ANTIPORNO アンチポルノのネタバレレビュー・内容・結末

ANTIPORNO アンチポルノ2016年製作の映画)

上映日:2017年01月28日

製作国:

上映時間:78分

3.2

あらすじ

女流作家の京子(冨手麻妙)は、小説を書く前にキャンバスへ登場人物の絵を描く。キャラクターの細部まで絵 の中で完成させてから、その絵に囲まれて執筆を行うのだ。これまで発表した4本の小説も、出版後に使用した 絵を個展で発表した。こうした奇抜な手法が話題を集め、京子はアーティストとしてカリスマ的な人気をほこり、 時代の寵児となる。ある朝、黄色い壁に囲まれた広い部屋で眠りから覚めた京子は…

女流作家の京子(冨手麻妙)は、小説を書く前にキャンバスへ登場人物の絵を描く。キャラクターの細部まで絵 の中で完成させてから、その絵に囲まれて執筆を行うのだ。これまで発表した4本の小説も、出版後に使用した 絵を個展で発表した。こうした奇抜な手法が話題を集め、京子はアーティストとしてカリスマ的な人気をほこり、 時代の寵児となる。ある朝、黄色い壁に囲まれた広い部屋で眠りから覚めた京子は呟く。「今日が誕生日だってこ とは黙っておこう。まったく、ちっとも上手くいってない。でも私のせいじゃない、どうしたらいい?」。いつも のようにマネージャーの典子(筒井真理子)が、その日のスケジュールを伝えに来る。雑誌のインタビュー、撮 影、テレビ番組の取材、文芸誌編集者との打ち合わせ......。マネージャー典子が伝えるスケジュールを分刻みで こなす毎日。京子のいらだちは、典子へのサディスティックな振る舞いになって表れる。「おまえは売女になれる か?」「四つん這いになってごらん。犬のように吠えてごらん」首輪をつけられ、部屋を引きずり回されながら恍 惚の表情で京子を見つめる典子は声を振り絞る。「先生のような売女になりたいです......」 京子の部屋の片隅で微笑む妹の幻影、父と義母と共に囲む食卓、天井に切り込まれる裂け目。自由と不寛容、サ ディズムとマゾヒズム、カリスマと奴隷、寝ても覚めても終わらない悪夢。私はキョウコなのか、キョウコを演 じているのか。これは私の人生じゃない?虚構と現実の狭間で、京子の過去の秘密が暴かれていく―。

「ANTIPORNO アンチポルノ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

すごくストーリー的には難しいというかあってないようなストーリーだけど、ずっとみてられる気持ちが悪い極彩色の映像美で、園子温節っていう感じの映画だった

ポルノ映画らしくないポルノ映画で、だからアンチポルノって名前なんだと思うけど。

女性同士のSMシーンが多くてその中でただのエロスの表現だけでなくて男性社会、女性差別的な表現をしているようにも捉えられて1つの映画の中にいろんなテーマを放り込んで来る感じもすごく園子温の映画て感じでよかった

映画に出て来るインテリアとか音楽とかもたぶんすごく考えられてると思ってそこにも感心した
音楽はドビュッシーのアラベスクが流れて、インテリアは60年代とかの曲線が印象的な家具がたくさん出て来るんだけど
アラベスクはドビュッシーが作曲するときに女性の体の曲線美とか花模様とかそういうのをイメージして作ったって言われてる曲。
出てくる家具も女性の体とか子宮をイメージしてるって言われてる家具が出てて、映画に出てくるキャストも濡れ場は基本女性同士だったしすごく細部までこだわりぬいてるなって思った

セーラー服で首輪でSMとかかなりサブカル性癖映画って感じなのも好きだった笑
オープニングからの、主人公のぶっ飛んだ様子とそれにかしずく周囲の女性、という様子は面白かった。
しかし、そこで作品内にカットが入り映画の撮影だ、ということになったところであのエキセントリックさが虚構ということになってしまい、一気に熱が冷めてしまった。
それから後もどこまでが現実で、どこからが虚構か曖昧にはなっていくのだが最初が最初だっただけに、鑑賞していてその熱までは戻らなかった。
あのぶっ飛んだのが芝居だとすると、その後一変して周囲から嘲られるのもどうにも腑に落ちない。あれだけやっていたら十分では?

