GODZILLA 怪獣惑星の作品情報・感想・評価

GODZILLA 怪獣惑星2017年製作の映画)

上映日:2017年11月17日

製作国:

ジャンル:

あらすじ

二十世紀最後の夏。その日人類は、地球という惑星の支配者が自分達だけではないと知った―――。巨大生物「怪獣」の出現と、その怪獣をも駆逐する究極の存在「ゴジラ」。半世紀にわたる怪獣との戦争の末、人類は敗走を重ね、ついに地球脱出を計画。そして2048年、中央政府管理下の人工知能による選別を受けた人間だけが恒星間移民船・アラトラム号で11.9光年の彼方にある「くじら座タウ星e」を目指し…

二十世紀最後の夏。その日人類は、地球という惑星の支配者が自分達だけではないと知った―――。巨大生物「怪獣」の出現と、その怪獣をも駆逐する究極の存在「ゴジラ」。半世紀にわたる怪獣との戦争の末、人類は敗走を重ね、ついに地球脱出を計画。そして2048年、中央政府管理下の人工知能による選別を受けた人間だけが恒星間移民船・アラトラム号で11.9光年の彼方にある「くじら座タウ星e」を目指し旅立った。しかし、20年かけてたどり着いたタウ星eの地球との環境条件差は、予測値を遥かに上回り、人類が生存可能な環境と呼べるものではなかった。移民船に乗る一人の青年・ハルオ。4歳の時に目の前でゴジラに両親を殺され、20年の間、地球に戻りゴジラを倒すことだけを考え続けていた。移民の可能性を閉ざされ、生存環境も劣悪となった船内でハルオを中心とした「地球帰還派」は主流となり、危険な長距離亜空間航行を決断し地球を目指す。だが、帰還した地球は、既に二万年の歳月が経過し、地上はゴジラを頂点とした生態系による未知の世界となっていた。果たして人類は地球を取り戻せるのか。そして、ハルオの運命は―――。

「GODZILLA 怪獣惑星」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

正直、面白かった。
SFとゴジラを調和させるという試みには感服です。
ゴジラに地球を乗っ取られるという発想はアニメだからできた壮大なアイディアだ。残念ながら実写ではここまでのものは作れない。
脚本担当の虚淵玄さんの作風をどおりでラストの演出はさすがの一言です。
フラグを立てまくり、案の定の展開に思わず少し笑ってしまった。

怪獣戦争見たい人からしたら、この作品に肩入れはできないでしょう。
むしろSF好きにはハマります。

他のゴジラシリーズへの思いれは言うほどなく、シン・ゴジラは面白かったが、そこと比較する気はない前提での感想です。
みう

みうの感想・評価

-
続き物なら初めから言ってほしい、ラストびっくりした。
指揮官が猪突猛進だとこうなるなーという戦争ものに似た感想を抱く。
おげぺ

おげぺの感想・評価

3.9
はじめてアニメーションで描かれるゴジラ。

ストーリーは王道SF。突如地球に現れたゴジラによって 人類は地球を奪われてしまう。そこから約20年後。地球を 故郷を取り戻すため 人類がゴジラに立ち向かう といった感じ。他にも宇宙人とかいろいろSF要素あるよ。宇宙船とかは微妙だけど バイクみたいなやつ はちゃめちゃかっこよかった。

この作品の大きなテーマは 人間の尊厳 てところになると思います。誇りとか信念とか。そのために闘う。その姿がすごい表れてるのが 主人公ハルオ。すげえ無茶をする人。とりあえず君が落ち着けってなったよ…

アニメのゴジラは なかなかに貫禄がある。大きい!かっこいい!
それに立ち向かう人類(とか宇宙人)もかっこいい。とりあえず映像がすごい。音楽もすごい。戦闘シーンはうおわおー!てなる。

いろんな方のレビューにもあるように これがゴジラである必要はたしかにないです。
「核によって生まれた」ていう本来のゴジラの象徴はないし 核に対するメッセージ性も この作品では特にありません。まあそんなの歴代の作品にもたくさんあるだろ〜て言われれば本当その通り。なのでこれは個人的好みですかね。

でも!怪獣とか生き物 としてのゴジラをすごい押し出すから なんかこれゴジラじゃなくて ただの怪獣でええやん…てなっちゃうんだよ!そこなんだよ!

