ANTIPORNO アンチポルノの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

ANTIPORNO アンチポルノ2016年製作の映画)

上映日:2017年01月28日

製作国:

上映時間:78分

3.2

あらすじ

女流作家の京子(冨手麻妙)は、小説を書く前にキャンバスへ登場人物の絵を描く。キャラクターの細部まで絵 の中で完成させてから、その絵に囲まれて執筆を行うのだ。これまで発表した4本の小説も、出版後に使用した 絵を個展で発表した。こうした奇抜な手法が話題を集め、京子はアーティストとしてカリスマ的な人気をほこり、 時代の寵児となる。ある朝、黄色い壁に囲まれた広い部屋で眠りから覚めた京子は…

女流作家の京子(冨手麻妙)は、小説を書く前にキャンバスへ登場人物の絵を描く。キャラクターの細部まで絵 の中で完成させてから、その絵に囲まれて執筆を行うのだ。これまで発表した4本の小説も、出版後に使用した 絵を個展で発表した。こうした奇抜な手法が話題を集め、京子はアーティストとしてカリスマ的な人気をほこり、 時代の寵児となる。ある朝、黄色い壁に囲まれた広い部屋で眠りから覚めた京子は呟く。「今日が誕生日だってこ とは黙っておこう。まったく、ちっとも上手くいってない。でも私のせいじゃない、どうしたらいい?」。いつも のようにマネージャーの典子(筒井真理子)が、その日のスケジュールを伝えに来る。雑誌のインタビュー、撮 影、テレビ番組の取材、文芸誌編集者との打ち合わせ......。マネージャー典子が伝えるスケジュールを分刻みで こなす毎日。京子のいらだちは、典子へのサディスティックな振る舞いになって表れる。「おまえは売女になれる か?」「四つん這いになってごらん。犬のように吠えてごらん」首輪をつけられ、部屋を引きずり回されながら恍 惚の表情で京子を見つめる典子は声を振り絞る。「先生のような売女になりたいです......」 京子の部屋の片隅で微笑む妹の幻影、父と義母と共に囲む食卓、天井に切り込まれる裂け目。自由と不寛容、サ ディズムとマゾヒズム、カリスマと奴隷、寝ても覚めても終わらない悪夢。私はキョウコなのか、キョウコを演 じているのか。これは私の人生じゃない?虚構と現実の狭間で、京子の過去の秘密が暴かれていく―。

「ANTIPORNO アンチポルノ」に投稿された感想・評価

Keroyon

Keroyonの感想・評価

2.7
監督が「ポルノなんか自分には、
撮れない」て製作した今作ですが…
確かにポルノじゃないな〜
画面の色彩に現実と虚像を表してる
んだろう…
寺山修司的な映画だったな〜
園子温監督の作品のテーマは、
家族の絆が常に有るよな…多分
主演の冨手麻妙熱演。筒井真理子凄い。

2018/1/21 WOWOW
201810

園色全開
でも。

ロマンポルノと銘打ったが故に
いつも撮るものより
低い描写でイメージ強め。

と言うことは。
いつも吐き出されるものがポルノなのか。
しげ

しげの感想・評価

3.3
ありかなしかで言えばあり、おもしろいか面白くないかでいえば面白くはない、好きか嫌いかで言えば、高校の時の自分なら好きだって言うタイプの映画。
babylon

babylonの感想・評価

4.2
ポルノという先入観を捨てて見ると
強いメッセージがあることがわかる。

この作品から押し寄せるパワーはやがて狂気、そしてトラウマと葛藤へと変わり、最後にこの社会で生きる苦しみ、を突きつけられる。
意味不明?!

アート?!

プリンプリンな
おっぱいとお尻を見てただけの映画(笑)
筒井真理子さんが妖艶
nana

nanaの感想・評価

-
ちょっとわかんなかったです、というよりちゃんとみれなかった