ANTIPORNO アンチポルノの作品情報・感想・評価

ANTIPORNO アンチポルノ2016年製作の映画)

上映日:2017年01月28日

製作国:

上映時間:78分

3.3

あらすじ

女流作家の京子(冨手麻妙)は、小説を書く前にキャンバスへ登場人物の絵を描く。キャラクターの細部まで絵 の中で完成させてから、その絵に囲まれて執筆を行うのだ。これまで発表した4本の小説も、出版後に使用した 絵を個展で発表した。こうした奇抜な手法が話題を集め、京子はアーティストとしてカリスマ的な人気をほこり、 時代の寵児となる。ある朝、黄色い壁に囲まれた広い部屋で眠りから覚めた京子は…

女流作家の京子(冨手麻妙)は、小説を書く前にキャンバスへ登場人物の絵を描く。キャラクターの細部まで絵 の中で完成させてから、その絵に囲まれて執筆を行うのだ。これまで発表した4本の小説も、出版後に使用した 絵を個展で発表した。こうした奇抜な手法が話題を集め、京子はアーティストとしてカリスマ的な人気をほこり、 時代の寵児となる。ある朝、黄色い壁に囲まれた広い部屋で眠りから覚めた京子は呟く。「今日が誕生日だってこ とは黙っておこう。まったく、ちっとも上手くいってない。でも私のせいじゃない、どうしたらいい?」。いつも のようにマネージャーの典子(筒井真理子)が、その日のスケジュールを伝えに来る。雑誌のインタビュー、撮 影、テレビ番組の取材、文芸誌編集者との打ち合わせ......。マネージャー典子が伝えるスケジュールを分刻みで こなす毎日。京子のいらだちは、典子へのサディスティックな振る舞いになって表れる。「おまえは売女になれる か?」「四つん這いになってごらん。犬のように吠えてごらん」首輪をつけられ、部屋を引きずり回されながら恍 惚の表情で京子を見つめる典子は声を振り絞る。「先生のような売女になりたいです......」 京子の部屋の片隅で微笑む妹の幻影、父と義母と共に囲む食卓、天井に切り込まれる裂け目。自由と不寛容、サ ディズムとマゾヒズム、カリスマと奴隷、寝ても覚めても終わらない悪夢。私はキョウコなのか、キョウコを演 じているのか。これは私の人生じゃない?虚構と現実の狭間で、京子の過去の秘密が暴かれていく―。

「ANTIPORNO アンチポルノ」に投稿された感想・評価

違和感だらけの一時間半。70年代の実験映画のようで、ただ目の前に流れてる映像を処理することだけでいっぱいいっぱい。
『淵に立つ』といい、最近は筒井真理子さんがヤバイ。
kf

kfの感想・評価

3.7
ノンストップ感!
やっぱり園子温監督はすごい
TATSUYA

TATSUYAの感想・評価

3.7
園子温好きな人には痺れる作品になってる。ポルノじゃなくてアンチポルノ。抑圧と自由を処女と売女に置き換えてエキセントリックに表現してる。実際8割くらいは理解してないけど、意図は汲み取れた。オチが腑に落ちないけど。でもこういう狂ってる作品はほんと園子温ぽい。序盤の展開が一番面白かった。

冨手さん頑張ったね。Fanしときます。顔がアイドルっぽいと思ったけど元AKBだったのね。絶対女優向いてる。
める

めるの感想・評価

3.9
これぞ、園子温!久々きましたね。
普段生活してて、売女って言葉はこんなに聞かないよ(笑)
音楽とエキセントリックな台詞回しと演出は寺山修司とエヴァを思い出しました😳
(主演の子の声はアスカに似ていると思った)

最近の園子温作品といえば新宿スワンとかしか観ていなかったので久しぶりの園子温節を堪能できてお腹いっぱいおっぱいです☺️

この国の女は自由を使いこなせていない
という台詞はグサりときた。

処女なのに売女って女の理想形だと思う。
身体は清らかに純潔、だけど心は奔放に淫らに。

けど実際はやってること売女と変わらないくせになんちゃって清純女の多いこと多いこと。
それは男に合わせた女の理想形なんでしょうね。(俺ブーメラン)

題名をポルノ(男性が消費する商品)ではなくアンチポルノにした園子温監督の意図が少し分かった気がします。(おこがましいですが)

まずまともなセックスシーンが無いのでエロ目的に観たらガッカリしますよ!
ざまぁ!!大人しくAV観とけ\(^o^)/
日活ロマンポルノリブート第4弾。

作品が理解できなく、アンチ日本政治(男性政治)・アンチ日本(男性優位社会)→アンチポルノと考えると、政治・男性優位社会・ポルノへのアンチテーゼと解釈したのだが違うかも。

現実と虚構の移り変わりや、アイデンティティが混乱して虚構と現実が入り交じるシーンは良かったのだが全体的に音が好みでない。

映画にありきたりなクラシック音楽とセリフや効果音が大きいのはどうなのか。

筒井真理子は叫び、冨手麻妙は喚く。
演技力に差があるのは仕方ないとはいえ大き過ぎるのは作品の根幹が揺らぐ。
筒井真理子の猟奇的で鬼気迫る演技は流石で冨手麻妙は喚くと叫びを勘違い。

総括すると作品に理解と共感はできなかったが、筒井真理子のパワーに圧倒された。
みそ

みその感想・評価

-
"狂気じみてる風"の映画はもう撮らない方が良いと思う、園監督
ストーリーも描写もぐっちゃぐちゃな作品だったかな…母親と一緒に見たけど2人して終始頭にはてなが浮かんでいてた気がする。
かなり期待してみたんだけど、これなら園子温の過去作をみるよねーってかんじ
lapita

lapitaの感想・評価

2.8
期待はしていましたが、途中で萎えました。
さて、次つぎ・・・
>|