ANTIPORNO アンチポルノの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

ANTIPORNO アンチポルノ2016年製作の映画)

上映日:2017年01月28日

製作国:

上映時間:78分

3.2

あらすじ

女流作家の京子(冨手麻妙)は、小説を書く前にキャンバスへ登場人物の絵を描く。キャラクターの細部まで絵 の中で完成させてから、その絵に囲まれて執筆を行うのだ。これまで発表した4本の小説も、出版後に使用した 絵を個展で発表した。こうした奇抜な手法が話題を集め、京子はアーティストとしてカリスマ的な人気をほこり、 時代の寵児となる。ある朝、黄色い壁に囲まれた広い部屋で眠りから覚めた京子は…

女流作家の京子(冨手麻妙)は、小説を書く前にキャンバスへ登場人物の絵を描く。キャラクターの細部まで絵 の中で完成させてから、その絵に囲まれて執筆を行うのだ。これまで発表した4本の小説も、出版後に使用した 絵を個展で発表した。こうした奇抜な手法が話題を集め、京子はアーティストとしてカリスマ的な人気をほこり、 時代の寵児となる。ある朝、黄色い壁に囲まれた広い部屋で眠りから覚めた京子は呟く。「今日が誕生日だってこ とは黙っておこう。まったく、ちっとも上手くいってない。でも私のせいじゃない、どうしたらいい?」。いつも のようにマネージャーの典子(筒井真理子)が、その日のスケジュールを伝えに来る。雑誌のインタビュー、撮 影、テレビ番組の取材、文芸誌編集者との打ち合わせ......。マネージャー典子が伝えるスケジュールを分刻みで こなす毎日。京子のいらだちは、典子へのサディスティックな振る舞いになって表れる。「おまえは売女になれる か?」「四つん這いになってごらん。犬のように吠えてごらん」首輪をつけられ、部屋を引きずり回されながら恍 惚の表情で京子を見つめる典子は声を振り絞る。「先生のような売女になりたいです......」 京子の部屋の片隅で微笑む妹の幻影、父と義母と共に囲む食卓、天井に切り込まれる裂け目。自由と不寛容、サ ディズムとマゾヒズム、カリスマと奴隷、寝ても覚めても終わらない悪夢。私はキョウコなのか、キョウコを演 じているのか。これは私の人生じゃない?虚構と現実の狭間で、京子の過去の秘密が暴かれていく―。

「ANTIPORNO アンチポルノ」に投稿された感想・評価

HORI

HORIの感想・評価

1.0
もう分かった、もう分かったから、もうちょっと映画偏差値を観客に合わせてくれぇ、、

園監督!こういう作家性の強いアーティーなものも撮れることは十二分に分かったから、『愛のむきだし』〜『地獄でなぜ悪い』くらいの最高な時期に戻ってくれぇ、、!

『新宿スワン』とか撮らされた反動かな?
園子温の映画としては正しいと思うけど、ロマンポルノとしては反則。
hikkimaryu

hikkimaryuの感想・評価

1.0
派手なジャケットの柄はカッコよかった。
面白くなかったです。
JIN

JINの感想・評価

3.5
園子温監督がロマンポルノを撮るというんで期待していたが…。
ああ、こっちに行っちゃったのね、と。
らしいって言えばらしいんやけど、よくわからんよね(笑)
ポルノと言うよりはアート。
監督がもう豪快に好き勝手に作っていて、凡人にはわけのわからない狂気と幻想の性の世界。
色鮮やかなシーンが脳裏に焼き付けられる。
大抜擢の冨手麻妙が筒井真理子に完全に喰われてる感じに見えるのも、あえてそのポジションを利用したのか、虚実入り混じりで面白い。
「舐めて良し、入れて良し」の件には笑ってしまった。
さや

さやの感想・評価

3.3
2017/1(日忘れ)
一番言いたいのは、同じかいで見てたおじさん達が物凄くガッカリして帰っていったwww
chameli

chameliの感想・評価

3.0
さすがの園作品

どれが本当か分かんないんだけど、何よりも役者の演じ分けがすごい
これぞキング・オブ・エンターテインメント。(ちなみにエロくはない)
色、明暗、光、ピアノ、現場音、演技、全てで楽しませてくれた。とても贅沢。
苦笑ではなく純粋に笑える程には狂ってて、ゴダールのような小哲学にも溢れている。好き。
khiroyuki

khiroyukiの感想・評価

3.3
独特な世界観でアクが強い。
それがこの監督のいいところなのだろうけど、観る側にもこの作品のメッセージを受け取る力が必要だなと思った。
「この国の女性は自由を使いこなせていない」らしい。
ザ園子温!って感じだった。
Scott

Scottの感想・評価

2.8
もはや、ホラー。
他所でやって