みうさん

君の名前で僕を呼んでのみうさんのレビュー・感想・評価

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)
-
これまでに2回観ました。あと2回観る予定(予約してある)初回に観た時、あれ、思ったより刺さってこないな…って思ったんですよね。それまでに映像的な前情報を入れすぎてて、その美しさに感動するということもなく…。なんとなくエリオ目線で観ようとして失敗したんですよ。全くこいつの気持ちが掴めなくて。それで、もう一回観ることに。2回目の方がグッときた。性別うんぬん(自分のジェンダー)とかあんまり気にしないで観た方がいいと思う。ありのままを受け入れた方が心に刺さってくるのではないでしょうか。そして、ハエは気にしない!(前作にもハエがいたので作風だと思う、多分演技つけてると思う)(でもディスタービングなんだよー)イタリア語、フランス語、彫刻、ギリシャ、哲学、語学、クラシック音楽、ホップミュージック。トリリンガルで言葉を使い分けるエリオ。屈託というものを見せないオリヴァー、理想の権化のお父さん、綺麗でヨーロッパ感が溢れるお母さん。そう、すごくヨーロッパぽい。そして、late80sファッション、オリヴァーのアメリカっぽさ。サイケデリックファーズ!リチャードバトラーの声が好きなんだよー。
字幕翻訳/松浦美奈
シャンテ1 D列
シネマカリテSC1 C列
シネマカリテSC1 C列
TOHOシネマズ六本木 SC4 G列
カリテはずっとA列推奨だったけど、C列もいいかも…。シャンテはほんと早く椅子を入れ替えて!拡大上映になったので、六本木で観ました。やはりシネコンは落ち着く。プレミアシートもよし。
TOHOシネマズ六本木 SC3 G列