レッド・スパローの作品情報・感想・評価

レッド・スパロー2017年製作の映画)

Red Sparrow

上映日:2018年03月30日

製作国:

上映時間:145分

3.7

あらすじ

バレリーナの将来が怪我のために断たれたドミニカ・エゴロフ。病気の母に治療を受けさせるためにロシアの諜報機関の訓練施設に送られる。そこは、ハニートラップと心理操作を武器としてミッションの遂行するスパイ=<スパロー>の養成機関だった。持ち前の美貌と頭脳で、ドミニカは望まないながらも、一流の<スパロー>へと仕立て上げられる。彼女に最初に与えられたミッションはアメリカのCIA局員に接近し、ロシア政府内に…

バレリーナの将来が怪我のために断たれたドミニカ・エゴロフ。病気の母に治療を受けさせるためにロシアの諜報機関の訓練施設に送られる。そこは、ハニートラップと心理操作を武器としてミッションの遂行するスパイ=<スパロー>の養成機関だった。持ち前の美貌と頭脳で、ドミニカは望まないながらも、一流の<スパロー>へと仕立て上げられる。彼女に最初に与えられたミッションはアメリカのCIA局員に接近し、ロシア政府内に潜むスパイの名を聞き出すこと。 しかしその任務は、ドミニカを想像も超える運命に導き、彼女は敵国アメリカのみならず、祖国ロシアからも狙われることに……。大国間の裏舞台での陰謀と欲望が渦巻くストーリーは、信じがたい結末へーー。

「レッド・スパロー」に投稿された感想・評価

元CIA局員ジェイソン・マシューズの同名小説を「ハンガー・ゲーム」シリーズのフランシス・ローレンス監督がジェニファー・ローレンス主演で映画化したスパイサスペンスは、カーアクション、銃撃戦や肉弾戦てんこ盛りの昨今のスパイ物とは一線を画していて、真綿で首を絞めるようにジワジワと緊張感が高まっていく。
ヒロインのドミニカは才能あるロシアのバレリーナだったが、不幸な事故でその将来や収入の道が断たれ、治療や世話が必要な病身の母を抱えている為、スパイというイリーガルで修羅の道を歩み出す。
タイトルになっている「スパロー」は色仕掛けや心理操作で情報を入手するスパイのことを指していて、彼女は「スパロー」になるべく特殊な学校で厳しく鍛えられていく。
この学校での訓練が如何にもという感じなのだが、それが後の展開で活きてくる。
やがて頭角をあらわした彼女に課せられたミッションは、ロシア情報庁上層部にいる裏切者の名を炙り出すというもの。
その為に彼女はCIA捜査官ナッシュにアプローチしていくのだが…
ハードボイルドタッチな本作は、エグい拷問シーンやセクシーなハニートラップシーンが結構出てくるのだが、正にそれらを体を張ってジェニファー・ローレンスが演じている。
オスカー女優が体当たりの演技をしている本作では、ジョエル・エドガートン、ジェレミー・アイアンズ、シャーロット・ランプリング、マティアス・スーナールツという演技巧者なキャストたちによって最後まで緊張の糸が途切れないストーリーが展開する。
このピーンと張り詰めたドラマには幾つもの伏線が有り、それが最後の大どんでん返しに繋がっていきます。
YUM1

YUM1の感想・評価

3.7
少しグロいけど面白かった。部分的に謎は残ったけど。主人公がかわいい。
Christmas

Christmasの感想・評価

3.8
緊張感のある良い作品だった。
ハニートラップ。
僕は直ぐにひっかかる!笑笑
nooooon

nooooonの感想・評価

-
内容はえげつないけど、
これがリアルなのかもしれないと思った。

終わり方、拍手!!
予想と違い、派手なアクションシーン皆無の見応え十分のスパイ物。
私の欲望のパズルの欠けたピースはジェニファーが埋めてくれました。
FDのデータが機密情報?
次はキンペーのそっくりさんをスナイプ?!
アメリカのロシアスパイ映画なんだから、寝返るに違いないと思ってみてたんだけど、そういう話でもなかったわ
あっちにいったらあっちの側、こっちにいったらこっちの側、その場その場で都合よくしらっと嘘をつく
スパイとして送り込まれるというより行き当たりばったり、これに騙される敵はいないだろうと思ったり、何よりどうしてこれでこんなにうまくいくのか不思議でならん
ジェニファー・ローレンスは顔と体のアンバランスが魅力、童顔なのに体は大人みたいな
inamon

inamonの感想・評価

3.4
思った以上にグロい感じの映画。終わりのオチは、まぁそうだよね。
ニノチカからレッドブル経由でたどり着いたハリウッド製ロシア(英語圏)の現在点。ジェニファーの完璧な魅力が全ての疑問を霧散するほど素晴らしい。
>|