Anna

君の名前で僕を呼んでのAnnaのレビュー・感想・評価

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)
4.4
“Because I wanted you to know”
何回も繰り返すあの言葉は、
「ああ、やっぱそうなんだよな」ってエリオが自分の言ったことに納得してる感じがたまらなくグッときた。

“Call me by your name and I’ll call you by mine”
今よりもずっと同性愛が認められない時代で、2人の中での”I love you”っていう言葉なのかなって、すごく愛おしくて、切なく聞こえた。

最初は、え、どうしよう、、よくわかんないかもってなりながら観ていたけど進むうちに目が離せなくなって、なぜかエリオの気持ちを想像して自分の気持ちがなんかくすぐったくて。

時代背景や、設定年代、また美しい北イタリアの自然の暮らしは、今の時代に生まれた私たちには到底経験できないからこそ、私の目にはまたさらに美しく見えた。

お父さんやお母さんも、女友達も、みんな美しい心の持ち主であったかくて、それでも最後は、どうしても悲しい。そこがまたこの映画を美しくするもなのなのですね。そこはやっぱりねと思ってしまうのは、しかたないか。

エリオもオリヴァーも、お父さんもお母さんも、一生忘れない、その悲しさ。

みんな感情を捨てないで、心を豊かにしていくんだね〜。

私もこの感情と余韻を暫く忘れられないなと思いながら、サントラを聴いてる。