ANTIPORNO アンチポルノ(2016年製作の映画)

上映日:2017年01月28日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:78分
    監督
    園子温
    脚本
    園子温
    キャスト
    冨手麻妙
    筒井真理子
    不二子
    下村愛
    福田愛美
    貴山侑哉
    河屋秀俊
    坂東工
    内野智
    あらすじ
    女流作家の京子(冨手麻妙)は、小説を書く前にキャンバスへ登場人物の絵を描く。キャラクターの細部まで絵 の中で完成させてから、その絵に囲まれて執筆を行うのだ。これまで発表した4本の小説も、出版後に使用した 絵を個展で発表した。こうした奇抜な手法が話題を集め、京子はアーティストとしてカリスマ的な人気をほこり、 時代の寵児となる。ある朝、黄色い壁に囲まれた広い部屋で眠りから覚めた京子は呟く。「今日が誕生日だってこ とは黙っておこう。まったく、ちっとも上手くいってない。でも私のせいじゃない、どうしたらいい?」。いつも のようにマネージャーの典子(筒井真理子)が、その日のスケジュールを伝えに来る。雑誌のインタビュー、撮 影、テレビ番組の取材、文芸誌編集者との打ち合わせ......。マネージャー典子が伝えるスケジュールを分刻みで こなす毎日。京子のいらだちは、典子へのサディスティックな振る舞いになって表れる。「おまえは売女になれる か?」「四つん這いになってごらん。犬のように吠えてごらん」首輪をつけられ、部屋を引きずり回されながら恍 惚の表情で京子を見つめる典子は声を振り絞る。「先生のような売女になりたいです......」 京子の部屋の片隅で微笑む妹の幻影、父と義母と共に囲む食卓、天井に切り込まれる裂け目。自由と不寛容、サ ディズムとマゾヒズム、カリスマと奴隷、寝ても覚めても終わらない悪夢。私はキョウコなのか、キョウコを演 じているのか。これは私の人生じゃない?虚構と現実の狭間で、京子の過去の秘密が暴かれていく―。

    「ANTIPORNO アンチポルノ」に投稿された感想・レビュー

    ユキユキ
    ユキユキの感想・レビュー
    2017/02/09
    3.4
    違和感だらけの一時間半。70年代の実験映画のようで、ただ目の前に流れてる映像を処理することだけでいっぱいいっぱい。
    『淵に立つ』といい、最近は筒井真理子さんがヤバイ。
    のnきち
    のnきちの感想・レビュー
    1日
    4.0
    丸の内TOEI E-20にて観賞。
    鑑賞後は、
    園監督、冨手麻妙、筒井真理子のトークショー。

    アンチポルノだけに、ポルノっぽさが無い。
    でも、アンチポルノってエロく無いカラダの意味もあるのね。


    園ワールド全開の芸術作品。
    でも、あんまりエロくないし、グロくない。

    色が好き。
    黄色い部屋、赤いトイレ、衣装の色。

    熱量がハンパない。

    〝女流という言葉は男が作ったもの〟
    すごいな、園子温。
    おじさんが書いたセリフなのに。
    園監督の、ものづくりへのパワーを感じる。

    感じる映画だと思うから、賛否分かれそう。
    napolitas
    napolitasの感想・レビュー
    3日
    4.7
    冒頭からロウソクだったのでこれはやりたい放題かと予想しましたが、予想をはるかに越える園ワールドでした。こういう園監督の映画が見たかった。圧巻。ひそひそ星とセットで監督のアタマの中って感じ。とにかくぶっ飛んでてサイコーでした。
    りんすこう
    りんすこうの感想・レビュー
    3日
    3.0
    園子温なんだから。好きでしょそりゃ。この人は本当にキューブリックの感覚が好きなんだろう。ゴシック、クラシック趣味がびんびんに感じられる。まあ嫌いな人はここが嫌いなんだと思う。
    マンデリン
    マンデリンの感想・レビュー
    3日
    1.6
    はいはい鬼才鬼才。
    と、園子温の感性が理解できない自分は思ってしまう。
    毒々しい色彩と、文語体で書かれたような台詞が続く。
    裸やセックスを見せながら逆説的に反ポルノを主張するという発想は面白いが世界観を全面に出しすぎてただ喚いているように感じた。
    終盤の大量の絵の具をかぶる演出も、壮大に流れる音楽も、全てに置いていかれるようで呆れていた。
    世界観で殴られているような不快感。

    園子温監督がインタビュー記事で「今ポルノを撮る必要を感じない。ポルノではなくアンチポルノなら撮れると言ったらそれでもいいと言われたので引き受けた。たとえば冒頭の、裸で歯を磨く女性を見ていやらしいと思いますか?僕は思いませんけどね。」と話していた。
    「ポルノ=いやらしい」という解釈に留まっているように聞こえる。反ポルノを撮ったのではなく、ポルノが撮れなかっただけに思える。裸やセックスにいやらしさ以上のものを見出せないのであればロマンポルノリブートプロジェクトには向いていないのでは。
    ロマンポルノを見たいなら他を当たった方が良い。
    kazata
    kazataの感想・レビュー
    3日
    3.5
    メタフィクション映画として面白かった…けどもエロいのは冨手さんの身体つきだけだった、、、いやいや冨手さんの肉体美(というか肉体感)が素晴らしくよかっただけでなく、未熟な面さえもさらけ出したむき出しの体当たり演技こそが素晴らしかったのだ!と思う。
    Daichi
    Daichiの感想・レビュー
    5日
    2.5
    ポルノ見に行くぞー!ってノリやってみたかった。出来れば年齢詐称して。それが青春だと思う。

    日活ロマンポルノリブート企画のおかげです。
    chi
    chiの感想・レビュー
    5日
    3.0
    良くも悪くも園子温。つまりは好きなところもあるし嫌いなところもあるってこと。
    STAR坊主
    STAR坊主の感想・レビュー
    6日
    3.2
    なんか意味がわからなかったけど、色合いがよくて芸術性はあったと思う。
    おっぱいもなかなかのおわんの形してて綺麗な身体でしたが、エロさがたらないから退屈だった。笑
    t
    tの感想・レビュー
    2017/04/16
    2.5
    ロマンポルトリブート企画では園子温監督ということもあり一番話題になってた作品。

    言いたいことは理解できたしやりたかったこともなんとなくわかったけど、女性の自由に対する講義を男性である園子温にされてもな…とつい思ってしまった。
    主人公が取材で「女流作家」と言われたことに対して、「女流って言わないで。作家よ」的な返しをしていたのには思わず納得してしまったけど。
    >|