ANTIPORNO アンチポルノの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

ANTIPORNO アンチポルノ2016年製作の映画)

上映日:2017年01月28日

製作国:

上映時間:78分

3.2

あらすじ

女流作家の京子(冨手麻妙)は、小説を書く前にキャンバスへ登場人物の絵を描く。キャラクターの細部まで絵 の中で完成させてから、その絵に囲まれて執筆を行うのだ。これまで発表した4本の小説も、出版後に使用した 絵を個展で発表した。こうした奇抜な手法が話題を集め、京子はアーティストとしてカリスマ的な人気をほこり、 時代の寵児となる。ある朝、黄色い壁に囲まれた広い部屋で眠りから覚めた京子は…

女流作家の京子(冨手麻妙)は、小説を書く前にキャンバスへ登場人物の絵を描く。キャラクターの細部まで絵 の中で完成させてから、その絵に囲まれて執筆を行うのだ。これまで発表した4本の小説も、出版後に使用した 絵を個展で発表した。こうした奇抜な手法が話題を集め、京子はアーティストとしてカリスマ的な人気をほこり、 時代の寵児となる。ある朝、黄色い壁に囲まれた広い部屋で眠りから覚めた京子は呟く。「今日が誕生日だってこ とは黙っておこう。まったく、ちっとも上手くいってない。でも私のせいじゃない、どうしたらいい?」。いつも のようにマネージャーの典子(筒井真理子)が、その日のスケジュールを伝えに来る。雑誌のインタビュー、撮 影、テレビ番組の取材、文芸誌編集者との打ち合わせ......。マネージャー典子が伝えるスケジュールを分刻みで こなす毎日。京子のいらだちは、典子へのサディスティックな振る舞いになって表れる。「おまえは売女になれる か?」「四つん這いになってごらん。犬のように吠えてごらん」首輪をつけられ、部屋を引きずり回されながら恍 惚の表情で京子を見つめる典子は声を振り絞る。「先生のような売女になりたいです......」 京子の部屋の片隅で微笑む妹の幻影、父と義母と共に囲む食卓、天井に切り込まれる裂け目。自由と不寛容、サ ディズムとマゾヒズム、カリスマと奴隷、寝ても覚めても終わらない悪夢。私はキョウコなのか、キョウコを演 じているのか。これは私の人生じゃない?虚構と現実の狭間で、京子の過去の秘密が暴かれていく―。

「ANTIPORNO アンチポルノ」に投稿された感想・評価

halca

halcaの感想・評価

1.5
日活による人選ミス…

深く考えるのをやめて見たけど、途中から(この子こんなパンツ履くかなー?)しか感じられなくなった。
tmadd

tmaddの感想・評価

2.4
なにこれ
わけわかめ

このレビューはネタバレを含みます

これ、多分、評価分かれるやろな〜
って思った。

わたしは大好物!!!!!!でした。

ラストええなあ〜!!!!
映画の締め方に鳥肌がたった。

それとやっぱり園子温監督作品に出る俳優さん皆の演技がとても好きだ。

あの、最後主人公とその召使い(?うろ覚えです)の立場が逆転しオープニングのシーンを演じるシーンは圧倒された。

映画というより、絵画?音楽?のような、ストーリー性を重視しない芸術作品に見えた。
園子温のアート寄り作品。
もっとめちゃくちゃなの想像してたけど思ったより面白かった。
冨手麻妙さんがとにかくすごかった。
やん

やんの感想・評価

-
アンチポルノ

わたしは売女になりたい
売女にも処女にもなれないわたし

てかんじ
原色を多用した色彩に独特の世界感を一瞬で感じ、その直後、狂気を帯びた役者たちのまともではない演技で一気に物語が加速する。これまでのポルノ映画は男性の理想妄想の表現だった。その中での女性はあくまで男性が支配する女性像。この映画はその性表現の中に囚われた女性たちの立ち上がりであり、己に向けての突きつけでもある。性表現に対する固定概念に向けてのアンチテーゼ。筒井真理子のラストの長ゼリフが最高に突き刺さる。園子温監督、素晴らしい!
Gman

Gmanの感想・評価

3.2
文学的ポルノ
園子温作品なんでかダメ。
短いのが救い。
もう観る努力をするのやめる。
かつ

かつの感想・評価

3.5
設定もそうやし、冨手麻妙さんと筒井真理子さんの先輩後輩のセリフの掛け合いと思いっきりビンタしたり凄い熱気というか演技に迫力を感じた。
↑凄い緊迫するリアルな撮影現場に感じた。
最後のペンキが天井から何色も降ってくるのは衝撃を受けたわ!!

いつも思うけど、園子温監督が描く脚本は独特性が強すぎて、理解し難い時あるけど、そこも踏まえて才能の固まりなんだろうね笑