ANTIPORNO アンチポルノの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

ANTIPORNO アンチポルノ2016年製作の映画)

上映日:2017年01月28日

製作国:

上映時間:78分

3.2

あらすじ

女流作家の京子(冨手麻妙)は、小説を書く前にキャンバスへ登場人物の絵を描く。キャラクターの細部まで絵 の中で完成させてから、その絵に囲まれて執筆を行うのだ。これまで発表した4本の小説も、出版後に使用した 絵を個展で発表した。こうした奇抜な手法が話題を集め、京子はアーティストとしてカリスマ的な人気をほこり、 時代の寵児となる。ある朝、黄色い壁に囲まれた広い部屋で眠りから覚めた京子は…

女流作家の京子(冨手麻妙)は、小説を書く前にキャンバスへ登場人物の絵を描く。キャラクターの細部まで絵 の中で完成させてから、その絵に囲まれて執筆を行うのだ。これまで発表した4本の小説も、出版後に使用した 絵を個展で発表した。こうした奇抜な手法が話題を集め、京子はアーティストとしてカリスマ的な人気をほこり、 時代の寵児となる。ある朝、黄色い壁に囲まれた広い部屋で眠りから覚めた京子は呟く。「今日が誕生日だってこ とは黙っておこう。まったく、ちっとも上手くいってない。でも私のせいじゃない、どうしたらいい?」。いつも のようにマネージャーの典子(筒井真理子)が、その日のスケジュールを伝えに来る。雑誌のインタビュー、撮 影、テレビ番組の取材、文芸誌編集者との打ち合わせ......。マネージャー典子が伝えるスケジュールを分刻みで こなす毎日。京子のいらだちは、典子へのサディスティックな振る舞いになって表れる。「おまえは売女になれる か?」「四つん這いになってごらん。犬のように吠えてごらん」首輪をつけられ、部屋を引きずり回されながら恍 惚の表情で京子を見つめる典子は声を振り絞る。「先生のような売女になりたいです......」 京子の部屋の片隅で微笑む妹の幻影、父と義母と共に囲む食卓、天井に切り込まれる裂け目。自由と不寛容、サ ディズムとマゾヒズム、カリスマと奴隷、寝ても覚めても終わらない悪夢。私はキョウコなのか、キョウコを演 じているのか。これは私の人生じゃない?虚構と現実の狭間で、京子の過去の秘密が暴かれていく―。

「ANTIPORNO アンチポルノ」に投稿された感想・評価

サリー

サリーの感想・評価

3.3
何が何だか訳がわからん。面白くはないけど圧倒されたし嫌いではない。

叫びまくって裸になってやりたいことやったと思っても、何かに抑圧されたり実際には心までは解放されず、それに気づいて何度も打ちのめされるよなぁ人生ってと、そんなことが頭をよぎって行く映画だった。

主演の女優さんの演技が良くも悪くもとてもクサく、連呼する言葉がうるさくて耳障りに感じてしまった。同じ女性として女性の嫌な部分を見せつけられた感じもあり、そんな部分に反応するなんてまだ私も女なんだなぁと自らの性をものすごく意識してしまいました。
舞台劇のような演出が持ち味?

官能的でないポルノ映画 濡れ場はあるが 人物や突き抜けるような原色がクリアすぎて雰囲気が台無し 天井にヒビを入れたりペンキをぶちまけたりの演出のメタはなんとかならなかったか 分かりやすぎて深刻に受け止められない
一生懸命さは伝わってくるが
狂気へと振り切れない中途半端な主演女優が残念
『 六月の蛇』の黒沢あすかを起用し見事に
彼独特のエロスを演出した塚本晋也は偉大だった 奇しくも後に黒沢あすかを
『冷たい熱帯魚』で起用し成功しているではないか あの頃の園子温は何処へ
Insop

Insopの感想・評価

1.0
日活ロマンポルノ45周年記念作品ですが、タイトルで示されている通り、ポルノではありません。

極彩色の部屋に住む人気小説家京子の夢とも現実ともつかない生活、についてのお話(多分)。

久々に観たことを激しく後悔するような不出来な作品。

主演の冨手麻妙が酷いですね。
一生懸命頑張ってるんだろうけど、映画の演技じゃないですね。なんか舞台っぽい過剰すぎるリアリティのカケラもない下手くそな演技。
エキセントリックなキャラだけど、筒井真理子があまりにも見事だし、劇中でも対比されてしまっていて、その拙さがより一層目立ってしまってます。

ストーリーも奇をてらいすぎて、わけがわかりません。観客の事をまるっきりほったらかしにしてただ撮っただけという感じ。

まるっきり観る価値のないゴミ映画です。
鬼才園子温のアクとポエムと目がおかしくなるほど強烈な画で創られたポルノ。そして狂気感じるほどの女性崇拝映画。
過去のある園子温映画でいまいちピンと来なかった「仕掛け」が本作では大大大成功を収めている、鳥肌モノだ。
そして本作は今迄の園子温映画で我々の脳裏に強烈なインパクトを残していったキャラクター達の頭の中を覗いた様な作品だ。特に終盤のあるシーンでは『ヒミズ』の住田を想像せざるを得なくなった。
今迄理解する事すら放棄していた園子温映画の狂人達(村田を除く)の本音が少し見えた様な気がする。
改めて園子温監督はド変態だなと思いました。
EMIRI

EMIRIの感想・評価

3.7
正直ポルノ映画感はなくて(園子温監督はポルノ映画作れないと言っていたけど)、社会派の映画だと思った。何より主演の冨手麻妙さんの演技が凄すぎて度肝抜いた。あの演技を観るだけでも充分価値がある映画。
かい

かいの感想・評価

-
内容は全く理解できないが
冨手麻妙の演技が素晴らしいことだけはたしか。
ホドロフスキーやパラジャーノフになり損ねた園子温って感じの映画。

でも彼らほど映像芸術に対する実直さも熱量も感じられない為、比べ物にならないくらい滑ってる。

狂気描写に関してもトリアーやズラウスキーが天然ならこっちは狙ってやってる養殖もの感が強くて、これまた寒い。

期待せずに見たけどやはり園子温は合わないという案の定すぎる結論に行き着くこととなった。
rana

ranaの感想・評価

3.5
処女なのに売女、売女なのに処女
YMY

YMYの感想・評価

3.8
なんかアートっぽい。
衣装好き。
冨手ちゃんのセーラー服可愛すぎて禿げる。っていうか冨手ちゃん可愛すぎる。髪の毛下ろしてる時のが好きだーさらさらやー

ペンキのところとか、スケールすごい。
お金かかってなさそうなのになんか凄い(語彙力)
あとろうそくキラキラってなってるところで冨手ちゃんが舞ってるようなシーン好きだった。

なんかどこが現実でどこが演技かわかんなかった(バカ)
なんか全て含めて嘘の世界だったような感覚。

筒井さんすごかったなー!