たい

君の名前で僕を呼んでのたいのレビュー・感想・評価

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)
4.0
内容も去ることながら、映像がとても良かった。

1983年の片田舎がこんなに偏見のない世界なわけがないと思うけれど、とてもいい作品だった。

エリオの少なからずある後ろめたく隠したい気持ちを父の言葉で払拭するあのシーンはとても良い

大きな盛り上がりがあるわけでもなければ、最大の見どころみたいな物もないけれど映像だからできる美しさや哀愁のようなものがある。

エンドロールとエリオの涙には胸に突き刺さるような辛さが残る。

ごく普通に人を愛せる作品
それが異性であろうと同性であろうと大きな違いはきっとない