GODZILLA 怪獣惑星の作品情報・感想・評価

GODZILLA 怪獣惑星2017年製作の映画)

上映日:2017年11月17日

製作国:

ジャンル:

3.3

あらすじ

二十世紀最後の夏。その日人類は、地球という惑星の支配者が自分達だけではないと知った―――。巨大生物「怪獣」の出現と、その怪獣をも駆逐する究極の存在「ゴジラ」。半世紀にわたる怪獣との戦争の末、人類は敗走を重ね、ついに地球脱出を計画。そして2048年、中央政府管理下の人工知能による選別を受けた人間だけが恒星間移民船・アラトラム号で11.9光年の彼方にある「くじら座タウ星e」を目指し…

二十世紀最後の夏。その日人類は、地球という惑星の支配者が自分達だけではないと知った―――。巨大生物「怪獣」の出現と、その怪獣をも駆逐する究極の存在「ゴジラ」。半世紀にわたる怪獣との戦争の末、人類は敗走を重ね、ついに地球脱出を計画。そして2048年、中央政府管理下の人工知能による選別を受けた人間だけが恒星間移民船・アラトラム号で11.9光年の彼方にある「くじら座タウ星e」を目指し旅立った。しかし、20年かけてたどり着いたタウ星eの地球との環境条件差は、予測値を遥かに上回り、人類が生存可能な環境と呼べるものではなかった。移民船に乗る一人の青年・ハルオ。4歳の時に目の前でゴジラに両親を殺され、20年の間、地球に戻りゴジラを倒すことだけを考え続けていた。移民の可能性を閉ざされ、生存環境も劣悪となった船内でハルオを中心とした「地球帰還派」は主流となり、危険な長距離亜空間航行を決断し地球を目指す。だが、帰還した地球は、既に二万年の歳月が経過し、地上はゴジラを頂点とした生態系による未知の世界となっていた。果たして人類は地球を取り戻せるのか。そして、ハルオの運命は―――。

「GODZILLA 怪獣惑星」に投稿された感想・評価

YUCHI

YUCHIの感想・評価

3.0
とにかく迫力にこだわった作品。
確かにCGを含め激しさは伝わった。
話の内容はアニメ作品よくある都合良く進行していく感じで細かいところを気にすると楽しめなくなるが、圧倒的な絶望感はスゴくわかった。
この作品はそれにつきるかな。
nao

naoの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

完成披露試写会に参加。
だいぶ未来の設定なので実写版ゴジラとは世界観もスケールも全く違うアニメのだからできる内容。
ゴジラの迫力と破壊力がすごいし、他にも敵がいる事に驚き。
さらに、人気声優起用のキャラが冒頭で他界する事にも衝撃。
続きが気になる終わり方に次作の公開が待ちきれない。
たて

たての感想・評価

3.5
せっかくなんの前情報もなく行ったのに、開始早々ニトロプラス監修って宣告されてハッピーエンドはないのか…となってしまった。盛大なネタバレ。
2作目も見に行くぞ!
冒頭のドゴラやダガーラに「安易にオタクに媚びやがって……」と苦虫顔、その後もチマチマとした攻防戦にイライラを募らせるも、最後の最後でどでかいゴジラがアニメならではの表現で圧倒的パワーを発揮してくれただけで次も見ようと思ってしまう、自分もまた安易に釣られるちょろいオタクなのであった。
まつり

まつりの感想・評価

4.5
既存のゴジラ作品と比べるとだいぶSF。好きな人は好きだと思う。私は好き。ゴジラでやる必要があるのかっていう議論は既に作品がある時点で無意味だと思っているので置いておいて……。

ストーリーはゴジラでSFやるならこうなるよねっていう想像通りのやつです。進撃とかテラフォーマーズとかそんなん。アクションは本当に素晴らしいから見て欲しい。やっぱし空飛ぶバイクって問答無用でかっこいい。ゴジラ要素で言えばBGMがよき。
次はメカゴジラ起動。なんだかんだ楽しみ。
アニメには正直期待してなかったし、中盤垂れもなかった訳では無いが、冒頭と終盤のためにも見る価値がある。
絶望感は流石。
シン・ゴジラが初代への回帰なら、この作品はvsシリーズや昭和末期の怪獣祭りの再来。


映画に留まらず、小説などのマルチ展開を含めてのプロジェクトなので、ゴジラ好きは一緒に楽しむといいと思います。
ゴジラのアニメ化というチャレンジは面白いと思いました。そもそもPolygon Picturesの作風は好きで、『シドニアの騎士』や『BLAME!』とか好きですし(汚れた宇宙服とか)、絵面や設定も良かったと思います。ストーリーは、正直突っ込みどころはたくさんありますが、絶望感がいい感じでした。

さて、ここから細かい話になります。

もう日本人に根付いている様式美なんじゃないかと思うんですが、アニメに限らずドラマや実写映画の多くに言えることだと思っているんですが、基本的に台詞が多い。何でもかんでも台詞にしてしまう。おまけに往々にして、眉間にしわ寄ってる感じで固く喋るんですね。確かに台詞で説明しちゃうのはわかりやすいかもしれませんが、個人的には不自然だと思うし、芝居や演出で見せることを放棄しているとも思えます。

あと、本作の戦闘シーンなんですが、これも本作に限らず、特にアニメに多いと思うんですが、むしろ冷静さを欠いてはいけない戦闘中に、みんなヘルメットの中で叫んでるんですよね。本来みんな通信でつながっていて、イヤホン的に聞こえてるはずだし、作戦本部(そんなのありましたっけ?)でも全部モニターされてると思います。みんなで叫んでたら凄くうるさいんじゃないかな?みたいな(笑)。

最後に1つ、意外と音楽が悪くなかったと思いました。

ちなみに、これでもこのシリーズは楽しみにしています。どうやって広げた風呂敷を畳むのか。
みよし

みよしの感想・評価

3.5
やっっと観れたーー(>_<)

わたしやっぱり虚淵玄作品好きなんだわきっと。。
陰鬱さがたまらない。。
見事な「掴み」となった3部作の序章。第2章、第3章と加速度的に凄いことになりそう。
>|