなく、理性と知性と実績の積み重ねで現実を手にしていく女性の姿が頼もしい。

しかしそこではなく、やはりタイトルにみるように夢を現実化するには、「月に行くには古い考えではだめだ、新しくなければ」という主人公の上司の台詞。

それと上司の「我々は月に行けるだろうか?」に対して「月にすでに行ってるわ」
と主人公の笑顔の台詞にぐっとくる。
また観たい作品

音楽も素敵

ライオンキングを観賞して、
エンドロールの
ファレル ウィリアムズの名前をみつけて
Nakman

Nakmanの感想・評価

4.0
知人に勧められたので観てみました。

感想ですが、良かったです。

気分すっきり、涙を誘うシーンありの良作。

時代背景的に黒人差別、さらに男性社会における女性ということも重なり権利を勝ち取る戦い的な感じ。

黒人で女性という当時の社会的弱者の立場から能力でのし上がっていく3人、痛快でした。

しかも、NASAという天才軍団に立ち向かうというね。

実話ベースということでこの3人の苦労は描かれてない部分で相当あったと予測します。

それぞれ三者三様の戦いがあって、力強かったです。

3人を演じたタラジ・P・ヘンソン、オクタヴィア・スペンサー、ジャネール・モネイは全員キャラが立っていて存在感抜群でした。

また、脇を固めたケビン・コスナーが理解ある上司で相変わらずダンディー。

あとは、キルスティン・ダンスト、マハーシャラ・アリなんかも出ていて豪華でした。

音楽もハンス・ジマー、ファレル・ウィリアムズ等気合い入りまくり。

弱者が腕っぷしで強者をねじ伏せるっていうのはいつ見ても爽快です。
是非観てほしい作品です。

以上、「ドリーム」レビューでした。