mamenico

君の名前で僕を呼んでのmamenicoのレビュー・感想・評価

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)
4.0
見終わった直後は心に刺さるものはさほどなかったのですが、1週間経った今も余韻がじんわり残っています。そんなスルメ映画。

LGBTを肯定するとか小難しいことではなく、恋の始まりと終わりを丁寧に描いており、たまたま好きになった人が同性だったというお話。

描写や台詞が印象的で、エンドロールは鮮烈でした。主演の2人は超イケメン、ロケ地のイタリアは超美麗。
夢物語のようですが、恋愛の苦味だけがとてもリアルに表現されています。