バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 アルティメット・エディションの作品情報・感想・評価

「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 アルティメット・エディション」に投稿された感想・評価

daiyuuki

daiyuukiの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

今回発売のアルティメットエディションは、劇場版に30分の未公開映像を追加した完全版。以下ネタバレあり。
追加した映像
傭兵組織にロイスが囚われ、スーパーマンが救出するシーンに、傭兵組織の中にアメリカ政府と謎の組織の内通者がいることがほのめかされるシーンが追加。
スーパーマンが傭兵組織の奴等を殺したと思い込んだ犠牲者の奥様方が、テレビのインタビューに答える映像とスーパーマンの銅像に落書きされるニュースをクラークが見るシーンが、追加。
クラークが、ゴッサムシティでバットマンの話を市民から聞くシーンが、追加。
スーパーマンの存在意義についての討論会の番組を見たクラークが悩み、母親に電話するシーンが、追加。
バットマンに焼き印を押された犯罪者が刑務所で処刑されるシーンが、追加。
バットマンがスーパーマンの夢を見るシーンのロングバージョン、フラッシュが言った「僕らを探せ!」がジャスティスリーグ結成に繋がるシーン。
バットマンが犯罪者にしてる自警活動の残酷さを知ったクラークが記事で追求するため証言を集めるシーンが、追加。
フィンチ議員が砂漠の銃撃戦の犠牲者の奥さんから証言の偽証を打ち明けられるシーンが、追加。
ブルースがスーパーマン対戦用にトレーニングするシーンとスーパーマン対戦用の兵器開発シーンの、ロングバージョン。
ロイスが議会爆破の容疑者の部屋を調査するシーンが、追加。
クラークが父親と話すシーンが、追加。
ブルースがクラークの母親の名前が自分の母親マーサだと知るシーンは、少年時代のブルースの回想シーンが挿入することで、より感動的なバージョンになっている。
バットマンがマーサを救出するシーン、バットマンとスーパーマンとワンダーウーマンがドゥームズデイと戦うシーンは、血湧き肉踊るロングバージョン。
バットマンが刑務所でルーサーと面会するシーンは、ルーサーがアーカムに移送されることとスーパーマンの死によってメタヒューマンの敵が表れることがほのめかされる。
劇場版よりも、スーパーマンが何故バットマンを敵対視するのかがよりはっきり分かり、バトルシーンもより長くなり、劇場版がいまいちな人も満足出来るアルティメットエディションに仕上がっています。
Rikuto

Rikutoの感想・評価

4.5
2017年215本目

30分映像が追加されてより素晴らしい映画になった。酷評する人もおおいけど、自分はこれで大満足。ジャスティスリーグにつなげるための布石がたくさん用意されている。これを初めて観たときはすごく興奮した。さすがにアメコミ映画で3時間は長いけど。前半は本当に退屈する。自分はバットマンが好きなので、ベテランとなった彼の戦い方は好き。ジャスティスリーグへの期待が高まる。DCの良い面はダークな雰囲気だけど、ジャスティスリーグにそれがあるかは疑問である。
barboyan

barboyanの感想・評価

3.4
生まれて初めて4Dで映画を観た。

プシューとかファサーとかドンドコビカビカ、もう全く映画に集中できない。

映画の内容がもうほとんど頭の中に残っていない。

今回からベン・アフレックがバットマンを演っているけど、前回のクリスチャン・ベールが知的で繊細なイメージだったのに、NEWバットマンは土建屋か不動産屋か清原にしか見えなくて、ちょっとピンと来なかった。
でも土建屋と思って観るとニヤけた。

スーパーマンの役の人はドンピシャ。かっこよかったです。
タカシ

タカシの感想・評価

3.9
『ああ、ベン・アフレックはどこへゆく…』

ブルーレイ発売当時、一度観たが、その時はFilmarksに登録されてなかったのです。

まあ最初の一時間半くらいは問題だらけですよね。たいしたアクションもないし、意味不明な未来幻視にフラッシュのゲスト出演。
バットマンのカーチェイスに至ってはまったく意味不明(発信器を着けた時点でカーチェイスをする必要がない)。
劇場版よりは確かにつながりはよくなっているのは確かなのですが、スカッと爽快、究極アクション映画じゃないの、これって?

ストーリーの本線がブルース、クラーク、ロイス、レックスと四つもありゃ、そりゃ上映時間も三時間にもなるだろうよ。

ザック・スナイダー監督、「ウォッチメン」も三時間バージョンがあるし「ジャスティスリーグ」も最初のバージョンは三時間あったという。

こういう監督にシリーズを任せた時点でこうなることはある程度想像出来たのではないだろうか。

みなワンダーウーマンはいいと言うが、クライマックス3,40分にわたる大アクションシーンはワンダーウーマン抜きにしても相当迫力があったことは言っておきたいです。

それにつけてもベン・アフレック。極悪プロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタインの余波で大バッシングを受けている真っ最中。一体これからどうなっちゃうんでしょうか?
セルBlu-ray(吹替版)にて。17.11.23
2017#149
名前がマーサじゃなかったらどーすんねん!っていうとこはあるけど、めちゃくちゃわかりやすくなってて良かった。
pier

pierの感想・評価

3.7
各々のエピソードがあって長いけど、それなりに面白い。
ケヴィン・コスナーが出てきたときは嬉しかった。
Moto

Motoの感想・評価

4.0
ランクA
「アメコミ実写という難しさ。」

つまらないです。笑
アルティメットエディションということですが評価はさほど変わりません。

でも評価したいのはザックスナイダーがどれだけオタクであり、その知識、伝えたいことをまとめたのかってとこ。

正直なところ、アメコミではマーベルよりもDCの方が名作と呼ばれるに値する作品は多いです。
その中でも本作はダークナイトリターンズと呼ばれるバットマンの名作を描いてるわけなんですが、脚色がいまいちですね。笑

ただオタクが作った映画だけあって、カッコいいシーンのカットは非常に凝っていてアメコミのワンシーンを魅せるかのカットになってます。
ただ、アメコミが日本のコミックの明らかに違う点として、動きが少ないというのがありまして、それに忠実な映画となってますね。

言ってしまえば、これがアメコミの実写としては正しいのかもしれません。
王道を行くマーベルは映画として作り変えて作られているので良い。

ただザックスナイダーはアメコミの良さを伝えたかったんでしょう。

ただのこの作品で最も強く弱い点であるのは実はワンダーウーマンであり。あれによってスーパーマンとバットマンを濃く描けなかったのは本作の問題点でしょう。

もっと原作のように政府の犬であるスーパーマンと自警団でありおじさんのバットマンの対立を描いて欲しかったなと感じます。

実はこの映画、なかなか語りごたえのある映画なんですよ。

それでは。
yassoon

yassoonの感想・評価

3.6
長い上に同じ場所をグルグルと回っているかのようなまとまりのない作り。ワンダーウーマンの登場はもちろん燃えたが(あんなに強かったの?)、ブルース・ウェインがレックスのデータからワンダーウーマンを見つけた時、ワンダーウーマンのテーマソングが高らかに流れたのが自分的にはハイライト。「ジャスティス・リーグ」はキレのあるタイトな作品であることを期待したい。
あんま評価良くなかったけど、俺的には面白かった。
前置き長すぎてみんな飽きちゃうんかな?
ジェシーアイゼンバーグってクリーピーさ出すんほんま上手いよな
ジャスティスリーグ楽しみ。
>|