牝猫たちの作品情報・感想・評価

牝猫たち2016年製作の映画)

上映日:2017年01月14日

製作国:

上映時間:84分

3.5

あらすじ

池袋の風俗店「極楽若奥様」で働く3人の“牝猫たち”。彼女たちは不思議と気が合って寄り添うが、互いを店の名前で呼び合 うだけで本名も、ここで働く理由も知らない。 雅子(井端珠里)の今日の客は、引きこもりの男・高田(郭智博)。常連さんだ。ネットで世間を眺めている客に体を提供し、 自分も仕事が終われば、寝床としているネットカフェへ帰っていく。 ベビーシッターに子どもを…

池袋の風俗店「極楽若奥様」で働く3人の“牝猫たち”。彼女たちは不思議と気が合って寄り添うが、互いを店の名前で呼び合 うだけで本名も、ここで働く理由も知らない。 雅子(井端珠里)の今日の客は、引きこもりの男・高田(郭智博)。常連さんだ。ネットで世間を眺めている客に体を提供し、 自分も仕事が終われば、寝床としているネットカフェへ帰っていく。 ベビーシッターに子どもを預けて出勤している結依(真上さつき)は、サービスが得意でなく常連がつかない。店長の野中(音 尾琢磨)へ、客を回してくれないなら店を変えると愚痴っていると、「男はただ抜けばいい訳じゃないの。本気で惚れたように 感じさせたりとか、恋人みたいな気持ちに興奮するんだから。」と説教される始末。 主婦の里枝(美知枝)は、毎回指名をしてくる独居老人の金田(吉澤健)から体を求められることはなく、ただ一緒に過ごす だけ。いつもと同じように呼び出された里枝は、突然金田から大金を見せられ、店とは関係なく会えないかと懇願される...。 ある日、雅子は高田から動画サイトに投稿された盗撮映像を見せられる。仕事の送迎車の中で、運転手の堀切(吉村界人) から嫌な客のことなどを根掘り葉掘り尋ねられ、苛立った雅子が思わず発した「こっちはこれから好きでもない男のアレしゃ ぶんなきゃなんないんだよ!」という言葉がクローズアップされていた。動画のタイトルは「薄汚い娼婦3号」。高田は、堀切 をこらしてめてやると言い出す。あっという間にネットで炎上し、堀切の顔写真、住所までが流出。そんな中「極楽若奥様」 には、雅子を指名する予約が殺到するようになるが...。

「牝猫たち」に投稿された感想・評価

日活ロマンポルノリブートプロジェクト第三弾。期末レポートの題材にするために見にいった。(見る口実にレポートの題材にしたという説は否めない)

どちらかと言えば濡れ場の(だいぶ)多い普通の日本映画、という感じ。夜の池袋の映像がなかなかきれいでよかった。

お爺ちゃんのシーンは全体的に正直かなり笑えてしまう。劇場でとなりにいた人もかなり笑っていて気が合うなあと思った。

企画全体として女性客も呼ぼうという意図が強いわりには、悲しいほどおっさんばかりでちょっと悲しくなった。(本作は5作品の中では一番タイトルで敬遠されそうというのはあるかも)その意味では武蔵野館というハコはあまりよくないのではと思う。
現代ロマンポルノ

一部、美しさや愛を感じた

白石監督はすごいね

とろサーモン頑張ってた
maya

mayaの感想・評価

3.5
記録漏れ。
タニー

タニーの感想・評価

3.0
脱いでる場面が多かったけど、なんだかカラッとしてて軽い感じ。
でも、つまらない感じではなくて、ちゃんとストーリーもあって観やすかった。

デリヘルの世界知らないけど、実際はドロドロと暗そうだな・・。
デリヘル嬢たち群像劇。

そりゃ、みんな事情あるわな。

お客側にも嬢側にも。

そんな人間模様を描いてるんだけど、デリヘル設定でなくてもいいんでない?

デリヘル設定ならでは感が薄いように思う。
AITERADA

AITERADAの感想・評価

3.4
セックスってなんだろう
「嫌いじゃないなら好き、じゃダメなの?」
人と深くひとつになるほど交わるって怖くもあり、癒しでもあり、互いの救済?コミュニケーション?特に深い意味はない?

