トンネル 闇に鎖(とざ)された男の作品情報・感想・評価

トンネル 闇に鎖(とざ)された男2016年製作の映画)

터널/TUNNEL

上映日:2017年05月13日

製作国:

上映時間:127分

3.6

あらすじ

自動車のディーラーとして働くジョンス(ハ・ジョンウ)は、大きな契約を成功させ、意気揚々と妻のセヒョン(ペ・ドゥナ)と娘が待つ家へ車を走らせていた。しかし、ジョンスが山中のトンネルに差し掛かった時、突如頭上から轟音が鳴り響く。尋常ではない音と揺れに不安がよぎったのも束の間、トンネルは崩落しジョンスは車ごと生き埋めになってしまう。ジョンスが目を覚ますと、周囲は巨大なコンクリートの残骸に囲まれ、手元に…

自動車のディーラーとして働くジョンス(ハ・ジョンウ)は、大きな契約を成功させ、意気揚々と妻のセヒョン(ペ・ドゥナ)と娘が待つ家へ車を走らせていた。しかし、ジョンスが山中のトンネルに差し掛かった時、突如頭上から轟音が鳴り響く。尋常ではない音と揺れに不安がよぎったのも束の間、トンネルは崩落しジョンスは車ごと生き埋めになってしまう。ジョンスが目を覚ますと、周囲は巨大なコンクリートの残骸に囲まれ、手元にあるものはバッテリー残量78%の携帯電話、水のペットボトル2本、そして娘への誕生日ケーキだけだった。一方、トンネル崩落のニュースは瞬く間に国内を駆け巡り、救助隊長のキム(オ・ダルス)らが現場に駆け付けるが、その惨状は想像を遥かに超えるものだった―。

「トンネル 闇に鎖(とざ)された男」に投稿された感想・評価

kazu1961

kazu1961の感想・評価

3.8
「トンネル 闇に鎖された男」
原題「Tunnel」
2017/5/13公開 韓国作品 2017-150

2016年韓国映画興行成績ランキングにおいて、少ないスクリーン数にもかかわらず「新感染ファイナル・エクスプレス」「華麗なるリベンジ」「密偵」に次ぐ第4位にランクイン。韓国でメガヒット作品という事で鑑賞。
韓国を代表するキャストが集結、なかなか見ごたえのあるパニック作品です。
トンネル事故で身動きが取れない状況をカメラワークを駆使する事で飽きない映像にしてるところが秀逸で刻々と変わっていく状況にハラハラします。そして韓国作品ならではの政府批判もチクリ。
先ほどの「新感染ファイナル・エクスプレス」には及ばないかもしれませんが本当韓国作品のレベルは凄いですね!!

崩落したトンネルの中にひとり閉じ込められた男と、男の救助をめぐって奮闘する人々の姿を描き、韓国で700万人を超える動員を記録したヒット作。ハ・ジョンウ、ぺ・ドゥナ、オ・ダルス出演。
明月

明月の感想・評価

3.6
ハ・ジョンウ主演のクライムサスペンス。
トンネル事故で閉じ込められた男と救助する男、外で待つ妻の心理的葛藤。

人間は、極限状態で人間のままでいられるか?
対話がいかに人たらしめるか?
そんなことを考えた。
中盤で少しダレてきてしまった感は否めない..
ただ、あの嫌な圧迫感と閉塞感、経験していないのに凄く共感できるし伝わってくる不思議。
こういう出オチ設定ものって、作るの難しそうだなとつくづく思う。
SHIGE

SHIGEの感想・評価

3.8
トンネル事故で生き埋めに…っていうと
スタローンのデイライトを思い出す。
あれは個人的に好きな作品で
この作品も観るまでは当たり前のように
何人かの人たちが遭難して…という
イメージだった。
しかしこの作品の場合は
ほぼ一人で生き埋めに…

観てる間ずっと息苦しさがつきまとう
自分ならこの境遇でどうするだろう?
我を失わずいれるだろうか?
なんて事をずっと考えながら観た。

風刺的な事象を織り交ぜながら
所々にホッとさせるような一面もあり
上手く作られていたと思う。
Tak

Takの感想・評価

3.8
崩落したトンネルの瓦礫の中、動けるスペースはごくわずか、救助はいつになるのか分からない。
そんな極限状態の中で自分だったら、他人に 貴重な水を分けてあげることが出来るだろうか?
スマホを貸してあげることが出来るだろうか?

