ANTIPORNO アンチポルノ(2016年製作の映画)

上映日:2017年01月28日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:78分
    監督
    園子温
    脚本
    園子温
    キャスト
    冨手麻妙
    筒井真理子
    不二子
    下村愛
    福田愛美
    貴山侑哉
    河屋秀俊
    坂東工
    内野智
    あらすじ
    女流作家の京子(冨手麻妙)は、小説を書く前にキャンバスへ登場人物の絵を描く。キャラクターの細部まで絵 の中で完成させてから、その絵に囲まれて執筆を行うのだ。これまで発表した4本の小説も、出版後に使用した 絵を個展で発表した。こうした奇抜な手法が話題を集め、京子はアーティストとしてカリスマ的な人気をほこり、 時代の寵児となる。ある朝、黄色い壁に囲まれた広い部屋で眠りから覚めた京子は呟く。「今日が誕生日だってこ とは黙っておこう。まったく、ちっとも上手くいってない。でも私のせいじゃない、どうしたらいい?」。いつも のようにマネージャーの典子(筒井真理子)が、その日のスケジュールを伝えに来る。雑誌のインタビュー、撮 影、テレビ番組の取材、文芸誌編集者との打ち合わせ......。マネージャー典子が伝えるスケジュールを分刻みで こなす毎日。京子のいらだちは、典子へのサディスティックな振る舞いになって表れる。「おまえは売女になれる か?」「四つん這いになってごらん。犬のように吠えてごらん」首輪をつけられ、部屋を引きずり回されながら恍 惚の表情で京子を見つめる典子は声を振り絞る。「先生のような売女になりたいです......」 京子の部屋の片隅で微笑む妹の幻影、父と義母と共に囲む食卓、天井に切り込まれる裂け目。自由と不寛容、サ ディズムとマゾヒズム、カリスマと奴隷、寝ても覚めても終わらない悪夢。私はキョウコなのか、キョウコを演 じているのか。これは私の人生じゃない?虚構と現実の狭間で、京子の過去の秘密が暴かれていく―。

    「ANTIPORNO アンチポルノ」に投稿された感想・レビュー

    ユキユキ
    ユキユキの感想・レビュー
    2017/02/09
    3.4
    違和感だらけの一時間半。70年代の実験映画のようで、ただ目の前に流れてる映像を処理することだけでいっぱいいっぱい。
    『淵に立つ』といい、最近は筒井真理子さんがヤバイ。
    たむらまさあき
    たむらまさあきの感想・レビュー
    16時間
    2.0
    女子高生が森で強姦されるシーンなんかは、滝田洋二郎の『連続暴姦』とそっくりなのでオマージュかなと思った。
    あれは日活ロマンポルノでは無いけども。
    のっち
    のっちの感想・レビュー
    1日
    -
    色使いは「桂子ですけど」のときから変わらず原色奇抜、光の使い方はなんとなくグザヴィエドラン思い出し、台詞は園子温の詩集だった。

    自由という名の不自由を、安保のデモと女性の権利になぞらえて語らせていた。そこから抜け出したくてもがく姿ってのは割とどの作品にも通じる気がするけど、アンチポルノはより直接的に抽象的表現で語っていた。

    主人公の肢体はポルノ映画に相応しく、発育的で魅力的。一方筒井真理子も官能的で退廃的。女性キャストの人選は全く問題なし。

    実用的かと言われると全くだけど、園子温という人の映画を見たいという人にはドンピシャな作品。
    sideBatsu2015
    sideBatsu2015の感想・レビュー
    1日
    4.0
    極彩色が美しい。
    この子下手だな〜と思って見てたらそうゆうわけか。
    マリコ様最高!

