げかやま

牝猫たちのげかやまのレビュー・感想・評価

牝猫たち(2016年製作の映画)
3.5
日活ロマンポルノリブートプロジェクト第三弾。期末レポートの題材にするために見にいった。(見る口実にレポートの題材にしたという説は否めない)

どちらかと言えば濡れ場の(だいぶ)多い普通の日本映画、という感じ。夜の池袋の映像がなかなかきれいでよかった。

お爺ちゃんのシーンは全体的に正直かなり笑えてしまう。劇場でとなりにいた人もかなり笑っていて気が合うなあと思った。

企画全体として女性客も呼ぼうという意図が強いわりには、悲しいほどおっさんばかりでちょっと悲しくなった。(本作は5作品の中では一番タイトルで敬遠されそうというのはあるかも)その意味では武蔵野館というハコはあまりよくないのではと思う。