希望を捨てずに生きるための努力が出来るだろうか?

マスコミの厚顔さ、無神経さはどこの国でも一緒か。

コミカルな部分も若干あり、重くなりすぎず見良い作品でした。
タイトル通りです、そのままのストーリー。そして閉所恐怖症の気が少しでもあったら絶対見ちゃダメな映画。(見なきゃよかった)
主演はハ・ジョンウ。これ本当にはじょんう? この前見た『哀しき獣』のあいつと絶対別人、顔認証でも別人判定しそうな役作り。すごいです。それとも韓国には同じ名前の役者が2人いるんでしょうか? そしてオ・ダルス!こちらはどんな役作りでも絶対オ・ダルス。いつも三の線ですが今回はややシリアスな救助部隊の隊長さん。頼りになる重要な役どころ。でも掘るところ間違えちゃダメじゃん!
身動きができないほどの瓦礫に埋まったトンネル内部の映像は臨場感満点。本気で息詰まるような場面が多く、韓国映画十八番の暴力残酷描写とはまた違ったダメージを与えてくれます。ホント嫌なところを突いてくるのが上手だと思います。
自分は生き埋め系の描写が苦手なんで評価はそれほどでもないですけど、起承転結がきっちりしてて見やすいですし、ラストのオ・ダルスの一言にスタンディングオベーションしたくなるような映画(ですよね?)
蝉丸

蝉丸の感想・評価

4.3
これもシチュエーションスリラーの一種だが、外部との往復が結構激しい部類のものだ。閉ざされたトンネル内部での一刻を争うミクロな状況に対し、外で繰り広げられる救助活動をめぐるマクロな展開は、かなり政治やマスコミ、利益を優先する合理主義的な社会に対してクリティカルな姿勢をとっている。そういうメッセージ性を孕む要素が邪魔になってしまう映画もあるが、本作品はストーリーに上手く噛み合っている(やや詰め込みすぎている感は否めないが)。
何度も希望を持たされたり絶望に叩き込まれたりして忙しいし時にイライラもするが、結局のところ誰のせいで(あるいは誰のおかげで)どうなるのか、ぜひ最後まで観届けてほしい。部屋はトンネルのように暗くして。
いやぁ面白い映画だった!ペドゥナさん、全編スッピンだったんだそうな😱

ほぼ全員、どこか軽薄で自分本位で動物的。舞台設定が日本なら、あり得ねーよブラックコメディかよって半笑いになるところ、失礼ながら説得力があり真顔になった。皮肉が散りばめられてて心配になったけど本国で大ヒットという事に少し安心する。

シリアス展開のハズなのにテンポ良く進み、クス笑い(?)もあって重くなり過ぎてない。ふざけてる様なそうでないような…何となく余裕あるよね?って所で突き落とされる。揺さぶりの魔術師っすか!?映像も演技もハイレベルで、韓国映画への認識がいよいよ改まりました🤔

カッコ良かったキム隊長、ラストで早くも通常運転ズコーは無くてもいいシーンなのに入れちゃうあたり良センスだわ
shinov

shinovの感想・評価

3.6
ワンシチュエーションの限られた舞台立てでどこまで盛り上げられるのか?

そこはさすがの韓国映画ハイクオリティ!

エンタメとサスペンスのさじ加減。
名優たちの安心感ある演技。
優秀な脚本。
ユーモアと社会的問題提起。

『オデッセイ』のような自力工夫脱出ものとしても楽しめる。

誕生日ケーキをなにかすごいことに使うのか…と思ったらそこはふつうだった。

奥さんの愛情が深くてすごいなーと思ったけど、ハ・ジョンウのあの素敵さなら、まあ、ああなるか。
他の韓国映画だとここは離婚してる元妻バージョンになりそうなところ、逆に新鮮だった。
>|