レッド・スパローの作品情報・感想・評価

レッド・スパロー2017年製作の映画)

Red Sparrow

上映日:2018年03月30日

製作国:

上映時間:145分

3.6

あらすじ

「レッド・スパロー」に投稿された感想・評価

バレリーナとしての道を絶たれた主人公が、誘惑と心理戦を武器にする女スパイ“スパロー”として、国家を相手に罠を仕掛けるサスペンス。

祖国という檻の中の雀。

元CIA捜査官のジェイソン・マシューズのベストセラー小説を、『ハンガー・ゲーム』シリーズの監督とジェニファー・ローレンスが再びタッグを組み製作された作品。

スパイ映画としては珍しく、アクションや銃撃戦の無い、女スパイのハニートラップを中心とした映画でした。
国同士の情報戦なんだけど、主人公ドミニカの個人的な心情が軸となり、彼女がどちら側で誰に罠を仕掛けているのかで展開していく物語は新鮮で面白かったてす。
あんなマンガみたいなスパイ養成学校は実在するのだろうか。

冷酷で情け容赦ないロシア組織に対して、アメリカ側は個人の自由を守るスパイにも優しい国みたいに露骨に描かれてたのは、ちょっと冷めてしまった。
実際のところはどうなのか気になる。

“選択肢など 最初からない”

自分が仕組んだと思っていても、実は相手からそう仕向けられている。
男を操る術を持つ美人ほど、敵に回すのが怖いものはないなと思います。
pika

pikaの感想・評価

4.0
うほー!これロシアのハリウッドファンなら見たくなるだろうに上映禁止級じゃないですか?笑
今の時代、そんなことはないか笑
「ハンガーゲーム」が好きなのもあってフランシス・ローレンス特有のタラタラとしたもったいぶった演出は嫌いじゃないし何よりムードが好き。重厚ぶった映像もそそられる。
何で英語やねん、ってのは昔からよくあるやつだからさて置き、ジェニファー・ローレンスがロシア語訛りな気がするんだが芸が細かくて凄い。
ムチムチボディの美女が主人公でゴージャスなドレスとホテルから拷問までスタイリッシュなスパイ映画の要素をふんだんに盛り込みながら淡々と静かなトーンで進んでいくってのが面白い。
ジェニファー・ローレンス好きだわー。真正面と真横からのクローズアップで心情を見せていて、場面によってガラリと表情を変えている上手さがさすがだなと。冷徹な睨みから子犬のようなチワワ顔まで七変化。真っ裸で足を広げて「ファックしな」とまでするとは心配になるほど良かった。笑

騙し騙されなスパイ物で観客を翻弄するってのがめちゃくちゃ良い。クライマックスまでホントにどっち寄りなのかわからなかった。緊張感やスリルなどの映画的な快楽をガン無視してマジで黙々と進んでいくため、読めない。グイグイと波を持ってきた方がウケはいいだろうに挑戦的で斬新。個人的にその姿勢は評価したい。
ジョエル・エドガートンに背負わせちゃうのは英断。役得だな。

スコア3.5強って感じだけどフランシス・ローレンス応援していきたいので強気の4
あこ

あこの感想・評価

4.0
話が進んで行く度に主役のジェニファーが美しく、知的で、妖艶でミステリアスになっていって、その魅力にウットリしてしまう。女として学ぶものがありました。ストーリーも一歩先が読めないサスペンスかつ心理戦で面白かった!
味噌

味噌の感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

サイコーでした〜〜〜
もう学校のシーンとか全部好き

結局ひとりで生きていくのがイイネ
ささき

ささきの感想・評価

3.8
美しい。。。
Emiri

Emiriの感想・評価

3.7
とにかくジェニファー・ローレンス美しすぎ、かっこよすぎ。革ジャンとか着てみたくなった。ついでに髪も伸ばしたい。終始嫌なやつだった叔父さんにも最後は同情してしまった。
R

Rの感想・評価

4.0
ロシアという国怖すぎんか
りく

りくの感想・評価

2.6
疑心暗鬼にさせられる
ほ

ほの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ジェニファー・ローレンスの脱ぎっぷりと演技力に驚いた!あまり彼女のことを知らなかったんだけど、すごく綺麗で、妖艶で、でも可愛らしさもある顔立ちなんですね〜。そしてスタイルが良い!

ラストの電話のシーンは人によって感じ方が違うかも…。あの笑みは幸せの笑みなのか、諦観の笑みなのか…。
>|