牝猫たちの作品情報・感想・評価

牝猫たち2016年製作の映画)

上映日:2017年01月14日

製作国:

上映時間:84分

3.5

あらすじ

池袋の風俗店「極楽若奥様」で働く3人の“牝猫たち”。彼女たちは不思議と気が合って寄り添うが、互いを店の名前で呼び合 うだけで本名も、ここで働く理由も知らない。 雅子(井端珠里)の今日の客は、引きこもりの男・高田(郭智博)。常連さんだ。ネットで世間を眺めている客に体を提供し、 自分も仕事が終われば、寝床としているネットカフェへ帰っていく。 ベビーシッターに子どもを…

池袋の風俗店「極楽若奥様」で働く3人の“牝猫たち”。彼女たちは不思議と気が合って寄り添うが、互いを店の名前で呼び合 うだけで本名も、ここで働く理由も知らない。 雅子(井端珠里)の今日の客は、引きこもりの男・高田(郭智博)。常連さんだ。ネットで世間を眺めている客に体を提供し、 自分も仕事が終われば、寝床としているネットカフェへ帰っていく。 ベビーシッターに子どもを預けて出勤している結依(真上さつき)は、サービスが得意でなく常連がつかない。店長の野中(音 尾琢磨)へ、客を回してくれないなら店を変えると愚痴っていると、「男はただ抜けばいい訳じゃないの。本気で惚れたように 感じさせたりとか、恋人みたいな気持ちに興奮するんだから。」と説教される始末。 主婦の里枝(美知枝)は、毎回指名をしてくる独居老人の金田(吉澤健)から体を求められることはなく、ただ一緒に過ごす だけ。いつもと同じように呼び出された里枝は、突然金田から大金を見せられ、店とは関係なく会えないかと懇願される...。 ある日、雅子は高田から動画サイトに投稿された盗撮映像を見せられる。仕事の送迎車の中で、運転手の堀切(吉村界人) から嫌な客のことなどを根掘り葉掘り尋ねられ、苛立った雅子が思わず発した「こっちはこれから好きでもない男のアレしゃ ぶんなきゃなんないんだよ!」という言葉がクローズアップされていた。動画のタイトルは「薄汚い娼婦3号」。高田は、堀切 をこらしてめてやると言い出す。あっという間にネットで炎上し、堀切の顔写真、住所までが流出。そんな中「極楽若奥様」 には、雅子を指名する予約が殺到するようになるが...。

「牝猫たち」に投稿された感想・評価

日活ロマンポルノリブートプロジェクト第三弾。期末レポートの題材にするために見にいった。(見る口実にレポートの題材にしたという説は否めない)

どちらかと言えば濡れ場の(だいぶ)多い普通の日本映画、という感じ。夜の池袋の映像がなかなかきれいでよかった。

お爺ちゃんのシーンは全体的に正直かなり笑えてしまう。劇場でとなりにいた人もかなり笑っていて気が合うなあと思った。

企画全体として女性客も呼ぼうという意図が強いわりには、悲しいほどおっさんばかりでちょっと悲しくなった。(本作は5作品の中では一番タイトルで敬遠されそうというのはあるかも)その意味では武蔵野館というハコはあまりよくないのではと思う。
「自分の体温で傷つけてよ」
青猫

青猫の感想・評価

-
日活ロマンポルノ復活シリーズでは一番ストレートな作品
babylon

babylonの感想・評価

2.0
皆んな行動が突拍子もない所が雌猫たちたるゆえんか。
nana

nanaの感想・評価

3.8
とろサーモン村田にアカデミー賞!

ネグレクト&DVされてる男の子に親身になるシッター(と呼ぶのも憚られるニートっぽい若者)が、母親を罵倒するも子供はすんなりお母さん&村田のもとへ行き、ハンバーグが食べたいと可愛いことを言い(シッターとは全く会話してなかったのに)、結局若者はひとりぼっちに戻る描写が一番よかった。そりゃあ子供って、そうだよな。若者のひとりよがりの正義感。でもそれも間違ってはいないんだよ。
女性は3人のうち1人くらいはやや太っていたほうが良かったと思う。
Yuri

Yuriの感想・評価

3.1
初めて観ましたロマンポルノ映画。

正直こんなにもストーリーが作り込まれているなんて知らず ちょっと侮っていました面白かったです。

夜の東京の街を2人がきゃあきゃあと笑いながら闊歩していく姿は 楽しそうで、でもちょっと寂し気ですきです。

ただのおっぱい祭りで終わらない。
ひとりひとりが抱える闇や問題があって、どうしようもない過去があって そんな中でも彼女たちが自由に逞しく生きて行く姿が印象的で、なんとも円熟した人間ドラマでした。
ただネグレクトの母親は最後までやはり許せないなあ…
じゃん

じゃんの感想・評価

3.2
ロマンポルノリブートの一つ。

白石和彌監督は「凶悪」が、ここ数年の邦画でベスト5の一つと言えるくらい素晴らしい作品だったので期待して見たが、うーん、期待し過ぎたかな。

とろサーモンの痩せてる方が素晴らしかった。
店長の音尾琢真も。
ひきこもりの男性も悪くない。

なのに女性陣にあまり魅力を感じない。
3人のうち2人が少しキャラ被ってるし、みんな痩せてて1人は違うキャラにした方がわかりやすかったかな。

それぞれの話自体は悪くはないけれど、どうしても小さくまとまってるかなあ。掘り下げるとこまで行けてないというか。

あと10分に一度エッチはしてるんだけど、あまりエロさを感じないというのも、どうなんだろう?

ちゃんと真正面からエロさを追求して欲しい。

人間の性やそれにまつわる人間ドラマは描いても、人生まで描かれるとエロさからは離れてしまうと思う。
いや、映画としてはそっちのほうが良いのかもしれないが、ロマンポルノと言われると見方が変わる気がして…
こば

こばの感想・評価

3.5
おもしろかった!是非見てほしい!
確かにR15?18?のシーン満載なんだけど、そーゆー“エロ”関係なく良い映画だと思う。デリヘルで働く3人の女の子のお話。色々理由があって働いてるみたいなんだけど、イヤイヤ働かされてる訳でもなく、生き生きとしてた。
ベットシーンばっかだけど
この手の映画だったら
普通に面白い。
とろサーモンすき

このレビューはネタバレを含みます

・全体を通して、生きること自体(環境を含む)とその過程における倫理観への問題提起が監督の他作品とも通ずるところ???

・愛することを交換可能な価値にして切り売りという点では娼婦もベビーシッターも変わらないんですね笑

・日活ロマンポルノということでキスシーンが多々ありますが、シーンごとの演技が素晴らしいです。シャワーシーンも良いけど、前振りとしてのビジネスなキスがあって際立つ

とても好みな映画でした
>|