ANTIPORNO アンチポルノ(2016年製作の映画)

上映日:2017年01月28日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:78分
    監督
    園子温
    脚本
    園子温
    キャスト
    冨手麻妙
    筒井真理子
    不二子
    下村愛
    福田愛美
    貴山侑哉
    河屋秀俊
    坂東工
    内野智
    あらすじ
    女流作家の京子(冨手麻妙)は、小説を書く前にキャンバスへ登場人物の絵を描く。キャラクターの細部まで絵 の中で完成させてから、その絵に囲まれて執筆を行うのだ。これまで発表した4本の小説も、出版後に使用した 絵を個展で発表した。こうした奇抜な手法が話題を集め、京子はアーティストとしてカリスマ的な人気をほこり、 時代の寵児となる。ある朝、黄色い壁に囲まれた広い部屋で眠りから覚めた京子は呟く。「今日が誕生日だってこ とは黙っておこう。まったく、ちっとも上手くいってない。でも私のせいじゃない、どうしたらいい?」。いつも のようにマネージャーの典子(筒井真理子)が、その日のスケジュールを伝えに来る。雑誌のインタビュー、撮 影、テレビ番組の取材、文芸誌編集者との打ち合わせ......。マネージャー典子が伝えるスケジュールを分刻みで こなす毎日。京子のいらだちは、典子へのサディスティックな振る舞いになって表れる。「おまえは売女になれる か?」「四つん這いになってごらん。犬のように吠えてごらん」首輪をつけられ、部屋を引きずり回されながら恍 惚の表情で京子を見つめる典子は声を振り絞る。「先生のような売女になりたいです......」 京子の部屋の片隅で微笑む妹の幻影、父と義母と共に囲む食卓、天井に切り込まれる裂け目。自由と不寛容、サ ディズムとマゾヒズム、カリスマと奴隷、寝ても覚めても終わらない悪夢。私はキョウコなのか、キョウコを演 じているのか。これは私の人生じゃない?虚構と現実の狭間で、京子の過去の秘密が暴かれていく―。

    「ANTIPORNO アンチポルノ」に投稿された感想・評価

    違和感だらけの一時間半。70年代の実験映画のようで、ただ目の前に流れてる映像を処理することだけでいっぱいいっぱい。
    『淵に立つ』といい、最近は筒井真理子さんがヤバイ。
    園子温の前の作品を思い出しました。
    懐かしい感じがする。
    春菊の元夫が出てる…裸が出てもちっともエロくない、グロさはある。さすが、アンチと言ってるだけのことはある。
    園子温に飽きた。
    鮮やかだ。
    筒井真理子が最高だ。
    久々に体感したわからないワールド。園子温はこれだったなとどこか懐かしみも。容赦無くズッバズッバリスカするのも、最近大手商業映画の園子温作品ばかり見ていたのですっかり忘れてた。ゔぅっと唸りながら、血が…血が…と動揺しながらそれでも見入ってしまう、これだわ。美女と奇抜さと世界への訴え。冨手麻妙という逸材が、尖って楯突いてる原石が園子温の手によって磨かれるんだなと。ゾワゾワした。
    永遠延々と視覚と聴覚と刺激を受け続ける感じ。正直、ほとんど解釈しきれなかったが、女性が消費される性としての対象ではなく、"売女"であろうとするアンチ。
    映画通の欲求を満たすためだけの映画
    園子温監督好きでみたのですが、あんまり理解できませんでした。
    最近はなんかついて行けないです。。正直わたしは難解で疲れました。
    >|