    ラストのグチャグチャも良かった。
    あき
    あきの感想・レビュー
    2日
    2.9
    アンチポルノ、絶対友達に勧められへんけど美術がすごい。まるで小説を朗読してるような映画。けど、ストーリーなんてものはあるのか。一言で表したら「ショッキングピンク」。視覚的にも刺激的やし勢いがあってポップ。園子温をぎゅって詰め込んだ映画。
    こめ
    こめの感想・レビュー
    2日
    4.5
    ロマンポルノではない、アンチポルノ。衣装のこだわりと映像は観てて楽しかった!
    園子温の叫び!!!って感じ
    だから園子温好きじゃないと面白くないんだろうなー
    でも表現者なら共感出来る人も居ると思う。0
    adeletree
    adeletreeの感想・レビュー
    3日
    3.5
    確かに"アンチ"ポルノ。美術が凄くて撮影楽しそう。虚構と現実の狭間で出口を探す主人公を観るのが苦しかった。好みの映画ではある。

    園子温ワールド爆発していた!ミツコも名前だけ登場していたし。
    ちゃんみゆ
    ちゃんみゆの感想・レビュー
    3日
    2.8
    お前は売女になりたいか!!!

    あらすじはないようなもんなので割愛。
    昔からフォロー頂いている方はご存知かと思いますが園子温はあたしが1番好きな監督さんで彼の独創的な世界観が本当に好きなんですよ。

    ちなみに好きな作品TOP3は「恋の罪」「奇妙なサーカス」「TOKYOTRIBE」です。

    そんな彼ですが2015年以降の商業映画への手の染め方には非常に残念な気持ちになっておりまして。今回久しぶりに期待できる作品なんじゃないか?とワクワクしながら劇場に向かいました。

    勿論評判がかなり悪めなのは知ってました。
    でも一応ポルノやし勇気なくて、園子温という名前は分かるぐらいの友達に付き合ってもらいました。
    「多分全然おもんないで。ほんまにええん?」って聞いたけど「いいよいいよ~♪」って笑顔の友達。優しいなあ。

    そして始まるアンチなポルノ。
    おお…赤に黄色にビビッドな空間…
    園子温…!園子温っぽさが半端ない…!!!
    …と静かに興奮しながらも友達は退屈してないやろか…とばかりめちゃくちゃ気になりました。

    つまりそういう映画。
    園子温ファンにはそこそこ見れる映画かもしれないがポルノ映画好きや冨手麻妙ファンは寄せ付けない出来。

    ジャケットやタイトルから想像していたのは内臓ズルズル鮮血地獄だったが蓋を開けてみるとエロくもなければグロくもなかった。
    かつて「桂子ですけど」とかで見たような園子温の芸術的な一面が押し出された一本。ちなみに桂子ですけどはあたし★1.5つけてるクソおもんないと思った映画。

    エンドロールが終わって一言。
    私「めっちゃ園さんぽかった」
    友「芸術的やった…」
    後ろの夫婦「アバンギャルドすぎてついていけんわ…」

    まさに。まさにそんな感じ。
    園子温ファンは見て損ないと思うけど、一般受けとはほど遠い一本。

    エスカレーターをくるくると降りて地上へ。
    シネリーブル梅田から大阪駅に向かう地下道のどんよりした空気を吸いながら"上映前に流れたホワイトリリーの予告編が1番エロかったなぁ…"と考えていた。
    KosukeYamamoto
    KosukeYamamotoの感想・レビュー
    3日
    3.0
    園子温らしい、ひたすら苦しみだけが描かれる、辛い映画だった。
    表層的な表現が抑え気味(ゲロが口から出ない、とか)なのがアンバランスで気になった。
    てーきゅうを愛するてーきゅらー
    3日
    3.8
    いま、なぜロマンポルノを再び作るのか?という疑問に対する園子温からの回答映画。ただのエロなら、わざわざいま作る意味はないのでは?という彼の意志が宿っているから、このとんでもない珍品ができたんだろうなあ。

    冨手麻妙の超ハイテンション演技と度肝を抜く長セリフもすごいし、対する筒井の硬軟自在の演技もすごいけど、カメラマンのワンハンドレットさんが全て持っていってしまった。ロマンポルノらしからぬ、気合いの入った美術を観るだけでも一見の価値あり。
    >|