くろねこヤマ子

君の名前で僕を呼んでのくろねこヤマ子のレビュー・感想・評価

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)
4.2
始まってすぐさま
あの殴りつけたような
字体が目に入った時、
劇場に観に来て良かったと
小さく握りこぶしをギュ。

久しぶりに
好きな作品に当たった。
1/30も観てないのに
そう思える
嬉しさといったら。

木漏れ日美しい
北イタリアの片田舎。
見目麗しい少年の心を
奪い去った彼。
ツンデレと水辺とベットイン。
そして父の言葉が響く、
そんな物語。

夏のジリっとした日差し
タイヤの細い自転車、
乾いた風、アプリコット、
分厚い書物、ブロンドと巻き毛。
何一つ欠けてもダメだと思った。

夜の闇の分量や様々なショットも
全てが同じものを表現するために
選ばれている感も良かったな。

心の揺れと通い合いと涙が
最後の最後まで狂うことなく
美しく描かれていて、
それはそれは素敵な物語だと思いました。

いやもう、これはおとぎ話。