ANTIPORNO アンチポルノのネタバレレビュー・内容・結末

ANTIPORNO アンチポルノ2016年製作の映画)

上映日:2017年01月28日

製作国:

上映時間:78分

3.2

あらすじ

女流作家の京子(冨手麻妙)は、小説を書く前にキャンバスへ登場人物の絵を描く。キャラクターの細部まで絵 の中で完成させてから、その絵に囲まれて執筆を行うのだ。これまで発表した4本の小説も、出版後に使用した 絵を個展で発表した。こうした奇抜な手法が話題を集め、京子はアーティストとしてカリスマ的な人気をほこり、 時代の寵児となる。ある朝、黄色い壁に囲まれた広い部屋で眠りから覚めた京子は…

女流作家の京子(冨手麻妙)は、小説を書く前にキャンバスへ登場人物の絵を描く。キャラクターの細部まで絵 の中で完成させてから、その絵に囲まれて執筆を行うのだ。これまで発表した4本の小説も、出版後に使用した 絵を個展で発表した。こうした奇抜な手法が話題を集め、京子はアーティストとしてカリスマ的な人気をほこり、 時代の寵児となる。ある朝、黄色い壁に囲まれた広い部屋で眠りから覚めた京子は呟く。「今日が誕生日だってこ とは黙っておこう。まったく、ちっとも上手くいってない。でも私のせいじゃない、どうしたらいい?」。いつも のようにマネージャーの典子(筒井真理子)が、その日のスケジュールを伝えに来る。雑誌のインタビュー、撮 影、テレビ番組の取材、文芸誌編集者との打ち合わせ......。マネージャー典子が伝えるスケジュールを分刻みで こなす毎日。京子のいらだちは、典子へのサディスティックな振る舞いになって表れる。「おまえは売女になれる か?」「四つん這いになってごらん。犬のように吠えてごらん」首輪をつけられ、部屋を引きずり回されながら恍 惚の表情で京子を見つめる典子は声を振り絞る。「先生のような売女になりたいです......」 京子の部屋の片隅で微笑む妹の幻影、父と義母と共に囲む食卓、天井に切り込まれる裂け目。自由と不寛容、サ ディズムとマゾヒズム、カリスマと奴隷、寝ても覚めても終わらない悪夢。私はキョウコなのか、キョウコを演 じているのか。これは私の人生じゃない?虚構と現実の狭間で、京子の過去の秘密が暴かれていく―。

「ANTIPORNO アンチポルノ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

常識の脱構築だ。

物語の中に物語があり、その物語の中でも物語を作る女を描く。

まるで自分の人生が舞台やドラマ、映画監督に操作されているかのような、起きても起きても夢を見続けているかのような感覚。

「女流」という名に秘められた女性蔑視。
「売女になる」という自由が認められない嘘だらけの表現の自由。
「自由に傅いて、自由の奴隷になって、自由に振り回されて、自由になったふりをしなくてはならない。」

女と映画という同じ枠に囚われた者同士をあくまで客観視しようとする度に自由は物語化される。

物語化された自由は、本来の意味における自由を損なわれ、両親のセックスのように秘匿され、脚色され、耽美なものに埋没し、失われていく。

この映画はポルノを描いたのではなく、失われた自由を嘆いた映画監督の喘ぎにほかならない。わざわざポルノなのにアンチポルノとしたことには、そうした監督の喘ぎがひしひしと伝わってくる。

悪くないと思うが、たぶん、誰もついてこない。
国会議事堂前から始まる、ハッハー! そうだな、これくらいやってほしい、でも、なんだろ、アンチを名乗るなら、アングラを志向するなら、もっといろいろなことに中指突き立てていただきたい。なにがアンチ、どこがアンチ。

演劇的なセット、台詞回し、好き。でも空虚で、中身が伴ってない気がする。カッコつけるなバカヤロウ。

女と女の関係の話にしてしまったあたり、男性監督が自分自身から切り離して撮ってるように見えて、ズルいと感じてしまう。女と女の愛憎まみれた関係に、そこまで執着を持って作ってるように見えなかった。

女優の身体が美しくて、好き。

衣装がいいなあ、カメラが近付くとモザイク柄、カメラが遠のくと花柄。女を遠くから見ると花、女を近くで見るとなんだかわからない、カラフルな、色。テーマと合っている。

女たちが女に手首を切らせる、なんだそりゃあ。その狂気は女特有のものではないと思うし、日本の映画ドラマが大好きな、女同士ってなんかドロドロしてるんでしょ、というイメージの世界の話に終始してる印象で。好みの問題か、SMを履き違えた醜悪なイジメにしか見えなくて困った。

女流、という言葉に中指を突き立ててるけど、やっぱり空虚。女優のことを俳優とは呼ぼうとしない日本映画界、ポルノ業界にあって、そんなことを主張されても空虚だ。

女のオナニーを特別なもののように語られたところで、性の解放という意味では、何周遅れだ、っていう。フィジカルが伴ってない言葉。声高に言うようなことじゃないだろ、女の性は女にとって、もっと日常的なものだろ、異質に見てるのは男、異質に思わせてるのは男だろ。

性嫌悪と、露悪的な性愛好。おぼこい。

なんだかなあ。

と思ったら、全ては虚構。カットの声がかかれば、カメラが止まったところでは、女優たちの関係は逆転する。男に支配された女たちの姿が映し出される。ポルノ現場に中指を突き立てる。

現実と虚構の交錯、寺山修司っぽい。

映画にも観客にも中指を突き立てる、

いや、ただの情緒不安定だろ。昇華され切ってない、行き切ってない、もっと効果的に、こういうテーマを伝える作品は、ある、傑作がたくさんあるはず、と思ってしまって、シラけてしまった。

