ANTIPORNO アンチポルノの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

ANTIPORNO アンチポルノ2016年製作の映画)

上映日:2017年01月28日

製作国:

上映時間:78分

3.2

あらすじ

女流作家の京子(冨手麻妙)は、小説を書く前にキャンバスへ登場人物の絵を描く。キャラクターの細部まで絵 の中で完成させてから、その絵に囲まれて執筆を行うのだ。これまで発表した4本の小説も、出版後に使用した 絵を個展で発表した。こうした奇抜な手法が話題を集め、京子はアーティストとしてカリスマ的な人気をほこり、 時代の寵児となる。ある朝、黄色い壁に囲まれた広い部屋で眠りから覚めた京子は…

女流作家の京子(冨手麻妙)は、小説を書く前にキャンバスへ登場人物の絵を描く。キャラクターの細部まで絵 の中で完成させてから、その絵に囲まれて執筆を行うのだ。これまで発表した4本の小説も、出版後に使用した 絵を個展で発表した。こうした奇抜な手法が話題を集め、京子はアーティストとしてカリスマ的な人気をほこり、 時代の寵児となる。ある朝、黄色い壁に囲まれた広い部屋で眠りから覚めた京子は呟く。「今日が誕生日だってこ とは黙っておこう。まったく、ちっとも上手くいってない。でも私のせいじゃない、どうしたらいい?」。いつも のようにマネージャーの典子(筒井真理子)が、その日のスケジュールを伝えに来る。雑誌のインタビュー、撮 影、テレビ番組の取材、文芸誌編集者との打ち合わせ......。マネージャー典子が伝えるスケジュールを分刻みで こなす毎日。京子のいらだちは、典子へのサディスティックな振る舞いになって表れる。「おまえは売女になれる か?」「四つん這いになってごらん。犬のように吠えてごらん」首輪をつけられ、部屋を引きずり回されながら恍 惚の表情で京子を見つめる典子は声を振り絞る。「先生のような売女になりたいです......」 京子の部屋の片隅で微笑む妹の幻影、父と義母と共に囲む食卓、天井に切り込まれる裂け目。自由と不寛容、サ ディズムとマゾヒズム、カリスマと奴隷、寝ても覚めても終わらない悪夢。私はキョウコなのか、キョウコを演 じているのか。これは私の人生じゃない?虚構と現実の狭間で、京子の過去の秘密が暴かれていく―。

「ANTIPORNO アンチポルノ」に投稿された感想・評価

女の気持ちを分かったようなことばっかり言ってるけどなーんにも分かっちゃいないよ園子温は
てぃだ

てぃだの感想・評価

5.0
 お帰りなさい園子温。さよなら園子温。「映画作家」としてより「詩人」としての彼の味が満載で幸せな80分。もはやロマンポルノとか邦画とかいういう枠も遥かに飛び越えてやりたい放題w相変わらずおもろい言葉がいっぱいあったけど今回は「男性生殖器とチ○ポは全く違う」ってのと「女は自由を使いこなせていない」が個人的にベストフレーズ。主演女優もスゴイ頑張ったなぁ
始まって10分くらいは良かった
そこそこ。
現実と虚構が入り交じるとこ好き。
売女がゲシュタルト崩壊した。
nrmix

nrmixの感想・評価

3.1
気分的にこおゆう園子温がみたかった!!
まぐ

まぐの感想・評価

3.8
今とても園子温監督にハマっているので、それ、それだわーって気持ちで鑑賞。ラスト5分がもう物語っていた。アーティスティックな感じも好きでした。
takywalker

takywalkerの感想・評価

3.5
過激でエキセントリックな演出によって、真実と虚構の壁を限りなく取り払い、メッセージを伝えようとした結果がこの映画なのかな、と思った。

伝えたいであろうメッセージは、まさにタイトル通りであり、なおかつ意外とシンプルで、女性の被抑圧性という所であると思うのだが、そのシンプルなメッセージを伝えるためにあえてこのような強烈すぎる表現方法を採用した所がこの映画の特異性。

しかし、やはりメッセージがシンプル過ぎて、やや中身の薄さを感じてしまった。
映像は最高なのだが。
面白い訳じゃないけど何か凄い作品だった。うまく言えないけど、一連の流れが全てワンカットで撮られているような…不思議な空間の中で不思議な芝居を観ているような…何を観ているのかもよく分からない、変な感じに陥った。
エロティックなシーンや過激な言葉が飛び交うが、エロい映画ではなかった。どちらかというと怖い。
視点を変えれば、アートっぽさもあった。
ぎん

ぎんの感想・評価

2.1
焦ってポルノ
m

mの感想・評価

-
園子温すきなら興奮してしまうような、そういう要素がそこらじゅうに散りばめられていた。
ああ!憂鬱すぎる日曜日。