トンネル 闇に鎖(とざ)された男の作品情報・感想・評価

トンネル 闇に鎖(とざ)された男2016年製作の映画)

터널/TUNNEL

上映日:2017年05月13日

製作国:

上映時間:127分

3.7

あらすじ

自動車のディーラーとして働くジョンス(ハ・ジョンウ)は、大きな契約を成功させ、意気揚々と妻のセヒョン(ペ・ドゥナ)と娘が待つ家へ車を走らせていた。しかし、ジョンスが山中のトンネルに差し掛かった時、突如頭上から轟音が鳴り響く。尋常ではない音と揺れに不安がよぎったのも束の間、トンネルは崩落しジョンスは車ごと生き埋めになってしまう。ジョンスが目を覚ますと、周囲は巨大なコンクリートの残骸に囲まれ、手元に…

自動車のディーラーとして働くジョンス(ハ・ジョンウ)は、大きな契約を成功させ、意気揚々と妻のセヒョン(ペ・ドゥナ)と娘が待つ家へ車を走らせていた。しかし、ジョンスが山中のトンネルに差し掛かった時、突如頭上から轟音が鳴り響く。尋常ではない音と揺れに不安がよぎったのも束の間、トンネルは崩落しジョンスは車ごと生き埋めになってしまう。ジョンスが目を覚ますと、周囲は巨大なコンクリートの残骸に囲まれ、手元にあるものはバッテリー残量78%の携帯電話、水のペットボトル2本、そして娘への誕生日ケーキだけだった。一方、トンネル崩落のニュースは瞬く間に国内を駆け巡り、救助隊長のキム(オ・ダルス)らが現場に駆け付けるが、その惨状は想像を遥かに超えるものだった―。

「トンネル 闇に鎖(とざ)された男」に投稿された感想・評価

kazu1961

kazu1961の感想・評価

3.8
「トンネル 闇に鎖された男」
原題「Tunnel」
2017/5/13公開 韓国作品 2017-150

2016年韓国映画興行成績ランキングにおいて、少ないスクリーン数にもかかわらず「新感染ファイナル・エクスプレス」「華麗なるリベンジ」「密偵」に次ぐ第4位にランクイン。韓国でメガヒット作品という事で鑑賞。
韓国を代表するキャストが集結、なかなか見ごたえのあるパニック作品です。
トンネル事故で身動きが取れない状況をカメラワークを駆使する事で飽きない映像にしてるところが秀逸で刻々と変わっていく状況にハラハラします。そして韓国作品ならではの政府批判もチクリ。
先ほどの「新感染ファイナル・エクスプレス」には及ばないかもしれませんが本当韓国作品のレベルは凄いですね!!

崩落したトンネルの中にひとり閉じ込められた男と、男の救助をめぐって奮闘する人々の姿を描き、韓国で700万人を超える動員を記録したヒット作。ハ・ジョンウ、ぺ・ドゥナ、オ・ダルス出演。
サ

サの感想・評価

3.0
サバイバル描写についてはかなり粗が多く残念でした。彼がなぜ生き延びられたのかのロジックがごっそり欠けています。こういう映画ではありものをどうやりくりするのかが肝でしょうに。後半にゆくに連れて段々とどうでも良くなってしまって駄目でした。

杜撰なサバイバル描写の他は、行政サイドの兎に角正気じゃないレベルの無能さ、それを棚に上げた手前勝手な責任転嫁、頓珍漢で恥知らずな糾弾、大衆の関心のあからさまな掌返し、などなど、人間の嫌な部分だけをひたすら見せられ心底ゲンナリ。

