haikei

君の名前で僕を呼んでのhaikeiのレビュー・感想・評価

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)
4.7
観終わったあと、エンドロールが流れる中でさっき観終わったばかりのシーンがフラッシュバックするのは初めての体験だった、北イタリアのまばゆい光、透き通る風、穏やかな水面、若者たちの繊細で、抑えの効かない心と身体。どんな言葉もこの映画は観なければ絶対に分からないものがあると思う、今はこの映画を観た人と一緒にビールを飲みながら、日本の5月の風にあたっていたい