GODZILLA 怪獣惑星の作品情報・感想・評価

GODZILLA 怪獣惑星2017年製作の映画)

上映日:2017年11月17日

製作国:

ジャンル:

3.3

あらすじ

二十世紀最後の夏。その日人類は、地球という惑星の支配者が自分達だけではないと知った―――。巨大生物「怪獣」の出現と、その怪獣をも駆逐する究極の存在「ゴジラ」。半世紀にわたる怪獣との戦争の末、人類は敗走を重ね、ついに地球脱出を計画。そして2048年、中央政府管理下の人工知能による選別を受けた人間だけが恒星間移民船・アラトラム号で11.9光年の彼方にある「くじら座タウ星e」を目指し…

二十世紀最後の夏。その日人類は、地球という惑星の支配者が自分達だけではないと知った―――。巨大生物「怪獣」の出現と、その怪獣をも駆逐する究極の存在「ゴジラ」。半世紀にわたる怪獣との戦争の末、人類は敗走を重ね、ついに地球脱出を計画。そして2048年、中央政府管理下の人工知能による選別を受けた人間だけが恒星間移民船・アラトラム号で11.9光年の彼方にある「くじら座タウ星e」を目指し旅立った。しかし、20年かけてたどり着いたタウ星eの地球との環境条件差は、予測値を遥かに上回り、人類が生存可能な環境と呼べるものではなかった。移民船に乗る一人の青年・ハルオ。4歳の時に目の前でゴジラに両親を殺され、20年の間、地球に戻りゴジラを倒すことだけを考え続けていた。移民の可能性を閉ざされ、生存環境も劣悪となった船内でハルオを中心とした「地球帰還派」は主流となり、危険な長距離亜空間航行を決断し地球を目指す。だが、帰還した地球は、既に二万年の歳月が経過し、地上はゴジラを頂点とした生態系による未知の世界となっていた。果たして人類は地球を取り戻せるのか。そして、ハルオの運命は―――。

「GODZILLA 怪獣惑星」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

正直、面白かった。
SFとゴジラを調和させるという試みには感服です。
ゴジラに地球を乗っ取られるという発想はアニメだからできた壮大なアイディアだ。残念ながら実写ではここまでのものは作れない。
脚本担当の虚淵玄さんの作風をどおりでラストの演出はさすがの一言です。
フラグを立てまくり、案の定の展開に思わず少し笑ってしまった。

怪獣戦争見たい人からしたら、この作品に肩入れはできないでしょう。
むしろSF好きにはハマります。

他のゴジラシリーズへの思いれは言うほどなく、シン・ゴジラは面白かったが、そこと比較する気はない前提での感想です。
「進撃の巨人」テイストなSF版ゴジラ。
主人公がエレンにしか見えない。

アニメだからこそできるスピーディなアクションはさすがですな。
さとう

さとうの感想・評価

3.1
ゴジラというかある種のSFアニメを観ている感じ。

単体でも楽しめるというよりは、続編ありきとの映画として観ないと、少々不完全燃焼かな…。
Fox

Foxの感想・評価

3.0
地底から多様な怪獣が出没し人類の文明が崩壊していき、絶望の中人間種族が宇宙から助けに飛来するがその科学力を持ってもゴジラは倒せず...

あとは人類含む人間種族が地球を取り戻すためにゴジラに戦いを挑む話。。。

話も設定も分かるが登場人物の話が薄くて正直、感情移入ができないかな(´-`)
人間種族と人類の差がなさすぎるのもまたややこしいww
キよ4

キよ4の感想・評価

-
3部作の最初の1本目らしい
はじまりは20世紀最後の夏 ゴジラによる地球の破壊 移民惑星を求めて人類の地球からの脱出 なんだかんだで地球への帰還
2万年後の地球 そこは相変わらずのゴジラの支配する地球だった
サカキ・ハルオ大尉のゴジラへの怨念そして復讐の物語 果たしてゴジラから地球を奪還できるか?
人としての尊厳を取り戻すためにゴジラに立ち向かう人類
別に人類なんかどうでもいいけどさ 驕りなんじゃない ゴジラに駆逐されても仕方ないよね
ゴジラの圧倒的な存在感と畏怖
ヨハネの黙示録とか終末感のある言葉責めでやったらよりゴジラに対する絶望感や畏怖が前面に出て良かったかも
ホバーバイクなどのメカのデザインは中々かっこいい
アニメなのであまり期待してなかったけどやっぱりゴジラはゴジラでした
吉田拓郎VS矢沢永吉という大物対決を長年夢想してる俺だけどゴジラとは何の関係もありません笑
くま

くまの感想・評価

3.0
・設定は悪くない
・ゴジラ強い
・強いゴジラ
・テンポ悪いぞ
・盛り上がるシーンまでに時間掛かり過ぎ
・ゴジラとの戦闘シーン進撃の巨人っぽい
・なんやかんや続編も観るやつ
コウジ

コウジの感想・評価

3.6
ゴジラの咆哮がシビれるんだよなー
圭之祐

圭之祐の感想・評価

3.5
オチが最低で最高。
シン・ゴジラで観たかったけど観れなかった“熱核弾頭に耐えるゴジラ”が観れて満足。
メカゴジラは一生そこから動くんじゃねぇーぞ、バーカ!
日本が今、ゴジラで世界に勝負するなら…残念ながらアニメになるんやろな…
前にアニメ作家が実写でやったのにね。あれ、余裕で5やのにね。あ、ちなみに面白かったですよ。
chako

chakoの感想・評価

2.5
日本はおろか世界でも受け入れはまだされていない「3Dアニメ」。
記憶に新しいのは「けものフレンズ」や「亜人」など
ゴジラは時代の流れによって姿や在り方が変わっていくので、そこの受け身は取れてるつもりだったが、近未来的な世界観、アニメとはそぐわないと感じた。

また、このゴジラにはあまり「初代ゴジラ」や「シン・ゴジラ」のような強烈なメッセージ性が無いためエンタメ性で勝負をしなければならなかったにも関わらず、そこに特に凝った作りも無い。

三部作の一作目として作られたが、一本の映画としてはオススメが出来ない。

あと主人公が他キャラの立場と比べても特別感情移入出来るものでは無いのに、セリフがしつこいので辛かった
>|