人間はみんなゴミクズだ!っていう振り切った結論に達する逆オデッセイのような映画だと言われれば、まあ面白いコンセプトだろうとは思わなくもないです。胸糞悪いし賛同かねますけども。ペ・ドゥナ可愛い。
tofu

tofuの感想・評価

3.0
こういったシチュエーションサスペンスは好きなので、鑑賞。

予告編でストーリーは概ね理解できた。制作側もトンネル崩落まではダラダラと見せないあたり好感をもった。

色々なサバイバル術を駆使しながら生き延びてゆくのは圧巻。

でもこの内容で120分はちょっと長かったと個人的に思った。90~100分くらいだともっと観やすいかな。

しかしながら相変わらず韓国映画の役者陣は良い仕事している。
aymm

aymmの感想・評価

4.0
ついサスペンスを期待してしまう。
韓国らしい、国の風刺も効かせた救出劇ドラマ。

安定のハ・ジョンウ、そしてパグ可愛い。

奥さんのあの決断は見てて苦しかった、、
トンネルの崩落事故で突然閉じ込められた!どうやって生き延びる?家族はどう思う?政府はどう助ける?など、パニックムービーの美味しいところ満載の映画らしい映画。
ただトンネルに閉じ込められて助けを待つ、というお話なのに、様々な展開があって飽きがこないです。決して単調ではない。主人公は生きようとあの手この手を試す、救助隊は主人公を励ましつつ救助の方法を探る、妻は気丈に夫の静観を待つ、マスコミはただ騒ぐ、お役所は絶対に助けると言いながらも次のトンネル工事を進行させる、など、この手の映画あるあるが全部入っている感じでした。
ただ、こんな状況なのに、全く重くないんですよね。なんかみんな真剣じゃないっていうか、軽いノリでやってる感がでてます。これって国民性なのでしょうか?日本映画だったら、もっと重くかつお涙頂戴の展開になるのではないかと思います。海猿みたいに。あ、どっちが良いとかではないです。
この映画にリアリティを求める人ならば、ちょっときれいすぎるという感想にもなるかと。主人公何日も暗闇で閉じ込められているのに、なんかかっこいいんですよね。普通は汚くなっていくはずです。
そういえば、気がついたら最近観てる面白い韓国映画にはかならずハ・ジョンウがいる気がします。いろんな役ができるすごい役者さんですね。
すね

すねの感想・評価

3.2
車で家路を急ぐ主人公の男は冒頭でいきなりトンネル崩落事故に巻き込まれる。
生き埋めになった男の手元にあるものはバッテリー78%の携帯とペットボトル2本の水、娘の為に買ったケーキ。それだけ!

ほぼトンネル内でのストーリー展開。

これで2時間どうすんの!

開始数分でこんなにもドキドキさせられちゃって続きが気になっちゃって最後までどうなるかわからない2時間ですごく面白かった。

トンネル内に閉じ込められた男の話というのがだけなのに…飽きない!
韓国映画熱くない!?
すごいよ!さすがだよ。という映画だった。
RYUP

RYUPの感想・評価

-

韓国本国にて
にわか囁かれる ”韓国ノワール”への心離れ。
国民も殺人や復讐を描く事への倦怠感が加速しているらしい。

しかし今作はそんな頭打ちの背景を
ある意味新たな手口で映し出すノワール。
サバイバル映画の側面を見せつつも韓流作品特有の「縦への鬱屈横への絆」を忘れてはいない。
斧や銃で表現しない腐敗行政への反感。
家族や弱者の互いを支え合う気持ち。
極論ではあるが今の邦画に何処か欠けているシンパシーが胸を打つ。

ラストシーン。
”トンネル”を車が抜けた時に主人公が見せる安堵の表情。
この国が対峙する迷走を抜けて、同じ安堵な表情を見せてくれる事を願って…


監督 キム・ソンフン
CAST ハ・ジョンウ ぺ・ドゥナ  オ・ダルス  チョン・ソギョン etc

原題 『Tunnel』
2016年 韓国 127分

http://tunnel-movie.net/
J

Jの感想・評価

2.9
ガソリン満タン、おじいちゃんからの水、始まりから全てに意味があるストーリー展開。政治絡みの見せ方が韓国を表しているのだろうか。ハジョンウが大鶴義丹に見えた。
>|