HarukaFukuda

君の名前で僕を呼んでのHarukaFukudaのレビュー・感想・評価

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)
4.0
人懐っこく無邪気な17歳のエリオ、自信家な24歳の青年オリヴァー。
北イタリアの避暑地で彼らは出会う。はじめは単なる好奇心と社交辞令でオリヴァーに対する友情を抱くエリオ。しかし、それはしだいに、自分とは正反対のオリヴァーへの嫉妬心となり、やがて、自分が投げた球をひらりと交わすような素性の見えない態度のオリヴァーへの淡い感情へと変化していく。

この過程は丁寧に描かれながらも、どこか掴み所のない曖昧な描写が繰り返される。自分の感情をうまく咀嚼できないエリオ。どちらともとれるような行動で翻弄するオリヴァー。それがまた、もどかしくも切ない。
あとから考えれば、オリヴァーに対する想いの変化は確かにありながらも、17歳の彼ですら無自覚の、本質的な恋心(ひとめぼれのような)があったのではないかと思う。

同性愛の美しい恋愛といってはそれまでですが、一言それで終わるにはとてめ惜しい映画。
彼の17歳のひと夏の経験っていうのは、この世のすべての喜びと挫折、すべてを認め、許し、終わらせる。彼のなかにこれまで育ってきたすべてが放出されるような瞬間。そして、彼は18歳になっていく。

17歳ってとても繊細だと思うんです。なにか心のギリギリの橋を渡っているような、危うさがある。「17歳のバカンス」といえば、ジーン・セバーグの魅力がふんだんに描かれたサガン原作・プレミンジャー監督の「悲しみよこんにちは」や、オゾンが現代のティーンエイジャーが持つ虚無感をうまく表現した「17歳」など、どこわ切り取っても美しい映画がいくつもある。シャーロット・ゲンズブールの「小さな泥棒」も17歳だった。
それらは少女だったけれど、彼女らにひけをとらない鬱々とした美しさがエリオにはある。中性的で年相応に少年らしさがあるのに、儚げ。幼いのに大人びている。
悪いことだとおもっても楽しさを優先させてしまうだとか、無理だとわかっていてとなお諦められないだとか、それより年上になれば打ち勝てる理性を、本能があがなえるギリギリの年齢なのかなとおもう。まさに大人と子ども、ふたりが同居している年齢。

この映画では、同性愛映画には珍しく、後味悪いバッドエンドではない終わりが準備されている。だからといって幸せに映画館を出られるわけでもないのだけれど、「同性愛映画を観たあと」に覚悟していた苦い後味は少なからずマイルドになるだろう。

世界各国で絶賛されたティモシー・シャラメは、とにかくよかったです。顔も体つきも成熟してないし中性的。陰のある儚げな表情も、年相応の無邪気な表情もとてもよく出ている。
ガールフレンドとの若くて荒々しくもまだ幼い昂りのセックスと、愛するオリヴァーの前での不安げで、控えめになりながら貪欲に愛を欲する姿、ふたりのエリオはとても愛おしかったな。
きっとティモシー・シャラメがエリオを演じていなかったら、この二時間超の長丁場に耐えられなかっただろうとおもう。彼の表情に、瞳に、身体に、ずっと目を奪われていた。

そして、17歳なにを求めているのか自分でもわからない、満たされない。だからこそオリヴァーとの一夜のあと、不安そうに描かれるのは自信家のオリヴァーのほうだ。
きちんとそれが映画のなかに出てくるからこそ、ラストの切なさに深みが増す。エリオの目で見ても、オリヴァーの目で見ても、ガールフレンドたちの目で見ても、両親の目で見ても。どの視点から切り取っても、覆しようのない結末が愛おしくも、苦しくて、胸をかきむしりたくなってしまう。

そんなあとに引く優しい余韻を残してくれる映画でした。