sunday

遠い夜明けのsundayのレビュー・感想・評価

遠い夜明け(1987年製作の映画)
4.5
南アフリカのアパルトヘイト政策に立ち向かい斃れたビコ。南ア生まれの白人で南アの新聞編集長のウッズ。時代は1977年。マンデラは獄中。大統領になるのは1994年5月。まだまだ長い途上の時期。実はこの映画で初めてビコという人物を知ったのだが、実話ということで、拘束されてからの急展開に、ええっーっと息をのむ。

最初と最後に挿入される黒人居住地区への南ア政府の侵攻。なぜかゲルマン民族の大移動、という昔世界史で習った言葉を思い出してしまった。ウッズが頼みとした南アの警察庁長官は白人至上主義を疑いもせず、ここは我々が入り込んだんじゃない、我々イギリス人が作り上げた街なんだ、と言う。ゲルマン民族の覇気の強さ恐るべし。


最初はビコが人種間憎悪を煽っているという記事を書いていたウッズだが、会ってみると、黒人の尊厳を取り戻したいんだ、という思いと、論理的な言葉を述べ、また中庸な人柄に惹かれてゆく。実際デンゼル・ワシントンはとても魅力的なビコを映し出している。

ウッズは初めてビコと黒人居住地区に行き、ビコ運営の公民館に行き、これからどう動くのかなあと思っていると、急転直下、ビコの拘束。場面に1977年9月と出て、この場面に至ってビコを検索すると、77年9月12日死亡と出てくる。えっー。それからウッズも監視対象となり、レソトからボツワナへの脱出劇は、ほんとうのことなんだと思うとほんとうに息をのんだ。

バントゥー・スティーヴン・ビコ:1946.12.15-1977.9.12(30歳没)
ドナルド・ウッズ:1933.12.12-2001.8.19(67歳没)

1987イギリス
2023.6.7BSプレミアム
sunday

sunday