じぇす

君の名前で僕を呼んでのじぇすのレビュー・感想・評価

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)
4.5
エリオとオリヴァーだからお互いに惹かれあった。それは性別なんて関係なくて、ただただ好きだったんだ。
最初こそ戸惑ってエリオもオリヴァーも自分の感情に向き合えなかったけれど、でもそれを乗り越えて。やっとお互いの好きな時間を過ごせるようになった瞬間がすっごく素敵。エリオとオリヴァーの関係は本当に綺麗で素敵だったけれど、それよりもエリオとその両親の関係はもっと素晴らしかった。あの時代にあの判断とあのアドバイスができるお父さんは本当すごいと思うし感動した。でもやっぱりあの年代は今ほど同性愛に寛容ではなかったから、最終的に異性愛を選ばなければならない虚しさや悲しさが伝わってきた。でもそれはエリオのお父さんとオリヴァーが1番わかってる気がする。
きっと2回目に観るときはバレーのシーンでオリヴァーがエリオの肩を掴むところで涙してしまうと思う。オリヴァーのパンツを被るシーンとかシャツをもらうシーンはジーンときました。そしてなぜだか1番感動したのはエンドロール。きっと全ての感情が詰め込まれてたと思う。自分がエリオになったかのように今までのシーンが走馬灯のように蘇り、エンドロール直前の出来事に対する感情の動きがエリオの表情全てに詰め込まれている。3分くらいなのかな?長いようで短かった気がする。あのとききっと劇場のみんながエリオになったと思う。

北イタリアがとっても綺麗で行ってみたい!って思ったのとヨーロッパの言語って響きが柔らかいのに謎めいていてとても心地よかった。舞台と言語が違うだけでも全然違ったものになりそう。観てよかった