混沌をそのまま曝け出す感じ、嫌いじゃないけど、気分じゃなかったこともあるかな。もうちょい成熟したものを観たかった。フェミニズムを知らなかった二十代前半、十代のうちに見ていたら感想は変わってたかも。妙なハマりかたをして、セックス観を拗らせていたかも。

童貞コンプレックスならぬ、処女コンプレックス、

レイプされたトラウマを引きずる、

「拗らせ」を感じる作品だけど、

好きな要素があるだけに、こんなところで引っかかりたくないなあ、引っかからなくて良かったなあ、と言う感想しか湧かなかった。

レイプされた女が性嫌悪に陥って、セックスを当たり前のものだと捉え直したくて、過激なセックスに足を踏み入れる、

まあありふれてる、でもそんなことしても救われないし、作り手だって救う気ないだろ、

しかるべき病院へ行け。自傷するな、カウンセリング受けろ。としか。思えなくて。

なんだかなあ。

リブートプロジェクト、第二弾があるなら、女性監督に撮ってほしい。えげつないリアルを叩きつけてほしい。
表現の自由と戦う園監督らしいむちゃくちゃぶり。

安保法制のカットや日々の人間の根幹についたアクセントもさすがだけど、だんだんアーティストとして残酷なものだけが表面化されて、前みたいな人間らしさが減ってきているのではと思うのだがどうなんだろう。
全く意味がわからないし鑑賞後お茶でもしようかという気分を一撃のもとにぶち壊してくれる(食欲を奪う)そもそもこれがアリならロマンポルノリブートプロジェクトなんてなんでもありになるだろ!!と思いはしたがわたしは好きだ。ただしポルノではない。

低予算・撮影期間1週間というのはわからないけど10分に1回は濡れ場というルールもガン無視で「うるっせえんだよ知るかそんなもんクソどもがみんな死ね!!男が作ったこの社会はクソ!!!女は自由を使いこなせない!!!死ね!!!死ね!!!!」が80分ずっと続く感じ
すごくストーリー的には難しいというかあってないようなストーリーだけど、ずっとみてられる気持ちが悪い極彩色の映像美で、園子温節っていう感じの映画だった

ポルノ映画らしくないポルノ映画で、だからアンチポルノって名前なんだと思うけど。

女性同士のSMシーンが多くてその中でただのエロスの表現だけでなくて男性社会、女性差別的な表現をしているようにも捉えられて1つの映画の中にいろんなテーマを放り込んで来る感じもすごく園子温の映画て感じでよかった

映画に出て来るインテリアとか音楽とかもたぶんすごく考えられてると思ってそこにも感心した
音楽はドビュッシーのアラベスクが流れて、インテリアは60年代とかの曲線が印象的な家具がたくさん出て来るんだけど
アラベスクはドビュッシーが作曲するときに女性の体の曲線美とか花模様とかそういうのをイメージして作ったって言われてる曲。
出てくる家具も女性の体とか子宮をイメージしてるって言われてる家具が出てて、映画に出てくるキャストも濡れ場は基本女性同士だったしすごく細部までこだわりぬいてるなって思った

セーラー服で首輪でSMとかかなりサブカル性癖映画って感じなのも好きだった笑
オープニングからの、主人公のぶっ飛んだ様子とそれにかしずく周囲の女性、という様子は面白かった。
しかし、そこで作品内にカットが入り映画の撮影だ、ということになったところであのエキセントリックさが虚構ということになってしまい、一気に熱が冷めてしまった。
それから後もどこまでが現実で、どこからが虚構か曖昧にはなっていくのだが最初が最初だっただけに、鑑賞していてその熱までは戻らなかった。
あのぶっ飛んだのが芝居だとすると、その後一変して周囲から嘲られるのもどうにも腑に落ちない。あれだけやっていたら十分では?

最後に色がぐちゃぐちゃになっていくのも『ヒミズ』でやったよね、と思ってしまう。映画内映画の結末も見えないし、消化不良の結末。
制限のあるなかでの自由。破ろうとしても入れ子構造のようにどこまでも阻まれ続けるのだろうか。カラフルにぶちまけられたペンキが混ざってどす黒くなっていくのがなんかグッときた。
意味がわからなすぎて途中からどうでもよくなったけれど、映画愛は感じた。なにより役者の演技が抜群に良かった。
ラストの「出口は何処?」はオチがないことに対するメタ的なメッセージと解釈して笑ったが良かったのか。
ロマンポルノリブート積み録画消化4日目

ストーリーは正直よくわからなかった。ただ売女って言いたいだけやんって風も取れる。まぁ題名からしてアンチってついているのでポルノ映画じゃないことは見ていてもわかったのですがそれ以外はよくわかりませんでした。
まぁ全くエロくもないし、そんなにグロくもない、なんかやっぱポルノ撮れないから絵具ぶちまけてごまかした感が否めない映画でした。
全体的に女性の自由やらなんやら言ってるんだけど、それを男である園子温が訴えてもな、、とそんな気持ちにもさせられました。

主演の子どっかで見たことあるなーとよく見たらハダカの美奈子の次女役の子やんってなんの得にもならないことに気づいたけど特に自分の感情になんの影響も及ぼしませんでした。
ぜんぜんロマンポルノではありません。
まさにアンチポルノ。
前半の吐き気のするようなリストカットやらペニバンつけたセックスシーンは、世にはびこるポルノ映画へのアンチテーゼなのかなと感じた。鑑賞後、絶望感に浸れる映画がすきな人にはハマるのでは?
>|