何故そうしようと思うのかなんて理由ない

sexだけ切り売りするんじゃなくて、もっと深くで繋がりたいよネ
闇より光浴びたいよな、、
ちゃんと人間として生きて幸せになりたい
こうた

こうたの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

白石監督が手がけられたロマンポルノということで期待していましたが、脚本はまぁまぁ良いのですが肝心な濡れ場が微妙でした。
濡れ場のみに比重を置くのではなく、ネグレクトや妻に先立たれた孤独な老人や薬物やネットの闇など社会問題だけでなく、デリヘル界の内情や裏でのやり取りがリアルで良かったです。
ただ濡れ場が酷かった。
キスからの正常位という1パターンな濡れ場が続いたので全く楽しめません。
カメラワークもなぜか不必要に上下に揺らしたりと意図がわかりません。
乳首を吸うシーンをアップで映したり、結衣とお笑い芸人のセックスシーンで薬物を口移ししてからの立位で責めたり、ラストで雅子と店長が店でおっぱじめるシーンは良かったです。
唐突に入るデブの緊縛はいりませんし、雅子と里枝の緊縛シーンではまさかの着衣状態というのが残念です。
クライマックスシーンで雅子と高田、里枝と金田(孤独な老人)のセックスシーンを交互に見せた演出は良いのですが、青姦は理解不能。あと性描写での喘ぎ声や音を消して音楽を流すのは邪魔ですしいりません。
タクシー内での仕込みローターもそうですが、この映画はシリアスなのかコメディなのかいろいろやりすぎて支離滅裂になっています。少なくとも雅子と高田のセックスシーンの後の店長とのシーンは蛇足だったと思います。
『孤狼の血』がメチャクチャ面白かったので
白石和彌監督作品を観たくて借りてきました。

この『牝猫たち』が TSUTAYAでなかなか見つからないので、女性店員さんに聞いたら探してくれて、私が待っていたら女性店員さんはカーテンの向こう( AVコーナー ) から出てきて「ありました!」と私に渡してくれました。 私が「これアダルトなんですか?!」と聞いたら、女性店員さんは笑顔で「そうみたいですね(°∀°)♪」と・・・

『牝猫たち』は白石和彌監督初の
ロマンポルノ作品でした (;・∀・) ソッカー

池袋の風俗店「極楽若奥様」で働く3人の女性(デリヘル嬢)と彼女達を取り巻く男たちが繰り広げる群像劇。

ポルノなのでもちろん10分おきくらいには、裸が出てきてパンパンして(;´Д`)ハァハァ してはいますが、たんなるエロ映画ではなかったです!街に生きる人々の物語で、様々な要素が含まれていました。

てっきり頭を使わず、下半身だけ使う映画だと
思って舐めていました(;・∀・)チガウノカー


10年間ひきこもりで外に出ていない男が牝猫ちゃんとビルの屋上でSEXをする☆というラストには、私の胸と股関に熱いものが込み上げてきましたよ( ・∀・)ノ (←余計な一言で台無しな文章 )


おしまい。



【余談】
まったく風俗を利用したことがない私には、
「デリヘルってこういうシステムなのね」
と大変社会勉強になりました( ・∀・)ヘェー

いい歳して風俗童貞です(・_・; )イケマセンカ?
(↑どうでもいいカミングアウト )

なぜ?私が風俗を利用しないのか?

風俗って・・・
お金を払って女性とアレするんでしょ・・・
私がお金を貰いたいぐらいですよッ( ゚Д゚)ノ!!
(↑なに目線? )

今作を観ていて、私はプロのテクニックを一度味わってみたいなー(*´∀`)♪と思ったとか思わなかったとか・・・ホントにどうでもいい余談なのでそろそろ止めにしときます( ・д・)ノ オシマイ☆
「彼女がその名を知らない鳥たち」が凄く良かったので、その監督であった白石和彌が手掛けた本作をチョイス。とは言っても、こっちは日活ロマンポルノ45周年リブート・プロジェクトの一環で公開された、言わばエロ映画でありまして、AV全盛の現代に一体どんな世界を見せてくれるのか、興味津々で鑑賞。

このプロジェクトでは、10分に1度の濡れ場、製作費約1000万円、上映時間約80分、撮影期間約1週間という条件が課されているのが特徴で、それが監督のスタイルやアイデアを露骨に炙り出しているのが面白い。とりあえず、制作費が安いので有名俳優を使えないのが最大のポイントで、それが結果として、登場するデリヘル嬢を等身大の現代女性として描く事に繋がっている。もしここで名の通った巨乳タレントやアイドルが出てくると世界観が一気に壊れただろう。

メインの3人は、ホームレス、離婚、シングルマザーという各々の問題を抱えており、それをどこにでもいそうな女性が演じるからリアリティが生まれる。かといって昭和的な哀愁を漂わせるでもなく、女子会ではめを外したり仕事先のマネージャーに文句を言ったり、いかにも平成らしい、自由な女性として描かれているのが良い。故に、男性だけではなく、女性が観ても楽しめる作品になっているのではないだろうか。

決して明るい作品では無いけれど、登場人物から滲み出る下心や愚かさにさえ人間臭い魅力が感じられ、何だか嬉しくなってしまう。池袋の夜の景色が何とも美しい。
>|