レッド・スパローの作品情報・感想・評価

レッド・スパロー2017年製作の映画)

Red Sparrow

上映日:2018年03月30日

製作国:

上映時間:145分

3.6

あらすじ

「レッド・スパロー」に投稿された感想・評価

元CIA局員ジェイソン・マシューズの同名小説を「ハンガー・ゲーム」シリーズのフランシス・ローレンス監督がジェニファー・ローレンス主演で映画化したスパイサスペンスは、カーアクション、銃撃戦や肉弾戦てんこ盛りの昨今のスパイ物とは一線を画していて、真綿で首を絞めるようにジワジワと緊張感が高まっていく。
ヒロインのドミニカは才能あるロシアのバレリーナだったが、不幸な事故でその将来や収入の道が断たれ、治療や世話が必要な病身の母を抱えている為、スパイというイリーガルで修羅の道を歩み出す。
タイトルになっている「スパロー」は色仕掛けや心理操作で情報を入手するスパイのことを指していて、彼女は「スパロー」になるべく特殊な学校で厳しく鍛えられていく。
この学校での訓練が如何にもという感じなのだが、それが後の展開で活きてくる。
やがて頭角をあらわした彼女に課せられたミッションは、ロシア情報庁上層部にいる裏切者の名を炙り出すというもの。
その為に彼女はCIA捜査官ナッシュにアプローチしていくのだが…
ハードボイルドタッチな本作は、エグい拷問シーンやセクシーなハニートラップシーンが結構出てくるのだが、正にそれらを体を張ってジェニファー・ローレンスが演じている。
オスカー女優が体当たりの演技をしている本作では、ジョエル・エドガートン、ジェレミー・アイアンズ、シャーロット・ランプリング、マティアス・スーナールツという演技巧者なキャストたちによって最後まで緊張の糸が途切れないストーリーが展開する。
このピーンと張り詰めたドラマには幾つもの伏線が有り、それが最後の大どんでん返しに繋がっていきます。
サカ

サカの感想・評価

4.1
意外と本格的に心理サスペンス!
裏の裏の裏!みたいな感じでとても面白い
ジェニファーローレンスも可愛くていい
jammy

jammyの感想・評価

2.8
娼婦の学校
分かりやすい心理作戦
スパイ?家族愛?恋愛?
ごちゃごちゃしてる印象です。
りょか

りょかの感想・評価

3.5
ジェニファーエローレンス。
長いのに途中経過も終わり方もパッとしない。
裏切り者出ました→で?っていう。
ストーリー難しい
なのに英語でだったから尚更いみわからん。でも何度も予想を裏切られてだいぶはらはらした
話が緻密に作られている
もう一度観たい
ジェニファー・ローレンス半端ないって‼️もぉー‼️

