ライフ・ゴーズ・オン 彼女たちの選択の作品情報・感想・評価

「ライフ・ゴーズ・オン 彼女たちの選択」に投稿された感想・評価

一人目と二人目のお話しは正直言って微妙だったけど三つ目のお話しは見ていてなんだか切なくなった。
まぁよくあるオムニバス形式の映画
zizi

ziziの感想・評価

3.6
冒頭の色の無い荒涼とした風景のシーン。
この作品がどんな映画なのかを描いていますね。

3つのストーリー。
どれもアメリカの片田舎の出来事を描いています。キラキラした世界とは全く無縁。
日常のちょっとした延長のような物語。

何か特別なことが起きるというわけではないので、単調に感じるところもありますが、
自分との共通点を見出すところもあったり、
「ああ、これがリアルアメリカなのかも」と思ったりしました。

ストーリーからそれますが、ローラ・ダーン顔の崩れ方が気になりました。普通に年をとったというより、いじって失敗してしまったという感じ…。

ミシェル・ウィリアムズのストーリーでは
彼女が娘に「歯をみがいたの?」と尋ねるシーンがあり、娘が「みがいたよ」と答えても「ほんとに磨いたの?歯ブラシあるわよ」みたいな事を言うと娘が「信用していないなら、最初から聞いたりしないでよ」とやり返すところがあり、
あ、わたしも子供達に同じ事しちゃっているかも! とドキっとしました。
目的を果たそうと邁進する妻、それを引き気味にサポートする夫、無関心な子供。親子の距離感をうまく見せていました。

3番目のストーリーでは、教室内では肩をすくめているリリーグラッドストーンが馬に乗っている時は、誇らしげに背筋がピンと伸びているところが印象的。クリスティン・スチュワートは疲労感たっぷり目の隈もすごい表情ですが、隠しきれない美しさ。

一見単調な映画なのですが、こういう映画のほうが後々まで記憶に残ったり
ハッとする言葉に出会えたりするので不思議です。

ド派手な映画だけでなく、このような作品も大事にすべきと思います。



Mayashico

Mayashicoの感想・評価

4.0
乗馬シーンのレンズフレアが神々しい。
三部構成
どこかキェシロフスキーっぽい 寒い国の映画はどこか似ている

3話目の切な百合物語が尊い ミニマルな終わり方も良かった
堊

堊の感想・評価

4.6
百合。これを百合と呼ばずして何を百合と。
走れるいぬは止まることもできる。
slv

slvの感想・評価

4.3
観たのはだいぶ前だけど、『ゴッズ・オウン・カントリー』を観たら、この作品のことを思い出して、田舎町の牧場で孤独に暮らすジェイミーのことが頭に浮かんだので、なんとなく思い出しレビュー。

3つのストーリーからなるオムニバス的な内容で、そのストーリーはどれも とにかく地味ではある。
どこにでもある日常みたいに。
退屈と感じる人も多いかもしれない。

それでも、この作品に私が心を捉えられたのは、ここに出てくる4人の女性達の感情が、とてもリアルに響いて刺さったから。

そして、よくぞこの感情を、この心象風景を、こんな風に見事に表現してくれたものだと、心から感嘆したから。

特に3つ目のストーリー、クリステン・スチュワートとリリー・グラッドストーンが演じたエピソードは、じわじわと心に響いて離れなくなり、時々ふと思い出してはあの寂しさと切なさを反芻してしまうほどに、私の中で忘れ難い作品になった。

たまたま、観た時の自分の精神状態にめちゃくちゃフィットしたというだけかもしれないけれど。

リリー・グラッドストーンが演じた、寂れた田舎町で孤独に暮らすジェイミーの、心の内に抱えたさみしさと人恋しさ。喪失感と衝動、そして諦念。また始まるいつもの日常。
多くを語らない彼女の、声にならない心の叫びが、聴こえた気がして切なすぎた。
まるで、自分のことのように 彼女の気持ちにシンクロして、私も 同じさみしさを味わってしまったみたいに。

いや、この感情は、確かに私にも身に覚えのある感情なのかな。
忘れかけていた気持ちを思い起こして、いたたまれなくなったのかもしれない。

彼女の中に、いつかの自分を見たのかもしれない。


彼女はまた淡々と日々を過ごしていくのだろうか。
それとも、何か変化が起きているだろうか。

懐かしい友達を想うみたいに、寂しげな田舎町の風景と彼女のことを、時々思い出してしまいそうだよ。これからも。
紫煙

紫煙の感想・評価

3.9
妻が借りてきてくれた1本。とても面白くて、妻エライ…!と褒め称えた。

キェシロフスキやロドリゴ・ガルシアが大好きなので、こうしたオムニバスはその形式だけで好きになっちゃうのだけれど、そこを差し引いても良かった。

原題は『certain women(その女たち…くらいなのかな?)』。かの地によくあるソリッドなもので、邦題の『ライフ・ゴーズ・オン 彼女たちの選択』は出来の悪い感想をタイトルにしちゃった感じだけれど、致し方なしかもしれない。

レイモンド・カーヴァー初期のザラついた"通じなさ"と、後期にみられる温もりの予感(温もりそのものではなく)を感じながら私は観た。

こうした仕掛けのない(という仕掛けを施した)作品を味わうときの私なりの方法がある。それは監督の素性を見に行くというものだ。

人間として、どういう欠落をかかえているのか(そうでないと表現などしない)、どうして映画なのか(文学や音楽や政治や犯罪や落書きではだめだったのか)、そして表現者としての資格はあるか(例えば野菜の皮をむいていった先に残る、むききれない芯のようなものがあるかどうか)。

この監督の素性は、確かだと私は思った。脚本に知ったかぶりがなく、映像のテンポに格好つけがなく、役者の撮り方にナチュラルな愛を感じたからだ。

それが映画であれ他の表現手法であれ、生み出された作品には、それぞれ固有の"強度"があるように思う。

その強さに比肩してしまえれば"評論"になるのだろうけれど、せめて敬意を払えるくらいのレビューは書きたいと願っている。毎度、挫折しているけれど。
moviEEE

moviEEEの感想・評価

3.5
或るご婦人達、うーん落としどころがイマイチ分からんけど、じわじわ来る映画。モンタナ州ってカナダ トロントより北にあるんだ。まカナダ映画人は舞台と配役で嫉妬しただろな(勝ってな妄想)。馬世話している彼女が良かった。C.スチュアートと馬に乗っているときの表情がなんか沁みる。
>|