君の名前で僕を呼んでの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

君の名前で僕を呼んで2017年製作の映画)

Call Me by Your Name

上映日:2018年04月27日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

あらすじ

「君の名前で僕を呼んで」に投稿された感想・評価

anankeigo

anankeigoの感想・評価

4.1
ハエと卵とアプリコットがメタファー。

ラストのお父さん良かった。
にしても、観客の9割女性だった。
aaa

aaaの感想・評価

3.8
@東宝日比谷シャンテ
@目黒シネマ
彫刻 季節 一生 ストーブ
北イタリアに避暑に行きたくなる映画
quga

qugaの感想・評価

5.0

何も語りたくない、本当は

この映画を観て感じたことは
全部、胸に秘めておきたくなる




何ひとつ忘れない




素晴らしい、の、一言です

あんなにも綺麗で、
最悪で、幸せな思い出

他にありますか?

様々な感情が交錯しすぎて
涙、止まらん




それは彼が彼であったから、
私が私であったから。




人って半分、欠けてるのかも
だから誰かを探すのかな
ひとつに、ひとりに、なるために

君は僕で、僕は君で

綺麗すぎて、眩しすぎて、
少し痛いくらい

求め合うことは
こんなにも美しい




みんなが君みたいだと良い




一生ぶんの、一夏

「 I remember everything. 」
にか

にかの感想・評価

4.7
39
すごいものを見た!としかまだ言えない笑
ゆっくり解釈していきたい、考えたい映画だったな
L

Lの感想・評価

-
一夏の恋、しかも初恋
だからこそ余計に、一瞬一瞬を大切に、今を生きてる!っていうのがすごく伝わってきて、そこが良かった

同性愛はテーマなの?違う気がする
評価の仕方がわからないのが正直な感想です。

今日の流行である「同性愛」をテーマにした映画を、僕はおそらく初鑑賞しました。

本作はアカデミー賞ノミネートされて当然なぐらい素晴らしい映画でした。
俳優陣の演技、イタリアの風景、生活感、劇中歌、セリフ回し...
どれをとってもオシャレで大好きでした。
まるで、純純純ラブロマンスのようです。

しかし、物語の根底である「同性愛」という部分だけ、他のラブロマンスと異なっていました。
男と男の恋愛をとても美しく表現されていました。

その差異を受け入れられるかが、この映画を好むかの分岐点と思われます。

純ラブロマンスの飽和による新たな開拓なのか、現代社会へのメッセージなのか、制作側の意図は分かりません。
ですが、同性愛を受け入れきれてない日本人がこの映画を観てどう感じるのか、僕は知りたいです。なので、多くの方に一度観てもらいたいです。

あなたは同性愛者を受け入れられますか?
Reina

Reinaの感想・評価

5.0
「そういえば私映画館にいたんだった」ってなるほど入り込んだのレミゼ以来。今回見て感じたことは自分の中に留めておきたいな〜ってなった。
絵画を眺めてるような画だったり、ピアノの旋律だったり、私の好きが詰まってた!楽譜欲しい!
>|