めっちゃハニートラップするやん‼️
そんなん普通できひんやん❗️
言うといてやー(๑˃̵ᴗ˂̵)‼️

前回のレビューで、あたいのウレションワードや、ウレションムービーを書いたけど、「スパイ」も大好物なんだよねー💕
と、謎のキャラ設定。

スパイ、二重スパイ、モグラ、潜入、トラップ、任務、政府、国家、、、、とか、
どストライクワードでおまww

国家間とか言いたいww
政府の陰謀とか言いたいww

てな訳で、もちろん今作も気になってました♬^_^


今作の大きな特徴はズバリ、

「ハニートラップ」による、任務遂行💕

これまた、なんと斬新なスパイ映画でしょうかww

ド派手なアクションやカースタントで魅せる、ワクワク、ドキドキとは一線を画す、
強烈な個性が光る作品でした❗️

なのに、なぜ今ひとつハイスコアじゃなかったのかの理由は、作品全体を通して、
僕にとって「静か」過ぎたからです💦

終始淡々と進むストーリー。
それでも、引き込まれて観るんですが、
少々、起伏の変化が少なく、
あまりにも「盛り上がり」に欠けました💦

やはり、僕は世界一高いビルの外壁に張り付くとか、命綱無しで航空機にしがみつく人が好きなようです^_^ww

あくまで、「作風」の好みの問題やと思うので、今作が1つの良質なスパイ映画である事は間違いないと思います(^^)‼️

そして、
冒頭でもイキナリ触れましたが、
主演のジェニファー・ローレンスの、プロ根性が素晴らしかったです(๑˃̵ᴗ˂̵)‼️‼️

これは、ビビりました‼️

もはや、完全に国家に尽くすスパイそのものでしたよ💦💦
いや、スパローですね(^^)
圧倒的スパロー感は、一見の価値ありですよ♬


そして、最後に警告です。

今作に、おっぱい警報を発令いたします‼️
ウーウー♬♬
おっぱい注意報じゃないですよ‼️

警報レベルです‼️

なので、家族や小さなお子ちゃまと一緒の時は、十分に警戒と対策をして鑑賞して下さいね^_^


ウーウー♬♬











※以下ネタバレ※










優秀な才能と美貌の持ち主のドミニカは、ロシアのバレリーナだったが、パフォーマンス中に足を骨折し、バレリーナの夢を断たれてしまう。
住まいや、病気の母の治療費はバレエ団持ちであったが、今後国家支援は受けられなくなる窮地に立たされてしまう。
そんな中叔父が現れ、彼女を暗殺事件に巻き込み、逃げられない状況の中、スパイ(スパロー)の道へと導いていく。
国に従うか?殺されるか?
の二択の中、母を思いスパローの道を選ぶのだが、、、、、。





まあ、とにかくずーっと淡々と進行するストーリー展開でした💦
これが、スリリングに感じられた人にはハマると思いますが、僕には「静か」過ぎるという印象で、今ひとつ乗り切れなかったのが本音です(๑˃̵ᴗ˂̵)

鑑賞時、もし疲れてたりしたら、静か過ぎて下手したら睡魔に襲われるレベルやと思います💦

それでも、なぜ睡魔に襲われなかったのか、作品中で圧倒的なポイントが2つあります^_^‼️


まずは、とにかくドミニカ=ジェニファー・ローレンスが脱ぐんです💦

脱ぐって、中途半端にじゃなく、まさしく全部脱ぐんです💦
アソコだけは、上手く隠して❗️

マジか💦💦

もう、これを体当たり演技と言っていいのかもわからないくらいwww
観てて、普通にビックリしましたww

では、何故脱ぐのか❓

冒頭で、スパイ養成所に入るんですけど、
そこは、想像を絶する教育でした。

〝ターゲットが何を欲しているか?
欲望を見抜く力を身につけろ〟

〝まさしく全身を駆使して、ターゲットを墜とせ〟

〝羞恥心を捨て、プライドを捨て、
国家の為に尽くせ〟

このような徹底した方針のもと、スパイになる為の指導が繰り広げられますww

普通にヤバい事言うてますww(๑˃̵ᴗ˂̵)💦
クレイジーですよww

なので、スパイ候補生多数が見てる前で全裸になれ❗️とか、
よくわからない男を、口で悦ばせろ❗️とか、常軌を逸した指導が連日続きますwww

当然出来ずに、脱落するものもいる。
いくら母の為とは言え、なんでそこまでドミニカは強くいられたのか❓
ドミニカの、キャラ設定の描写をもう少し掘り下げて欲しかったです。


セリフでもあるように、
スパイ養成所というより、
まさに娼婦養成所💦


だけど、そこはさすがジェニファーのローレンス嬢です(๑˃̵ᴗ˂̵)

臆する事なく、みんなの前で全裸になり、
むしろ相手役の男にプレッシャーをかけて、男のアレの元気を無くすという凄みを見せますwwww

こいつには、やるといったらやる、、、

「スゴ味がある‼️‼️」


そら、全裸のジェニファー・ローレンスにあんな高圧的に言われたら、誰がそこで元気になれるねん❗️っていうツッコミはしておきますww(^^)

僕もシュンとしちゃうww

それにしても、堂々たる佇まいに素直に見惚れてしまいますね♬
プールのシーンは、釘付けでした💦


そして、
もう一つ睡魔がこなかったポイントなんですけど、思い出したくもない圧倒的な拷問シーンです(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

それは突然やってきて、少し眠たいなーって思ってたタイミングで、まさかのトンデモ拷問シーンきたー❗️


ぎゃああああああああああああああ❗️❗️


ですwwww

野菜の皮むき器みたいな道具で、直接皮膚をガリガリ剥いでいくんですよー
(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾💦💦


ぎゃああああああああああああああ❗️❗️


マッツ式拷問を超える拷問に、発狂しましたよwww
何観せてくれてるねん💢www

こんなにも痛い拷問は初めて観ました💦
眠気飛ぶわwww
やめろwww

てな訳で、細かいストーリーがどうでもよくなるくらい、この2つのポイントが圧倒的なインパクトでした(๑˃̵ᴗ˂̵)‼️

スパイ映画、おっぱい、拷問、
これらどれかにピンときた方には、
おススメですかねww

多分、もう観ないと思いますけど、
もし、また観るとしたら拷問シーンは飛ばしまーすw

拷問・ダメ・ゼッタイ‼️

NO MORE 拷問‼️


どんなレビューの締め方やw
>|