ゆう

君の名前で僕を呼んでのゆうのレビュー・感想・評価

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)
3.4
音楽とイタリアの田舎の風景がとても美しかった。楽園みたい。
エリオとオリヴァーの感情の変化が読みとりにくくて、中盤で「え、いつの間にそんなに?」と腑に落ちなかった。だけど2人きりの川のシーンとか最後の旅とかは2人の共鳴した気持ちが伝わってきて、特にエリオは自分も知らなかった本来の自分みたいなものを初めて感じたんだろうなぁと思った。
エリオの両親がとてもすき。あんなに快く旅を見送ってくれる親がどれだけいるのか… 父親がエリオに語りかけるシーンは泣いた。このシーンはもう一度、というか何度も見たいなぁ。もし自分が親になったら、こんな風に子どもに寄り添える親になりたい。

オリヴァーがかっこよすぎるのに服装ダサいのが良いね!