ただ 圧倒的存在であるゴジラを いかにして倒すのか ていうのは 今までのゴジラシリーズと共通する部分ではあるのかな〜と。これからの展開楽しみです。

たぶんゴジラにすごく思い入れを持ってる人からすると これは邪道なのかな…けど わたしは好きな作品でした。
さすがポリゴンピクチュアズ。
ゴジラの質感やCGエフェクト、爆音はさすがといったところ。
ストーリーは、ちょっとどこかで…という感じと、展開もだいたい予想は付きながら鑑賞。
続きに期待。
『諦めたらそこで…』のセリフで脳内で(試合終了だ!)ってなってしまって勝手に笑ってしまった(;´∀`)
ゴジラの部分を他の怪獣にしても変わりないんじゃないか?と思った。これを言ったらおしまいだがゴジラである必要性を感じなかった。みんなにわかりやすいイメージだからか。

怪獣が好きでなかったら1点台を付けた。続編への少しの望みも込めてこの点数。
最新のアニメ表現てば凄い事になってんのね、と。

前世紀のセルアニメからその事情がところの更新が止まっていたロートルには驚く部分も御座いましたが。

軍事作戦の内容説明と実際の行動を描く事に終始した作りはそうしたものにあまり興味を覚えないあたしにゃあどこを楽しんだらよいものか判らずに。

敷居の高さばっかりを感じる結果と相成りました、と。
平面でセル的な日本伝統のアニメキャラクター造形と3DCGを融和させた作品が増えてきている近年、純日本産の3DCGアニメーションのエポックメイキング的作品。

ストーリー展開が極めて丁寧で、SF考証や背景設定、対ゴジラ戦略戦術が割としっかりしているのに置いてけぼりにされることなく理解することができる。
キャラクターは日本人に馴染み深い平面的でセルっぽい造形をしつつ、3DCGによる滑らかで崩れのない動き(作画)が素晴らしい。特にロボットや兵器、メカは3DCGの得意とするところで、造形も動きも素晴らしい。セルアニメーションの描き込まれたメカやケレン味の効いたロボ作画は大好きだが、最近はそう言った職人芸もめっきり減ってしまった。3DCGこそロボアニメの復権として日本のアニメーションが進むべき一つの道を示している。
脂の乗った人気声優たちの演技も良かった。諏訪部順一だけは声を作りすぎて呂律が回っていないところがあって残念だったが。

アメリカのピクサー・ディズニーが独自の3DCGを極めている中、日本でしか作れない3DCGアニメーションを作ってくれたことに深く感謝してます。

長い歴史を経て独自の表現様式を確立しているセルアニメに対して、まだ荒削りの部分も多いが、停滞気味の日本のアニメーションの光明となる作品。
薄“質”多売状態の深夜アニメとは一線を画す、日本のアニメーションの代表作として誇れる作品の一つだと思う。

2Dセルアニメーションの「この世界の片隅に」。そして、3DCGアニメーションの「GODZILLA」
ここ1年で生まれたこの二作が日本のアニメーションを守ってくれることを祈ってます。

このレビューはネタバレを含みます

虚淵作品だからなー、と、思って身構えて見てたら、主人公は珍しく暑苦しい造形であったが、やっぱりというかそういう展開だった。しかしよくこんな企画通ったな、と思ったら最後に来てこれとは。いいのかをい。
ひたみ

ひたみの感想・評価

3.6
最高の櫻井孝宏です本当にありがとうございました
kaori

kaoriの感想・評価

3.8
記録!
誘われるがまま見に行きハマるパターン
続き気になる!
>|