映画の至宝

GODZILLA 怪獣惑星の映画の至宝のレビュー・感想・評価

GODZILLA 怪獣惑星(2017年製作の映画)
3.7
三部作の最初の作品。

60年以上の歴史があるゴジラで初のアニメーション映画。

正直言うと公開される前までは非常に不安だった。あのゴジラをアニメで製作することやキャラクターのCGにも違和感を感じ全く期待してなかったが、予想よりも楽しめた。

映像も迫力がありアニメでしかできない表現方法、キャラクターのCGもプロの声優の演技もあって違和感なく鑑賞できた。

ただ、舞台が2万年後の地球ということもあり建物などの構造物が無いので、ゴジラのサイズが歴代最大なのにも関わらず比較する建物がないから大きさがよくわからないというのが残念であった。

ゴジラが好きな人よりもSFアニメが好きな人向けの映画だと思うので両方好きな私は楽しめた。

また、この映画の小説を一読しておく方が本編の物語をより理解しやすいため購入しておくと良いだろう。

ゴジラの更なる可能性の幅を広げる意味でも新しいファンを取り入れる意味でもアニメ化を選んだ選択は良かったと思える作品になってくれることを願う。

今後が楽しみ。三部作の入り口としては良い作品だと思う。