最後に色がぐちゃぐちゃになっていくのも『ヒミズ』でやったよね、と思ってしまう。映画内映画の結末も見えないし、消化不良の結末。
制限のあるなかでの自由。破ろうとしても入れ子構造のようにどこまでも阻まれ続けるのだろうか。カラフルにぶちまけられたペンキが混ざってどす黒くなっていくのがなんかグッときた。
意味がわからなすぎて途中からどうでもよくなったけれど、映画愛は感じた。なにより役者の演技が抜群に良かった。
ラストの「出口は何処?」はオチがないことに対するメタ的なメッセージと解釈して笑ったが良かったのか。
ロマンポルノリブート積み録画消化4日目

ストーリーは正直よくわからなかった。ただ売女って言いたいだけやんって風も取れる。まぁ題名からしてアンチってついているのでポルノ映画じゃないことは見ていてもわかったのですがそれ以外はよくわかりませんでした。
まぁ全くエロくもないし、そんなにグロくもない、なんかやっぱポルノ撮れないから絵具ぶちまけてごまかした感が否めない映画でした。
全体的に女性の自由やらなんやら言ってるんだけど、それを男である園子温が訴えてもな、、とそんな気持ちにもさせられました。

主演の子どっかで見たことあるなーとよく見たらハダカの美奈子の次女役の子やんってなんの得にもならないことに気づいたけど特に自分の感情になんの影響も及ぼしませんでした。
ぜんぜんロマンポルノではありません。
まさにアンチポルノ。
前半の吐き気のするようなリストカットやらペニバンつけたセックスシーンは、世にはびこるポルノ映画へのアンチテーゼなのかなと感じた。鑑賞後、絶望感に浸れる映画がすきな人にはハマるのでは?
園監督、黄色い瓶詰めワニ 


R18指定。
脚本監督園子温


日活ロマンポルノリメイク、リブートシリーズ、鑑賞第2弾です。

今や飛ぶ鳥を叩きつぶしつつ監督多作に追われているぴあ出身園子温監督。

一般作からドラマから漫画原作物まで幅広く園ワールド全開させております。

園監督鑑賞おさらい。

それぞれの各映画短編を融合した園短編「うつせみ」

園監督のニューシネマセシルBシネマ任侠「地獄でなぜ悪い」 

むき出したパンチラから家族宗教アンチ世俗をどなりあう長大作「愛のむきだし」

等々撮ってきました。

リブート作は、塩田監督「風に濡れた女」を鑑賞。奇抜な海岸ばたの砂浜エチュード、かなり面白かったです。

劇場鑑賞二作目は、楽しみにしていた園監督。シネウインド1週間限定上映。やや年齢層高めお客様と鑑賞してまいりました。




すいません、まずモヤモヤ吐露。
あえて。あえてのぶっちゃけですが、

筒井真理子さんが、、、まあ脱ぐんですけど、

あれいるのかな?

て正直思いましたね。なんかね、
筒井さん、品があるんですよね。

「この○そ女優!!!」

って罵倒百連発あるし、受けの演技はなんかぴったりだったんだけど

「怒」の演技を見て抜けないなんか?疑問・違和をかんじていて、調べたら
早稲田出身・第三舞台の方なんですね。なんかね。ぬけない品がありましたね。ていうか筒井さんどんな方向にいきたいの?ってジャーマネ的に心配。調べたら園監督の短編に出演していたご縁があったとのことで少し納得しました。いやあこちらがヒクほどの熱演でしたよ。

冨手さん以外の脱ぐ方がいささか熟女に見えたのもアンチなのかしら?

絡みもあえての引きばかり(笑)じっくり、雰囲気出してなんてないんだよ!このバイタナかんきゃくがあ!そう欲情させることをアンチするわけです。ある意味SMなんかも。

逆にワンハンドレットさん連中が筒井さんの役をやった方がよかったんじゃないのかなあと。だって眼力、顔面力魅力ありすぎでしょ!!って思いました。

まあこれはポルノじゃない!プンプンと怒るファンもわからなくはないですが、これは園子温ムービーなんでね。団地妻やコスチューム映画みたけりゃそれこそ日活ロマンポルノブルーレイ再発、ちまたの洪水のようにあふれるAVをみればいいわけです。物語りがなけりゃロマポルじゃないとか男の思うとこいろいろあると思いますがね。
ごめんなさい正直なおもうとこです。


いやあ私は、良かったです。泣いている女性の方いらっしゃいましたよ。すすり泣きがきこえてました、たぶんひとりの方。

まあ園子温ファン必見のある意味園18禁あえてやったるよロマポル版ってな感じでしたね。

まさしく園監督の「イブの総て」「軽蔑」でありましたね。やりきっていて良かったです。

一方冨手さん!お疲れ様でした!いやあ!凄い!園女優ポエジーをまさしく全身カラフルにのたうちまわりましたね!!

「毎日ガンガン死ね!」

名台詞ですね、刺さりました!

