レッド・スパローの作品情報・感想・評価

レッド・スパロー2017年製作の映画)

Red Sparrow

上映日:2018年03月30日

製作国:

上映時間:145分

3.6

あらすじ

「レッド・スパロー」に投稿された感想・評価

最近、現実に起こったイギリス郊外でのロシア人元スパイの暗殺。国際問題にまで発展しているが、ちょうどこの映画の内容とダブっているところがあり、戦慄をおぼえた。

普通の国民が、国家特殊機関に才能を見込まれ、国家間のイデオロギーの対立に巻き込まれる。(←巻き込まれ方がロジック的で無理矢理感がなくて納得)

ジェニファーローレンスの度胸と緻密さが秀逸で、どこからが彼女の計算なん?と映画を見終わった後に楽しい答え合わせをしてみた。

この映画のセリフで学んだこと
"ロシア人は、女は美人だが、男はヒキガエルだな"
劇場で予告版を見て気になっていたのでレンタルが始まり少し経ったところで家で鑑賞。

主演ジェニファー・ローレンスと上官の叔父役のマティアス・スーナールツの演技がとにかく光る作品

終始登場人物が声を荒げることなく淡々と静かな調子で話す雰囲気、とても良かった。主観的だけれどもロシアの冷酷で薄暗いどことなく怖い感じが良く出ていた。

ストーリーに関しては御都合主義が過ぎるし最後の伏線回収でおおっ!となるくらいでそれ以外はちょっとお粗末が過ぎたように思える。
スタイリッシュで淡々と進む一方で脚本がお粗末なのでスタイリッシュさが間抜けな感じになってしまうのがとても残念。

演出や雰囲気と設定はすごく好きだしいい作品だと思うので好きなキャストが出ているなら是非おすすめしたい作品。

ワーニャの「いい家族を持ったよ」
の台詞は皮肉が効きながらもかっこよくて気に入ったシーン。

ストーリーでは一切おすすめしない。
nkm

nkmの感想・評価

-
ジェニファーローレンスすごい。
よくみてないと話についていけなくなる。
恐ろしいロシアの一面を見せつけられたスパイもの。と同時にアメリカは良い国だぜ、アピールも醜いと思った。
若干頭が追い付いてないシーンもあったが、熱演には終始心が揺さぶられた。
MYA

MYAの感想・評価

3.8
最後の最後で、なるほどそういうことか...とスカッとする映画。実話でもおかしくないな。
海外に向かう飛行機の中で見るには重すぎた。
milk

milkの感想・評価

3.4
ジェニファーローレンスがすごい、圧倒されるかんじ。
ストーリー的には割と普通だったのでなんか勿体無い気がした。
peko

pekoの感想・評価

3.6
機内で鑑賞。

ちょっとグロかったな、、、。
心理戦は面白い。
?ってなってしまったところもあるので、機会あればもう一度観る。
>|