KAZU

君の名前で僕を呼んでのKAZUのレビュー・感想・評価

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)
3.4
うーん..
綺麗すぎたかな。

ピアノの旋律とスフィアン・スティーヴンスの曲に乗せて描かれるLGBTのお話。
少年と一人の若者の愛を描いています。未成年の男の子と、ある意味タブーな愛を詩的で文学的な比喩を挟みながら、とても美しくその愛を表現しています。

けど、自分にはあまり刺さるものは無かった...。あまりにも美しく描きすぎて、オリバー、エリオットの情事も美しい絵画のようで...。あまりに美しく、周りの理解も綺麗に描きすぎてね...二丁目界隈のリアルゲイちゃん達には評判は良くなさそうw

カミングアウトも無く、性の葛藤も、もがき苦しむリアリティーさも欠けてたなと。LGBTというより、一夏の淡い恋を描いてる。綺麗な男の子同士で。最後のカットはとても良かった。この数分だけ、グッときた。