レッド・スパローの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

レッド・スパロー2017年製作の映画)

Red Sparrow

上映日:2018年03月30日

製作国:

上映時間:145分

3.6

あらすじ

「レッド・スパロー」に投稿された感想・評価

なお

なおの感想・評価

3.4
痛い…ってシーンあるけど…
ジェニファーが本当に綺麗。
あさお

あさおの感想・評価

4.0
終盤、逆転に次ぐ逆転にハラハラさせられる。
ラストは伏線も回収してそうきたか、というところでしてやられた。
事前情報なく期待値もそこまで高くなく見ていたので最後の展開には唸らされた。
グロテスクなシーンもあるが、スパイ物映画としては自分史上最高かもしれない

主演のジェニファー・ローレンスが幼くうぶなバレリーナから冷徹なスパローとなっていくように彼女自身がさまざまな顔を見せる演技なのは素晴らしかった。
同じ映画内でこんなにも表情や顔が変わるのかと。
R-15指定ですがオススメです
Sappho

Sapphoの感想・評価

2.8

このレビューはネタバレを含みます

ロシア随一のバレエ団、ボリショイのバレリーナとして名を馳せたドミニカだったが、嫉妬に駆られた同僚により怪我を負わされバレリーナ引退を余儀なくされる。母親の治療費を稼ぐため、彼女は叔父の提案により国の諜報活動員「スパロー」として生きることを余儀なくされる。冷戦が続く中、彼女に与えられたミッションは国内のCIAメンバーに近付きロシアとの内通者を聞き出すことであった。やがて、ドミニカは大きな陰謀の渦に飲まれてゆきー。

良かった点
・吐息が常に白く、雪に覆われたモスクワの街が舞台ともあってスパイ映画にありがちな単調さがなくて良かった。陰気くさい感じも、1ミリも救いがない感じも雪がうまくマイルドにしてくれた(気がする)。
・ジェニファーローレンス綺麗!スタイルが人間じゃない。なるほどこーいう役も似合うのかと感心してしまうほどでした。化粧っけなくても美人なのいいなあ。
・ロシアという国の愛国心の強さが凄かった。日本じゃここまでやれないよね。身体も心も国のもの、なんて滅多に言えないよなあ。

微妙な点
・二国の利権が絡み合いすぎてストーリーがうまく消化できず…。冷戦と登場人物のゴタゴタがいっぺんに処理できなくてよく分からない場面多数、って感じ?
・アクション映画になってるけどあんまり戦わないから微妙かな?アトミックブロンドぐらいバカスカやんないしなあ。主人公の狡猾さには感心するけど、謳い文句ほどスパイ活動してなくない??
・スパイの養成学校が気味悪くていちばん胸糞だった、なんじゃありゃ
・結局自分を巻き込んだ叔父貴にやり返すんだけど女主人公には叔父さんが付き物なの???なんなの???(素朴な疑問)
・なんならバレリーナのくだりすらいらない説ありません???お母さん理解ありすぎて謎

以上でした。頭脳戦が好きな人なら楽しいだろうけど、バカスカアクションを期待してた自分にはいまひとつでした…。広大なロシアのスケールと色素の薄い美人が好きな方ならいいかも???
恐ろしかった
叔父さんもドミニカも頭切れすぎ
拷問シーン半端ないしそれに耐え得る確信得てるってどんだけ一歩先行ってるの
欲望がすごい

#jenniferlawrence
oucky

ouckyの感想・評価

3.6
面白い!
観る前までは、単なる女スパイアクションかと思ってました。しかし、アクションは少なめの心理戦を描いたスパイ•サスペンスでした。手に汗握る展開と先の読めない構成は中々のモノ。それと、ハニートラップが話のメインになるので、結構エロい。主演のジェニファー•ローレンスの芝居が体当たりだったー。脱ぎっぷりは勿論、かなりの汚れ役。しかし、そこがしっかり描かれないと、この作品がここまでスリリングな物にならなかっただろう。そして、意外とグロい 笑。
大衆映画だと思って軽く観ると、結構大火傷を負うカルト映画。
RyukiTsuji

RyukiTsujiの感想・評価

3.5
エロと暗殺。ハニトラこわい!
muneo

muneoの感想・評価

3.5
静かなスパイ映画
誘惑 裏切り 拷問 
二転三転する展開に
引き込まれます(≧∀≦)
深山

深山の感想・評価

4.0
最高のスパイ映画
スパイの学校に通うのがシュール
伏線回収が気持ちいい
なお

なおの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

拷問むごいわ
2時間少しの映画とは思えないほどの濃い映画。
最後の最後まで何かなんだかわからなくなる