とある女優の罵詈雑言。
それはとある瓶詰めのワニのよう。
真っ黄色な汚水まみれの罵倒
不安
プレッシャー
妹(園監督の度々登場するワードです。)この妹役さんの階段を2度降りるのはさながら「サンセット大通り」か?苦笑いしたけど無意味な笑顔に逆に爆笑。
監督と女優
マネージャーと女優
作品
自己嫌悪
自己憐憫
陶酔
家族
セックス
悪口
嫉妬
性消費
芸術
【辞書でひいてみた】
ばいた・・売春婦、娼婦、気持ちの悪い女
アンチ・・反対か

などなど、、、

をなかば物語りにはめず、
映画のなかの映画にとじこめあちらこちらに
場面は部屋から部屋
妄想から現実と
アンチしまくり。

園監督も1度は断ったという事実。服をきせていく演出というアンチに

これはやはり、唯一園監督しかやれないアンチなんやなあと。
確かに行定さん、中田さんが出来そうにないですよね。

鑑賞後脳内ほどよい拘束的ぐちゃぐちゃなペンキをぬられたようで、

しっかり園子温映画でホッとしました。さすがAV経験もある園監督が確かにわかってらっしゃるうえでの

アンチテーゼをぶちまけまくっていて気持ちが良かったです。

決してグロエロに走らず
あえて着せるという
いや
あえて部屋詰め地獄なんですよね。
劇中の瓶づめのワニのようにね。噛みつけない超狭い拘束に打ち震える冨手さんのイエローポエトリーでありました。

さながら要約ぶっちゃけ「ヒミヅ」でもやったシーメールプレイ女優版みたいな感じ。

篠田愛さんの劇中の絵良かったなあ。
園監督の絵画も全面に個展での「ガガガ」ペイントもありましたね。あの女集団癒やされたわあ。ずーとなじられてからの救いの集団にも見えましたね。
白黒の画面超萌えて涙が目にあふれました。




さて
園監督黄色い瓶詰めワニ 
園ポルノ!アンチだよ!
俺のアンチをミロよ!このゲス!観客があ!


どこか説教から解放された会議室をあとにするかのような

心地悪い心地破壊を楽しんできました。

園子温リブートでした。

本日ブログ執筆、少し書き足した。
プロジェクト1の問題作、なのは最初から想定はしていたけれどもその斜め上をいくぶっ飛んだ作品。女の宿命とアイデンティティと処女性をミキサーにかけてぶん投げられてるような話。現実と芝居とイメージと京子の記憶と何が何か分からなくなりながら話は進んでいく。彼女のターニングポイントである妹の死からくる屈折したセックスに対する価値観は1つの強いメッセージであったのだろう。劇中で言われている「男性生殖器とチンポは違う、断じて違う」というセリフからも感じられる。
画面も一番の衝撃作。初っ端から目のチカチカするようなアトリエにラストの絵の具のぶちまけにゴダールを思い出させるような色の表現をしている。カメラワークもアトリエのドリーの往復など印象に残るものの多い作品だった。またファンの音1つでも作品に没入させる音使いは憎いなぁと感じさせられる。
久々に誰かと語りたくなるような作品で個人的にもかなり好きな作品だったが、このプロジェクト内では一番ポルノ映画として興奮できるものかというと疑問の残るものだった。しかしそれも含めての"アンチポルノ"という作品だったのだろう。園子温の作品は好きだがこの作品は輪を掛けて園子温の好き勝手をした感はあった。
締め切りの都合でこれを見る前にレポートを書かなくてはならなかったのが残念でならない。素晴らしい。

「今、ポルノを撮る必然性はないと思い最初は断ったんですが、でも日活さんから『必然性がないことを映画にしたら』と言われ、『ANTIPORNO』になりました」「ロマンポルノが作られていた時代と今は違う。センチメンタルな意味でのポルノは壊滅した。そんな中で女性の裸がどのように消費されるか、女性の権利と自由とは何かを考えて撮りました」という完成報告会見での発言に納得。インターネットを探せばいくらでも過激なポルノコンテンツが見つかる今の時代に、AVでも濡れ場のある普通の映画でもなくロマンポルノを撮ることに意味があるとすればこういうことだろうというのがはっきりと示されている。

セックスシーンはあるが演技であって実際にしているわけではないというロマンポルノの歴史的な特性が、「処女なのに売女」という主人公のキャラクターや現実と虚構が入り混じる構成によって、ねじれとして引き受けられているのが秀逸。(そしてそれは自由であるとされることと実際には自由でないこととのねじれでもある)

ポスターの絵に見られるような「ぶちまける」イメージが本編においても映像・脚本両面で現れているのもよい。

その上で、結局は園子温がお気に入りの女優に好き放題しているだけなのではないかという疑問までもメタ的な設定によって取り込み、ラストは徹底的な出口のなさで締める。どこまでも巧みな構成と詩的な映像の数々。普通にロマンポルノ的なものを求めて見た人はポカーンだろうが、おそらく本作が「今の時代にロマンポルノを撮るとはどういうことか」という問いに最も適切に答えたのだと思う。素晴らしい。
淵に立つを見て、筒井真理子に取り憑かれすぐさま劇場に。
園子温監督のポルノ作品ということもあり、期待して見たが、個人的には散々で酷い出来。
ストーリーが陳腐で、映像も全体の構成も芸術チックに懲り過ぎ?
やはりポルノはシンプルでエログロな愛憎模様が一番でしょ!?
そんな駄作でも唯一輝き光るのが、やはり筒井真理子。急変Sキャラはとにかく最高♬
最後に、ここ最近の園監督作品はとにかく駄作が続いている。奮起に期待。
>|